Search

検索したいワードを入力してください

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

Author nopic icon助けて屋
人間関係 / 2018年01月19日
優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

優しすぎる人ってどんな性格?

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

どんな人でも優しさを持ち合わせていて、日常の中で自然と使いこなしているはずです。ときに自分の都合を考えて優しくすることもあるでしょう。ですが「優しすぎる」性格の人は、優しさを振りまくような打算的なことはしないのです。この計算なく優しい「優しすぎる」性格とは、どのようなものなのでしょう。

優しすぎる人に共通点はあるの?

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

よく「優しいね」と言われる人の多くは【優しすぎる】性格の人です。人並みの優しさであれば「優しい」と言われる機会は少ないでしょう。優しすぎる性格は、それだけ相手に印象を強く与えるのです。その理由は、優しすぎる人に主に見られる共通点にあります。

常に相手の気持ちを中心に考える

優しすぎる人は自分のことは二の次で、相手の気持ちを優先してしまいます。相手のことを優先して、自分の考えや思い浮かんだことを口に出すこともありません。たとえ自分にとって不都合なことであっても、相手が喜んでくれればそれで満足してしまいます。もし自分が不利益を被ったとしても、相手はもちろん、誰にも愚痴を言うことはありません。

自己犠牲精神が強い

周りで起きた問題を誰かが解決しなければならないとき、多くの人は関わりたくないものです。それでも、優しすぎる人は皆のためになるのならと、一人行動に移してしまいます。たとえば、共同作業で残った仕事を自分一人で引き受けてしまうなど、自分が犠牲になることで周りが救われれば良い、という考えを持っています。それで自分の予定が狂ったり損をしたりすることになっても、不愉快にはならず、むしろ満足感を得てしまいます。

断ることができない

優しすぎる人は、基本的に断ることができません。自分がやりたくないことに対して、はっきり意志を表せば良いのですが、優しすぎる人にはそれができないのです。自分にとって都合の悪いことでも、断ってしまうと相手が困ってしまうだろうと考えてしまいます。

また、せっかく自分を頼っているのだから、期待に応えたいという気持ちが働きます。優しすぎる人は自分から相手を頼ることは苦手ですが、頼られることで自分の価値観を認識し、喜びを感じるのです。

優しすぎる人の特徴は?

優しすぎる人は、少し極端なまでに善人な態度をとってしまうものです。もちろん相手のことを思っての行動なのですが、そんなに気を使わなくて良いのにと思うことがあります。優しすぎる人の特徴は大体共通している部分が多いのですが、男性・女性・立場によって微妙に違いが見られます。それぞれにどんな特徴があるのか、見ていきましょう。

優しすぎる彼氏の特徴

とにかく彼女を大切にする

優しすぎる彼氏は、彼女の扱い・対応がとても丁寧です。まるで壊れ物にでも触れるかのように、繊細な行動をとります。彼女が少しつまづいただけでも、大袈裟なまでに心配をしてしまいます。連絡もマメで、朝・昼・晩問わず心配して近況確認を怠りません。また、友達よりも彼女を優先してしまい、急に友達付き合いが悪くなってしまうのも優しすぎる彼氏の特徴です。

わがままを何でも聞く

彼女を些細なことでも決して傷つけたくない、悲しませたくないと優しすぎる彼氏は思っています。その考えは、彼女のわがままを何でも聞いてあげなければならない、という形で表れます。

多少のわがままはもちろん涼しい顔できいて叶えてくれるでしょう。喧嘩の後などに、つい理不尽なわがままを言うこともありますが、それさえも聞いてくれる、多少のことではびくともしない心を持っています。それは彼女を何としても守らなければならないという意志の表れで、愛情表現の一つでもあるのです。

喧嘩をしても反論しない

優しすぎる彼氏は、彼女と喧嘩になっても本音をぶつけて言い合うことが得意ではありません。優しすぎる彼氏は相手のことを先に考えてしまうので、たとえ相手に非があっても口にできないのです。口を開いても「ごめん」の一言で、正直何を考えているのかわからないでしょう。優しすぎる彼氏は、とても平和主義で争うことが嫌いなので、本音を引き出すのは根気が必要です。

優しすぎる男性・男友達の特徴

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

誰に対しても「良い人」

優しすぎる性格の人は、誰にでも分け隔てなく優しく接します。そのため周囲に敵を作ることがなく、人間関係は良好です。周囲のことを考える性格なので、友人として付き合うには好ましい人なはずです。

ただ恋愛面でも有利になるかといえば、そうでもありません。優しすぎる性格の男性は、周囲に合わせることはうまいのですが、自分から何かを主張することは得意ではありません。それが女性には頼りなく見えてしまい、良い人止まりになってしまうことが多いのです。

女性には特に気を遣う

優しすぎる男性は、女性に対しては輪をかけて優しい態度をとります。男友達のような気楽に話せる関係を築くことが苦手で、相手が女性というだけで意識してしまうのです。

女性側としては単に仲間や友人のつもりで接していても、優しすぎる男性の「意識している態度」は伝わってしまうでしょう。その結果、優しすぎる男性は頼りなく見られ、男の魅力も感じられなくなってしまうのです。

恋愛では押しが弱い

女性は自分を必要とされたい願望が強いものですが、優しすぎる男性は押しのタイミングを計るのが苦手です。そもそも女性に嫌な思いを絶対にさせたくない性格なので、自分から積極的に手を出せないのです。

せっかく二人きりになる機会ができても、自分から手を握れず、キスもできず、触れることすらできません。女性が少しわかりやすくOKサインを出したとします。それでも優しすぎる男性は行動に移せないのです。

優しすぎる彼女の特徴

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

彼の気持ちを優先させる

彼氏と二人で何かを決めるとき、たとえばデートの行き先を決めるときなどは、彼氏の行きたい場所を優先してしまいます。外出先での食事も全て彼氏まかせ、自分の意見を主張しないのが優しすぎる彼女の特徴です。

自分は本当はこうしたいのに、と希望は持っているのですが、相手がそうしたいのなら自分は諦めようと引いてしまうのです。「どこか行きたい所ないの?」と彼女に主導権を与えようとしても、「どこでもいい」と主導権を再び彼氏に譲ってしまいます。優しすぎる彼女は、大好きな彼氏が望むなら何でもいい、と流されていく傾向があります。

尽くし過ぎてしまう

優しすぎる彼女は、彼を愛するあまり尽くしすぎてしまう傾向があります。彼氏の家に泊まりに行って、朝食を作ってあげたり朝起こしてあげたり、彼女の家庭的な面が見られる尽くされ方は男性は嬉しいものです。ただしこれは程度の問題です。

毎回食材を全て自腹で購入されたら、彼氏としては罪悪感にも似た負い目を感じてしまいます。彼氏は「してもらっている」と気づいているのですが、優しすぎる彼女は「してあげている」とは感じていないのです。このように、優しすぎる彼女は、彼氏の喜ぶ顔が見たくて本心から尽くすことに幸せを感じるのです。

待たされても怒らない

彼氏がデートの待ち合わせ時間に遅れて、何の連絡もなく自分が待たされても決して怒ることはありません。それどころか、「何かあったのかな?」「自分が時間を間違えたのかな?」と、相手を気遣ったり、自分のミスを疑ったりします。心配のあまり、ようやくやってきた彼氏を見て喜びさえしてしまいます。優しすぎる彼女の"怒らない"という特徴は、優しすぎる人の本質であるとも言えます。

優しすぎる女性・女友達の特徴

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

誰に対しても優しい

男性・女性、相手を選ばず誰にでも優しい態度を見せるのが優しすぎる女性の特徴です。周囲に気を使い皆に平等な優しさを見せるので、八方美人に思われがちです。誰かを特別扱いするような素振りを感じさせないので、仲間内や友人たちから「もしかしたら脈ありかも?」と思われにくいのです。

逆に、誰にでも優しいのは既に彼氏がいる余裕なのかも、と思われてしまいます。優しすぎる女性は周囲の人から誤解を受けやすく、恋愛面でも損をすることが多いのです。

何でも「YES」

優しすぎる女性は自分から主張することが苦手です。自分の希望より相手の希望をいつも優先させてしまうので、自分の気持ちや意見とは違っていても反論できません。気になる男性と一緒に出掛けても自分の意見を出すことはなく、相手の行きたいコースを巡るだけになってしまいます。

男性は女性の希望を叶えてあげたい生き物なので、女性が自分を主張してくれなければ物足りなさを感じてしまいます。相手に対して従順で素直な女性、と捉えられれば良いのですが、何に対しても「YES」ばかりだと、意志のない女性と思われることになりかねません。

悩み事を相談しない

相手のことを第一に考えてしまう優しすぎる女性は、誰かに相談することはあまりありません。何か問題を抱えていても、誰かに相談することで迷惑をかけてしまうのではないかと考えてしまうのです。そのため、解決しない悩み事をいくつも抱え込むことが少なくありません。

友人、特に男性の友人は女性の悩みを聞いてあげたいものです。相談をきっかけに恋に発展する可能性もあるのですが、優しすぎる女性はうまく利用することができず、不器用であるともいえます。

優しすぎる人の心理って?

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

誰に対しても優しすぎる人たちは、損得を考えずに人に優しくすることができます。いつも笑顔であったり、よく気が利いたり、周りから見たら疲れないのかなと思うこともあるでしょう。相手の立場になって考えられる性格になるには、理由があるものです。そんな優しすぎる男性・女性・恋人、それぞれに見られる主な理由、どんな心理なのかを見ていきましょう。

優しすぎる彼氏の心理

別れを告げられるのが怖い

本気で愛した人であれば、離れたくない、別れたくないと思うのは当然のことです。なにも優しすぎる彼氏に限ったことではないはずです。ですが、優しすぎる彼氏は、彼女を失うことを人一倍恐れています。

優しすぎる性格の人は、何度も自分の性格で辛い思いをしています。その経験から自分の性格を自覚していて、優しすぎることは人を傷つけてしまうと知っているのです。頭では理解していても、優しすぎる性格をすぐに変えることができず、これまでの経験を活かすこともできずに、また同じく優しすぎる接し方をしてしまうのです。

優しすぎる男性・男友達の心理

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

嫌われるのが怖い

誰でも人から好かれていたいもので、嫌われるなんてことは避けたいものです。優しすぎる男性はこの傾向が強く、自分を否定されることを極端に恐れています。自意識が強く、周囲から自分がどう思われているかが気になってしまうのです。親しい友人はもちろん、あまり交流のない顔見知り程度の相手ですら自分の見え方を気にしてしまいます。そのため、決して敵を作らないように自己防衛としての武器が「気を使う」ことなのです。

優しすぎる彼女の心理

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

いつまでも愛されていたい

彼氏にはいつまでもそばにいて欲しいと願うものです。そしていつまでも愛され続けたいものです。優しすぎる彼女は、「優しすぎる彼氏」と同じく彼氏が離れていってしまうことが怖いのです。彼氏に愛され続けるために、彼の気持ちを優先したり、尽くしたりと優しすぎる人の特徴である行動をとってしまいます。

ここまでは男性も女性もほぼ同じような心理ですが、女性には「借りを作りたくない」という特有の心理があります。一方的に与えられるだけだと、女性の場合は色々と不利益を被ることがあるため、防衛本能の一つとして身についているのです。

優しすぎる女性・女友達の心理

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

悩みたくない

優しすぎる女性は、自分の意志を主張せずに相手の意志を尊重します。相手の思い通りに物事が進めば、トラブルの原因を作らずに済むと考えているのです。自分の意志を主張することは、相手の意見を否定してしまうことになり、傷つけてしまうのではとネガティブな考えが先立ってしまいます。

優しすぎる女性は、相手を傷つけてしまう事に大きな罪悪感を感じてしまいます。些細な事でも心を痛め、「言わなければよかった」と後悔を引きずってしまうのです。

優しすぎることが理由で別れたい時ってどんな時?

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

付き合い始めの頃は、恋人が優しいだけで幸せを感じます。それが優しすぎる人であっても同じです。付き合いが長くなってくると、その優しすぎる部分にばかり意識が向くこともあるでしょう。その優しすぎることが原因で別れのきっかけになることもあります。それは一体どんなときなのでしょう。

「優しすぎる彼氏」と別れたいと思う時

無難すぎる彼氏はつまらない

優しすぎて彼女を大切に思うあまり、冒険をしません。言動や行動には細心の注意を払い、全てが無難な対応になりがちです。会話をしても楽しい話題で盛り上がることもなく、女性は退屈してしまうでしょう。

付き合い始めの頃は、そんな無難に言葉を選ぶ様子も不器用で愛おしく思えます。ですが、ある日「彼はいつまでもこの調子なのだろうか」と思うでしょう。そして最近自分が本心から楽しめてないなと思い始めます。彼氏が本当に自分に心を開いてくれているのか不安になり、あなた自身が疲れてしまいます。やがて不安を抱きながらも一緒にいることに耐え切れなくなり、別れを考えることもあるでしょう。

本音を引き出して別れを回避

会話は関係を築くために欠かせないコミュニケーションです。いつもあなたを気遣う優しすぎる彼氏も、本当はもっと気持ちを表現したいはずです。本心がなかなか見えませんが、決して心を開いていないわけではなく、単にあなたに嫌われたくないだけなのです。戀愛経験の少なさや、女性の扱いに慣れていないことも原因です。

どうせ断れない彼氏です。二人で一緒に楽しめるゲームやアトラクションなどへ誘ってみましょう。人は何かに本気で熱中しているときは本心が表れるものです。そのとき、彼氏の意外な一面が見えたり、本心を探ったりするきっかけが掴めるでしょう。

「優しすぎる彼女」と別れたいと思う時

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

全部彼氏に任せっきりでは刺激がない

何をするにも彼氏に任せてしまっては、せっかく一緒にいても物足りなさを感じてしまうものです。自分の意志を表に出さずにいると、彼氏は虚しさを感じてしまいます。本当は何を考えているんだろう?本当に自分のことを好きなんだろうか?と、彼氏は不安が募っていき、次第に気持ちまで冷めていってしまいます。

一方的に従ったり従わせたりでは、何の刺激も得られません。その状態が続くと、二人で一つのものを築き上げていくという恋愛の醍醐味を感じられずに、別れたいと思ってしまうのです。

意外な一面を見せて刺激をプラス

恋愛はあっちがいい、こっちがいいと、お互いに意見をぶつけ合いながらゴールを目指していくものです。デートの度に、1回でも2回でも自分の意志を表すようにしましょう。彼氏の意見に少しだけ反発するだけで、普段と違うあなたの態度が刺激を与えるはずです。毎回繰り返しているうちに、徐々にお互いのことが分かってきます。そうなれば、自分の意見も自然と言えるようになるはずです。あなたのほうからリードしてみるのも、彼氏に意外な一面を見せられて良い刺激になるでしょう。

理想の人に出会うには

変化をつけてみたり、自分の意見を主張したりと頑張って関係がよくなればいいですが
あなた自身が無理をして疲れてしまっては意味がありません。

とにかく優しい人が好き!そんな人をネット上で探すというのもひとつの方法でしょう。

今、「出会い方」はたくさんあり、人それぞれです。

サイトで?と抵抗がある人もいるでしょう。
新しい出会い方に勇気をだして一歩踏み出せば
あなたの理想の人、あなたを理想としている人に出会うかもしれません。

優しすぎる人に向いている仕事は?

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

優しすぎる性格の人は、相手に気を使ってしまう傾向があります。どんな仕事でも多少のずる賢さや気を抜く事が必要で、優しすぎるだけでは乗り越えられない事態にも遭遇するでしょう。そんな優しすぎる性格の人には、どんな仕事が向いているのでしょうか。

人と関わる仕事が適職

優しすぎる人は、相手の事をしっかりと考えることができます。自然と醸し出される優しさから相手に与える印象も良く、とても丁寧な対応を心がけます。これらの特徴から、人と直接関わる仕事が向いています。販売業やサービス業・介護職・医療、看護職・アドバイザーなど、相手の感謝の気持ちが直接伝わる仕事が適職といえるでしょう。

共同作業が適職

優しすぎる人は、周りの人の事を考えて行動することができます。協調性を重んじるので一人で黙々と
こなしていく仕事よりも、複数で共同作業ができる仕事が向いています。事務職や商品開発などでも
実績を上げることでできます。他にも、優しすぎる人は分析する仕事にも向いているので、マーケティング力と協調性を活かしてエンジニア、プランナーなども適職として挙げられます。

優しすぎる人になる原因って何?

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

優しすぎる性格は、他人から見たら羨ましがる人もいるでしょう。「優しい人」になることはできても、「優しすぎる人」なることは努力では難しいものです。長所や短所が度々話題になる優しすぎる性格ですが、この性格を作る原因と根源にあるものをご紹介します。

幼い頃の育った環境が影響する

人間の性格形成には、子供の頃に育った環境が少なからず影響します。幼い頃に両親をはじめ、周囲に優しく接してくれた人がいれば、人に優しくするのが当然という意識生まれ、優しい人格が作られていくのです。親戚や近所に優しくしてくれる年上の人がいれば、優しすぎる人になる傾向はさらに高くなっていきます。

自分に自信がない

悩みやコンプレックスなど、自分自身に問題を抱えているような心理的要因でも優しすぎる性格になり易いのです。問題を隠して優しさを身につけることで、問題自体を否定してしまおうとします。優しすぎる人は自分の性格で悩んでしまうことがあります。多くの場合コンプレックスは解決し難い問題ですが、徐々に自信を取り戻すことで、悩みすぎることは次第に少なくなっていくはずです。

優しすぎることは損なの?

優しすぎる人の特徴と心理|優しすぎて別れたい・優しすぎるのは損?

これまでにも説明してきましたが、優しすぎる人は相手の気持ちを優先してしまいます。その理由は相手の気持ちがわかりすぎてしまうからです。相手が辛い状況のときに頼まれ事をされてしまうと、自分が同じ状況だったら…と考えて、断ることができないのです。この同情心が損な役回りに繋がってしまいます。

優しすぎる性格は少しも非難される性格ではなく、むしろ素晴らしい性格です。ですが、何でもかんでも同情心で引き受けてしまっていると、利用しようと企む人も出てきます。特に恋愛面では、都合の良い女にならないように気をつけなければいけません。ときには優しさから同情心を切り離して、嫌なものは嫌と意志をはっきり示すことが必要です。

優しすぎる人は自分を癒すことが必要

いかがでしたでしょうか?自分が優しすぎると感じている人、周りに優しすぎる人がいる人は、共感できる部分があるはずです。優しすぎる人は周りの人に気を使い過ぎて、自分の心が疲れてしまうことが少なくありません。今日は自分の意志を通そう!と決意しても、いざ人前に出ると結局いつも通り…という自分にうんざりすることもあるでしょう。優しすぎる性格も自分らしさです。欠点ではありません。1日のうちに一人になれる時間を作って、ゆっくりと心を癒しましょう。

関連記事

Related