Search

検索したいワードを入力してください

なぜ猫はスリスリしながら急に噛むの?|猫が甘え噛みをする心理

Author nopic icon新川彗
動物・ペット / 2019年10月23日
なぜ猫はスリスリしながら急に噛むの?|猫が甘え噛みをする心理

猫はなぜ甘えてスリスリしながら噛んでくるの?

猫の愛らしい姿や仕草は、見ているだけで心が和み癒されます。

近年では、メディアによる猫特集が組まれたり、猫関連のグッズが多く発売されたりなど、猫がより身近な存在になりました。そんな中で、猫を飼い始める人も増えてきました。

飼い主なら分かる、「猫のあるある」は沢山あります。その1つが、「スリスリしながら噛んでくる」ことです。

「さっきまで甘えていたのに、どうして急に噛んでくるの?」と不思議に思う人も多いでしょう。

本記事ではそんな疑問に対し、「猫がスリスリする理由」と「猫が噛む理由」をご紹介していきます。

猫がスリスリする理由4つ

猫がスリスリして近寄ってくると、とっても可愛いですよね。では、何故猫はスリスリするのでしょうか。

猫が寄ってきて顔や身体をすりつけてくる姿は何とも可愛らしいですよね。ここでは、猫がスリスリする4つの理由をご紹介します。

猫がスリスリする4つの理由
  1. あいさつ
  2. ご飯のおねだり
  3. 寂しい
  4. マーキング

猫がスリスリする理由1:あいさつ

猫がスリスリする1つめの理由は、「あいさつ」です。

猫は自由気ままな動物です。そこが、猫の魅力でもありますが、「気が向いたときにしか寄ってきてくれないのかな?」と少しそっけなく感じる人もいるかもしれません。

しかし、猫は自分を可愛がってくれる人にしっかりと愛情表現を示してくれます。それが、「スリスリする」という行動です。

猫同士でもスリスリすることでコミュニケーションを取っています。思わず顔がほころんでしまうような可愛いあいさつですね。

猫がスリスリする理由2:ご飯のおねだり

猫がスリスリする2つ目の理由は、「ご飯のおねだり」です。

猫はご飯やおやつが欲しいときに、身体をスリスリしてくることがあります。それに加えて何か訴えかけるように鳴いているときは、ご飯を要求している場合が多いでしょう。

猫は興味があることに関する記憶力が優れているといわれています。

もし以前にスリスリした後にご飯が出てきた経験があれば、「スリスリすればご飯をもらえる」と理解している可能性があります。

猫がスリスリする理由3:寂しい

猫がスリスリする3つ目の理由は「寂しい」からです。

気がつくとどこかにいなくなっていて、しばらくするとまたふらっと姿を表したり、そういった猫の姿を見ていると「1人が好きなのかな?」と感じる人もいるでしょう。

そんな孤高のイメージを持った猫ですが、実はとても寂しがり屋です。特に飼い猫の場合は人とがいる生活に慣れているので、1人にされると不安になることがあります。

スリスリしてくるのは、「遊んでほしい」、「構ってほしい」というアピールなのです。

猫がスリスリする理由4:マーキング

猫がスリスリする4つ目の理由は、「マーキング」です。マーキングとは、自分の縄張りに匂いをつける行動です。

猫の身体には、「臭腺(しゅうせん)」と呼ばれる動物特有のフェロモンを分泌する腺があります。特に額や臀部から強い匂いを発するため、頭をこすりつけてマーキングすることが多いです。

人に対してスリスリするのも、「この人は自分のもの」とアピールしているためです。

飼い主が帰宅したときなど、知らない匂いや外の匂いがついている場合は、自分の匂いで上書きしようとスリスリしてきます。

猫がスリスリしながら噛む理由5つ

猫がスリスリする理由について説明しましたが、スリスリしながら噛む場合もあります。

何故、猫はスリスリしながら噛むのでしょうか。

「さっきまで機嫌が良かったのにどうして?」と思う人も多いでしょう。ここでは、猫がスリスリしながら噛む5つの理由をご紹介します。

猫が噛む理由その時の心理状態
じゃれている楽しい、遊んでほしい
興奮している気持ちが高ぶっている
狩りの練習楽しい、ワクワク
じれったいイライラ、何かをしてほしい
ストレスがあるイライラ、やめてほしい

猫がスリスリしながら噛む理由1:じゃれている

猫がスリスリしながら噛む理由の1つは、「じゃれている」ためです。

猫の牙は鋭いため、少し噛まれただけでも十分痛いです。猫がスリスリした後に噛んでくると、「急にどうしたんだろう」と不安になる人もいるでしょう。

しかし、猫がスリスリして噛むのは、楽しくてやっている場合があります。

猫はおもちゃなど動くものにじゃれる習性があるので、飼い主の手や指に噛みついて遊ぶ場合もあるのです。

猫がスリスリしながら噛む理由2:興奮している

猫がスリスリしながら噛む2つ目の理由は、「興奮している」ためです。

猫は寝ている時間が長く、気ままでのんびりした性格に見えます。しかし、他の猫を見た場合に威嚇したりと気性の激しい一面を見せることがあります。

飼い主に対してもスリスリすることで気分が高揚し、噛んでしまうということがあるのです。

猫がスリスリしながら噛む理由3:狩りの練習

猫がスリスリしながら噛む3つ目の理由は「狩りの練習」です。

猫の行動には、野生だった頃の名残が残っています。獲物に気付かれずに近付くために音を立てずに歩くなど、狩りをしていたときの習性が見られます。

噛んでくるのも、狩りに関連する行動の1つです。飼い主の手などを獲物に見立て、噛んでくることがあります。

猫がスリスリしながら噛む理由4:じれったい

猫がスリスリしながら噛む4つ目の理由は、「じれったい」ためです。

猫がスリスリしてくるのはご飯がほしいときなど、何かを要求している場合があります。それが飼い主に上手く伝わらず、もどかしい気持ちで噛んでしまうことがあるのです。

猫がスリスリしながら噛む理由5:ストレスがある

猫がスリスリしながら噛む5つ目の理由は、「ストレスがある」ためです。

自由気ままな猫は、一見ストレスとは無縁に思えるかもしれません。しかし、人間と同じで猫もストレスを感じています。それが「噛む」という行動にあらわれることがあります。

触られたくない場所を撫でられたとき、飼い主からのスキンシップが過度に感じたときなど、ストレスの要因は様々です。

猫がスリスリしながら噛むときは、何か不満を抱えている、イライラしている可能性が考えられます。

猫に噛まれたらするべきこと

猫に噛まれてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

猫に噛まれたときに、撫でてあげた方がいいのか、そっとしておいた方がいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。

ここでは、猫に噛まれた場合の3つのしつけ方法をご紹介します。

猫が噛むときのしつけ方法
  1. 噛む前に離れる
  2. 痛い!と叫んで目を見る
  3. 噛まれた指を少し押し込む

猫に噛まれたらするべきこと1:噛む前に離れる

猫に噛まれたときの対処法は、まず「噛む前に離れる」ことです。

例えば、猫を撫でているときに避けるような仕草をしたり、足で払いのけたりしてきた場合は、噛む前のサインだったりします。

しつこくするとガブリと噛みつかれる場合があるので、猫が嫌がる仕草を見せた場合はそっと離れましょう。

猫がじゃれついてきた場合も同様です。飛びついてきたり、飼い主の腕や足を抱え込んでけりけりしてきたりなど、そんなときはエスカレートして噛まれる可能性があります。

噛まれそうな気配を感じた場合は、噛まれる前に猫から離れるのがベストです。

猫に噛まれたらするべきこと2:痛い!と叫んで目を見る

猫に噛まれたときの対象法その2は、「痛い!と叫んで目を見る」ことです。

落ち込んでいるときに猫がなぐさめるようにスリスリしてきたという経験はありませんか?猫は人間の気持ちをしっかり理解することができる動物と言われています。

噛むときも、信頼関係のある飼い主を攻撃したくて噛んでいるわけではありません。

痛いということを伝えれば、「噛むとご主人様が悲しい顔をする」ということをしっかり理解するはずです。

猫に噛まれたらするべきこと3:噛まれた指を少し押し込む

猫に噛まれたときの対象法その3は、「噛まれた指を少し押し込む」ことです。

猫に噛まれたとき、反射的に手をひっこめてしまうことが多いと思います。しかし、動くものに敏感な猫が更に噛み付こうとするなど、怪我に繋がる恐れがあります。

噛まれた場合は、その指をそっと押し込むようにしましょう。苦しさを感じた猫が噛むのをやめるはずです。

また、そうすることで「噛んではいけないんだ」と猫に理解させることができます。指を押し込みすぎないように注意しながら、軽く押すようにしましょう。

猫が噛んでくる気持ちを理解しよう

猫が噛んでくる理由をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。猫が噛むときの心理状態は様々です。

その時の猫の気持ちが分かれば、猫への愛着がもっと湧いてくるはずです。そして、更に良い関係を築くことができます。

関連記事

Related