Search

検索したいワードを入力してください

シマリスはどこで販売されている?特徴と飼うときの注意点とは

Small a143da9d 1451 40a1 ac14 9c589eb2819cもち
動物・ペット / 2019年10月23日
シマリスはどこで販売されている?特徴と飼うときの注意点とは

シマリスとは?

シマリスとは、背中から尾にかけて黒や白の縞模様があるリスのことを指します。ただし、ホワイトシマリスという、全身の毛が白い子もいます。体重は大きくても130g程度と、非常に小柄です。最近、ペットとしての需要も高まり、シマリス販売をおこなうお店も増えてきました。

今回は、このシマリスの育て方や、飼育の際に気を付けることを解説します。

分布と生息

シマリスは、北アメリカやロシア、アジアなどに生息していて、住んでいる地域ごとにさまざまな種類に分かれています。日本でも、北海道にのみ生息していて、「エゾシマリス」と呼ばれています。

現在シマリス販売をおこなっているペットショップでは、基本的に中国に生息している「チュウゴクシマリス」を扱っています。以前は韓国に生息している「チョウセンシマリス」が主流でしたが、現在ではほとんど輸入されていません。

日本の各地で発見

基本的に野生のシマリスは「エゾシマリス」という、北海道にしか生息していない種類のみです。しかし、ペットとして飼育されていたシマリスが野生化し、日本各地で見られるようになってしまいました。

現在、日本の在来種との交雑が問題となっているため、以前さかんに輸入されていた韓国が原産の「チョウセンシマリス」は輸入が禁止されています。現在シマリス販売を行っているお店では、「チュウゴクシマリス」を扱っています。

シマリスの平均寿命

せっかくおうちに迎え入れても、はっきりとした寿命がわからないと少し不安に感じますよね。シマリスの平均的な寿命をしっかりと把握し、たくさんシマリスとの思い出を作れるようにしましょう。

シマリス販売をおこなっているお店では、たいてい生後半年~1年程度の個体が販売されています。ただし、春先には生まれたてのべび0が販売されているケースもあります。

長生きした例

野生で生きているシマリスより、飼育下のシマリスの方が当然長生きします。エサが豊富にあること、病気にかかりにくいこと、そして何より猛禽類などの天敵に襲われないことが挙げられます。

野生ではおよそ4~5年ほど生きると言われています。飼育下では平均6~8、と言われていますが、10年以上生きたという例も多くあります。常に体調を見守り、しっかりとケアするようにしていきましょう。

シマリスはどこで販売している?

シマリス販売をおこなっているところは、多数存在します。基本的にはペットショップで販売されています。シマリスの値段は9,000円~12,000円ほどの幅があります。

ホワイトシマリスという、希少なシマリスがいます。この場合はおよそ40,000円~50,000円という高値が付きます。また、ホワイトシマリス販売店を見つけることは非常に難しいです。シマリス販売をおこなっているお店であれば、比較的扱っている確率は高いです。

シマリスを飼うときに何に気をつけるべきか?

犬や猫と異なり、少しマイナーなペットであるシマリス。さらに繊細な子も多いため、懐いてくれるか心配、という方もいらっしゃいます。初めてのシマリスの飼い方は戸惑うことの連続です。まずは飼い方の知識をしっかりつけ、不安を吹き飛ばしましょう!

また、シマリス販売を行っているペットショップに相談するのもよいでしょう。

食事の与え方

シマリスは、雑食性のため基本的になんでも食べます。野生では、昆虫や新芽、木の実などを食べます。

飼育している場合には、「シマリスのエサ」が販売されているため、それを与えるのもよいでしょう。アーモンドなども食べますが、与えすぎには注意しましょう。慣れさせて「手乗りリス」にしたい場合に、手渡しでひまわりの種を与えると効果的です。

シマリス販売をおこなっているお店ですでに手乗りリスになっていることもあります。

離乳期

生後1か月未満のシマリスには、ペットショップで販売されている犬猫用の赤ちゃんミルクを与えるとよいでしょう。そして1か月が経過すると、徐々に離乳期に入っていきます。

この時、ミルクのほかにふやかしたリス用の餌を少量与えます。慣れてきたら徐々にミルクを減らし、リス用の餌を多く与えていきます。

この時、ふやかす水の量を徐々に減らしていき、2か月頃には硬いままの餌をあげられるようにしていきましょう。

シマリスを育てる時の注意点

シマリスを育てる時の注意点の中でも、食事の与え方には注意する必要があるのではないでしょうか。

離乳期の餌の種類や餌の切り替え時期の見極め方にはポイントがありますので、把握しましょう!

餌の種類餌の与え方切り替え時期
ミルク湯で溶かし、人肌ほどの温度にする1か月未満
ミルク+ふやかした餌ミルクをメインで与えながら、ふやかしたリス用の餌を少量から始め、徐々に増やしていく約1か月~1.5か月
ミルク+ふやかした餌+ナッツ類、乾燥した野菜類今までの餌を与えつつ、ひまわりの種などのナッツ類や乾燥した野菜類を少量ずつ与えていく1.5か月~
通常の餌ふやかしていない通常のリスの餌や、おやつなどとしてナッツ類や野菜類を与える2か月~

餌を与えるときの注意点1:離乳期の餌の種類

離乳期のシマリスには、犬猫用赤ちゃんミルクのほか、アーモンドなどのナッツ類、ふやかしたリス用の餌などを与えるようにします。この時、アーモンドなどのナッツ類はペット用のものも販売されていますが、人間用の無塩ナッツでも問題ありません。

ナッツ類はあくまで嗜好品になるため、与えすぎには注意しましょう。与えすぎると、脂肪分が多いため太りすぎたり、さまざまな病気になってしまうことがあります。

餌を与えるときの注意点2:餌の切り替え時期の見極め方

基本的には生後1か月以降から離乳食を始め、1.5か月頃~ナッツや乾燥した野菜類、2か月以降から通常の餌にしていきますが、個体により差があるため、参考程度にとどめましょう。

体調を見ながら餌を切り替えていきましょう。例えば、うんちが緩すぎたり硬すぎたりしていると何らかの体調不良が起こっている可能性が高いです。不安なことがあれば、獣医師や、シマリス販売を行っているペットショップに相談してみるのもよいでしょう。

シマリスを飼育するときにおすすめのグッズ

とくに初めてシマリスを飼育するときは、何を揃えたらいいかわからず不安になりますよね。最低でもこれだけは集めておくとよいものをご紹介します!

シマリス販売をおこなっているペットショップではたいてい扱っているため、個体に合わせたお勧めのグッズをペットショップの人に相談をしてみるのもいいでしょう。

シマリスの飼育におすすめのグッズ1:ケージ

シマリスは基本的に活動的で、上下の移動が多い動物です。そのため、ケージは縦に長いものを選ぶようにしましょう。ケージの中に回し車などを設置するとかなり狭く感じてしまうこともあるため、大きさは奥行きが最低でも50㎝ほどのものを選ぶとよいでしょう。

シマリス販売をおこなっているペットショップでは基本的にこうしたケージの取り扱いをおこなっていることも多いため、販売員に相談するのもよいでしょう。

シマリスの飼育におすすめのグッズ2:吸水機

水は器ではなく、給水機を使うようにしましょう。シマリス用の給水機が販売されていますが、モルモットやハムスター用のものでも代用が可能です。洗いものを選ぶことで、常に水を清潔に保つことができます。

シマリス販売をおこなっているペットショップでは基本的にこうした給水機も扱っているため、いくつかお気に入りのものを探してみるのもいいでしょう。

シマリスの飼育におすすめのグッズ3:エサ入れ

ケージを購入すると、セットでついてくることもあります。しかし、それが気に入らなければ好みのものを購入するようにしましょう。一般的にドーム型のものがシマリスにとって食べやすいとされています。

シマリス販売をおこなっているペットショップでは、こうしたエサ入れも様々な種類を扱っているため、お気に入りのものを探してみるのもいいでしょう。

リスは意外とデリケートなので日々の観察が必要

陽気でフレンドリーな子、人懐っこい子、内気な子とさまざまな性格の子がいます。しかし、基本的にシマリスは繊細です。

触りすぎたりすると、ストレスをためてしまうこともあります。そのため、必要以上には触らないこと、大きな音を出さないようにすること、などを心がけましょう。

過度にストレスがたまると、全身の毛づくろいを必要以上に行うようになります。また下痢や抜け毛になることもあるため、日々様子を観察するようにしましょう。

関連記事

Related