Search

検索したいワードを入力してください

六星占術における土星人とは|プラスとマイナスの人の特徴/相性が良い星人/大殺界はいつ?

Author nopic iconかなどん
占星術 / 2017年10月05日
六星占術における土星人とは|プラスとマイナスの人の特徴/相性が良い星人/大殺界はいつ?

六星占術とは?

六星占術とは、中国に4000年以上前から伝わる万象学、算命学を基にして、占い師の細木数子さんが編み出したものです。とても解明が困難な学問ですが、とても理解しやすく嚙み砕かれ、今では万人が知っている占いとなりました。

12年周期で繰り返される人生のおいての波を、運命周期と言い、種子、緑生、立花、健弱、達成、乱気、再会、財成、安定、陰影、停止、減退からなる12年としています。

種子、緑生、立花、の3年間は人生の春、健弱、達成、乱気、の3年間は人生の夏にあたり、再会、財成、安定の3年間は人生の実りの秋、陰影、停止、減退の3年間は人生の厳しい冬であり、これを大殺界と呼びます。

六星占術における土星人とは?

六星占術における土星人とは、その人が生まれた年月日によって決定された運命星のひとつのことを言います。具体的には、土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人の6つがあり、生まれた年の干支によりプラスとマイナスに分けることができます。その中から更に、2つの星人の顔を持つ霊合星というパターンがあり、複雑な人生を歩む傾向にあると言われています。

それでは次に土星人の性格の違いや特徴について触れてみたいと思います。

土星人プラスとマイナスの人の特徴と性格の違いって?

土星人プラスの人の特徴

土星人プラスの人は理想が高く、精神の世界で生きています。ハッキリした性格で、何にせよ物事の白黒をつけなければ納得が行きません。どが付くほどの真面目な人で潔癖性の面がありますが、正義感が強く頼れる人です。ルーズなことが大嫌いなので、時間をしっかり守り、約束事を破ることはまずないでしょう。

土星人プラスの人は、人間関係が苦手な方ですので、楽しい会話で周りを盛り上げたりすることができません。何でもキッパリ言ってしまうため、「キツイ人」と思われてしまうことも多いでしょう。そんな土星人プラスの人は、無理して性格を変えようとせず、何か道具を使って自分を表現することに向いています。

例えば、手紙やメールを使って相手とコミュニケーションを取ったり、楽器ができたり歌が歌えるなら気持ちを音楽で表現すると良いでしょう。

土星人マイナスの人の特徴

土星人マイナスの人を一言で言うと、とても不器用な人と言えます。いつも控えめで常識やマナーを守り、どんな時でもハメを外すことはないでしょう。礼儀正しく、優雅な気品を感じさせる土星人のマイナスの人は、忍耐強さとこだわりの強さを持つ人で、夢中になったことを毎日欠かさず何十年単位で打ちこめる強さがあります。

人づきあいが苦手なのは、土星人プラスの人と一緒です。人見知りしやすく、人との距離の取り方が上手にできません。逆に、一度親しくなると、相手に執着しすぎる面があります。べったりしすぎると相手鬱陶しく思われてしまいますので、注意しましょう。土星人マイナスの人は、手先が器用な人が多いので、土星人プラスの人と同じく道具を使って人とコミュニケーションを取ると上手く行きます。

土星人の恋愛の特徴って?

潔癖で曲がったことが大嫌いな土星人の恋愛とは、どのようなものなのでしょうか?土星人プラスとマイナスで、見て行きたいと思います。

土星人プラスの人の恋愛

超が付く程の不器用な土星人プラスの人は、恋愛でもうまく自分の気持ちを表現することができません。本当は好きなのに、気持ちと裏腹な態度を取ってしまったり、意地っ張りな発言をして強がって見せます。恋愛関係になっても、相手に厳しい面が出てしまい、相手を癒してあげることができず、離れていかれることもあります。別れの場面でも強がってしまい、あとで後悔することもありそうです。

土星人プラスの人は、結婚後は家庭を大事にします。子供を可愛がる親となり、家庭を憩いの場とするでしょう。

土星人マイナスの人の恋愛

土星人マイナスの人は、恋愛を純粋なものとして捉える人です。そのため、過去の恋愛をいつまでも引きずってしまい、何年も新しい恋ができない傾向にあります。これは土星人マイナスの人ならではの、相手への執着心からのものと言えます。

土星人マイナスの人は、どちらかと言うと結婚運が薄く、生涯独身でいる可能性が高いので、良い縁があれば早めに結婚に踏み切ると良いでしょう。また、礼儀正しく真面目な土星人マイナスの人は、年上の人に可愛がられることが多いため、会社の上司や近所の年長者から、良いお見合いを勧められることがあります。思ってもみなかった玉の輿に乗る可能性もあるでしょう。

土星人と相性が良い星人とは?

金星人

土星人と相性のよい星人は、ズバリ金星人です。金星人は、要領の良いところがあり、周りからは軽い人と思われがちですが、土星人と一緒にいると精神的に充実した人生を歩むことができます。また、土星人のほうも、金星人と一緒にいることで、普段の真面目で堅物な面が、いい意味で緩やかになり癒されて行きます。金星人は現実主義者ですが、土星人は精神性を重んじるタイプ、お互いに無いものを補い合える最高の相性と言えるでしょう。

土星人と相性が悪い星人とは?

火星人

土星人と相性の悪い星人は、残念ながら火星人となります。理想主義者で精神的な面を重視する土星人と、マイペースでプライドの高い火星人は一見共通点があるように思えるのですが、頑固者で、自分で決めたことは意地でもやり通す真面目一徹の土星人と、フィーリングを重視し、その時の気分で決めてしまう火星人とは、お互いに現実離れしていてついていけないと感じます。

どちらかと言うと、土星人が火星人の奔放さに振り回される関係となるでしょう。お互いに自分の世界を強く持っている上、頑固者とプライド人間なので、どちらも引かずに張り合うことになるでしょう。

その他の星人との相性は?

土星人同士の相性

土星人同士の相性は、どちらかが主人、または補佐という上下関係では上手く行きませんが、お互いに対等な関係であれば、間違いなく上手く行くでしょう。上下関係だとしても、師弟関係であれば良い相性となります。精神性を重んじる土星人同士なので、価値観も合い精神的な結びつきが深まる相性です。

天王星人との相性

真面目でプライドが高く、責任感の強い土星人と、愛情が深く快楽主義で、ルーズなところがある天王星人の2人は、お互いの良さがわかるまで少し時間がかかります。お互いに、住む世界が違うと感じてしまうため、この壁をのりこえられないまま諦めてしまう可能性のある相性です。

しかし、壁を乗りこえた時、お互いがお互いを育て合うという、素晴らしい関係へと移行します。お互いに、自分にはない世界観を持っているため、相手に対する尊敬と憧れの気持ちを抱いているのです。少し時間がかかったとしても、その時間は無駄にはならないはずです。

木星人との相性

土星人と木星人の相性は、少し複雑な運命に翻弄されます。基本的には、土星人と木星人の2人だけの世界であれば、お互いを高め合うことができる良い相性です。しかし、この2人の間に、親や子供、親戚、兄弟、友人など、2人以外の他者が入って来た場合、関係が悪くなってしまう相性になるのです。

この2人の結びつき自体はとても強いものを持っています。結婚をしたとしても、時には子供を預けて2人きりの時間作るなど、いろいろと工夫をしながら上手くいくよう努力をするべきでしょう。

水星人との相性

目には見えない心の世界に住む土星人と、クールで利己主義な水星人との相性は、土星人が主導する場合と、水星人が主導する場合とでは、関係性が違ってきます。基本的にこの2人の相性は、波乱万丈で浮き沈みの激しい相性ですが、2人の持つエネルギーが大きいため、素晴らしい仕事を成し遂げる可能性があります。

恋愛や結婚においては、水星人が主導するより土星人主導型のほうが、お互いの激しい部分が緩和され、うまく行くでしょう。

土星人と干支別の相性は?

土星人と子年生まれ

土星人にとって子年生まれの人は、良い相性とは言えません。純粋な土星人の心の中に、土足で入ってくる無神経なところがあります。あまり関わらないほうが良いでしょう。

土星人と丑年生まれ

土星人と丑年生まれの人は、性格的には正反対ですが、不思議と相性は悪くありません。お互いに自分にないものを持っているため、惹かれ合うことは確かです。

土星人と寅年生まれ

寅年の人は、土星人の人を精神的にも肉体的にも満足させてくれる相手です。相性は、可もなく不可もなくと言ったところでしょう。

土星人と卯年生まれ

土星人の気持ちをよく理解してくれるのが、卯年生まれの人です。土星人は、理性派ですが、卯年の人は感覚派。一見合わないように思えますが、実は、とても理にかなった関係になれます。精神面での相性がとても良いです。

土星人と辰年生まれ

辰年生まれの人は、土星人にとってあまり相性がよくありません。辰年生まれの人は、知的な人が多く、プライドが高い傾向にあります。土星人は、辰年生まれの人に夢中になることはあっても、辰年の人に振り回されることになり、悲しい結果になる可能性があります。

土星人と巳年生まれ

土星人と巳年の人とは、お互いに真面目で常識を尊います。相性は悪くないのですが、何か物足りなさを感じてしまい、結果、長続きしない2人です。

土星人と午年生まれ

土星人と午年生まれの人は、ズバリ相性が悪いです。潔癖で堅物の土星人にとっては、午年生まれの人の気まぐれさや、思いつきで行動するところに付いて行けません。午年生まれの人は、ルーズな面がありますので、常識を重んじる土星人は、一緒にいるとイライラさせられる相手です。

土星人と未年生まれ

土星人と未年生まれの人は、理想の相手と言っていいぐらい相性が良いです。未年生まれの人は、とても堅実でしっかり者が多く、心の広い穏やかな性格をしています。お金を蓄えるのが上手で、土星人を助けてくれる相手でしょう。

土星人と申年生まれ

土星人と申年生まれの人は相性がとても良いです。お互いに堅実で常識的な人なので、価値観も合い一緒にいても楽しく過ごせる相手です。ただ、申年生まれの人は頑固なところがあり、理想が高いため、土星人の人が少し折れてついて行く気持ちが必要になるかも知れません。

土星人と酉年生まれ

土星人と酉年の人は、お互いに真面目で堅物なところがあるため、最初は一緒にいて楽しい相手ですが、徐々にマンネリになってくる可能性があります。お互いに共通の趣味を持ったり、出かけたりする努力が必要となります。相性は、可もなく不可もなくです。

土星人と戌年生まれ

土星人と戌年生まれの相性は、あまりよくありません。土星人が、戌年生まれの人に振り回されてしまい、精神的にも疲れてしまう相手です。

土星人と亥年生まれ

土星人と亥年生まれの人の相性は、良くありません。土星人の潔癖な部分と、亥年生まれの人のプライドの高さが衝突し、ケンカになる可能性があります。また、亥年生まれの人は何かと土星人に思わせぶりな態度を取ってくる人です。亥年生まれの人は、土星人に限らず誰にでもこのような態度をとる人ですが、なかなか本心を見せない人なので、厄介ではあります。

大殺界とは?

大殺界とは、六星占術の12年周期の運気の中の、厳しい冬の時期のことを言います。この時期は、陰影、停止、減退と3年続き、運気が急激に衰えて行きます。人生において、大変辛い時期となり、逃れることはできないと言われています。

気になる土星人の大殺界の時期とは?

土星人の大殺界の時期は、2017年から始まっています。これは、土星人プラスの人が該当し、大殺界は2017年から2018年、2019年の3年間続きます。2017年が陰影、2018年が停止、2019年が減退となるわけです。

また、土星人マイナスの人は、2018年からの3年間が大殺界の時期に該当します。2018年が陰影、2019年が停止、2020年が減退となります。

土星人の2017年からの運気って?

それでは、最初にご紹介をした12年周期で繰り返される、種子、緑生、立花、健弱、達成、乱気、再会、財成、安定、陰影、停止、減退の運命のサイクルに基づいて、2017年からの土星人の運気について見て行きたいと思います。

陰影

土星人プラスの人は2017年、土星人マイナスの人は2018年が大殺界の3年間の最初の年です。この年から徐々に運気が下がり始めます。心配事が多くなり、精神的にも不安定な日々を過ごすことになるでしょう。今までの自分では考えられないような、間違った判断をしてしまう可能性があります。

仕事運、家庭運、愛情運も落ち込んで行きます。この時期は、思わぬ裏切りにあう可能性もありますが、「去る者は追わず」と考えカッとならないことです。自分とは縁がなかったんだと諦めることが賢明です。

停止

土星人プラスの人は2018年、土星人マイナスの人は2019年、大殺界の3年間の中でも1番殺界の威力が強いと言われる、停止の時期に入ります。全てのことがカラ回りし、成果は期待できません。努力をしても、八方ふさがりになる可能性が高く、状況が変わる兆しは期待できないでしょう。トラブルに巻き込まれてしまうこともありますが、この時期は耐えるしかありません。現状維持ができれば、かなりいい方と捉えましょう。

減退

土星人プラスの人は2019年、土星人マイナスの人は2020年、大殺界の最後の年である減退の年となります。だんだん明るい兆しが見えてくる時期に入りました。しかし、大殺界であることには間違いありませんので、気を抜くことは許されないでしょう。例え、明るい兆しが見えてきたとしても、この時期に新しいことを始めるのは、避けなければなりません。あともう少しの辛抱を心がけることが先決です。

また、減退の時期に、人間関係やお金、仕事と言った大切なものを手放さなければならないこともありますが、次の年から始まる運命のサイクルに向けて、環境を整えるために必要なことと割り切ってください。この時期に身の回りを整えておくことで、次から新しいものが入りやすくなるはずです。

種子

土星人プラスの人は2020年、土星人マイナスの人は2021年が運命周期のスタートである、種子の年です。この運気の年は、夢を抱いて大地に種をまくのに適しています。全体的に運気が良い方へ行きますので、新しくものごとをスタートさせると良いでしょう。自分の好奇心のおもむくままに行動することが大切になります。

また、この時期に知り合った人は将来的に大事な存在になる可能性があります。恋愛においても、新しい出会いが目白押しです。

緑生

土星人プラスの人は2021年、土星人マイナスの人は2022年、種子の年でまいた種が芽を出していく緑生の年を迎えます。いろいろなことがどんどん成長していく年になりますので、夢に向かっての努力を続けて行きましょう。

しかし、この時期出てきた芽は、まだまだひ弱なところがありますので、油断せず、手を抜かずに成長して行くよう努力することが、来年への運気アップに繋がります。人脈づくりにも最適な時期ですので、普段引っ込み思案な人でも積極的にたくさん人が集まる場所に出向きましょう。

立花

土星人プラスの人は2022年、土星人マイナスの人は2023年、エネルギーが強く、とても重要な運気の年である立花に入ります。種子でまいた種が花がどんどん咲き乱れます。また、この時期に成し遂げたことは生涯不動のものとなるでしょう。就職、結婚、にもとても適した年となります。

健弱

土星人プラスの人は2023年、土星人マイナスの人は2024年が、小殺界である健弱の年です。この時期は、種子から立花までの3年間の疲れを回復する時期に充ててください。精神面というよりも、肉体面に不調が出やすくなります。良い機会と思って、今まで気になっていた体の不調を整えたり、家庭でゆっくり休むと良いでしょう。次の年は、エネルギッシュな運気の年になるため、ここで力を蓄えておきましょう。

達成

土星人プラスの人は2024年、土星人マイナスの人は2025年、自分の望むことが形になる達成の年を迎えます。今まで夢描いていた目標が達成される運気です。12年間の運命のサイクルの中で、1番エネルギッシュな運気となります。勢いがありますので、前向きにいろいろなことにチャレンジしましょう。立花の年に果たせなかったことや、迷いがあった場合は、この時期に再度チャレンジすることをオススメします。

経済的な面でも期待の出来る年となるでしょう。

乱気

土星人プラスの人は2025年、土星人マイナスの人は2026年、中殺界である乱気の年に入ります。この年は、精神面での疲れが出やすくなります。新しく何かを始めようと思ってもカラ回りする傾向にあります。就職や結婚など、環境が大きく変わることはこの時期にしては行けません。いつもの自分とは違い、イライラすることが多くなりますが、この年はひと休みする時期と割り切って、来年からの実りの3年間に備えましょう。

再会

土星人プラスの人は2026年、土星人マイナスの人は2027年、3年間の実りの時期である最初の年の、再開の時期に入ります。就職、結婚、転職、開業、引っ越し、独立、と全てのおいて新しいことを始めるのにも適しています。乱気の時期に手をつけられなかったことがあれば、この時期に始めると良いでしょう。また、人との出会いや物との出会いに恵まれた時期となりますので、新しい出会いを求めて行動するよう心がけてください。

財成

土星人プラスの人は2027年、土星人マイナスの人は2028年、その名の通り、財が成長する時期である、財成の年を迎えます。12年の運命のサイクルの中で、1番財運の良い年となります。まさに、収穫の時期に入りましたので、今まで努力してきたことがお金に変わります。やりたいことがあれば、この時期にどんどん進めて行くと、将来的に大きな利益をもたらすと言われています。宝くじが当たったり、思いがけず遺産が入る可能性もあるでしょう。

安定

土星人プラスの人は2028年、土星人マイナスの人は2029年、実りの時期の最後の年となる安定の年に入ります。この年はこれと言った悩み事もなく、精神的にも安定した時期です。人生の果実を味わうように、周りに感謝をしましょう。また、今までの自分について考え直してみたり、先祖のことを考えるのにも適した年と言えます。この時期は、がむしゃらになるよりは、来年からの大殺界の時期に備えて、充電すると良いでしょう。

知りたい!土星人の大殺界の乗り越え方

大殺界の時期を知ってしまった以上、対策を知りたいものです。ここでは、なるべく大殺界の魔力から逃れるために、土星人の人がどう過ごすべきなのかをご紹介して行きますので、参考にして下さい。

いつもの自分と逆のことをする

大殺界の時期は、いつもの自分と逆のことをすると、大殺界の効力が弱まると言われています。それでは、土星人の場合はどのようにするべきなのでしょうか。

土星人の基本的な性格は、真面目で頑固、物質よりも精神面を重んじる性格です。その性格の逆の過ごし方を、この大殺界の3年間で実行してみるとしたら、あまり真面目に考えすぎず、何かあっても「何とかなるさ」とお気楽に構えていたほうが良さそうです。

心と体を整えておく

大殺界なんだと割り切って、この3年間は徹底的に自分自身の精神面と肉体面を人知れず鍛えておくのもオススメです。もともと土星人は、物質世界より精神世界に生きる人なので、この大殺界という時期に自分に今何が起こっているのか、何か変えなければならないことがあるとしたら何だろう、と真剣に自分と向き合い考え抜いて行く時間に使うのに適していると言えます。

肉体面でも、ジムに通うなどして密かに体を鍛えてみることをオススメします。

嵐が過ぎ去るのをじっと待つ

土星人に限らず言えることですが、大殺界にむやみに抵抗しても無駄だと諦め、大殺界の嵐が過ぎ去るのをじっと待つのも賢明な選択と言えます。特に土星人は、他の星人よりも忍耐強さを持っていますから、じっと待つことはあまり苦ではないかも知れません。

新しいことをしない

大殺界である、陰影、停止、減退の3年間では、新しいことを始めては行けないとされています。辛い時期だからこそ、何とかしなければと気持ちは焦りますが、やはりじたばたせずに大殺界を乗り越えることが大事と心得ておきましょう。

今まで蓄えてきたものを放出する

殺界とは、運気がマイナスに変わることを意味しますので、今まで自分にとって幸運につながっていたものが、マイナスに変わるのです。今まで自分が蓄えてきたものを、惜しみなく放出しながら、運気が回復することを待ちましょう。具体的にどういうことかと言うと、お金を儲けた人なら、どんどん使うことであったり、周りに助けられてきた人は、恩返しをする番です。そうすることで、自分に巡ってくる災難を中和することができます。

土星人の仕事の特徴って?

人付き合いが苦手な土星人は、孤独に強い面を持つため自分の世界を強く持つ人が多いです。そのため、ひとりで黙々と研究をして行くような仕事や、土星人が持つ特有のアイデアを活かした職種で成功する可能性があります。土星人の独創的なアイデアは、類まれなものがありますので、たとえ一匹狼になったとしてもその才能を活かしやり抜くべきでしょう。頑張れば、世に貢献できること間違いなしです。

土星人が向いている職業は?

土星人が向いている職業を、いくつか挙げてみたいと思いますので、ぜひ参考にして下さい。

エンジニア、天文学者、設計士、ファションデザイナー、プロスポーツ選手、宝石デザイナー、スタイリスト、美容師、カメラマン、翻訳家、陶芸家、作家です。

土星人に向いていない職業とは?

それでは、逆に土星人に向いていない職業をいくつか挙げてみたいと思います。

介護職、ボランティア関係、教師、ツアーコンダクター、看護師、カウンセラー、セラピスト、営業職、受付、占い師、宅配業、バイク便です。

土星人の金運の特徴って?

土星人の金運はどうなのかと言うと、やはり人付き合いが苦手なこともありますので、金運が良いほうではありません。また、プライドの高さが災いし、人との駆け引きや商売などと言ったことを上手にこなすことができません。

また、土星人自身も、あまりお金に執着を見せるタイプではないため、お金にこだわりがないのが特徴と言えます。これは土星人特有の、物質よりも精神を大事にする性質から来ているもので、例えお金が儲かったとしても、決して自分ひとりで溜め込んでしまうことがなく、世のために遣うことを考える傾向にあることが理由と考えられます。

土星人の子供との親子関係とは?

自分の子供が土星人だった場合、その子供にはどのような特徴があるのでしょうか?

土星人の子供は、物事のけじめをつけ、責任感が強く真面目で律儀な性格の子供です。親に言われたことをきちんと守ろうと、自分なりに努力をします。いわゆる「物分りのいい子」なので、親としては育てやすいはずです。

土星人の子供を上手に育てるには?

土星人の子供を親が上手に育てるには、親が土星人の子供に示した決まり事を、自ら破ってみせるようなことは絶対にしては行けないということです。土星人の子供は、とても真面目で不器用な性格ですから、ルールを破る親の姿を見ると、心が折れてしまいます。自分の中で混乱が起きてしまい、ゆくゆくは偏屈者になってしまう可能性があります。

また、土星人の子供がある程度大きくなったら、家に縛り付けることをせず、自由にさせる方が土星人の子供にとっては良いこととなります。

土星人の有名人とは?

ここでは六星占術における土星人に該当する芸能人や、著名人をご紹介します。

武田鉄矢、三浦友和、石原裕次郎、山本陽子、三原じゅん子、松坂慶子、大谷直子、宇崎竜童、近藤真彦、谷村新司、松下幸之助、小林亜星、立花隆、山本浩二、中村雅俊、川谷拓三、竹下景子、島田陽子、樹木希林、布施明、河合奈保子、五輪真弓、阿木耀子、はらたいら、湯川秀樹、山田洋次、つんく、金原ひとみ、宮沢りえ、氷川きよし。

霊合星とはどんな人のこと?

運命星である、土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人の中には、霊合星と呼ばれる人がいます。霊合星に該当するのは、自分の運命周期の「停止」の位置に自分の干支がある人のことを言います。霊合星の人は、自分の運命星の他に対極に位置する星の支配を受けます。例えば、木星人なら同時に金星人の影響を受け、土星人なら同時に天王星人の影響を受けることになります。

この対極にいる人というのは、自分の運命星と正反対の人になりますので、とても複雑な性格をした人が出来上がってしまうことになります。子供の頃から少し変わった性格をしていたり、周りからなかなか理解してもらえず、本人も苦しむことが考えられます。しかし、周りが想像できないような変わった発想や奇抜なアイデアを持っているため、成功を収める可能性が高い人と言えるでしょう。

霊合星の人のパターンをご紹介

それでは具体的に、霊合星の人のパターンをご紹介します。

土星人(プラス)の戌年の人、土星人(マイナス)の亥年の人。
金星人(プラス)の申の人、金星人(マイナス)の酉年の人。
火星人(プラス)の午の人、火星人(マイナス)の未年の人。
天王星人(プラス)の辰年の人、天王星人(マイナス)の巳年の人。
木星人(プラス)の寅年の人、木星人(マイナス)の卯年の人。
水星人(プラス)の子年の人、水星人(マイナス)の丑年の人。

以上が、霊合星人となります。

土星人は将来有望な人!

六星占術における土星人について、いろいろな側面からご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。土星人は、不器用ですが真面目で誠実な人です。理想が高くいつも現状に満足しないことから、努力をし続けることができるため、結果的には出世できる可能性が高い人と言えます。土星人は、将来有望な人であることに間違いないでしょう。

Line@