Search

検索したいワードを入力してください

9種類のポリマークレイの特徴と使い方|作品作りの参考本3選

Author nopic iconSa-ya
アクセサリー・小物 / 2019年03月06日
9種類のポリマークレイの特徴と使い方|作品作りの参考本3選

ポリマークレイとは

9種類のポリマークレイの特徴と使い方|作品作りの参考本3選

最近では手作りのアクセサリーを作る方も増加傾向にあり、ビーズやレジンといった素材は100円ショップでも販売される時代になりました。その中でも手作りのアクセサリーなどを作る方が最近注目している素材の1つが「ポリマークレイ」と呼ばれる素材です。

「ポリマークレイ」とは粘土のような素材ですが、自宅のオーブンで焼くとプラスティックのような形状になることから人気を集めている手作り用の素材です。

ポリマークレイの特徴

ポリマークレイの特徴は、自由に形を変えることができ、家庭にあるオーブンで簡単に硬めることができるという点が最大の特徴です。

これまで手作り用の素材というと「レジン」も人気を集めている素材ですが、レジンは型にはめて使用するため、好きな形の型を事前に用意しなければなりません。しかし、ポリマークレイの場合は自分の手で自由自在に形を作れるので、小さなお子さまから大人まで楽しめる素材になっています。

ポリマークレイのメリット

ポリマークレイのメリットは、粘土のような素材なのでオーブンで焼くまでは自由に形を変えることができます。

また常温であればそのまま保存することが可能なので、色々な形やデザインを作ってから作品を吟味することも可能です。ポリマークレイであれば形を作るのに失敗したとしても何度でもやり直しができるので、素材も無駄なく使用できることもメリットの1つだといえるでしょう。

9種類のポリマークレイの特徴と使い方

9種類のポリマークレイの特徴と使い方|作品作りの参考本3選

さまざまな手作り作品を自由自在に作れる素材として人気を集めている「ポリマークレイ」ですが、ポリマークレイにはいくつかの種類があります。

ポリマークレイはブランドによって粘土の硬さや色の発色などが異なります。自分が作りたい作品やアイテムに合わせて操作性のいいポリマークレイを選ぶといいでしょう。それでは、ポリマークレイのブランドをいくつかご紹介していきましょう。

1:フィモソフト

ポリマークレイの中でも人気を集めているのが「フィモソフト」と呼ばれるブランドです。「フィモソフト」は、ポリマークレイの中でも素材が柔らかく操作性がいいのが特徴の1つです。

ポリマークレイ初心者の方を中心に人気を集めており、少量のポリマークレイを12色セットにしたトライアルセットのようなものも用意しているので人気が高い傾向にあります。

2:フィモクラシック

ポリマークレイの中でも人気を集めている「フィモ」は、「フィモソフト」以外にも「フィモクラシック」と呼ばれるシリーズを展開しています。

「フィモクラシック」と呼ばれるポリマークレイが、形を作ってオーブンで焼いた後に磨きをかけることで光沢感を得られる素材が特徴的です。たとえば、ポリマークレイを使って天然石のような素材のアクセサリーなどを作りたい方におすすめの素材です。

3:プレモ!

ポリマークレイで繊細な作品を作りたい方には「プレモ」と呼ばれるポリマークレイブランドがおすすめです。

「プレモ」は適度な硬さのあるポリマークレイで、薄く伸ばしたりしても比較的耐久性の高い素材でできています。たとえば、ポリマークレイでミニチュアの家具を作りたい方などには「プレモ」がおすすめです。操作性も高いので初心者の方にもおすすめのブランドです。

4:ケイト・ポリクレイ

少し硬めのポリマークレイをお探しの方には「ケイト・ポリクレイ」がおすすめです。「ケイト・ポリクレイ」はアメリカで誕生したポリマークレイブランドで、ポリマークレイの上級者からの人気が高いブランドの1つです、「ケイト・ポリクレイ」はオーブンで焼いた後も比較的光沢感のある素材で、アクセサリーなどにも適した素材です。

5:スーパースカルピー

アクセサリーのような小さなパーツもいいけど、少し大きな作品を作りたいという方には、「スーパースカルピー」というポリマークレイブランドがおすすめです。「スーパースカルピー」は、フィギュアなどにも使用されているポリマークレイで、操作性も高く適度な硬さがあるので大きな作品を作る素材としておすすめの素材です。

6:グレイスカルピー

フィギュアなどの大きな造形物を作りたい方には、「グレイスカルピー」というポリマークレイブランドがおすすめです。「グレイスカルピー」は、フィギュアなどを作るプロも使用している素材の1つで、適度な硬さのあるポリマークレイです。比較的大きなサイズで販売されているので、小さなものよりは大きな作品を作る方におすすめの上級者向け素材です。

7:ラバースカルピー

ポリマークレイのブランドの中でも「スカルピー」シリーズは数多くありますが、ポリマークレイを使用してフィギュアなどを作りたい方には「ラバースカルピー」がおすすめです。

「ラバースカルピー」は、ポリマークレイを硬化させるとゴム状(ラバー)の素材に変わるのが特徴的な素材です。柔らかな曲線を描いたりすることができるので、上級者向けのポリマークレイです。

8:フィモリキッド

さまざまな形状のものを作れるポリマークレイですが、瓶や容器などに流しこむような使い方をしたい場合は「フィモリキッド」がおすすめです。

「フィモリキッド」は、液体状になったポリマークレイで本体を容器などで流しこんで使用する素材です。たとえば、水や飲み物などをポリマークレイで表現したい場合などに使用する便利な素材で、ポリマークレイのデザインの幅が広がります。

9:ミックスクイック

ポリマークレイを使って細かなデザインのものを作りたいという方には、「ミックスクィック」も常備しておくことをおすすめします。「ミックスクィック」とは、ポリマークレイに混ぜて使用するもので、ミックスクィックを使うと素材は柔らかなくなる特性があります。ポリマークレイが硬すぎて作業しづらい場合は少量加えて使用するのがおすすめです。

おしゃれにこだわりたい方におすすめのサイト

ポリマークレイでアクセサリーを作ったので、アクセサリーに合わせたファッションを探して合わせたいという方も少なくありません。おしゃれに敏感な方には、ファッション通販サイト「SHOPLIST」がおすすめです。

「SHOPLIST」は定番アイテムからトレンドアイテムまで幅広く展開しているので、自分に合ったデザインを自分は好きな時間に購入することができます。

ポリマークレイの作品作りの参考本おすすめ3選

9種類のポリマークレイの特徴と使い方|作品作りの参考本3選

比較的柔らかな素材でさまざまな形のものを作れるポリマークレイですが、ポリマークレイにはじめて挑戦する方はどのように素材を使えばいいのかわからない方も多い傾向にあります。

ポリマークレイを始めたい方や初心者の方にはポリマークレイの使い方や作り方をわかりやすく解説している参考書を1冊購入するのがおすすめです。それではポリマークレイを使った参考書をいくつかご紹介いたしましょう。

1:ポリマークレイミルフィオリケイン

ポリマークレイを作った作品の中でも人気が高いのが「ミルフィオリケイン」と呼ばれるデザインです。「ミルフィオリケイン」とは、ポリマークレイを使っていくつか棒状のものを作り、その棒状のものを組み合わせてカットすると断面が美しいデザインになっている作品です。

「ミルフィオリケイン」が作りたい方は、「ポリマークレイミルフィオリケイン」という参考書がおすすめです。

2:ポリマークレイジュエリー

特に女性の方を中心に人気を集めているのが、ポリマークレイを使ったアクセサリー作りです。ポリマークレイは磨くと天然石のような輝きをもつ素材もあるので、さまざまなデザインやテイストのアクセサリーを作ることができます。

ポリマークレイでアクセサリー作りに挑戦したい方には、「ポリマークレイジュエリー」という参考書がおすすめです。

3:ポリマークレイ テクニックブック

ポリマークレイを使ってアクセサリーからフィギュアまで色々なものを作りたい方には、「ポリマークレイテクニックブック」がおすすめです。ポリマークレイは作りたい作品によって工程や作業手順も異なります。」ポリマークレイテクニックブック」では、ポリマークレイに必要なテクニックを写真付きでくわしく解説してくれます。

ポリマークレイで作品作りを楽しもう

9種類のポリマークレイの特徴と使い方|作品作りの参考本3選

手作りアクセサリーというとビーズやレジンなどさまざまな素材がありますが、オーブン1つで本格的で自由なデザインのものを作れる素材として注目されているのが「ポリマークレイ」です。

「ポリマークレイ」にはさまざまな種類があり、基本的には粘土のような素材のものが中心ですが液体状のポリマークレイもあります。ポリマークレイの参考書を参考しながら自分好みで作品を作ってみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

アクセサリーやフィギュアなど、さまざまなものを自分の手で作れる素材として人気を集めている「ポリマークレイ」ですが、ポリマークレイ以外にもさまざまな素材やパーツが市場では販売されています。

好きなパーツを購入して組み合わせるだけで作れるアクセサリーキットから金属などを加工して作れる本格的なキットまで、色々な手作り作品に挑戦して自分の好みの作品を自宅で作ってみましょう。

関連記事

Related