Search

検索したいワードを入力してください

知らないと損!突っ張り棒を縦に使うアレンジグッズと活用例7選

Author nopic iconもんもーる
インテリア / 2019年03月08日
知らないと損!突っ張り棒を縦に使うアレンジグッズと活用例7選

突っ張り棒選び方のコツ

狭いお部屋で収納スペースが少なかったとしても、突っ張り棒を活用すればだれでも簡単に綺麗ですっきりとした快適なお部屋作りをすることができます。

最近ではテレビや雑誌などで、突っ張り棒を使ったさまざまな収納テクニックが特集されているほどです。

しかし、突っ張り棒と一口に言ってもその長さや値段は非常にさまざまです。ここからは突っ張り棒選びの選び方のコツについてご紹介していきます。

耐荷重量

突っ張り棒を選ぶ際に気をつけてチェックしておきたいのが、その耐荷重量です。突っ張り棒を縦に使うにせよ横にして使うにせよ、ハンガーやS字フック、収納ボックスなどと組み合わせて使用する場合には、耐荷重量の高いものを選んだほうがよいでしょう。

なお、突っ張り棒の品質は一般的には値段が高ければ高いほど、より頑丈で耐荷重量の高いものになります。

長さ

長さも、突っ張り棒を選ぶ際によくチェックしておきたいポイントのひとつです。

収納スペースを新たに設けたい場所がどこなのかによって、必要な突っ張り棒の長さも変わってきます。

とりわけ縦にして突っ張り棒を活用する際には、長さがなければ固定することが難しくなるため、長めのものを購入したほうがよいでしょう。

突っ張り棒を縦に使う時のアレンジグッズ4つ

突っ張り棒を使ったDIYというと、同じサイズの突っ張り棒を何本か横に設置し、その上にボックスやタオルなどを載せて収納スペースを使うという方が多いでしょう。

しかし、突っ張り棒は縦に使うことでより便利に活用することができます。ここではまず、突っ張り棒を縦に使う時におすすめしたいアレンジグッズを4つご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

1:ワイヤーネット

突っ張り棒を縦に使う時におすすめしたいアレンジグッズとしてまず挙げられるのが、ワイヤーネットです。

突っ張り棒を縦に2本設置し、その間を埋めるようにしてワイヤーネットをプラスすれば、S字フックなどを使って小物をかけられる収納スペースが生まれます。

ワイヤーネットは100均で安く購入することができるので、金銭的に負担もかかりません。

ワイヤーラック

ワイヤーラックも、突っ張り棒を縦に使う時におすすめのアレンジグッズです。通常ではワイヤーラックを重ねて使うのは不可能ですが、突っ張り棒を縦に2本設置し、結束バンドなどを使ってワイヤーラックを固定すれば、2段も3段でもワイヤーラックを重ねて使うことができます。

収納スペースが少ない狭いお部屋にピッタリの活用術だと言えるでしょう。

フック

突っ張り棒を縦にして設置する時、フックをプラスすれば簡単にハンガーを自作することができます。

フックは100均で購入することが可能です。デッドスペースの床と壁の間にしっかりと突っ張り棒を縦にして固定し、フックをいくつか取りつけるだけで、コートや帽子、マフラーなどをかけられるハンガーが完成するでしょう。

2:すのこ

突っ張り棒を縦にして収納スペースを作る際、よりおしゃれな雰囲気に仕上げたいならば、すのこをアレンジグッズとしてプラスしてみてはいかがでしょうか。

複数の突っ張り棒を縦に使い、その骨組みを利用してオフホワイトのすのこを壁面に設置すれば、味気ない壁がたちまちフレンチカントリー風の収納スペースに早変わりします。

S字フックを使って小物をかけてもいいですし、造花をすのこに引っかければおしゃれになるでしょう。

3:有孔ボード

有孔ボードも、突っ張り棒を縦にして使う時にぜひプラスしたいアレンジアイテムのひとつです。

突っ張り棒を縦に設置し、さらに有孔ボードを取り付けてその穴にフックをかければ、「見せる収納」スペースを作ることが可能です。

例えば収納スペースが少なく、お玉や計量カップなどの置き場所に困るキッチン周りにおすすめしたいアレンジだと言えるでしょう。

4:結束バンド

突っ張り棒を縦に使ったDIYで欠かすことのできないアイテムが、結束バンドです。

結束バンドがあれば特別な工具を使わずとも、縦に設置した突っ張り棒に、有孔ボードやすのこなどのアレンジアイテムを簡単に取り付けることができます。

結束バンドは他のアレンジグッズと同様に、100均などで安く手に入れることができるので、DIYをするならば必ず持っておきたいマストアイテムだと言えるでしょう。

縦に使えるおすすめの突っ張り棒はこちら!

平安伸銅工業 突っ張り棒 強力タイプ
平安伸銅工業 突っ張り棒 強力タイプ

¥ 1,599

口コミ

以前の物より強力で、安心して服を掛けられます。 使い方も簡単でしたのでお勧めします。

突っ張り棒と言っても、その品質は千差万別です。突っ張り棒を縦に使うならばできるだけ強度と耐荷重量が高いものを使ったほうがよいので、平安伸銅工業の「突っ張り棒 協力タイプ」のような製品を購入してみてはどうでしょうか。

耐荷重量は最大15キロで幅は最長110cmなので、縦に使う突っ張り棒としては最適です。安い突っ張り棒と違ってバネが2段式になっているので、縦に使っても落ちにくいところもおすすめの点です。

突っ張り棒を縦に使った場所別活用例7選

知らないと損!突っ張り棒を縦に使うアレンジグッズと活用例7選

以上では、突っ張り棒を縦に使う時にプラスしたいおすすめアレンジグッズについて解説してきました。

それでは、実際に突っ張り棒を縦に使った収納方法としてどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、突っ張り棒を縦に使用した場所別の活用例を7つ厳選してご紹介していきます。

1:玄関

収納ボックスがなく狭い玄関だと、小物の置き場所に困ってしまうでしょう。狭い玄関には突っ張り棒を縦に2本設置し、結束バンドでワイヤーネットを取り付けることで壁面を使った収納スペースを作るのがおすめです。

どこに置いたか忘れてしまいがちな鍵も、ワイヤーネットにS字フックを使って引っかけておけ安心です。

2:キッチン

キッチン周りが狭く、お玉やフライのような調理器具に加えて、調味料の置き場所に困っているという方も多いのではないでしょうか。

料理しやすく快適なキッチンスペースづくりのために、突っ張り棒を縦に使いワイヤーラックを設置すれば、置き場所に困る調味料や調理器具もすっきりと綺麗に収納することができます。

3:洗面所

洗面所が狭いとタオルやスキンケア用品などを綺麗に収納することができません。そんな時にも、突っ張り棒を縦に使った収納アイディアが役に立ちます。

突っ張り棒を縦に設置してすのこやワイヤーネットを取り付け、さらにS字フックなどをプラスすれば、壁面のデッドスペースを上手に活用した収納が可能になるでしょう。

4:押し入れ

押し入れに布団や着ない服を詰め込んで、ごちゃごちゃの状態になってしまっているというご家庭も意外と多いのではないでしょうか。

太めの突っ張り棒を縦に設置し、押し入れの空間内に仕切りを作ってあげれば、ごちゃごちゃになりがちな押し入れの荷物もすっきりと綺麗に収納することができます。

5:クローゼット

「クローゼットが狭くて服が収納しきれない」、あるいはクローゼットがなくてカーテンのレールにハンガーをかけて服を並べているという方もおられることでしょう。

太めで長くしっかりとした強度の突っ張り棒を縦に2~3本設置し、フックをいくつか取り付ければ簡単にハンガーをDIYすることができるのでおすすめです。

クローゼットがない一人暮らしのお部屋でも、見せるおしゃれな収納が可能になります。

6:子供部屋

小さなお子さんがタンスやボックスの引き出しを開けていたずらしてしまったり、開けたはずみで怪我をしてしまったという経験をお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか。

小さなお子さんのいる子供部屋では引き出しの取っ手の中に突っ張り棒を縦に入れれば、いたずらとけが防止になるのでおすすめです。

7:リビング

リビングをよりおしゃれで素敵な空間にしたいという時にも、突っ張り棒を縦に使ったDIYがおすすめです。

天井と床にしっかりと突っ張り棒を縦に設置し、フックをいくつか取り付けてそこに造花やちょっとしたインテリアをひっかければ、たちまちリビングがおしゃれな空間に様変わりするでしょう。

突っ張り棒を縦に使って部屋をすっきりしよう

知らないと損!突っ張り棒を縦に使うアレンジグッズと活用例7選

今回は突っ張り棒の収納アイディアについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。突っ張り棒は縦に使うことで、さまざまなお部屋の収納スペースづくりに活用することができます。

いつもは横に使っていたという方も、ぜひこの機会に突っ張り棒を縦に使った収納アイディアに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

単に収納スペースを作るだけではなく、できるならばよりおしゃれで素敵に突っ張り棒を活用したいものでしょう。

以下の関連記事では突っ張り棒を使ったおしゃれなDIYや壁に収納するアイディアについて特集しているので、ぜひご覧ください。

関連記事

Related