Search

検索したいワードを入力してください

ペット可マンションはうるさい?トラブルを防ぐ対策方法4選

Author nopic iconibukitchen126
動物・ペット / 2019年08月22日
ペット可マンションはうるさい?トラブルを防ぐ対策方法4選

ペット可マンションとは?

ペット可のマンションとは、賃貸のマンション・アパートの中でペットを飼うことができる物件のこと指します。管理規約においてペットの飼育を認められている物件です。

動物の種類や大きさ、鳴き声などで入居の不可が問われます。ペット可のマンションの場合も、鳴き声のうるさい場合に入居を拒否される場合があります。

ペット可マンションの主なルール

ペット可マンションはうるさい?トラブルを防ぐ対策方法4選

ペット可マンションの大きく共通しているルールは「共有部分以外での飼育」をするということです。玄関から先の専有している場所でしか飼育をすることができません。

あとは管理会社によって個別にペット飼育細則が決められています。頭数によっても可不可があるため入居を検討する場合は最初にチェックしておきましょう。

ペット可マンションのよくあるトラブル

ペット可のマンションにようやく入居できたとしても、トラブルはつきものです。

ペットを飼っている人でも近所の犬がうるさいと感じたことがあるように、ペット可のマンションに住めたとしても自分のペットがうるさいために近所に迷惑をかける場合があります。

クレームがきてしまうトラブルとはどんなことなのでしょうか?

鳴き声や爪とぎの音がうるさい

ペット可マンションはうるさい?トラブルを防ぐ対策方法4選

いくらペット可のマンションでも鳴き声のうるさい犬がいたらクレームにつながります。夜中に犬が吠えるというのは特に気をつけたいところです。

しかし意外と「爪とぎの音」について気をつけ忘れてしまう方は多いのではないでしょうか。猫の爪とぎはもちろん、犬の穴掘りの動きは下の階にとってうるさい可能性があります。

ペットのニオイが臭い

ペットのニオイは飼い主には気づきにくく、気づかずに周りに迷惑をかけていることがあります。自分の家のニオイは気にならなくとも他人の家の生活臭が気になるのと同じです。

自分は慣れているニオイでも他人からしたら耐え切れないほどくさい可能性があります。犬が苦手な人にとってはかなりキツイ場合が多いです。

共用スペースが汚れる

犬や猫が間違って共有スペースで粗相をしてしまった場合や、散歩で使ったあとのウンチ袋の玄関先での処理の仕方など、様々な要因によって共有スペースが汚れてしまうことがあります。

猫や柴犬など、毛がよく抜ける種類のペットを飼っている場合は、歩かせるだけでも毛が周りを汚してしまうことがあります。

飼い主不在時のペットの問題

ペット可マンションはうるさい?トラブルを防ぐ対策方法4選

日中に家を空ける場合、飼い主がいないときにうるさい犬がいます。知らぬ間に騒音問題が起きていて近所からうるさいと言われたことがある人も多いようです。犬が夜吠える場合は飼い主がおらず、番犬としてや寂しくて吠えてしまいます。

生活リズムは人によって異なるため、日曜大工でもうるさいと感じる人がいるのです。

マンションのペットトラブルを防ぐ対策方法4選

ペットのうるさい鳴き声などの騒音問題によって隣の部屋の学生の勉強に支障をきたしてしまう…など、クレームが来る前にマンションのペットトラブルを事前に防ぎましょう。

ペット可のマンションで起こりうるトラブルの大きくまとめた大事な点を、4選にまとめましたので確認していきましょう。

トラブルを防ぐ対策方法1:ペット飼育規約をしっかり見直す

ペット可マンションはうるさい?トラブルを防ぐ対策方法4選

ペット可の物件に入居したら、うるさいとクレームが来る前に、入居時に確認したペット飼育規約をしっかり見直しましょう。

入居の説明を受けているときには疑問に思わなかったことも、改めて見返すと出てきます。

契約書の紛失などでペット飼育規約の調べ方が分からなくなった場合はすぐに管理会社に確認を取りましょう。

トラブルを防ぐ対策方法2:他の部屋の住民も暮らしていることを意識する

犬が夜中吠えるというのは世間一般的にルール違反だということはわかりやすいですが、自分が住んでいる他の部屋の住人それぞれのことを意識することも重要です。

ペット可のマンションだからといって規約を守るだけではなく、上下の階の住人が何時から静かにしてほしそうかを確認しておくと、騒音などのトラブルが減ります。

トラブルを防ぐ対策方法3:しつけを見直す

ペット可の物件に越しても、今まで許されていたことがうるさいとクレームにつながる時があります。その場合は今のしつけで十分ではないということを意識しましょう。

近所からのクレームにつながるような問題について必要な、しつけの見直しのポイントがいくつかあります。あなたのペットは大丈夫かチェックしてください。

しつけ内容見直すポイント見直すメリット
無駄吠えをさせない吠えなくてもよいことを教える騒音問題が解消される
爪研ぎ・穴掘りは決まった場所で壁や床でしようとしたら叱る騒音がなくなる・家が傷つかない
他人に迷惑をかけない散歩マナー動物が苦手な人とは距離を置く近所トラブルの解消

トラブルを防ぐ対策方法4:防音対策をしっかり行う

ペット可物件でペットを飼う場合、とくに鳴き声のうるさい犬を飼う場合は部屋の防音性を高めましょう。

防音対策はペット可マンションのタイプによって変わってくるので、それぞれのタイプによっての対策を調べましょう。ペット可の場合だけでなく、うるさい隣の部屋からの音が気になる人、音に敏感な人にオススメの対策です。

鉄骨造のマンションの場合

鉄骨造のマンションの中でも種類があり、軽量鉄構造・重量鉄骨造の2つがあります。マンションの壁の構造も違ってくるため、防音性も異なります。

しかし鉄骨マンションは鉄骨鉄筋コンクリート(rc・src造)に比べると防音性は劣るため、生活音トラブルは起きやすく、ペット可物件として探す場合はペットのいるゲージは部屋の中に部屋を作って(防音部屋)音漏れを最小限にするなど工夫しましょう。

木造マンションの場合

木造マンションは遮音性能で選ぶなら避けたほうがよいでしょう。鉄筋アパートや鉄骨アパートよりも通気性がよく過ごしやすいのが特徴ですが、その分木造住宅には騒音トラブルが発生してしまいます。

となりのマンションにうるさい音が聞こえにくい角部屋を選ぶなど、騒音、物音問題を配慮した部屋選びが必要です。

一人暮らしの場合

ペット可マンションでの一人暮らしの場合はペットを留守番させる時間が長く、留守中のペットのうるさい鳴き声が響くことで隣人トラブルになることがあります。

壁の薄いマンションだと壁伝いに隣の部屋に迷惑がかかります。

ペットを飼うアパートの壁が薄いときは防音のペット可賃貸マンションにするなどしましょう。

ペットがうるさい時におすすめの対策グッズ6つ

ペット可でも木造物件や壁が薄いアパートでペットを飼わなくてはならず、壁の種類や壁の厚さなどが選べない場合、音の響き方を防音素材で変えてうるさい騒音の対策をしてみてください。

工夫をすれば防音のペット可物件に負けないくらいの防音効果を期待できます。しつけが間に合わないうるさいペットも飼うことができます。

吸収音パネル

吸音材パネルとは、その名の通りうるさい音を吸収してくれるパネルのことで防音構造のないペット可のマンションでもうるさい音を軽減してくれます。

素材はウレタンスポンジや板など、DIYが得意な人であればプロでなくても取り合え使える物ばかりのため、初心者でもチャレンジしやすいものとなっています。

1:貼るだけ 防音シート

貼るだけ防音シート
貼るだけ防音シート

こちらの吸音材はとても手軽に設置できるのが特徴です。マンションの壁にたてかけるだけでもOKで、音楽室などにも使用される防音性の高い波型構造のスポンジです。

遮音性があるわけではありませんが、ペット可の防音性のないマンションではうるさい鳴き声の軽減になります。

材質サイズ価格カラー特徴
ウレタン30×30899円レッド波型構造・防火性

2:QonPET

QonPET
QonPET
口コミ

トランスミッションのシフトレバーの取り付け部の遮音に使用しました。 遮音効果がいいと思うこの製品を試して見ました。おススメです。

ペットの鳴き声によりうるさい反響音を軽減します。ハサミやカッターなどで自在に形をカットすることができるのが嬉しい商品です。

ペット可マンションの壁全面に設置するとより効果的な防音が期待できるでしょう。まずはためしに立てかけてみて、音の響きを調節しながらシートの配置しましょう。

材質サイズ価格カラー特徴
ポリエステル繊維910×9106706円ブラック工場騒音にも効く高い防音性

ジョイントマット

ペット可マンションはうるさい?トラブルを防ぐ対策方法4選

ジョイントマットはみなさんも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。100均一にも販売しているジョイントマットですが、実は特徴のひとつに防音性が期待できるというのがあります。

ペット可マンションでの防音の面で考えたときのおすすめを紹介していきます。

1:Maiweyタイルマット

Maiweyタイルマット
Maiweyタイルマット
口コミ

防音効果のほうは、 二階に住んでますが、 敷いていない部屋に比べると足音が静かなので効果はあると思っています。

厚さが4mmとジョイントマットの中でも厚く、防音性・保温性のどちらにも優れています。

ジョイントマットの特徴である「汚れたら洗える」という利点があり、清潔感に気を使いたい方へおすすめです。汚れやすいペット可のマンションにぴったりの商品です。

材質サイズ価格カラー特徴
表面/ポリエステル100%、裏面/アクリル樹脂25×252199円ブラウン×ベージュカット可能・滑り止め

2:日東紡マテリアル 防音マット

日東紡マテリアル 防音マット
日東紡マテリアル 防音マット
口コミ

子猫の大運動会に悩まされ、購入しました。厚手のため、多少の音は全く気にならなくなりました。質感も色も大満足です。

特殊3重構造により他のジョイントマットよりも高い防音性ですが、その分お値段は張ります。

ジョイントマット特有のチープ感がなくオシャレなのに、マンションのどこでも設置でき、ペットのうるさい鳴き声の軽減もできるという機能性も持ち合わせた商品です。

材質サイズ価格カラー特徴
(パイル)アクリル55%+アクリル系45% (バッキング)ガラス繊維補強PVC+特殊ポリエステル不織布+PVCの三層構造50×5010800円アーバンブラウン・オフホワイト・オレンジ・グリーン・シープホワイト・ダークブラウン・チャコール・ピンク・ブラウン・ブルー・ライトブラウン特殊3重構造

コルクマット

天然素材のコルクでできている、安心でエコなのがコルクマットです。夏は涼しく・冬は保温してくれるオールシーズン快適なマットなので、ペットがいる家庭でも安心して使えます。

防音性はもちろんですが、滑り止めになるのがペットに優しいポイントです。

1:コモライフ コルクマット

コモライフ コルクマット
コモライフ コルクマット
口コミ

コルクなら年中取り替え無しで、快適に過ごせそうで、楽しみです。汚れた場所だけ洗えるし、汚れも落ちやすく、乾きも早い。ホルムアルデヒドも低いということで、うれしい事ばかりです

コルクマットの中でもお値段が手頃で、ジョイントマットのため汚れた箇所のみ水洗いができます。

天然素材にこだわりたい方にオススメなコルクマットです。愛犬に安心して使わせられるものを選びたいときはコルクマットがおすすめです。

材質サイズ価格カラー特徴
コルク30×301780円コルクカラージョイント可能

2:クッションフロアラグマット

クッションフロアラグマット
クッションフロアラグマット
口コミ

梱包も明細書もとてもキレイで丁寧でした☆ フチの色も思ってたより気になりませんでした。 我が家は2枚購入したのですが、本当に良かったです。

ペット可のマンションで愛犬や愛猫がうるさいと言われてしまったら、まずは家の中で放し飼いをせずにゲージに入れて過ごさせましょう。

そこにこのコルクマットを敷いておけば、下の階からのうるさいという苦情は軽減するはずです。

材質サイズ価格カラー特徴
表面:塩化ビニール100% 中間:塩ビ発泡 表面:ガラス基材182×2603865円コルクカラー抗菌・防カビ・防炎・撥水

ペット可マンションでうるさいと言われないよう対策をしよう

ペット可マンションでも、ペットがうるさいと言われてしまうことはあります。うるさいと言われる前に防音性を高めておくことが理想ですが、なかなか完璧にはいかないものです。

ネットで調べたり、専門家に相談するなど工夫して、楽しいペット可マンションライフを過ごしましょう。

関連記事

Related