Search

検索したいワードを入力してください

犬の嫌がることをしているかも?嫌がること9つと嫌がられない方法

Author nopic iconもんもーる
動物・ペット / 2019年08月22日
犬の嫌がることをしているかも?嫌がること9つと嫌がられない方法

犬の嫌がることを理解する必要性

犬の嫌がることをしているかも?嫌がること9つと嫌がられない方法

犬と信頼関係を築き、幸せな生活をともに送るためには、犬の嫌がることをしることがとても重要です。

ここではなぜ犬の嫌がることを知るべきなのか、その必要性について簡単に確認しておきましょう。

信頼関係を築きやすくなる

犬の嫌がることを知る必要性としてまずご紹介したいのが、信頼関係を築きやすくなるからということです。

犬の苦手なもの・嫌がることを知り、そのような言動を避けることで犬の信頼を勝ち得ることができるでしょう。

反対に、犬の嫌がることを知らないでおくと知らず知らずのうちに犬に恐怖やストレスを与えてしまうことになります。

そうなると、犬から信頼を得ることができないどころか、時には「敵」「怖い存在」と見なされてしまいかねません。

喜んでいるように見えて迷惑なことがある

犬が喜んでいるように見えて、実は迷惑に感じていることも多々あるため、犬に嫌な思いをさせないためにも犬が嫌がることを知っておく必要性があると言えるでしょう。

人懐っこい犬は大好きな飼い主さんであれば、多少嫌がることをされても受け入れてくれますが、内心は「どうして飼い主さんはこんなに嫌なことをするのだろう?」と感じています。

このようなすれ違いを起こしてしまわないためにも、犬が喜ぶことだけでなく嫌がることについてもきちんとチェックしておく必要があるでしょう。

ストレスで体調を崩す可能性がある

犬の嫌いなものを知っておくべきなのは、嫌がることをしてしまうことによって犬がストレスを溜めこみ、体調を崩す可能性があるからでもあります。

犬は嫌がることをされると精神的なストレスを蓄積していき、それが限界に達すると体調面に悪影響が出てしまいます。

大切な愛犬につらい思いをさせてしまうのは、飼い主さんとしてはとても悲しくふがいないことでしょう。

愛犬の幸せのためにも、犬の嫌がることをあらかじめきちんと知っておき、それらを避ける必要があります。

犬が嫌がることとは?

犬の嫌がることをしているかも?嫌がること9つと嫌がられない方法

以上では、犬の嫌がることを知る必要性についてチェックしてきました。では、具体的にどのような行動を犬は嫌がるのでしょうか?

ここからは、犬が嫌がることをピックアップしてご紹介していきますので、ぜひご覧になってみてください。

犬が嫌がることとは?
  • 長い文章や叩くなどで怒ること
  • 知らない人に触られる
  • お風呂に入れられる
  • 実は頭を撫でられることが苦手
  • 目をじっと見つめられる
  • ルールがころころ変わる
  • 他の犬との関わりを制限される
  • 大きな音や声
  • 睡眠の邪魔をされる

長い文章や叩くなどで怒ること

犬が嫌がることとしてまずご紹介したいのが、長々と叱責したり叩くなど暴力的な叱り方をするということです。

もちろん犬が間違ったことをした時にはきちんとしつける必要がありますが、怒るのは短時間におさえるべきですし、それ以上に叩くなどといった暴力的な行為は絶対にしてはいけません。

犬はとても賢い動物ですので、飼い主さんが正しいしつけ方法を行えば、威圧的・暴力的な叱り方をせずともきちんと言うことを聞いてくれます。

知らない人に触られる

知らない人にいきなり触られるというのも、犬の嫌がることのひとつとして挙げられるでしょう。

犬はとてもフレンドリーな動物ですが、だからと言って知らない人に対する警戒心や恐怖心は多少なりともあるものですし、信頼関係が築けていない初対面の人にいきなり撫でられたりすると恐怖を感じてしまいます。

もちろんなかには初対面の人であっても「撫でて」とアピールしてくる人懐っこい犬もいますが、犬から近寄ってこない限り、人間からいきなり触るのはNGです。

お風呂に入る

犬の嫌がることのひとつとして、お風呂に入れられることも含まれるでしょう。実は多くの犬はお風呂が苦手であり、頻繁にシャンプーをされるとストレスを感じてしまいます。

もちろん衛生面や健康面のことを考えると1ヵ月に1回程度のシャンプーが必要ですが、週に何度も過剰にシャンプーをするのは犬の心身に悪影響を及ぼし、かえって逆効果になってしまいかねません。

実は頭を撫でられることが苦手!

意外に感じる方もおられるでしょうが、実は頭を撫でられるというのも犬が嫌いなもののひとつに数えられます。

頭を撫でられるのが苦手というのは、より正確に言うと、「心を許していない人に頭上から手を伸ばされる形で体を触れられるのが怖い」と表現できるでしょう。

自分よりも体も身丈も大きい人間に頭上から手をかざされるようにして頭を撫でられると、多くの犬は「攻撃されるかも」「痛いことをされるのでは」と不安や恐怖を感じてしまいます。

目をじっと見つめられる

犬が嫌がることのひとつとして忘れてはならないのが、目をじっと見つけられるということです。

犬に限らず、じっと目をそらさずに相手の目を見つめ続ける行為は、多くの場合は威嚇や威圧を意味します。

とりわけ、信頼関係が出来上がっていない人からじっと目を見つめられると犬は「喧嘩を売られている」と受け取ってストレスを感じてしまうことでしょう。

ルールがころころ変わる

ルールがころころ変わるというのも、犬の嫌がることのひとつに含まれます。

犬はとても賢いのでひとつのルールを理解すればそれを継続すべきだと認識しますが、それなのにコロコロとルールを飼い主さんの都合で変えられてしまうと混乱をしてしまうでしょう。

犬と接する時には、特にしつけを行う時にはルールを首尾一貫させることがとても重要です。

他の犬との関わりを制限する

他の犬との関わりを制限してしまうのも、犬が嫌がることのひとつに数えられます。犬は本来群れで暮らしてきた動物ですので、他の犬との交流はストレス発散のためにも必要です。

きちんとしつけを行い、無駄吠えや噛むなどのトラブルを起こさないようにした上で、散歩時やドッグラン利用時に他の犬と愛犬を適切な形で交流させてあげましょう。

大きな音や大きな声

犬が嫌がることの代表的な事例が、大きな音や声を出すということです。

犬はとてもデリケートな部分があり、なおかつ人間よりもずっと優れた聴覚を持っているので、大きな物音や声を出されると強い恐怖とストレスを感じてしまいます。

たとえ犬を叱るときであっても、怒鳴るのは絶対にNGです。低い声で短く「ダメ」と叱れば十分に犬に伝わるので、大きな声を出さないようにしましょう。

睡眠の邪魔をする

愛犬の寝顔や寝相が可愛いからと言って、寝ている時に撫でたり抱っこをしようとするのはいけません。

安心して気持ちよく寝ている時に触られると、犬はびっくりして起きてしまい、睡眠不足になってしまうからです。

加えて、触られること・睡眠を邪魔されることにトラウマのようなものを抱いてしまい、睡眠自体が浅くなってしまう可能性すらあります。

犬に嫌がられない方法

犬の嫌がることをしているかも?嫌がること9つと嫌がられない方法

では、どうすれば犬に嫌がられずに仲良くなれるのでしょうか?ここからは、犬に不安やストレスを与えずに嫌がられない方法についてご紹介していきます。

犬に嫌がられない方法とは?
  • 大声をむやみに出さない
  • ベタベタしすぎるスキンシップはNG
  • 犬のボディーランゲージを知る

大声をむやみに出さない

犬に嫌がられないためには、まずは大きな声や物音を出さないように気をつけましょう。

大声や大きな物音を出すと、犬は「自分を攻撃してくるに違いない」と警戒心や恐怖を感じてしまい、精神的にも物理的にもどんどん距離が広がってしまいます。

優しく穏やかで控えめな声を出して接するようにしましょう。

ベタベタしすぎるスキンシップはNG

犬が可愛いからと言って、べたべたとベタベタしつこくスキンシップをしてしまうのもNGです。

犬がスキンシップを求めてきた時や遊んでいる時にだけ撫でたり抱っこをしてあげて、特に睡眠時などそれ以外の時には犬をそっとしておくことも必要でしょう。

執拗にスキンシップをすると犬に苦手意識を持たれてしまいます。

犬のボディーランゲージを知る

犬に嫌われないためには、犬のボディーランゲージの意味を知ることも必要でしょう。

一見何気ないように思える犬の行動には犬のさまざまな気持ちやメッセージが込められているので、ボディーランゲージが何を意味するのかを知ることで、犬の気持ちをよりよく理解することができるはずです。

犬を叱らないといけないときは?

犬の嫌がることをしているかも?嫌がること9つと嫌がられない方法

どうしても犬を叱らなければならない時には、どうすればよいのでしょうか?

決して感情的に怒鳴ったり叩くなど暴力的になったりせずに低い声で短く叱ること、毅然とした態度を見せることが大切です。

いつもと違った低い声のトーンを出すことで、犬は「飼い主さんに叱られているんだな」と理解することができるでしょう。

犬の嫌がることを理解してストレスを与えないようにしよう

犬の嫌がることをしているかも?嫌がること9つと嫌がられない方法

今回は犬の嫌がることについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。犬の嫌がることを知り、そのような言動を避けることで犬に不安・恐怖やストレスを与えることなく、犬との絆を深めることができるでしょう。

自分ではそのつもりはなくとも、犬からすると嫌なことをしてしまっていることも往々にしてあるので、犬の嫌がることを今一度チェックしてみてください。

関連記事

Related