Search

検索したいワードを入力してください

節約生活の節約方法・節約生活している人の貯金|一人暮らし

Author nopic iconJ0519
節約 / 2018年03月27日
節約生活の節約方法・節約生活している人の貯金|一人暮らし

一人暮らしの節約生活の方法

一人暮らしを始めると、自分で家賃や光熱費の支払いをしなければなりません。もし、学生であれば学校の勉強をしながら、アルバイトとの両立も同時にしなくてはならないので、すごく大変です。節約生活はとても欠かせないものになります。そこで、一人暮らしを始めたときの節約生活に役立つ方法を紹介します。

最低限かかる「光熱費」や「食費」で節約できるところから少しずつ始めていきましょう。

光熱費の節約方法

生活をしていて最も欠かせないのが「光熱費」と「食費」です。始めに、光熱費の節約方法をいくつか紹介していきます。節約生活では、トライできる事からはじめてみましょう。

冷蔵庫の温度調節は「弱」に設定する

冷蔵庫の温度調節を「弱」にすることで、温度が少し高めの設定になり、約800円程度、1ヶ月で節約が可能になります。年間だと約1万円の節約になります。

エアコンの掃除を定期的にする

夏と冬に大活躍するのが、「エアコン」です。エアコンでの節約方法は、定期的に掃除をしてあげることです。カバーを開けてみるとホコリがこびりついていてビックリすることもあります。エアコンは汚れていると、なかなか部屋が適温になりません。無駄に電力を消費してしまいますので、エアコンは定期的に掃除するように心がけましょう。

今では、ダイソーなどでエアコンを簡単に掃除できるグッズなどが販売されているので、是非活用しましょう。

コンセントを抜く

普段使用しない家電製品はコンセントを抜くことをおすすめします。何もしていないのに、待機電力は電気代の約10%も消費をしています。特に待機電力が大きいものは、「エアコン」「パソコン」「ガス給湯器」などです。徹底すれば、1ヶ月に約700円の電気代節約も可能になります。

コンセントを抜くのがイヤって方は、「電源タップ」を使用しましょう。電源タップのスイッチをオフにすることで待機電力を抑えることができます。

普段使用しない電化製品をこのような節約方法で節約してみてください。

照明器具をLEDライトへ交換しましょう

照明器具の白熱電球からLEDライトへ交換すると、照明の消費電力が約50%節約できます。LEDライトは超寿命で消費電力もかなり少ないです。白熱電球のように電池切れで買い換える必要はほとんどありません。

LEDライトに買い換えることで、多少のお金はかかりますが白熱電球を買い換えることを考えると、長い目で見た場合LEDライトの方がより節約が可能になります。

節約生活している人の貯金

節約生活をしていくことで、浮いたお金で貯金をしている人もいれば、貯金を目的で節約生活をしている人もいます。お金を貯めるためには余計な支出を減らすことがとても重要になります。そして普段から無理のない節約生活をしていれば、節約生活も楽しくなり貯金も楽しくできます。

貯金はこれから先とても大事なことで、将来にとってとても欠かせないものになります。もちろん貯金額が多ければ多いほど良いのは間違いありません。

ただ、貯金をするには普段から節約生活を意識することが大切です。結婚して家庭をもったり、子供が産まれたりするとなかなか思ったように貯金をすることが難しくなります。なので、貯金はできるうちにできるだけしておくことをおすすめします。

そんな節約生活をしながら、貯金ができる方法をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

お財布の小銭は毎日貯金しましょう

一日の終わりに財布にある小銭を貯金箱に入れてしまえば、日々に積み重ねで貯金ができます。財布にある小銭全部でなくても、100円か200円を毎日貯金箱に入れることで、一ヶ月に約3000円〜6000円貯金することが可能になります。年間では約36,000円〜72,000円の貯金をすることができます。

年間の終わりに、自分へのご褒美で好きなものを買ったり、そのまま次の年も貯金を積み重ねたりと、自分流にお金の使い方もできるので楽しく貯金ができるでしょう。

できるだけ外でお酒を飲まないようにしましょう

お酒好きだと、やっぱり毎晩仕事終わりに「飲みたい」と思う人はたくさんいるでしょう。会社での付き合いや取引先での付き合いなど以外はなるべる外でお酒を飲むのを抑えると、節約生活にもなりますし、無駄な出費もないので貯金もできます。

外では飲まずに、自宅で晩酌した方が半額以下に抑えることもできますので、とても経済的にいいです。どうしても外でお酒を飲む場合は、一回一回の費用を少しでも抑える努力をしていれば、少しの節約もできるでしょう。

平日は弁当を持参してランチ代節約をしましょう

仕事をしていて、毎日外でランチをするより、お弁当を毎日持参すればかなりの額の節約が可能になります。お弁当といっても堅苦しく考えずに、前日の夕飯の残りでもいいし、簡単に続けられるものにした方が効果的です。

ランチ代を節約すれば、毎日のことですのでかなりの額を貯金できることになります。ランチ代の貯金をして、何かあったときん記念日や友人のお誕生日などで使うこともできるので、節約生活ではおすすめします。

貯金がゼロの方は老後のために今から「節約生活」をしましょう

30代から40代にかけて貯金をする主な目的は、「老後」のことを考えるからです。50代からは貯金するのが難しくなってくる場合もあります。なので貯金はできるだけ早く、できるうちにしておけば、将来や老後に役立つこと間違いありません。貯金をしていて損なことはありません。万一、急にお金が入り用になった時もある程度貯金をしていれば困ることも少なく済みます。

節約を意識することで毎月の給料を少しでも浮かせることができます。浮いた分の給料を貯金するようにすると、自然に貯金は溜まっていきます。

ぜひこの機会に節約生活を少しずつ、無理のない範囲でしてみてはいかがでしょうか。

4人家族の節約生活術

家族が増えると、独り身の時とは違って使えお金も増えてきます。もちろん共働きか、奥さんが専業主婦かで貯金できる額などは変わってきます。家族が増えても、無理のない節約生活を送ることができる節約生活術を紹介します。

食事の買い物のお店は1店舗にする

いつも行くスーパーの買い物の店舗はなるべく1店舗に絞っておきます。そうすることで、そこのスーパーをとことん知っておけば、安売りの日やお知らせも手に入れやすいです。ポイントも5倍の日や10倍の日を狙って買い物をするようにしましょう。

そして食費の節約もすごく大切なことですが、一番の節約術は食材を捨てないことです。1週間分の献立をあらかじめ決めておいてから、買い物に行くとかなりの量の食材を購入することになります。あらかじめ献立を決めておけば、無駄な食材を買わなく済みます。

たくさんの量の食材を購入することになるので、食材が余ってしまう場合もあります。そんな時は捨ててしまわずに、なるべく活用するようにしましょう。野菜などが残ってしまった場合は味噌汁の具にしてしまったり、といろんな工夫をして節約生活を送りましょう。

クレジットカードを徹底的に活用しましょう

日常の買い物だけではなく、光熱費や携帯電話の決済などでもクレジットカード決済を利用することで、ポイントもたくさん貯まってきます。生命保険の年払いなども、保険会社によってはクレジットカードで支払える場合もあります。車を使う家庭であれば、ガソリン代なども徹底的にクレジットカード決済にすれば、いつも間にかポイントも貯まってくるでしょう。

旅行などもクレジット会社によっては、マイルも貯まりますので、貯まったマイルは次の旅行などでも使うことができます。マイルを貯めて、旅行費を少しでも抑えることができたら最高です。

クレジットカードのポイントはコツコツ貯めていけば、気付かないうちにたくさん貯まっていて、得した気分にもなります。

節約生活の家計簿の付け方

家計簿ってやり始めるときは、必死になりますが、数ヶ月経つとだんだん面倒になってしまい、結局はもう家計簿を付けてないっていう方もたくさんいらっしゃいます。そんな節約生活の家計簿の付け方のコツをいくつか紹介します。

今の時代では、簡単に家計簿が付けられるように、家計簿ノートなども売っています。また、携帯用のアプリでもいくつか「家計簿アプリ」も出ているので、自分のやりやすい家計簿の付け方を見つけ、長く続けられるように努力をしましょう。

また最初は、あまり細かく家計簿を付けないことがコツになります。細々ギッシリと家計簿を付けていると後から、めんどくさくなるケースもあります。家計簿をつけるのが慣れてきてから、細かく付けることをおすすめします。

家計簿を付けることで、その月の使いすぎていたところや、「ここは減らせるかも」と思ってくるようになり、節約生活が楽しくなるでしょう。

節約生活の内訳

節約生活についていくつか紹介してきましたが、やはりそこで節約をすればするほど、抑えられるのが「食費」になります。「食費」は一人暮らしや、子供のいる世帯ではかかってくる金額が大幅に異なってきます。そこで「食費」の節約の仕方を紹介します。

「食費」節約方法

食費では、まとめ買い(1週間分の献立を決め、その食材のみを購入すること)をすることがおすすめですが、まとめ書いにもメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、「無駄なものを買わなくて済む」「買い物を一回で済ませられるから、買い物も頻繁に行かなくて済む」などです。デメリットとしては「献立を決めるのが苦手」「献立を決めたけど、当日の気分が変わってしまった」「まとめて買ったはいいけど、食材が余ってしまい、捨てることになってしまった」というようなことがあります。

このように、1週間分をまとめて買ってしまうと、食材を無駄にしてしまうケースが一番もったいなく節約がなかなかできません。節約生活をしていく上で、大切なのは食材を無駄にしないことです。なのでまとめ買いをする際は、1週間ではなく3〜4日分のまとめ買いをすることをおすすめします。

節約生活を楽しんでする方法

節約生活をしていく上で楽しく節約生活を送ることがとても大切になってきます。あまりにキツキツに無理して節約生活をしていくと、ストレスの原因にもあります。

節約生活をしていて、浮いたお金は全て貯金には回さずに、3割は娯楽に使うなどと工夫をしましょう。そうすれば楽しく節約生活を送ることができます。もちろん貯金もすごく大切なことではありますが、節約を頑張った自分へのご褒美も大切なことです。趣味や好きなものを買ったり、旅行へ行ったりしたら次からも節約生活を頑張ろうって思うことでしょう。

主婦

専業主婦でなくても、主婦の方でしたら節約生活を意識しながら、生活をしている主婦がたくさんいらっしゃいます。楽しく節約生活ができる主婦はすごく輝いてて、イキイキとしていいです。奥さんが頑張って節約してくれたおかげで、家族全員で楽しい旅行などいけたら最高です。

そんな奥さんがいれば、社会へ出て仕事をしている旦那さんももっと仕事にやりがいが出ることでしょう。息抜きをしながら、楽しく節約ができる主婦はみんなの憧れです。ぜひ、無理のない楽しい節約生活を送りましょう。

レシピ「こんにゃくと厚揚げのだし煮」

だしの味がきいていて、すごく家庭的な料理です。その上ヘルシーで節約レシピになります。多めに作って、次の日のお弁当のおかずにもとても最適な節約レシピになります。一度作ったらハマること間違いなしです。是非参考にしてみてください。

無理のない節約生活で結果を出そう

自分に合った「節約方法」「節約生活の仕方」を見つけて、節約自体が楽しいって思えるようになれば、長く節約生活を送れるでしょう。無理な節約生活よりも、自分が楽しいと思うことができれば、長く続けられるようになります。

限られた収入の中から貯金をし、ゆとりある暮らしを誰もが夢見ることでしょう。そんな生活を送るためには、生活にかかってくるコストに意識を向けて、できる限り削減できるところから削減していくことが大切です。

いろんな節約生活を挑戦しながら、自分に合った節約生活を見つけ、お得に低コスト生活ができる方法を探しましょう。