Search

検索したいワードを入力してください

手相におけるKY線とは?|珍しい/KY線のある芸能人/恋愛/適職

Author nopic iconAsa
カテゴリ:手相占い

初回公開日:2017年07月06日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2017年07月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

手相におけるKY線とは?|珍しい/KY線のある芸能人/恋愛/適職

KY線とは?

KY線とは、生命線と頭脳線の起点が5ミリ以上離れている手相のことです。生命線と頭脳線の間の起点が離れていれば離れているほど、頑固で空気が読めない人である傾向が強くなります。

この手相の人はマイペースな人が多く自立心が強くなり、自由を愛する人が多いです。KY線の人は何かを計画してやるよりも、直感で行動することが多く、自分の価値観を大切にします。

どちらかというと人に何かを頼るのが苦手な傾向があり、依存することを嫌います。KY線を持つ女性は、自立したカッコいい感じの女性に多いです。

KY線は珍しい?KY線がある人の特徴は?

この手相の「KY線」の命名は、占い師の島田秀平さんです。このKY線が両手にある人は、日本人には1割程度しかいないそうです。

日本人の9割以上は生命線と頭脳戦の起点がくっついているといわれているので、このKY線とよばれる手相を持つ人は日本人ではかなり稀だと言えるでしょう。

「尻込みせず、どんどん前に出る」「チャンスは待っていても来ない」「後のことは考えない」そして実際は失敗することもあるけれどそこは知らん顔をしたり、内緒にしたりという調子がいい面もあります。

周りの人の中に、良き理解者、協力者の存在が現れるかが成功への鍵と言えます。

KY線を持つ人の特徴としては性格的なものはオープンな性格で「言いたいことははっきり言う」、「主張するところはきちんと主張する」といった、やはり海外の習慣やコミュニケーションスタイルが合うような方が多く、周囲の目を気にしすぎてしまう日本人にはあまりいないタイプだと言えるでしょう。

両手にKY線がある人の場合は?

片手にあってもそのKY線の要素はあるのですが、両手にKY線があるとさらにKY線の要素は強くなります。

KY線の特徴は、人の意見に合わせず、自分の意見を通す以外に平凡を嫌い、基本的に自分が認めた人以外の話は聞かないという一面があります。

理想に向かって猪突猛進に突き進むので、良い結果がでやすく、夢がかないやすい傾向にあります。特に日本国内より海外で成功する方が多くいます。

女性の場合は、じっとしていられないので専業主婦になりづらく、キャリアウーマンとして仕事一筋に生きる人も少なくありません。

夫婦間では、お互いに譲り合う気持ちを持たないと、自分を曲げられず頑固になったり天邪鬼になり、どうしても口論になると言いすぎてしまう傾向にあります。

なぜ有名人や芸能人にKY線が多い傾向にあるのか?

KY線を持つ人の中には芸能人やモデル、その他、人がうらやむような仕事や立場、人気者になる人も多く、面倒見の良い所もあります。

KY線を持つ人が芸能関係やアスリート、モデルなどの人に多いのは、一つのことをやり遂げる強い意志を持っているのと、負けず嫌いな一面があり、あきらめずに目標があれば、やり遂げる力がほかの人より強いようです。

もちろん本人の努力もありますが、ほかに周囲の引き立てで成功するパターンが多く、有名人や芸能人に多いのも納得できます。

ただ、周りからの協力や支えもありますが、時には嫉妬や妬みで敵を作りやすいこともあり、敵が多いのも特徴です。

KY線がある人の適職とは?

KY線を持つ人の中には芸能人やモデル、その他、人がうらやむような仕事や立場、人気者になる人も多く、面倒見の良い所もあります。

どちらかというとリーダータイプで周囲に合わせるのは苦手で海外に縁があり、留学や語学や海外での仕事、アーティストで海外で活躍したり、アスリートでオリンピックに出たりなどスケールの大きいことを成し遂げる人もいます。

ほかに、国際結婚などで成功する人が多いといわれています。

周囲に協力者が現れたり、自分を認めてくれる人がいた場合、さらにチャンスをつかむ可能性が高くなり、リーダーシップをとり、周りをまとめて大きなことを成し遂げたり、それとは反対にアスリートとなり、ストイックに個人プレーでスポーツなどに人生をかける人もいます。

それだけに敵も多いですが、大胆で自信家であり野心を持って一生懸命努力します。

KY線がある人の恋愛とは?

KY線がある人は男女ともに自分の意思を曲げることができない人が多いようです。

さらに天邪鬼(あまのじゃく)なところもあり、相手と意見がぶつかっても自分を決して曲げることができないという面もあります。

KY線があるとどうしても自分がリードしたいという気持ちが強く出てしまい、相手に合わせることができず、自己主張が激しくなったりわがままになってしまったりし、最悪の場合、別れてしまうこともあります。

KY線がある女性の恋愛の傾向

KY線を持つ女性の恋愛の傾向は、我が強いので、物事をはっきり言ってしまいけんかになってしまいがちなので、年上というよりは年下相手にいろんなことをリードする関係がうまくいきやすいです。

じっとしていられない落ち着かない人が多いので、専業主婦をして毎日家にいるという生活には向いてないかもしれません。

KY線を持つ人が女性であれば、年下と恋愛をすると上手くいきます。結婚も同様に年下の相手を選ぶのが良いでしょう。

もし、KY線をもつ女性が年下ではなく、年上の人と付き合う場合は、包容力のある理解ある人だとうまくいく可能性があります。

なので、一回り以上離れたような相手なら案外うまくいくでしょう。

もし万が一、男性リードの関係でいくと恋愛・結婚どちらにしても、自分の考えを曲げられなかったり、相手に合わさず主張が激しすぎてうまくいかなくなってしまう傾向もあります。

彼氏や気になる男性がこの手相を持っていた場合は、束縛しないことが重要です。KY線の人は、自由奔放で、この傾向は女性以上に男性の方がより顕著に現れてしまいます。

KY線のある男性の恋愛の傾向

KY線を持っている男性は、思い切りのよい出来るビジネスマンが多いですが、これは裏をかえせばわがままで、自分の主張を曲げられないとも言えます。

KY線の男性は、管理するのではなく、自立するように女性がサポートすることが大切です。

自立することで、運気が大きく伸びるのもこのKY線のある人の特徴です。相手が上手にサポートしてあげましょう。

KY線があっても成功する生き方のコツとは?

KY線を持つ人は自分が良いと思ったらその後のことやリスク、失敗したときのことはあまり考えずどんどん前へ前へと進んでいく行動力がある人だと言えます。

勇気や行動力があり、失敗してもあまりそこにこだわらない「折れない」性格の人が多いです。

つい、空気が読めないと聞くとマイナスのイメージを持ってしまいがちですが、悪いことばかりではありません。

KY線持つ人は、島国気質がある日本ではやや個性が目立ってしまうといわれていますが、「空気が読めない」というわけではなく、自分を貫き通す強さを持ち、「そこは壊していった方が良い」と、きちんと自分の意見を周りに主張できて、勝負事にもめっぽう強い人ともいえます。頭の回転もいい人が多いです。

目標に向かって進むには、最高の手相なので、明確な目標を持つことと、周りにいる自分を助けてくれたり支えてくれたり応援してくれる協力者に感謝の気持ちを忘れないことと、そういった人とのつながりを大切にすることが、成功するきっかけとなりやすいようです。

あなたの手相を占ってもらおう

今回、KY線についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。手相には色々な線があります。特に珍しいと言われている手相には「ますかけ線」や「神秘十字線」などが挙げられます。

あなた自身も実は強運な手相の持ち主かもしれません。ヴェルニでは、手相を占える占い師さんも在籍していますので、一度見てもらってはいかがでしょうか。

詳しくはこちら↓