Search

検索したいワードを入力してください

フライパンで魚を焼くコツ|おすすめのレシピ10選

Small 9a2df86d 14b5 469c adc2 cbcbf3ccd5c2mari
レシピ / 2019年02月05日
フライパンで魚を焼くコツ|おすすめのレシピ10選

フライパンでも魚が焼ける

魚焼きグリルを使わずに、フライパンでも魚を焼くことができるのはご存知でしょうか。魚焼きグリルは使用後の片付けが大変ですが、フライパンを使用すると洗い物などの後片付けが簡単なのでおすすめです。

フライパンで美味しく焼くために、ちょっとしたコツで、魚焼きグリルを使用しなくとも、ふっくらとした焼き上がりになります。簡単にできるので、忙しい時、時短したい時にフライパンで作ってみてはいかがでしょうか。

セラミック製のフライパンがおすすめ

コツをおさえていれば、どんなフライパンでも構いませんが、より美味しく食べたい時にはセラミック製のフライパンがおすすめです。セラミック製のフライパンをおすすめする理由としては、耐熱温度が高いことと、硬度も高いため長持ちし、丈夫なことです。

ただし、長持ちすると言っても、状態良く長く使うために、定期的な状態のチェックとメンテナンスは必要です。コツをおさえておけば、魚の切り身や干物、一尾丸ごとも焼けます。

フライパンで魚を焼くコツ

フライパンで魚を美味しく焼くコツや、後片付けを簡単にする方法がいくつかあります。フライパンで魚を焼く時には、コツをおさえた上で焼くと、魚グリルを使用しなくても美味しい焼き上がりになります。簡単なのですぐに取り入れることができます。

フライパンだと魚焼きグリルよりも煙が少なく、臭いが少ないメリットがあります。そして調理の際に出た油を取り除くことができるため、カロリーを気にしている方にもおすすめです。

コツ1:クッキングシートを敷く

フライパンで魚を焼くコツは、クッキングシートを敷くことです。クッキングシートを敷くことで、皮がパリッと、身がふっくらとした美味しい焼き魚を焼くことができます。フライパンが温まったら、魚の皮がついた面から強火で焼きます。そして片面に火が通ったら、裏返しにして焼きます。

クッキングシートの上で調理するため後片付けがラクなメリットがあります。クッキングシートに直接火が当たらないように注意してください。

コツ2:魚を焼く前に塩を振る

フライパンで魚を焼くコツは、焼く前に魚に塩を振ることです。塩を振るメリットは、魚の水分を抜いて身を引き締めることです。塩が入った容器から直接振るのではなく、一度塩を適量手に振ってから魚にまぶすことで、全体的に塩を均一にかけることができます。

塩を振った後に、キッチンペーパーの上に魚を数分放置しておくと、魚の身から水分が出ていることが確認できるでしょう。両面に塩を振ったら、皮の部分に油を塗ります。

コツ3:蒸し焼きにする

フライパンで魚を焼くコツは、蒸し焼きにすることです。こんがりと焼き上げるのも良いですが、ふっくらと焼きあげることもできます。

蒸し焼きにする方法は、フライパンに魚と水を入れてから、フタをして強火で加熱し、水を蒸発させます。
そうすることで、身がふっくらとした焼き魚ができます。

冷凍した魚も蒸し焼きをすることで、身がふっくらと柔らかく焼き上がります。水だけで簡単に焼くことができるので、おすすめです。

フライパンで作る魚料理のおすすめレシピ10選

フライパンで魚を焼くコツやメリットはお伝えしたとおりなので、実際にフライパンを使用して作る、魚料理のレシピ10選をご紹介いたします。フライパンで作ることができる魚料理のレパートリーを知っておくことで、取り入れやすいでしょう。

フライパンを使用して魚を焼く場合も、こんがりと焼き上げることもできますし、ふっくらと焼きあげることもできるので、幅広いアレンジ方法があります。参考にしてみてください。

レシピ1:鮭とほうれん草のはちみつレモンソテー

鮭とほうれん草を合わせて、はちみつとレモンで味付けしたソテーはいかがでしょうか。はちみつのまろやかな甘さと、レモンでさっぱりとした味付けとなっています。

炒めもののため簡単に作ることができます。そして、鮭からはたんぱく質を摂ることができ、ほうれん草からはビタミンBを摂ることができます。冷めても美味しく食べることができるので、作り置きしておいても良いでしょう。お弁当のおかずにもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

・生鮭 2切れ
・酒 大さじ1
・片栗粉 少量
・サラダ油 大さじ1
★はちみつ 小さじ2
★醤油 小さじ2
・レモン 1/2個
・ほうれん草 1/2袋(100g)

(作り方・調理時間10分)
①鮭は一口大に切り酒をふりかけ5分おき、
キッチンペーパーで水気を拭き取り、
茶こしに入れた片栗粉を鮭の両面に振りかける。
(酒をふりかけキッチンペーパーで水気を拭き取ると生臭さが抜けます)

②ほうれん草は食べやすい大きさに切り、
耐熱ボウルに入れ600wで1分レンジ加熱し、
1分冷水にさらし水気を絞る。
(ほうれん草は加熱して冷水にさらす事でアクが抜け、
えぐみのない仕上がりになります)

③レモンは半月切り、★を混ぜ合わせる。

④フライパンにサラダ油をひき中火にかけ、①を並べ上下を返しながら2分焼く。

⑤★、レモン、ほうれん草を加え、強火でフライパンをゆすりながら全体を絡める。

2:塩タラのトマトチーズ煮込み

フライパンで調理した後に、そのまま食卓に出せる塩タラのトマトチーズ煮込みはいかがでしょうか。手軽に手に入れられる、銀タラの切り身を使用しています。トマトとチーズを加えているので、子どもも食べやすい味付けとなっています。

ご飯やパンと良く合うおかずです。簡単に作れるので試してみてください。

Blockquote firstBlockquote second

〈材料〉
・塩タラ切り身・・・6切れ
・ホールトマト缶・・・1缶(400グラム)
・ミックスベジタブル・・・250グラム
・顆粒コンソメ・・・小さじ2
・砂糖・・・大さじ2
・ピザ用チーズ・・・適量

〈作り方〉
深めのフライパンに、ホールトマト、ミックスベジタブル、顆粒コンソメ、砂糖を入れて強火にかける
沸騰したら中火にし、ホールトマトをつぶす様にスプーンで混ぜながら煮ていく
塩タラの切り身を並べて入れ、ピザ用チーズもふりかけ、蓋をして10分程度煮る
タラに火が入り、チーズがとろけたら完成^^

3:塩鯖の甘辛ごま照り焼き

脂が乗った塩鯖の甘辛なごま照り焼きはいかがでしょうか。ご飯が良く進む味付けとなっています。冷めても食べやすいので、お弁当のおかずにもおすすめな一品です。作り方は簡単で、塩鯖をフライパンで焼き、甘辛なタレを絡めるだけなので簡単に作ることができます。

作り置きも可能ですし、塩鯖がお買い得な時に買って冷凍しておいても良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

・塩鯖 (片身) 1枚
・片栗粉 少量
・ごま油 小さじ1
★醤油 小さじ1
★砂糖 小さじ1
★みりん 大さじ1
★料理酒 大さじ1
・白いりごま 少量

(作り方・調理時間10分)
①★を混ぜ合わせる。
塩鯖は切り込みを入れ一口大に切り、キッチンペーパーで水気を拭き取り
、茶こしに入れた片栗粉を両面にまぶす。
③フライパンにごま油をひき中火にかけ、塩鯖の皮目を下にして並べ、
焼き色がついたら裏返し、蓋をして3分蒸し焼きに。
④塩鯖をフライパンの隅に寄せ、キッチンペーパーで脂を拭き取り、
強火で★を加えふつふつとし始めたら塩鯖を絡め、白いりごまをふる。

【コツ・ポイント】
・片栗粉は丁寧にまんべんなくつけて焼くと、型崩れ予防になります。

4:カレイの包み焼き味噌チーズ味

淡白な白身魚のカレイですが、味噌を使用して、コクを出した包み焼きはいかがでしょうか。野菜もカレイと一緒に包み焼きにすることで、バランス良く栄養を摂ることができるので一石二鳥です。

グリルを使用して焼くと、洗うのが大変だったりニオイが取れにくかったり、後片付けが大変なので、そんな時にはクッキングシートで包み焼きにしてフライパンで焼くことをおすすめします。

Blockquote firstBlockquote second

カレイ(冷凍) 1切れ
ニンジン 1/4本
シメジ 1/4袋
スライスチーズ 1枚
☆味噌 大さじ1/2強
☆みりん 大さじ1/2
☆料理酒 大さじ1/2
☆砂糖 小さじ1/2

1.下準備をする
ニンジンは千切りにし、耐熱ボウルにラップをして500wのレンジで1分半加熱する。シメジは石突をとってほぐす。カレイは事前に解凍しておき、流水で洗って水気を拭いて皮に十字の切れ込みを入れる。

2.タレをつくる
ボウルに☆を加えよくすり混ぜる。
クッキングシートを大きめに敷き、その上にカレイを皮下にして置く。脇にニンジンとシメジを添える。タレをかけて最後にチーズを乗せる。キャンディのようにクッキングシートで包む。

3.焼く
テフロン加工のフライパンで最初は中火で2分ほど焼き、ふたをして中弱火で15分焼いたら出来上がり。

5:ぶり大根

魚が苦手な方でも食べやすい、生臭さがない、ぶり大根はいかがでしょうか。簡単に下処理を行い、お酒を入れて煮込むことで生臭さがなくなり、美味しいぶり大根を作ることができます。そのぶり大根は、フライパンを使って手軽に作れます。

大根のポイントは、事前に十字に隠し包丁を入れておくことで、味が染み込みやすくなり、さらに煮崩れ防止にもなります。

Blockquote firstBlockquote second

ぶり(切り身)・・・4~5切れ
塩・・・小さじ1
大根(2cm幅で切り、下茹で)・・・1/3本

A酒・・・1カップ
Aみりん・・・大さじ5
A醤油・・・大さじ3
A砂糖・・・大さじ2
A生姜(皮付きのまま薄切り)・・・20g

<作り方>  調理時間  20分
①ぶりに塩を振り10分置く。熱湯をかけ、霜降りにする。
②Aを鍋に入れ、沸騰させる。①のぶりを入れ、強火で煮る。
③下茹でした大根(竹串が刺さるくらい)を加え、さらに煮込む。
④煮汁が半分以下になるまで煮込む。

6:鮭とポテトのガーリックめんつゆバター

鮭は、どの食材、味付けとも良く合うので使いやすく、ポテトとの組合わせも良く合います。こんがり焼いた鮭とポテトで、バランス良く栄養を摂ることができ、作り方も簡単なので作ってみてはいかがでしょうか。

バター醤油のコクと香ばしさが美味しい味付けです。子どもも食べやすい食材と味付けです。鮭とポテトは、焼き色がつくくらいが香ばしく、美味しくいただけます。

Blockquote firstBlockquote second

鮭・・2切れ
じゃがいも・・2個
バター・・5g
にんにく・・1/2かけ(すりおろし)
めんつゆ・・小さじ1〜2
塩胡椒・・少々

作り方

1、鮭は塩を少々ふり、5分おき、でてきた水分を
キッチンペーパーでふきとり、5等分くらいの一口大に切る。

2、じゃがいもは乱切りにしさっと水にくぐらせ、
スチームケースや耐熱容器に入れ、塩ひとつまみをふる。
ラップをかけて600Wの電子レンジに3〜5分かけて、
じゃがいもにすっと楊枝がとおるくらいの柔らかさにする。

3、フライパンにバターを熱し、鮭を並べる。
こんがりやけたら裏返す。

2のジャガイモを加える。
にんにくを加えためんつゆを回し入れ、全体によく焼き絡めて完成〜!

粗挽き胡椒をふっていただきま〜す!!

7:アジの香草焼き

フライパンで手軽に作れる、アジの香草焼きはいかがでしょうか。アジは低カロリーなのでダイエットをしている方にもおすすめで、さらに低コストなので手に取りやすい食材です。パン粉に乾燥バジルとガーリックを混ぜ込んで焼き上げます。

冷えても美味しいため、お弁当のおかずにも良く、おもてなしのおかずとしても良いでしょう。いつもと違った魚料理を食べたい時に作ってみてください。

Blockquote firstBlockquote second

材料
アジ三枚おろし 4枚
塩コショウ 適量
オリーブオイル 小さじ4~
〇パン粉 大さじ3
〇乾燥バジル 小さじ2
〇ガーリックパウダー 小さじ1

作り方
1.鯵両面に塩こしょうをなすりつけます。
2.○は合わせておきます。
3.鯵にオリーブオイルを両面塗り、合わせた○を両面につけます。
4.フライパンにオリーブオイルをのばし(分量外)、鯵を並べて中火弱で焦げ目がつくまで焼きます。
5.ひっくり返して同様に焼いたら完成です☆

8:さんまのロールフライ

さんまをくるくると巻いて揚げた、ロールフライはいかがでしょうか。さんまの他にもチーズや豚肉をプラスすることで、しっかりと味がつき、ボリュームも増します。食べやすく丸めているので、お弁当のおかずにもおすすめです。

今回は芯にアスパラを選びましたが、お好きな具材で楽しんでみてはいかがでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

さんま(3枚下ろし)   2尾
  塩   少々
  梅肉(チューブ)   適量
  しそ   8枚
  スライスチーズ   2枚
  アスパラ   1本
  片栗粉   適量

①さんまは長さを半分に切り、塩をふって10分おいて、キッチンペーパーでしっかり水気を取り除く。
 ※尾が残っていたら、そのまま残しても豪華です。

②しそは軸を切り落として半分に切る。スライスチーズは1枚を4等分の縦長に切る。アスパラは8等分する。

③さんまは皮側を下にして梅肉をしぼり、しそ1枚分とスライスチーズ1/4枚をのせ、アスパラを中心に置いてくるくると巻いてつまようじで2か所とめ、真ん中で半分に切る。
 ※巻いたものを更に半分に切っています。

④片栗粉をまぶして170℃の油できつね色になるまで揚げる。
 ※フライパンに薄く油をはり、途中ひっくり返して揚げ焼きにすればOK!

9:アクアパッツァ

小さな魚を使用したアクアパッツァはいかがでしょうか。小さい魚でも、丸ごと一尾使うことで、豪華さが出るので、ホームパーティーなどのおもてなし料理としてもおすすめです。取り分ける際にも、一人一尾ずつ取れば良いメリットもあります。魚の骨や頭はそのままの状態なので、程よい出汁も出ます。

フライパンで調理し、そのまま食卓に出すことができるので、洗い物もカットできるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

◆頭からしっぽまで20センチくらいの小さな白身魚(今回は黒ムツ)・・・2尾
◆塩・・・小さじ1/2くらい
◆にんにく・・・1かけ
◇白ワイン・・・50cc
◇水・・・50cc
◇オリーブオイル・・・大さじ2
◇ホールトマト・・・100g
◇GABANあらびきブラックペッパー・・・適量
◆あさり・・・10~15個くらい
◆パセリ・・・適量
 【作りかた】
①魚は下処理をしていないものなら内臓とエラを取り除き、よく洗って水けを拭き、全体に塩を振ってフライパンに並べます。
②にんにくは潰してから2~3つに切り、◇印の調味料と一緒にフライパンに加えます。
③パセリの茎をちぎって加え、火にかけ、強火で沸騰させます。
④沸騰したらあさりを加え、煮汁が全体にかかるよう落し蓋をするか煮汁をかけながら吹きこぼれない程度の強火のまま10分ほど煮ます。
⑤刻んだパセリの葉の部分を振りかけて出来上がり。

10:ブリニラ炒め

ネギとニラがたっぷりと入った、ブリニラはいかがでしょうか。ニラには、ニンニクのような香りとコクがあるため、魚の臭みを消し、味を引き締めることができます。魚と野菜を一緒に摂取することができるので、栄養は十分にあります。

フライパンを使用して手軽に作ることができるので、試してみてください。

Blockquote firstBlockquote second

ブリ・・2~3切れ
醤油、酒・・各小さじ1
ニラ・・1束(3cm)
ネギ・・1本(斜め薄切り)
※醤油、酒、砂糖・・各大さじ1弱
※みりん・・小さじ2
ごま油・・大さじ1.5
塩・・ひとつまみ
作り方

1、ブリは一口大に切り、醤油、酒で下味をつけて10分おく。
キッチンペーパーで水気をふきとり、周りに片栗粉をまぶす。

2、フライパンにごま油半量を熱し、ネギを炒める。
続いてニラを加えてさっと炒めて塩ひとつまみを加えて
一旦取り出す。

3、同じフライパンにごま油の残りを加えて中火で1のブリを焼く。
半分以上白っぽくなったら裏返す。

4、弱火にして、2のネギとニラを戻し入れ、
合わせておいた※を加えてさっと炒め合わせて
胡椒をふって完成!!

セラミックカラーパン

セラミックカラーパン 取っ手の取れる14点セット
セラミックカラーパン 取っ手の取れる14点セット

¥ 14,580

口コミ

使い勝手が良く性能も優れていて、特に気に入っている点は、IHでもガスでも使えて、そのまま食卓に出せるところです。

アイリスオーヤマのセラミックカラーパンは、セラミックコーティングで長持ちで丈夫な調理面となっています。そして遠赤外線効果により、時短調理が可能です。さらにそのまま冷蔵庫保存をすることができ、オーブン調理もできるため、料理の幅が広がります。

取っ手を外して保存できるので、フライパンや鍋は重ねて収納できるため、収納するスペースも取りません。すべての鍋のサイズの蓋がついているため、使いやすいです。

フライパンで魚を焼くメリット・デメリット

フライパンで魚を焼くレシピがいくつかありますが、実際にフライパンで魚を焼くメリットとデメリットがあるので、それぞれご紹介します。メリットとデメリットを知った上で、魚料理を作る調理器具として使い分けてみてはいかがでしょうか。

フライパンで魚を焼くときの一助になれば幸いです。

メリット

まず、フライパンで魚を焼くメリットをご紹介します。フライパンだと、魚焼きグリルを使用しないので、洗い物が少ないことと、調理中の煙が少ないという特徴があります。魚焼きグリルだと使用後に洗うのも骨が折れますが、フライパンだと後片付けを簡単に済ますことができます。

魚をフライパンで美味しく焼くコツもあるので、ポイントを押さえるとグリルを使用せずとも、美味しく焼きあげることができます。

デメリット

次に、フライパンで魚を焼くデメリットをご紹介します。デメリットとしては、フライパンで魚を焼く際に魚がフライパンにくっつかないように、クッキングシートを敷きますが、シートがフライパンから飛び出してしまうと火がつく恐れがあります。

そのため、はみ出さないようにフライパンに収まるようにシートを切ると良いでしょう。他には特にデメリットはないので、シートがフライパンからはみ出さないように注意してください。

フライパンで美味しい魚料理を作ろう

フライパンで魚を焼く方法やレシピ、そしてメリットやデメリットをご紹介しましたが、気になった方はぜひ試してみてください。魚焼きグリルを使わなくても、フライパンで魚を美味しく焼くことができるので、ポイントを踏まえた上で作ってみてください。

魚には多くの栄養が含まれているため、積極的に摂りましょう。フライパンで焼くことで簡単に作れるため、手軽に感じられます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

魚をフライパンで焼くレシピもまだ多くあるので、関連記事の魚料理のおすすめレシピも合わせてご覧ください。魚によって調理法も多数あるので、この機会に試してみてください。

関連記事

Related