Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】授業参観におすすめの服装・選ぶポイント・おすすめブランド

Author nopic iconもんもーる
コーディネート / 2019年01月09日
【年代別】授業参観におすすめの服装・選ぶポイント・おすすめブランド

授業参観の服装を選ぶポイント

授業参観は愛する我が子の成長を直接確認することのできる、大切な行事です。しかし、「どんな服装で授業参観に行けばいいのか迷ってしまう」という親御さんも少なくないことでしょう。

ここではまず、授業参観の服装を選ぶ際のポイントを5つピックアップしてご紹介していきますので、服装に迷った時にぜひ参考になさってみてください。

派手な色は着ない

授業参観の服装選びのポイントとしてまず挙げられるのが、派手な色は着ないということです。

授業参観は子どもが学校で学ぶ姿を見守るための行事であって、親御さんが主役としておしゃれをしていくための行事ではありませんので、落ち着いた色の服装を選ぶのが鉄則です。

赤や黄色などのビビッドカラーは差し色程度に抑え、紺色やグレー、パステルカラーといった上品な色の服装にしましょう。

アクセサリーをつけすぎない

アクセサリーをつけすぎないということも、授業参観の服装選びのポイントの一つとして挙げられるでしょう。

授業参観に華美な服装をしていくのは場違いになってしまいかねませんので、アクセサリーは小ぶりなネックレスやイヤリングなど1~2点ほどに留めておくのベストです。

また、派手なデザインのアクセサリーは避けたほうがよいでしょう。

カジュアルすぎない服装

授業参観の服装選びのポイントの一つとして、カジュアルすぎない服装にするということも挙げられます。

授業参観にフォーマルな服装で臨む必要は必ずしもなく、最近ではややカジュアルな服装で参列する親御さんも少なくありませんが、だからと言ってカジュアルすぎる服装だとだらしない印象を与えてしまいかねません。

カジュアルなアイテムであっても上手にコーディネートをして、清潔感や上品さを忘れないようにしましょう。

露出が多すぎない服装

露出が多すぎない服装にするということも、授業参観の服装選びのポイントの一つとして挙げられるでしょう。

露出が多い服装だとだらしがなく下品な印象を先生や他の親御さんに与えてしまいかねませんので、胸元が大きく開いたトップスや丈の短いスカート・ワンピースやホットパンツは避けるのが鉄則です。

また、素足はできれば避け、ストッキングを履いたほうがよいでしょう。

デニムでもいい?

それでは、授業参観にデニムを履いていってもよいのでしょうか。きれいめなデザインのデニムであり、なおかつ上品なトップス・アウターと合わせるならばデニムを履いていっても特に問題はありません。

例えば白やパステルカラーのとろみシャツときれいめジャケットを合わせれば、デニムを履いてもカジュアルすぎる印象にはなりません。

ただし、校風によってはデニムを避けたほうがよい場合もあります。

年代別おすすめの授業参観の服装

以上では、授業参観の服装選びのポイントについてご紹介してきました。それでは、具体的にどのような服装で授業参観に臨めばよいのでしょうか。

他の親御さんから浮かないように、また我が子に恥ずかしい思いをさせないように、きちんとした服装をしていきたいところです。

ここからは授業参観のおすすめの服装を年代別にご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

20代におすすめコーデ

20代におすすめのコーデとして挙げられるのが、カーディガンとチノパンを合わせたスタイルです。

シンプルで落ち着いた色合いのカーディガンに、ベージュのチノパンとパンプスを合わせることで、ほどよくフェミニンで上品であり、なおかつ堅苦しさのないコーデが完成します。

なお、ボトムスはチノパン以外にも、センタープレスのパンツやアンクル丈のパンツもおすすめです。

30代におすすめのコーデ

30代におすすめの授業参観の服装として、とろみシャツを取り入れたパンツスタイルをご紹介します。

オフホワイトの女性らしさの感じられるとろみパンツに、同じくとろみ感のあるレーヨン素材のアンクル丈パンツとヒールを組み合わせることで、上品でフェミニンな授業参観コーデに仕上がります。

きちんとした服装で参列する親御さんの多い学校にも、この服装ならば安心して行けます。

40代におすすめのコーデ

40代におすすめの授業参観の服装として挙げられるのが、シャツワンピースを一枚でさらりと上品に着こなしたスタイルです。

シンプルで女性らしいデザインであり、なおかつミモレ丈のシャツワンピースを選ぶことで、上品さときちんと感を兼ね備えたコーデが完成するでしょう。

おしゃれできちんと感があるだけでなく、体型カバーにもなりますので一石二鳥だと言えます。

授業参観に選ぶ服装のおすすめ系統

【年代別】授業参観におすすめの服装・選ぶポイント・おすすめブランド

授業参観の際に、どのような系列の服装を選べばよいのでしょうか。授業参観には、女性を上品に美しく見せてくれる、フェミニンできれいめなデザインの服装を選んで参列するのがおすすめです。

例えば、オフィスカジュアルコーデを念頭に置きながら服装を選んでみてはいかがでしょうか。

逆に避けたほうがよい系列の服装としては、カジュアルすぎるものやセクシーなもの、自己主張の強すぎるものが挙げられるでしょう。

授業参観におすすめのファッションアイテム

【年代別】授業参観におすすめの服装・選ぶポイント・おすすめブランド

それでは、授業参観にはどのようなファッションアイテムを組み合わせてコーデを完成させればよいのでしょうか。

ここからは、授業参観におすすめのファッションアイテムをご紹介していきます。以下のファッションアイテムをお手持ちの服と組み合わせれば、手っ取り早く上品で清潔感のあるコーデが完成するでしょう。

とろみシャツ

授業参観におすすめのファッションアイテムとしてまず挙げられるのが、とろみシャツです。

レーヨン素材のとろみシャツは着るだけでおしゃれで上品に見えますし、一枚でさらりと着るだけでもさまになります。

また、ボトムスがややカジュアルなデザインのものであっても、とろみシャツを合わせるだけできちんと感が出るので一枚持っておくと重宝します。

きれいめワンピース

きれいめなワンピースも、授業参観におすすめのファッションアイテムの一つといて挙げられるでしょう。

ミモレ丈のワンピースや紺色・グレーといった落ち着いた色のワンピース、あるいはきちんと感と女性らしさを兼ね備えたシャツワンピースなど、どれか一枚をもっておけば授業参観の時に困りません。

タイトスカート

タイトスカートも、授業参観におすすめのファッションアイテムの一つとして挙げられます。

タイトスカートは落ち着いた大人の女性らしさと上品さを演出してくれるアイテムですし、トップスがややカジュアルなデザインであっても上手に調和してきちんと感を演出してくれる優秀アイテムです。

膝下のやや長めの丈の上品なタイトスカートを一枚持っておくと便利でしょう。

ラップ風スカートおすすめブランド3選

授業参観にピッタリなアイテムの一つとして挙げられるのが、今流行りのタイトなラップ風スカートです。

ラップ風スカートはほどよいおしゃれかんと上品さを兼ね備えたアイテムですので、授業参観のようなセミフォーマルな装いが求められるシーンにピッタリだと言えるでしょう。

ここからはラップ風スカートのおすすめブランドを3つご紹介していきます。

1:PLST

ラップ風スカートのおすすめブランドとしてまず挙げられるのが、PLSTです。

オフィスカジュアルコーデに欠かすことのできない人気のブランドであるPLSTのラップ風スカートならば、着るだけで都会の洗練されたおしゃれで上品な女性の雰囲気をゲットすることができます。

2:INDEX

INDEXも、ラップ風スカートのおすすめのブランドの一つとして挙げられるでしょう。

リーズナブルな価格帯でありながらも、上品できちんと感のあるデザイン性で高い人気を集めるINDEXのラップ風スカートならば、30代以降の大人女子にもピッタリです。

3:UNIQLO

UNIQLOも、ラップ風スカートのおすすめブランドの一つとして挙げられます。低価格でありベーシックなデザインと幅広いサイズを取り揃えているUNIQLOならば、オーソドックスでありながらもほどよいトレンド感のあるラップ風スカートをゲットできるはずです。

授業参観はきれいめな服装で行こう!

【年代別】授業参観におすすめの服装・選ぶポイント・おすすめブランド

今回は授業参観の服装について特集してきましたが、いかががでしたでしょうか。授業参観には華美な服装や露出の多い服装は避け、きれいめで上品なコーデで参加しましょう。

関連記事

Related