Search

検索したいワードを入力してください

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの寿命は?飼いやすさや性格を紹介

Author nopic iconblueocean
動物・ペット / 2019年10月23日
ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの寿命は?飼いやすさや性格を紹介

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグとは?

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグとはどんな犬なのか詳しくみていきましょう。

見た目はシェパードと同じですが、真っ白な毛並みが目を引きます。またシェパードと同じで身体能力が高く、従順な性格も引き継いでいます。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは珍しい犬種で見た目の奇麗さから「飼ってみたいな」と感じるでしょう。

しかしホワイト・スイス・シェパード・ドッグにはいくつかの注意点があることを知るべきです。

発祥

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの誕生の秘密に迫りましょう。

ジャーマンシェパードを掛け合わせた時に、白い牧羊犬も試されました。そのため初期のシェパードには白い毛並みをもつ種類が多く存在しました。

しかし、いつしか白い毛並みを持つシェパードの人気が下がり生産されなくなった経緯があります。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグが再び注目を集めたのは、それから何年も後のことになります。

犬種

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは真っ白な毛並みが特徴の犬種です。

原産国は名前から判断できるようにスイスです。シェパード犬は、そもそも番犬や軍用犬としての役割が重要でした。

その中でもホワイト・スイス・シェパード・ドッグの性格は温厚な面から、愛犬としてのポジションを確立していきました。

ホワイトスイスシェパードドッグの特徴

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの特徴を学びましょう。ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは大型の犬なので快適な環境を整えるためにはポイントが必要になってきます。

飼い始めてから「なんだか想像とは違う」とはならないように、しっかりとポイントをおさえましょう。

性格や特徴を知ることで、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの寿命をグンと上げることが可能でしょう。

大きさ

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの大きさはオスとメスで異なります。いずれにせよ、大きく体重も比較的重いことに変わりはありません。

目安として、オスで体重が30~40kg 程度で大きさは60~66cmです。一方メスは体重が25~35kg、大きさが55~61cm程度になります。大型犬なので、十分な設備や環境を整えてあげましょう。

寿命

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの寿命は10年~12年ほどと言われています。おおよそ一般的な犬と同じくらい生きることになります。

どの犬にも言えることですが、十分な運動、十分な食生活や病気の予防をしてあげることでグンと一緒にいる時間を増やすことになるでしょう。

大切なペットを守ってあげられるように体調管理には気を配りましょう。

ホワイトスイスシェパードドッグの性格

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグはシェパードを改良した犬ということについて説明しました。次は性格の特徴についてみていきましょう。

犬にも人間と同じように性格があります。どんな性格なのかを事前に知ることは、とても重要です。

頭が良く飼い主に忠実

シェパードと同じで大変頭がよく飼い主の命令には従順に従うことが特徴です。警察犬や番犬として改良を重ねてきたシェパードなので、忠実な点は群を抜いていると言えるでしょう。

性格も温厚で、室内で飼うことも可能です。

運動能力が高く勇敢

シェパードは犬の中でも高い身体能力を持つ種類です。軍用犬として犯人を追いかける、臭いを辿って居場所を突き止める、時には飛び掛かるなどの攻撃性が高いことで知られています。

身体的なことだけではなく精神的にあるポイントにも注目すべきでしょう。

我慢強く、命令をしっかりと聞ける点や、飼い主の表情や声色からどうすべきかを判断する能力にもたけています。勇敢な行動で飼い主を危機から救ったなんてこともあり得ます。

学習能力があり頼もしい

学習能力が高い点もポイントです。「お手」「伏せ」などの基本的なタイプではなく、荷物を持ってこさせるなどの高度な学習も取得できます。

警察犬にも登用されるほどなので実力が折り紙つきです。

敵から守ってもらう能力ばかり注目されがちですが、仲間や家族を守る役割にも期待できるでしょう。

人間の子供を守るべき存在と認識すれば、見守ってくれるほか赤ちゃんが泣けば知らせてくれるなどの頼もしい一面も垣間見れます。

ホワイトスイスシェパードドッグは飼いやすい?

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの素晴らしい点をいくつか挙げてきました。

問題なのは実際に飼いやすいのかどうかです。せっかく魅力的でも日本では飼えません、では話になりません。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグが飼いやすいのかを3つのポイントから解説していきます。しっかりと学習しましょう。

ホワイトスイスシェパードドッグは飼いやすい?
  1. 広いスペースが必要
  2. 主従関係をしっかりと築くことが大切
  3. 毎日運動させることが大事

広いスペースが必要

大型犬のホワイトスイスシェパードドッグは広いスペースを必要とします。

メスで大きさが55~61cm程度、オスの場合は60~66cmにも成長するので、事前にこれくらいのスペースを確保するようにしましょう。

また遊ぶスペースや室内を歩き回れるスペースも必要です。その際、家具を配置しない、足に負担をかけるフローリングを避けるなど気を付ける点があります。

ペットのことを考えるなら十分なスペースを確保しましょう。

主従関係をしっかりと築くことが大切

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは家族との主従関係を築くことを望みます。深い愛情を注いであげれば家族の絆を結べるでしょう。

大切なのは家族の決まりや順列を決めておくことです。賢いホワイト・スイス・シェパード・ドッグのことですから、無理やりに教えなくても自分で家族のポジションを見つけることが可能です。

気を付けるのは、小さなお子様や赤ちゃんです。決して敵ではなく守るべきものとルールを教えましょう。

毎日運動させることが大事

大型犬なので毎日運動させてあげるようにしましょう。室内でも比較的ストレスを感じることなく過ごすと言われています。

しかし、運動をさせることは重要です。部屋の中を歩き回るだけでなく、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグを走らせてあげる必要があります。

室内で走り回れるほど広ければいいですが、そうでない場合は毎日の散歩やドックランなどを活用しましょう。

ホワイトスイスシェパードドッグは日本で手に入る?

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグはスイス原産の犬ですが、日本でも手に入れることができます。

ペットショップ、ブリーダー、里親などの手段で迎え入れることができるでしょう。値段はおおよそ、20万円~30万円と言われています。

日本で手に入れる方法
  1. ブリーダー
  2. ペットショップ
  3. 里親

ブリーダー

ブリーダーから手に入れる利点は、その犬の性格や特徴をブリーダーが把握していることです。

また、犬にとっていい環境で育てていることが多いので、しつけなどもある程度整っている場合があります。ブリーダーと相談して迎え入れることができる点がポイントでしょう。

ペットショップ

最も一般的な方法はペットショップで入手することです。ペットショップなら同時にペットグッズやエサなどの身の回りのグッズを揃えることもできます。

近くのペットショップなどで、様子を確認することもできるでしょう。

里親

里親から探すケースもありますが、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグが運よく里親募集しているとは限りません。その点には注意が必要です。

しかし、里親は理由があって飼い主を必要としているペットを救うことです。根気よく探して迎え入れることができたなら運命と言えるでしょぅ。

警察犬のルーツを持つホワイトスイスシェパードは頭がいい!

警察犬のルーツを持つホワイト・スイス・シェパード・ドッグはタフで正義感が強く、頼れる存在です。性格も穏やかで優しいことがポイントなので、あなたとの強い絆が育まれるでしょう。

家族に迎え入れるためには、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの特徴や性格、注意点を学びましょう。

関連記事

Related