Search

検索したいワードを入力してください

白魔術とは|簡単な呪文/効果別の白魔術の紹介/白魔術と黒魔術との違い

Author nopic iconふくぷく29
カテゴリ:スピリチュアル

初回公開日:2017年08月22日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年08月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

白魔術とは|簡単な呪文/効果別の白魔術の紹介/白魔術と黒魔術との違い

白魔術って何?白魔術を理解してみよう

小さい頃におまじないの類は誰でも一回はおこなったことがあるはずです。「好きな子が自分のことを好きになってくれますように」「成績がよくなりますように」「○○の怪我が治りますように」と願っておまじないをしたものです。

しかし、大きくなるにつれて「おまじない」をしても願いが全て叶うのではないとわかった時点でおまじないをしなくなります。とは言え、大人になったことでおまじないには興味がなくなりましたが、新たに「魔術」という言葉に興味がわいたことはありませんか?

魔術というと思い浮かぶのが「白魔術」と「黒魔術」です。漫画や本・映画など、この2つの魔術を使ったストーリーが沢山使われています。

白魔術とは?どんな魔術?

白魔術は、神や天使・動物や天体・精霊のパワーを借りておこなうおまじないです。白魔術は「利己」でおこなうのではなく「利他主義」がベースにある魔術で、ターゲットを神や精霊などの力を借りて良い方向へと向かわせる魔術です。恋愛・傷や病を治す・除霊など好ましい目的の為におこなうおまじないになります。

Blockquote firstBlockquote second

魔術や呪術を実践する気はなく、魔術の知識として読んだのですが・・・
本当に面白く、おすすめな一冊です。
世界各国で(この本は亜細亜編ですが)このように魔術や呪術が信じられ・実践されていたとう事は、
目に見える事、常識的な事だけが全てではないという事が証明されるのではないでしょうか。

白魔術と黒魔術には違いがあるの?

「白魔術」と「黒魔術」、この2つの魔術は紀元前6世紀古代ペルシャには存在していたといわれています。ただ魔術自体が世界各国で在ったため、この2つの魔術の発祥地はどこなのかという真相はわかっていないようです。そして、白魔術は黒魔術と対比関係にあります。

黒魔術とは?

黒魔術とは、自分自身の欲求を満たすため、又はターゲットに物理的・精神的にネガティブな影響を与える魔術です。漫画や映画など黒魔術を主に使うストーリーをみても「悪」のイメージが強いです。そして、その黒魔術を使うのが「黒魔術師」と「妖術師」といった人物です。

黒魔術師とは、黒魔術の役割や目的を理解し魔術をおこないます。一方妖術師は、自分の経験や少ない知識から魔術をおこないます。そのため魔術を失敗する可能性は大きいです。きちんとした黒魔術の役割をしっかり理解した黒魔術師でも全てが成功するわけではないので、妖術師自身にかかるリスクはとても大きいといえます。

Blockquote firstBlockquote second

あまり難しい本は苦手なのですが、こちらは分かりやすく、ためしてみたくなりました。読み込んでチャレンジしたいと思います。

白魔術と黒魔術の違い

「白」と「黒」、色で考えても対義語であるように白魔術と黒魔術も対比関係にあります。白魔術はターゲットを良い方向になるように願いますが、黒魔術はターゲットに悪いことを望みます。そして1番の違いとなるのが「力を借りる相手」です。

白魔術が力を借りるのは、精霊や天体などといった自然的なものの力を借りますが、黒魔術は「悪魔」の力を借ります。そして、悪魔の力を借りるには、悪魔を呼び出す「召喚魔術」と「魔法陣」を使わなくてはいけません。魔法陣は術師の安全を確保できる縄張りです。その魔法陣の中で悪魔を呼び出し契約を交わします。もしその魔法陣の中から恐怖を感じ外に出てしまった場合は、術師の命が無くなったり精神がおかしくなってしまいます。

一方、白魔術はターゲットの幸せを願ってする魔術なので自分にリスクはありません。

リスクの高い黒魔術は、自分の欲求やターゲットを不幸にすることの為に悪魔の手を借ります。その契約を交わすときに用いられる約束の代償は「人間の命」が多く、それも自分の命と引き換える場合が多いので、軽い気持ちで黒魔術を初めてしまうと取り返しがつかなくなります。黒魔術は、中途半端な気持ちでおこなわないようにしましょう。

白魔術には黒魔術のように【魔法陣】は必要?

黒魔術には自分の安全を確保するために「魔法陣」が必要になります。その魔法陣の中だけが魔術師が安全な場所だということになります。でも白魔術の場合は、生物や自然がもっているパワーを借りて魔術として使う為、自分の安全の確保は必要がありません。そのため魔法陣も作る必要がないということになります。

白魔術の方法には色々あるの?

白魔術には色んな種類があり、そのターゲットや内容によって方法も変わってきます。しかしどの白魔術も「相手の幸運を願う」ものなので、気持ち的に白魔術をおこなっているときは、心が満たされる気分になります。

白魔術をかけるときは、どんな状態が良いの?

白魔術は「利己」ではなく「利他」がベースになっているので、自分の願いを叶えたいけど相手の負担や不幸になる願いは、効果があまりないといわれています。

例えば、自分が好きな子と付き合いたいからと今付き合っている人と別れさせて欲しいというのは白魔術では効果がありません。しかし、片想いの人に気付いて欲しいという願いなら、目が合う回数が増えたりや話す機会ができたりと白魔術の効果はあらわれます。

白魔術をかけるときは、純粋な気持ちと願うパワーが大切です。そのため複数の願いがある場合や強い思いが無い場合は、白魔術でも叶わない場合があります。黒魔術に比べると初めやすいおまじないですが、やはり魔術になるので、集中力をもって行う必要があります。

【効果別の白魔術の方法】 簡単な呪文&おまじない