Search

検索したいワードを入力してください

フクロウの飼い方のポイント|種類や特徴をよく知り良好な関係を作ろう

Author nopic iconwillshin
動物・ペット / 2019年08月20日
フクロウの飼い方のポイント|種類や特徴をよく知り良好な関係を作ろう

フクロウとは?

フクロウの飼い方のポイント|種類や特徴をよく知り良好な関係を作ろう

フクロウとは主に森林に生息する夜行性の大型猛禽類です。聴力に優れており主に小型の小動物を捕食します。

最近ではペットショップでも見かけることが多くなり、フクロウと触れ合えるフクロウカフェが若い女性の間でも密かにブームとなっています。

この記事ではワイルドでかわいいフクロウの飼い方や特徴、種類などについて詳しく紹介していきます。

フクロウの飼い方を紹介する前に簡単に必需品や費用を以下にまとめたのでご覧ください。

フクロウとミミズクの違い

フクロウの他にもミミズクという種類を聞いたことがあるでしょうか。見た目はよく似ていてほとんど大差はありませんが、主な違いは羽角にあります。

ミミズクには羽角があり、フクロウにはありません。羽角は頭にある左右一対の飾り羽のことで、フクロウとミミズクの違いは基本的にこの飾り羽の有無になります。

ミミズクも分類的にはフクロウと同じであるためフクロウの飼い方と同じになります。

フクロウの習性・生態

フクロウの飼い方のポイント|種類や特徴をよく知り良好な関係を作ろう

フクロウの生態や習性についてはあまり知らな方も多いのではないでしょうか。「森の博士」といった別名もあり知識の象徴として扱われることも多い鳥です。

ここではそんなフクロウの飼い方だけではなく、特徴や種類なども紹介していきます。

フクロウの特徴

フクロウといえば大きくて平らな顔が特徴的なのではないでしょうか。平たい顔はパラボラアンテナのような役割をしており、獲物を捕獲する際に正確な位置情報をとらえることができるようになっています。

視野は狭いですが、頭は180度回転することができるので広範囲を見渡すことができるような仕組みになっています。また音を立てずに飛ぶことが可能であり、鋭いかぎ爪で獲物を捕食します。

特徴や習性を理解することはフクロウの飼い方を知る上でも重要なポイントです。

フクロウの性格

性格といっても個体差がかなりあるのですが、基本的には神経質でおとなしい個体が多いです。ペットショップで見かけるフクロウもじっとしていることが多いでしょう。

飼育されるフクロウは人工的に繁殖された個体なので、おとなしく人に慣れやすい性格をしています。攻撃性は野性のフクロウと比べてかなり抑えられてはいますが、ペットショップなどでフクロウを触りたい場合は必ず店員さんの許可を取ってから触るようにしましょう。

またその際にフクロウの飼い方も詳しく説明してもらうと良いでしょう。

フクロウの寿命

フクロウは犬や猫などのペットと比べてもかなり長生きする動物です。特に大型のフクロウの寿命は30年~40年前後となっており、長命な傾向があります。

中型のフクロウでは15年~20年前後でこちらも比較的長命です。シロフクロウは、25年~30年前後生きるものもいるのでその寿命の長さが特徴的となっています。

小型のフクロウでは10年~15年ほどと寿命は短い傾向にありますが、どの種でも環境などによってかなり差があり小型種でもそれ以上生きる個体がたくさんいます。

フクロウの食事

フクロウの飼い方を調べているとまず引っかかるのは餌についてではないでしょうか。フクロウの餌はねずみや、小鳥など主に小型の小動物です。

ペットとして飼うとなると爬虫類専門店やネット通販で冷凍ネズミや冷凍ウズラを購入して与えなければなりません。

フクロウ用の人工餌も売っていますが、丸ごと冷凍されたねずみやひよこなどのほうが栄養価も高いのでおすすめです。

冷凍の餌は下処理をされていないのも多くフクロウが食べやすいように飼い主が加工する必要があります。

フクロウの値段

種類や珍しさによってフクロウの価格は大きく差があります。ペットショップでよく見かけるメンフクロウで10万~20万円ほどとなっており比較的リーズナブルです。

高いものではカラフトフクロウの70万円と大型種は値段も高くなる傾向があります。近年はペットショップなどでかなり見かけるようになったとはいえまだまだ珍しいペットなので、お値段もそれなりにします。

フクロウの飼い方もまだまだ確立されていないことも多いので、これからフクロウを飼おうと考えている方はその点も含め購入を検討しましょう。

フクロウは自宅で飼えるのか?

フクロウの飼い方のポイント|種類や特徴をよく知り良好な関係を作ろう

フクロウは鳥類なのでもちろん飛びますし、餌も肉食で毎日のお世話も大変です。動物園では大きな檻の中で飼われていたり、一般の人が飼えるのだろうかと疑問に持つ方も多いでしょう。

しかしフクロウは自宅でも飼育することは可能です。

ここではフクロウの飼い方を知るうえで注意すべき点を紹介します。飼育に必要なものやかかる費用を以下にざっくりとまとめました。

飼育に必要なものかかる費用
止まり木、餌、ピンセット、グローブ、足輪、リード、キャリーバッグ、ペットシートなど初期費用は約30万~60万程度(生体価格による)

日本に生息しているフクロウは保護対象なので要注意!

日本には10種類ほどの野性のフクロウが生息していると言われていますが、どの種類のフクロウも保護対象となっており飼育することは禁止されています。

これは「鳥獣保護法」という法律によるもので、フクロウを含む日本国内に生息している野鳥全てが対象となっています。違反してしまうと罰則や罰金などが科せられるので注意が必要です。

これは野鳥の密売や乱獲を防止するために設けられており、鳥獣類はこの法律によって保護されています。

必ずペットショップで購入して飼おう

フクロウの飼い方でまず覚えておいて欲しいことはフクロウを入手する際は必ずペットショップから購入することです。

最近ではフクロウなどの猛禽類専門店も多くなってきているので、専門的な知識を持ったお店から購入するのが一番安心でしょう。

購入だけでなくフクロウの飼い方まで詳しく教えてくれるお店を選ぶことがポイントです。また清潔な飼育環境でフクロウたちが過ごせているかよく見極めてください。

フクロウに限らず安易な気持ちで動物を衝動買いをすることは絶対に避けてください。

フクロウを飼う際は何を知っておくべき?

フクロウの飼い方のポイント|種類や特徴をよく知り良好な関係を作ろう

フクロウを飼う際には知っておかなければならないことがたくさんあります。犬や猫などのペットと違い心得ることも少し特殊です。

次に紹介する内容はフクロウの飼い方を理解するうえで避けては通れないので、まずこれだけは知っておきましょう。

フクロウを飼育する際に知っておくべきこと
  1. 餌は冷凍マウスやヒヨコなどの小動物
  2. 人に慣れてもしつけは不可能
  3. 広い飼育スペース

餌は動物!下処理が必要な場合もある

フクロウの飼い方で一番難しい点は餌についてでしょう。フクロウは肉食の猛禽類で、餌はねずみや小鳥などの小動物です。特にねずみやウズラは栄養価の高い餌として、丸ごと冷凍販売されています。

丸ごと冷凍されている場合は飼い主が下処理する必要もあり、特に抵抗のある方はその処理に慣れるまで時間がかかることもあります。

下処理済みの餌も販売されていますが、処理済みでない餌よりも高値になるのでコストパフォーマンスの面でも自分で下処理することに慣れておいたほうが良いでしょう。

人に慣れてもしつけはできない

フクロウはヒナの頃から飼育すれば人にも良く慣れます。インプリントと言って卵から人間によって育てられた個体は非常によく慣れます。

家庭で飼育する場合はこのインプリント個体が一番飼いやすく、人間のいる環境にも適応しやすいです。しかし慣れやすさにも個体差があることを知っておきましょう。

人には慣れても犬のようにしつけはできません。トイレのしつけは不可能なのであきらめたほうがよいでしょう。飼い主側がフクロウの生活に合わせていかなければならないということを十分に知っておく必要があります。

広い飼育環境が必要

フクロウを飼育するにはフクロウがのびのびと過ごせる広い環境が必要です。家で飼育する際もフクロウの種類によっては鳴き声が大きかったりするので、フクロウの飼育部屋を防音対策するなどして住居マナーには注意してください。

またフクロウはストレスに敏感なので、パーソナルスペースを確保してあげてください。放し飼いは脱走や事故の原因となってしまうこともあるので、絶対にやめましょう。

フクロウの飼い方はまだまだ確立されていない部分も多いため、専門知識を持った人から聞くなどしてより良い飼育環境にしてあげてください。

フクロウの飼い方6つ

フクロウの飼い方のポイント|種類や特徴をよく知り良好な関係を作ろう

フクロウが特殊なペットであることは十分に理解していただけたでしょうか。ここからはフクロウの飼い方を6つに分けて紹介していきます。

フクロウの飼い方に関してのポイントを詳しく書いてあるので、これからフクロウを家族の一員として迎えようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

フクロウの飼い方1:止まり木やグローブなどの小物用品が必須

動物園やペットショップでフクロウを見かけたときには必ずと言っていいほど止まり木に止まっていますし、触れ合う際も皮手袋を着用します。

自宅で飼育する際にも止まり木は必須です。止まり木の太さはいろいろあるので、その個体に合った太さにしてあげます。また止まり木には人工芝などを巻き付けてあげると、足の負担を軽減できます。

フクロウは猛禽類なので鋭いかぎ爪を持っており、握力も強いで猛禽類用の皮手袋も必ず準備しましょう。

以下にフクロウを飼う際の必需品をリストアップしています。

フクロウを飼い始めるときに必要なもの

フクロウを飼い始める際に必要なものはそこまで多くありませんが、まずは最低限準備しておいたほうがいいものを以下にまとめました。

飼育に慣れてくるとその他に必要なものが出てくるので、店員さんに聞いたりして徐々に揃えていきましょう。

  • 止まり木(パーチ)
  • 餌(冷凍されたラットやマウス、うずらなど)
  • ピンセット(餌をあげる際に使用)
  • グローブ(猛禽類用の皮手袋)
  • 霧吹き(水浴び用)
  • キャリーバッグ(病院などの移動用)
  • ペットシーツ
  • 新聞紙

フクロウの飼い方2:トイレは意外と手入れしやすい

フクロウはどこにでも糞をしますが、トイレの回数は一日数回だけなので止まり木の下などに新聞紙やペットシートを敷けば掃除も簡単です。

あまり臭いもしませんが、一日一回程度、盲腸便と呼ばれる糞をします。これはとても強烈な臭いがするのですぐに片づけましょう。黒っぽいタール便のような見た目ですが病気ではありません。

フクロウにトイレのしつけは不可能です。かわいいからと頭や肩に乗せたりすると糞をされて大変なことになるので絶対にやめてください。

フクロウの飼い方3:脂粉や羽の掃除は大変

羽毛の生え変わり時期などに、脂粉と呼ばれる人間でいえばフケのようなものを大量に落とします。脂粉が出るということは健康の証なのですが、掃除はとても大変です。

特にハウスダストなどに敏感な方は脂粉によって症状が出ることもあるので、毎日の掃除は欠かさず行ってください。掃除機が一番手っ取り早いでしょう。

他にも空気清浄機を使用するなどして清潔な環境を心がけてください。フクロウの飼い方を知るうえでこの脂粉問題が重要になってくるのではないでしょうか

フクロウの飼い方4:水浴びをさせてあげる

フクロウに限らず鳥類は水浴びをしますが、この行動は体をきれいに保ったり、体温を下げる効果があります。

水浴びの際はかなり水が飛ぶので濡れても良い場所で行うようにしましょう。霧吹きで水をかけてあげたり、浅く水を張った容器で自由に水浴びをさせます。

水浴びに使用するのは25度以下の水のみにします。それ以上の温度ですると尾脂線という器官から出される撥水効果のある分泌液が流れてしまい、フクロウの体が急激に冷えてしまうので絶対に避けましょう。

フクロウの飼い方5:他の動物に比べると臭わない?

フクロウは他のペットほど体臭のない動物だと言われていますが、それでもやはり多少の臭いはあります。

体臭は少なくても排泄物は臭うので、臭い問題はフクロウに限らずペットを飼うのであれば避けては通れないでしょう。

こればかりは飼い主自身が毎日飼育環境を清潔に保ってあげたりして、少しでも動物特有の臭いを軽減させてあげることが一番の対策です。

フクロウの飼い方6:フクロウを診れる動物病院を知っておく必要がある

フクロウの飼い方を調べているとフクロウが病気になったりケガをしてしまったときに診察できる動物病院はあるのか疑問に思う方もいるでしょう。

結論から言いますとフクロウを診てくれる動物病院はとても少ないです。フクロウを飼おうと思ったらまずは診察してくれる動物病院を探しておきましょう。

フクロウは一人暮らしでも飼うことは可能ですが、できれば突然の病気やケガの際にも対応できるように他にお世話のできる家族がいたほうが安心です。

一人暮らしで飼えるのか、仕事をしながら飼えるのかよく考えてから飼うようにしましょう。

フクロウは種類が多い!メジャーな種類とは?

フクロウの飼い方のポイント|種類や特徴をよく知り良好な関係を作ろう

フクロウの飼い方や飼う際の注意点についてよく理解していただけましたか?ここからはフクロウの種類について徹底的に紹介していきます。

世界中に200種類以上も存在すると言われるフクロウですが、以下の8種類はペットとしてよく流通している種類です。フクロウの飼い方も種類によって変わってきます。

以下にフクロウの種類、寿命、値段をまとめたので参考にしてください。

フクロウの種類フクロウの寿命フクロウの値段
コキンメフクロウ10年~20年25万~40万
アフリカオオコノハズク7年~15年30万~50万
メンフクロウ15年~20年10万~20万
ウラルフクロウ15年~20年30万~40万
ベンガルワシミミズク20年~30年35万~45万
シロフクロウ25年~30年50万~70万
アカスズメフクロウ10年~15年25万~35万
アメリカワシミミズク20年~30年40万~70万

コキンメフクロウ

ヨーロッパや北アフリカ、中国などに生息する小型のフクロウです。体長は20cmほどで小さくとても可愛らしい見た目で、ギリシャ神話にも登場することで有名です。

ペットとしても人気のあるフクロウですが、神経質で攻撃的なところもあるので初心者の方の飼育は少し難しいです。このフクロウの飼い方をよく熟知した人向けといえます。

昼間もよく活動する種類なので、動きを観察してみるのもおもしろいでしょう。

アフリカオオコノハズク

アフリカに生息する体長19cm~24cmほどの小型のフクロウで、飼育している方も多い種類です。

威嚇するときに羽を膨らまして大きく見せたり、体を細くして擬態したりとおもしろい習性が取り上げられペット番組でもよく見かけるようになりました。

気が強く臆病で神経質な性格ですが、フクロウの飼い方に慣れていない初心者の方でも飼いやすい種類になります。

見た目も可愛らしく、フクロウの中ではよく動く種類なので人気があります。

メンフクロウ

世界中に生息する体長40cmほどの中型のフクロウです。まるでお面をつけているようなハート形の顔が特徴的で、黒くて大きな目がとても愛らしい姿をしています。

フクロウの中では繁殖が容易であるため比較的メジャーな種類で、おとなしい個体が多く人にも慣れやすいです。フリーフライトショーでもよく見かける種類です。

猛禽類専門店やペットショップでも見かけることが多い種類なので、特徴や性格などこのフクロウの飼い方について詳しく聞いてみるのも良いでしょう。

ウラルフクロウ

主に温暖な地域や日本にも生息している最も一般的なフクロウです。体長は50cmほどの大型のフクロウで、フクロウといったらこの種類を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

見た目もモフモフしていて非常に可愛らしく、個体差はありますが性格も穏やかな個体が多いので飼いやすいフクロウです。

日本でもよく見かける種類ですが飼育する際は、必ずペットショップから購入してください。野性のフクロウを捕獲飼育することはできませんので注意しましょう。

ベンガルワシミミズク

南アジアに生息する体長60cmほどの大型のミミズクです。見た目がワイルドで野性味にあふれていますが、大型種の中でも飼育者数が多い人気の種類です。

一見恐ろしい外見ですが、大型フクロウの中では賢く人にも慣れやすいのでフクロウの飼い方に慣れていない方にもおすすめです。

大きくてワイルドな迫力のある見た目でありながら、賢く人にも慣れやすいというギャップが魅力のフクロウと言えるでしょう。

シロフクロウ

北極のツンドラ地帯に生息する白色で大型のフクロウです。体長は65cmほどで、あの有名な映画「ハリーポッター」の主人公ハリーが飼っているフクロウとして有名になりました。

シロフクロウは気性が荒く人に慣れづらい個体も多いため、扱いにくい種類です。フクロウに関する知識が豊富で、フクロウの飼い方に慣れた上級者向けのフクロウです。

飼育を考えている場合は取り扱っているペットショップも少ないので、事前に問い合わせて確認してみましょう。

アカスズメフクロウ

主に南米に生息する体長15cmほどの世界最小のフクロウです。とても小さく可愛らしい姿ですがれっきとしたフクロウで野生では主に昆虫を主食としています。

日本国内で販売されているアカスズメフクロウは野性で捕獲されている個体が多いため、人には慣れづらく、体もとても小さいので飼育管理がとても難しいです。

飼育の難易度はかなり高く、こちらもフクロウの飼い方を熟知した上級者向けのフクロウです。飼育を考えている場合はよく調べてから購入しましょう。

アメリカワシミミズク

一部の南アメリカや北アメリカ全土に広く生息する体長50cmほどの大型のフクロウです。

アメリカワシミミズクはくまのプーさんに登場するキャラクター、森の博士アウルのモデルとも言われいます。

気の強い性格の個体が多く大型の種類であるため、フクロウの飼い方初心者さんには少し飼育は難しいでしょう。

しかし、ヒナの頃から人間に育てられた個体は人間にとても良く慣れるのでフクロウの飼い方に慣れていない方でも扱いやすいでしょう。

一口にフクロウと言ってもその種類はさまざまで、フクロウの飼い方も違ってくるのでペットショップで購入する際は店員さんに詳しく教えてもらいましょう。

フクロウの飼い方を学んでしっかりと育てよう!

いかがでしたか?フクロウの飼い方はまだまだ確立されておらず飼育の難易度も高めですが、そのワイルドな見た目とキュートな魅力で近年は人気の高いペットです。

しかし犬や猫のようにしつけはできませんし、人に慣れることも容易ではありません。フクロウに限らずどのペットにも言えることですが、安易な気持ちで飼うことだけは絶対にやめましょう。

飼育を考えている方はまずフクロウの飼い方や習性、特徴などを十分に理解し覚悟を持って飼うようにしてください。最近ではフクロウの飼い方の専門書などもあるので、参考にしてみるのも良いでしょう。

関連記事

Related