Search

検索したいワードを入力してください

猫が抱っこをせがんでくる理由とは?抱っこするときの注意点

Small 4b9d3c75 9d2c 40e0 8572 294d9e1356f3jyunn0317
カテゴリ:動物・ペット

初回公開日:2019年10月04日

更新日:2020年05月20日

記載されている内容は2019年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

猫が抱っこをせがんでくる理由とは?抱っこするときの注意点

猫が抱っこをせがむ理由

抱っこが嫌いな猫がいれば、抱っこをせがむ抱っこの大好きな猫もいます。では、抱っこの好きな猫は、どんな理由で抱っこをせがむのでしょうか。

それでは、猫が抱っこをせがむ理由を紹介していきます。

猫が抱っこをせがむ理由
  1. 甘えたい
  2. 暖を取りたい
  3. においを付けたい
  4. 遊んでもらいたい

猫が抱っこをせがむ理由1:甘えたい

猫が抱っこをせがむのは、大好きな飼い主さんに甘えたいからです。猫にとっては抱っこをせがむのは愛情表現の一つなので、事情の許す限り抱っこしてあげましょう。

猫は抱っこされる事で、甘えられると同時にコミュニケーションを取りたがっています。ちゃんと抱っこして貰えると、愛されている事を確認できて安心します。

どうしても抱っこできない時は、中途半端に抱っこしないで「今はダメなのよ」と言って、抱っこできる時とできない時をはっきり教えてあげましょう。猫は自然に覚えていきます。覚えたら褒めてあげましょう。

猫が抱っこをせがむ理由2:暖を取りたい

猫が抱っこをせがむのは、暖を取りたいという気持ちからで、特に寒い季節になってくると頻繁に抱っこをせがむようになります。

抱っこをせがんできたら抱っこしてあげて、抱っこしたいのだと愛情を示してあげましょう。寒い時期には猫と一緒に寝ると、ほんわかと暖かくて気持ちが良いですが、それは猫も同じです。

猫が抱っこをせがむ理由3:においを付けたい

猫が抱っこをせがむのは、大好きな人に臭いを付けたいからです。

猫は自分のテリトリーを侵されるのをとても嫌がり、自分の大切なものには臭いを付ける習性があります。抱っこして貰う事で臭いをあなたに擦り付けて、独占しているつもりなのでしょう。

抱っこが大好きな猫は、飼い主がお風呂に入ると、自分の匂いが消えてしまうと思うと言われています。

自分の臭いを付けたいために、飼い主さんのお風呂上りを待ち構えて、頭をスリスリしてきて抱っこをせがみます。そんな時は甘やかしても構わないので、抱っこしてあげましょう。

猫が抱っこをせがむ理由4:遊んでもらいたい

猫が飼い主さんに抱っこをせがむのは、遊んで貰いたいからです。遊んで貰いたいと抱っこをせがんだり、切ない声で鳴いて気を引いたりします。そんな時は遊んであげても、決して甘やかしすぎにはなりません。

猫は遊ぶ事が大好きです。狭い室内ですとストレスが溜まってしまいますので、キャットタワーを用意するなど、運動できる環境を整えてあげることが大切です。

猫を抱っこ好きにする方法3つ

猫好きならば誰でも猫を抱っこしたいと思うのは当然と言えるでしょう。飼い主であればなおさらのことです。ですが、抱っこをせがむ猫ばかりでないのは事実です。

それでは、猫を抱っこ好きにする方法を紹介します。

猫を抱っこ好きにする方法1:猫が寄ってきたときに行う

猫が寄ってきたときに膝の上に乗るのを待ちましょう。

膝の上に乗るようになったら、そっと膝抱きして膝抱っこに少しずつ慣れさせていきましょう。猫が暖を取りたがる寒い季節が特に効果的で、膝の上に大好きな毛布を載せて自然に乗ってくるのを待ちましょう。

猫を抱っこ好きにする方法2:無理強いしない

猫が膝の上に乗ってきて抱っこしようとしても、嫌がるようなら無理強いするのは止めましょう。

無理に抱っこしても逆効果ですので、嫌がって鳴いたり逃げようとしたら、すぐ解放してあげましょう。焦らずに、抱っこをせがむ抱っこ好きの猫に慣らしていきましょう。

トイレのしつけはトイレの砂の上に連れて行くと、場所を覚えて自然に自分でできるようになります。

上手くできないからと飼い主さんが怒りすぎると、プライドの高い子は拗ねてしまう事もあります。慣れるまでは、トイレが上手にできたら褒めてあげましょう。

猫を抱っこ好きにする方法3:抱っこで楽しい状況を作る

猫がリラックスしている時に、ブラッシングやマッサージを膝の上でしてあげて、楽しい状況を作ります。大好きなおやつをあげるのもおススメです。

膝抱っこして貰うと楽しい事があると覚えるようになったら、猫の方から膝の上に乗ってくることが期待できます。

猫はとても綺麗好きで、トイレが汚れているのをとても嫌がります。砂は1日に1回は替えましょう。

トイレが汚いと夜中でも寝ている飼い主を起こします。綺麗に掃除しているのを、じっと監視していることもあります。トイレはいつも綺麗にしておきましょう。

猫が抱っこを嫌いになってしまう理由3つ

猫は何らかの理由で抱っこをせがむのを止める事があります。その理由に気づかない飼い主さんもいます。

それでは、猫が抱っこを嫌いになってしまう理由3つを紹介しますので、参考にしてみてください。

猫が抱っこを嫌いになってしまう理由1:病院に行くときなど嫌な時に抱っこの経験がある

猫は抱っこされて病院に連れて行かれたり、お風呂に入れられたりなどの嫌な経験があると、抱っこを嫌いになってしまう事があります。

そんな嫌な経験があると、猫は抱っこは嫌なものだと認識してしまい、抱っこをせがむのを止めたりします。

猫は、高い所に登るのは良いのですが、降りられなくる事が多いです。事故を未然に防ぐために、自力で降りられるような環境を整え、可能な範囲で事故防止の対策をしましょう。

猫が抱っこを嫌いになってしまう理由2:体勢が不安定

猫を抱っこするのが下手だと、猫は体勢が不安定になり、抱っこを嫌いになってしまいます。

正しい抱っこの仕方を知らないと、猫は宙ぶらりん状態になってしまいます。飼い主さんの抱き方が嫌という理由で、抱っこをせがむのを止めたりします。

動く事が苦手な猫は肥満傾向にありますので、食事管理をすることが大切です。カロリーオーバーに注意して、食事の量と栄養のバランスを毎日管理しましょう。

太ってきたら今までの食事の量を減らすのはストレスになるので、低脂肪・低カロリー用フードに切り替えてあげましょう。

猫が抱っこを嫌いになってしまう理由3:嫌なにおいがする

猫は抱っこする人の煙草の匂いや香水の匂い、他の猫の匂いなど嫌いな匂いが原因で、抱っこを嫌いになってしまい、抱っこをせがむのを止めたりします。

人間でも至近距離での、煙草やキツイ香水の匂いはとても嫌なものです。

室温管理は、夏場は特にクーラーによる冷え過ぎに注意し、25℃を限度に下げ過ぎないように注意しましょう。冬は最低でも18℃を限度にして、それ以上は下げないようにしましょう。保湿性の高い毛布などを猫用に用意するのがおススメです。

猫を抱っこするときの注意点3つ

抱っこをせがむ猫ばかりではなく、実は抱っこが嫌いな猫は多いです。猫を飼ったら、まず抱っこしたいと思うのが人情ではないでしょうか。

猫を抱っこするときの注意点を3つ紹介しますので、参考にしてみてください。

猫を抱っこするときの注意点
  1. 持ち上げ方
  2. 抱え方
  3. 初めは座って抱っこする

猫を抱っこするときの注意点1:持ち上げ方

猫を抱っこする時は、ゆっくりと猫の脇の下から片手を入れ、もう片方の手で腰を支えて持ち上げます。

猫の首根っこを持つのは賛否両論ありますが、正しい持ち方をしないと、猫の首を絞めてしまい息ができなくなってしまったり、神経を痛めてしまう可能性もあります。

猫の首根っこを持つのは、あくまでも親猫が子猫にする行為であって、成猫に人がするのは間違いだという意見もあります。

首根っこを持つ場合は、正しい持ち方をして、すぐ抱きかかえましょう。決して、いつまでも首根っこを持ったままの状態でいることは止めましょう。

猫を抱っこするときの注意点2:抱え方

猫が不安定にならないように、体に密着させながら片腕に猫を座らせて、もう片方の手で猫の体を包み込むようにして抱えます。

抱っこの好きな猫は、ゴロゴロ喉を鳴らしたりして喜びますが、抱っこが嫌いな猫は固まってしまったり、逃げようとして体をよじったりします。そんな時は猫のストレスになるだけなので、すぐ解放してあげましょう。それが原因で、抱っこをせがむのを止める事もあります。

猫は束縛されることを嫌いますので、抱っこをせがむようになるまでは、猫の様子を見ながら無理強いせずに慣れさせていきましょう。

猫を抱っこするときの注意点3:初めは座って抱っこする

猫をいきなり抱えて抱っこしようとしないで、初めは座って抱っこしてみましょう。

甘えたいとかかまって欲しいという時に、信頼できる人だからという安心感から、猫は膝の上にのってくる事があります。

抱っこをせがむようになるまでは、最初は撫でてあげたりして気が済むまで膝の上にのせてあげましょう。そして、頃合いを見てそっと抱っこしてみましょう。

どうしても難しい場合は、それ以上無理はしない方が良いでしょう。諦めることも大切です。猫は抱っこでなくても、撫でられたりするだけで十分幸せです。

猫が抱っこをせがむ理由を知ろう

今回は、猫が抱っこをせがんでくる理由や抱っこするときの注意点などについて紹介しました。

猫を飼ったけど、どうしても抱っこさせてくれないと悩んでいる方は、抱っこ好きにする方法があることに、気づいた方も多いのではないでしょうか。

その反面、猫が抱っこをせがむのには、いくつかの理由があります。猫と仲良く暮らすために、猫が抱っこをせがむ理由を知りましょう。