Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】スカートコーデ・スカートコーデにアイテム

Author nopic iconmiii
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2019年01月10日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2019年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【年代別】スカートコーデ・スカートコーデにアイテム

スカートの種類

女性ならではの可愛らしさや大人っぽさなどをアピールすることができるファッションの1つがスカートです。女性ならではのアイテムであるスカートですが、毎日履いているという方やたまにしか履かないという方もいるでしょう。

スカートの定番とも言えるタイトスカートやフレアスカート、プリーツスカートは流行問わずに履くことができ、かつさまざまな洋服と合わせやすいので比較的誰にでも似合いやすいのでです。

タイトスカート

タイトスカートとは身体のラインに沿った細身のシルエットが特徴のスカートです。中でもロング丈は今年のトレンドのデザインなので、1着持っていると今年らしくおしゃれに着こなせるアイテムです。

今年はチェック柄が一押しでがありますが、無地やフロントボタン付きのタイトスカートも合わせやすいのでです。

フレアスカート

フレアースカートとは裾に向かってふわりと広がったシルエットが特徴のスカートです。ふわりとしたシルエットなので体形カバーにも効果的で、腰回りや下半身が気になるという方でも履きやすいでしょう。

ロングスカートだと大人っぽい雰囲気に、ミニ丈はガーリーな着こなしにぴったりです。長身の方はロング丈のフレアースカートがで格好良く着こなせるでしょう。

プリーツスカート

プリーツスカートのプリーツは日本語で「ひだ」の意味があり、ひだが縦に重なり合っているスカートのことを指します。また、プリーツの種類や素材感の違いで雰囲気が変わってきます。

今年プリーツスカートは大人っぽく上品で落ち感のある素材のものがです。きれいめのプリーツスカートにスウェットやスニーカーなどを合わせてカジュアルダウンさせたコーディネートが断然おしゃれです。

年代別スカートコーデ

年代が変わると似合うファッションも変わってきます。スカートも今の自分に似合うものやトレンドを上手く取り入れることでおしゃれなスカートコーデを楽しむことができます。

ここでは年代別にスカートコーデをピックアップしました。参考にしてみてください。

20代

20代のスカートコーデはトレンドアイテムの有数スや小物類を合わせておしゃれな着こなしを楽しむのをします。

落ち着いた印象を持つチェック柄のロングタイトスカートには、カジュアルなキャップやコンバース、ファーバッグを合わせることで可愛らしいカジュアルなコーディネートが完成します。定番カラーを中心とした組み合わせには、赤のロゴ入りスウェットがアクセントになっています。

30代

30代のスカートを取り入れたコーディネートは、大人の落ち着いた雰囲気の中にも華やかさと明るさをプラスするといいでしょう。

ボリューム感のあるベージュのマキシ丈フレアースカートには、トレンドのチェック柄のシャツをプラスすることで落ち着いた雰囲気のあるおしゃれなコーディネートに仕上がります。ヘアスタイルを無造作に束ねたり、白のスニーカーを合わせることで抜け感を演出しましょう。

40代

40代のスカートコーディネートは、質の良い定番のアイテムを合わせることで大人ならではの余裕のある雰囲気を演出するといいでしょう。

グレーのギャザースカートにネイビーのタートルニットの組み合わせはシックで知的な印象を与えます。バッグや靴などの小物は黒で合わせることで統一感があり、すっきりとしたコーディネートに仕上がっています。

特徴別スカートコーデ