Search

検索したいワードを入力してください

幸せを呼ぶ香川のパワースポット|ご利益別・観光にオススメ

Author nopic icondahoyama
カテゴリ:パワースポット

初回公開日:2017年07月21日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2017年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

幸せを呼ぶ香川のパワースポット|ご利益別・観光にオススメ

行かなきゃ損! 香川の魅力的なパワースポット

あまり知られていませんが、実は香川には「行かなきゃ損!」な魅力的な幸せを呼ぶパワースポットがたくさんあるんです。子宝・初詣・縁結び・恋愛・金運など、様々なご利益のある香川のパワースポットとともに、観光におすすめの香川のパワースポットも一緒に紹介していきます!

香川のパワースポットといえば?

うどんだけじゃない!

香川といえばまず何を思い浮かべますか? うどん? お遍路? オリーブ? 実はそれだけじゃないんです。香川には幸せを呼ぶ魅力的な開運パワースポットが盛りだくさん! 子宝・初詣・縁結び・恋愛・金運など、様々なご利益のある香川のパワースポットをご紹介します。

香川の代表的なパワースポット「金刀比羅宮」

金刀比羅宮は香川でも最もポピュラーなパワースポットといわれています。「こんぴらさん」と言えば誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。参拝すると様々なご利益が得られるパワースポットとして有名です。香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹にある神社で、全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮でもあります。

本殿までは標高236メートル、階段だと785段あります。さらに上にある奥の院まで行くには、1368段の階段を上らなければなりません。しかし、その分パワースポットとしてのご利益は盛りだくさんなので、上る価値はありそうです。頂上では香川県内の景色を一望できます。

1368段の階段を上ると、標高は450メートルにもなるそうです。登り口は標高60メートルなので、その差は歴然です。参拝にかかる時間は、おおよそ1時間半から2時間程度です。お土産や休憩、周辺のレストランでの食事などを含めるとそこからさらにプラスで時間を見積もっておくのがよいでしょう。

階段の段数が多いため、体力的に小さなお子さんや高齢の方は体調管理に注意が必要です。特に汗をかく夏場は体力を消耗しやすいので、水分補給を忘れずに!周囲のレストランやお土産屋さんは17時を過ぎると徐々に閉まり始めるので、買い物などをする場合は昼間の時間がよいでしょう。

ご利益盛りだくさんのパワースポット「金刀比羅宮」

香川の代表的なパワースポット、金刀比羅宮の起源は、大物主命が象頭山に行宮を営んだ跡を祭った琴平神社から始まり、中世以降に本地垂迹説により仏教の金毘羅と習合して金毘羅大権現と称したと言われています。

その御利益は多種多様! 縁結び、商売繁盛、健康運などから、香川の水に囲まれた地形が金運を呼び寄せます。1368段ある参道の階段を登ると勝負運がついた気分になり、まさにパワースポットとしての全てが備わっている死角なしの金刀比羅宮です。

金刀比羅宮には「こんぴら狗(いぬ)開運みくじ」があります。おみくじと一緒に金色の「こんぴら狗(いぬ)」の小さなかわいいお守りが入っています。パワースポットといえば、お守り。女性には嬉しいお土産になりそうですね。

江戸時代には犬もお参りに!?

江戸時代、香川のパワースポット金刀比羅宮は、伊勢神宮と並んで庶民の憧れでした。「丸金か京六か」と言われた讃岐の金毘羅大権現(今の金刀比羅宮)は、非常に人気があったそうです。

しかし香川まであまりにも距離が遠かったため、飼い主の代わりに参拝する犬も現れたくらいでした。そういった犬は「こんぴら狗(いぬ)」と呼ばれ、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などを入れた袋を首から下げて、旅人から旅人へ連れられ、街道筋の人々に世話されながら、飼い主の代わりにパワースポットのパワーをもらってきたそうです。

飼い主ともども、犬まで幸せになれるなんて素敵ですね。犬を飼っている人には、嬉しいパワースポットかもしれません。

まるでナスカの地上絵! 巨大な「銭形砂絵」

有明浜を見下ろす砂浜に描かれた巨大な「砂絵」。なんと江戸時代の貨幣である「寛永通宝」を模しているそうです。その大きさは、東西122m、南北90m、周囲345m!琴弾山の山頂から見るとまるで本物の通貨のように綺麗な円形に見えます。

そもそもこの銭形砂絵はなぜ作られたのでしょうか? その起源は、寛永10年、藩主、生駒高俊公を歓迎するために、一夜にして作られたと言われています。

「銭形砂絵」を見た者は、「寛永通宝」だけに、お金に不自由のない生活を送ることができるそうです。香川のパワースポットで、金運といえば「銭形砂絵」でしょう。また、健康長寿の言い伝えもあり、優れたパワースポットであるといえます。

近年では、この「銭形砂絵」を見て宝くじを購入した人が高額当選をしたんだとか! そのおかげもあってパワースポットとして有名になり、多くの観光客が訪れています。

夜には綺麗にライトアップ

赤い夕焼けをバックに、緑色にライトアップされた銭形砂絵は幻想的な雰囲気です。香川を訪れた際には一度は見てみたいパワースポットでしょう。

ライトアップは一年中行なわれており、時間は日没から夜10時まで。砂絵を見るには展望台からがいいそうです。駐車場は2ヶ所あり、連休中には混雑するので注意が必要です。下からの道は一方通行なので気を付けてください。

写真を撮る場合は、夕日をバックに撮影すると幻想的な雰囲気で綺麗に撮れます。香川のパワースポットめぐりの記念に、夜の銭形砂絵の撮影はオススメです。

龍神伝説が伝わる「田村神社」