Search

検索したいワードを入力してください

本物の霊能者はいる?いない?|見分け方【地域別】霊能者の紹介

Author nopic iconかのこん
霊視 / 2018年01月19日
本物の霊能者はいる?いない?|見分け方【地域別】霊能者の紹介

本物の霊能者はいる?いない?

本物の霊能者とはどのような人のことをいうのでしょうか。また、私たち凡人は、どのようにしてそれを見分ければよいのでしょうか。

本物の霊能者について、その存在を考える前に、そもそも霊能者とは何なのか、どのような人をいうのか、確認をしておきましょう。

本物の霊能者とは

一般的に、霊能者とは霊と話をする人といったイメージがあるかもしれません。もちろんそれも霊能力のひとつといえます。なぜなら、霊が存在する霊界も、私たちがいるこの三次元を超えた場所にある世界だからです。

本物の霊能者とはつまり、私たちが住んでいるこの次元とは異なる次元にアクセスする能力を持つ人のことなのです。

異なる次元の名称には、高次元・ハイヤーセルフ・霊界・精霊界といったさまざまなものがあります。しかし彼らは一様に、私たちが見えないものを見て、聞こえない声を聴くことができます。そうした不思議な世界からのメッセージを預かり、伝えてくれるのが本物の霊能者であると考えるとよいでしょう。

本物の霊能者と占い師の違い

その意味で、霊能者と占い師は全く違うものといえます。占いとは技術であり、本物の霊能力があるかないかはあまり問題にはならないのです。

もちろん、本物の霊能者の方が、占い師として活動をしていることはよくあります。彼らはその能力を駆使して、技術としての占いをその力の媒介として用い、異なる次元から預かったメッセージを加えて占いの結果を相談者に伝えます。

そのように、本物の占い師が占いをした場合には、凡人が占うよりも確かな結果が出ることになります。しかし基本的に、霊能力と占いは本来関係がないものといえるのです。

極論を言えば、占いは、占いの方法を学んだ凡人でも行うことができます。しかし、異なる世界に触れることは、持って生まれた能力がなくてはできません。その点が、占い師と本物の霊能者の違いといえるでしょう。彼らはそのように生まれついた特別な人であるといえるのです。

本物の霊能者の見分け方

本物の占い師は謙虚であることが多いのです。彼らは私たちとはまったく異なる世界に触れているために、この世の常識や偏見、社会的地位といったものにとらわれることはありません。より強大な力を前に、人という存在の無力さをかみしめ、ご自身の小ささを感じている霊能者の方もいます。基本的に本物の霊能者は、人に優しく自分に厳しい方が多いと考えておくとよいでしょう。

本物の霊能者を見分けるポイント

本物の霊能者とそうでない人を見分けるときに、このようなポイントを判断の基準にすることができます。

本物の霊能者は相談者を脅さない

本物の霊能者は、この世とはまったく違う次元に触れて、そこからのメッセージを預かります。相談者に伝えるときに、彼らはただ真実を話すのみであり、余計な言葉や脅し文句を加えることはまずありません。相談者を怖がらせる霊能者は、自分の欲を満たすためにそうしていることもあり、本物の霊能者が相談者を操ろうとすることはありません。

本物の霊能者は高額な謝礼を要求しない

本物の霊能者のほとんどは、自分の力を天から、あるいは不思議な世界から与えられたものだと理解しています。その力を与えてくれた者に対しては常に感謝と礼を尽くしているのが本物の霊能者であって、人々から不当な利益を得ようとすることはほぼないといえるでしょう。

本物の霊能者を自称する人が不当に高い謝礼を要求したり、品物を売りつけようとしたときは、それが本物の力であるかどうかを疑ったほうがよさそうです。

本物の霊能者は自分を大きく見せようとしない

できないことはできないと、はっきりと口にできるのが本物の霊能者です。できもしないことを空約束にして、謝礼を吊り上げようとするのは本物ではないといえるでしょう。彼らは、見えない世界の明確なルールに従い、相談者に対しています。

本物の霊能者は答えがぶれない

本物の霊能者の目には、あるいは耳には、過去のことも未来のことも明確に見え、聞こえています。未来は、場合によっては変わることがあるかもしれませんが、以前聞いたこととまったくつながりがないようでしたら、その方の能力も疑ってみたほうがよいかもしれません。

本物の霊能者は、見えたこと、聞こえたことをわかりやすく伝えてくれます。なぜなら真実はいつもひとつだからです。答えがぶれたり、あやふやな口調でごまかす人は、本物の霊能者と呼ぶことはできません。

地域別の本物と言われる霊能者の紹介

全国にはさまざまな霊能者がいます。本物を見分けるときのポイントは、先にあげたものもそうですし、また、地元の人の評判を聞いてみるのもよいやり方でしょう。活動実績も判断基準のひとつになります。本物の霊能者は、結果がぶれることがないため、多くの人に信頼され、評価は口コミとなって伝わります。うわさになる霊能者は、それだけ実力があるものと考えて間違いありません。

東京

本物の霊能者として名高いのが、新宿で長らく活動を続けてきた栗原すみ子先生です。新宿の母と慕われて、多くの人の悩みに向き合ってこられました。結果をはっきりと口にすることで有名です。50年間多くの方に支持されてきたその能力を、本物と呼ぶことに異論はないでしょう。

大阪

ラルクアンシエルのhydeさんをはじめ、多くの芸能人を占ったことがある先生です。光明先生は霊視はもとより、除霊も行って相談者の運気を根本的に解決する鑑定をされます。困ったことがあるときや、原因不明の不運が続くときなどに効果を発揮する鑑定です。進路相談にも向いているでしょう。人気が高く、予約が取れないこともあるので、鑑定を希望する方は早めの行動が大切です。

埼玉

埼玉県には、有名な霊能者がいるパン屋さんがあります。その名もずばり「みえる」というもので、パンを買うついでに一分150円で鑑定をしてくれるそうです。こうした良心的な対価を設定されている点において、まず間違いなく本物ということができそうです。

実際に、伝えていないことまでずばり言い当てられるといい、その能力は多くの人の口コミにもなっています。おいしいパンをいただきながら、本物の霊能者にお会いできるのはめったにできる体験ではありません。

仙台

仙台には「亜子」さんという有名な霊能者の方がいます。しかし、占いの場所を置いているわけではなく、アクセスすることが難しいようです。代理の方もいるようなので、根気よく探してみてください。また、ご本人は「自分は本物の霊能者ではない」と口にされることもあるようですが、こうした謙虚な方こそが、本物の霊能者である確率は非常に高いと思われます。

静岡

ハシンペロンというコンビ名で活動していた女芸人さん、はやぶさゆかさんは静岡のご出身です。生まれつきオーラが見えるという特殊能力を持っているはやぶささんは、現在スピリチュアル芸人として活躍中で、鑑定会を開くと多くの人が押し掛けるといいます。静岡では有名なオーラが見える霊能者です。

横浜

本物の霊能者は、タロットカードをよく使います。タロットは、カードの図柄や並び方で近未来を見るシンプルな占い方法ですが、その分かえって霊能力と相性がよいのでしょう。本物の霊能者が扱うことで、カードはより正確な未来の予知を伝えてくれます。

横浜では、霊感、霊視に加えて、タロットカードで未来を見てくれる鑑定士がいます。占いはカフェで行うことができ、リラックスしたムードの中で相談に乗ってもらえるでしょう。

広島

本物の霊能者として名高い珠響(たまこ)先生は広島在住、電話で鑑定をお願いすることもできます。恋愛相談を得意とし、優しい雰囲気で相談者を癒します。霊感、霊視の力に優れ、結果を的確に言い当てることでも有名です。結果にぶれが生じない、本物の霊能者としての評判も高い先生です。

熊本

女性の場合、出産を機に霊能力に目覚める霊能者もいます。熊本県在住の愛京子先生もその一人で、28歳でお子さんを授かったとき、突然霊が見えるようになったといいます。現在はその力を用い、人につく悪い霊を除霊する活動を続けておられます。恋愛成就に力を発揮するという愛京子先生は、テレビに出演されたこともある有名霊能者です。

霊能者の力を借りるとき

では、どういったときに霊能者の力を借りればよいのでしょうか。例を挙げてみましょう。

原因不明の体調不良が続くとき

特に異常はないはずなのに、体力が落ちていたり、体の不調が続くといったことはないでしょうか。そうしたときはもしかしたら、異なる世界の存在からの悪影響が響いているのかもしれません。普通の人には見ることができず、もちろん、祓うこともできません。

こうしたとき、本物の霊能者の方に相談することで、状況が改善されることがあります。多くの霊能者の方は、霊を見るだけではなく、それを除霊することもできます。中には、特に除霊を得意とされる方もいるので、気になるときは口コミなどの評判をみてから相談するとよいでしょう。

人間関係に恵まれないとき

自分を苦しめる相手や、落ち着かない相手など、望まない方とのご縁ばかりが深くなってしまうときも、異なる世界の存在からの影響を疑ってみるとよいかもしれません。ご縁のめぐりあわせは、人にはどうにもできないことがあります。

このような場合、多くの霊能者は過去を紐解き、問題の根本を探る処方をよくします。この世のご縁が前世からのつながりであることも珍しくないからです。過去からの悪縁を断ち切って、これからの人生を明るくさせる処方もできるので、困ったことがあった場合は本物の霊能者の方に相談してみましょう。

不運が続くとき

小さな怪我が続いたり、ものをなくしてしまったり、人生には不運ばかりが連続して起こることがあります。そうしたとき、本物の霊能者の力を借りることで、身の回りの悪い運気を追い払うことも可能です。

このように、状況に恵まれない場合、ヒーリングや波動修正、運命改善などの処方で事態を改善することができます。霊能者の方が得意とされるものの中に、そうした処方があるときはお願いしてみるとよいでしょう。

こうした処方は、霊能者と相談者のいる場所が離れていても行うことが可能です。例えば電話などで回線をつなぎ、そこからチャクラに触れることで相談者を取り巻く状況を変えることができるのです。また、相談者本人にパワーを注入したり、オーラを変えることもできる方がいます。運命に立ち向かう気力がほしいという場合も、こうした手法を得意とする霊能者に相談することで、希望をかなえることができます。

進路に迷うとき

本物の霊能者には、相談者がどんな人か、何を求めているかを知る能力があります。それは、過去からのしがらみであったり、言葉にはできない潜在意識の中に隠された欲望であったり、あるいは守護霊からの助言であったり、その人が自覚できないものの中に潜んでいます。

進路を決める際に、適性などを相談してみるのもよいでしょう。他者から指摘されて初めて、自分が何に向いているかわかることもあります。

また、こうしたときに力を貸してくれるのが、常に相談者を見守っている守護霊です。守護霊は生涯その人を守り、人生を切り開く手助けをしてくれる存在です。本物の霊能者は、相談者に代わって守護霊の言葉を聞き、そのアドバイスを伝えてくれます。進もうとする道に立ちふさがる危険を知らせてくれることもあるでしょう。そうした場合、計画を止める必要はありませんが、早めの対処を取ることができ、結果的に危機を乗り越えることにも役立ちます。

自分の使命を知りたいとき

本物の霊能者は、私たちがいる三次元より高い次元からこの世を見下ろすことができます。言ってみれば、迷路を空から眺めているようなものといえるのです。広い視野で眺めることで、霊能者は相談者がどのような人で、どのような使命を預かってこの世に生まれてきたか、知ることができるのです。

自分が何をしたらいいかわからないという人は、天命という大きな問いかけを、霊能者にしてみてもよいでしょう。本物の霊能者であれば、異なる次元から見たその人の立ち位置を明確にして教えてくれます。自分がこの世に生まれてきた意味がわかれば、進むべき道に悩むことは少なくなるでしょう。適性と合わせて、本物の霊能者に出会える機会があれば、ぜひ尋ねてみたいことのひとつです。

霊能者の力をかりてみましょう

霊能者の力を借りることで、体調不良や人間関係の悩みを解決するだけではなく、進路を切り開く手助けとすることもできます。

本物の霊能者は、その人の過去や未来、オーラの色や守護霊をみることで、その人の適性や進路、未来を的確に鑑定します。進学・就職・転職・起業・開業・結婚などといった人生の大きな転機にあるときに、霊能者による鑑定は確かな指針を示してくれるでしょう。

関連記事

Related

Line@