Search

検索したいワードを入力してください

上から目線の人の特徴・上から目線と思われる言葉・対処方法

Author nopic iconそらあおぐ
人間関係 / 2018年01月19日
上から目線の人の特徴・上から目線と思われる言葉・対処方法

上から目線の人

あなたの周囲で上から目線で話しをする人はいませんか?会社や学校など場面は様々あるでしょうが実際に立場や役職が自分よりも上であっても会話をする際には人としてのマナーはあります。

このようなマナーを無視した話し方をする人と会話をすることはストレスになります。しかし、日常生活を送るうえで人と会話することは避けられません。多くの人と会話すれば上から目線の人と会話する確率も増えます。

もしも、上から目線の人と会話することになればどのような対応をすれば良いのでしょうか?

上から目線の意味とは

上から目線とは立場が対等であるか、もしくは下であるにも関わらずまるで立場が上のようなものの言い方をすることです。良い意味で使われる言葉ではありません。この上から目線というのは形があるものではないので、聞き手側の捉え方に依存します。

意外にもこの上から目線という言葉は新しい言葉のようです。使われ始めたのは2000年代の前後くらいから普及したのではないかと言われています。似たような言葉では「高慢」や「高飛車」などがあります。

上から目線の人の特徴

上から目線の人と会話することはストレスを感じますので、出来る限りそういった人との会話は避けたいものです。しかし、職場や学校など、どうしても会話を避けることのできない状況もありあます。

会話を避けることができないのであれば、上から目線で話す人に対して何かしらの対策を持っておく必要があるでしょう。そのために、まずは、上から目線の人の特徴を知っておきましょう。以下は身近な存在の人が上から目線だった場合として例にしたものです

上から目線の彼氏

彼女に対して、あれこれと注意やアドバイスを頻繁にする彼氏です。そんな彼氏の話は、すでに知っていることや的外れな助言が多く、聞いている彼女はうんざりとしてしまうことでしょう。

そういった彼氏は、恋人という関係性から彼女よりも立場が上でありたい、優越感が欲しいと考えています。立場が上であるという優越感を感じたいという人は、横柄な態度を取って偉そうにしている人が多いのです。

そういった人には、反論すると余計に面倒なことになります。適当に聞いているふりをして、聞き流してしまうのが、最善の対応ということです。

上から目線の彼女

最近では草食系男子が増えました。恋人にするのであれば、物腰が柔らかく、優しいイメージがある草食系男子の方が良い人も多いでしょう。

しかし、彼氏が優しいために、横柄な態度を取ってしまう彼女がいます。彼氏の優しさに甘えて少し図に乗ってしまったパターンです。この状況が続くと彼女の感覚はマヒして横柄な態度はエスカレートしていきます。エスカレートした結果、彼氏の気持ちなどを考えられなくなり、上から目線の発言や態度を取るようになるのです。

最初は上から目線ではなかったのに環境によってなってしまうパターンです。自己評価が高い人が陥りやすく、相手に対する評価が自己評価よりも下であると感じると徐々に相手への態度が変わっていきます。

上から目線の友達

勉強や仕事がものずごくできるわけでもなく、会話の内容も知的なわけではないけれど、なぜか自信に溢れた態度で、上から目線で会話する友人はいませんか?

このタイプは、先に述べた自己評価が高い人とは逆に自信がない可能性があります。上から目線の発言は周囲から身を守るための武器です。他人よりも劣っている自分を隠すための行動です。あくまでも第三者から身を守っているだけですので、場当たり的な行動や発言が多いのが特徴と言えます。その結果、勉強や仕事ができない、知的な感じはしないのに会話が上から目線というアンバランスな状況ができあがるのです。

上から目線だと思われてしまう言葉・言葉遣いとは

ここまでは上から目線の人たちの特徴を例としていくつか書きました。ここからは人ではなく言葉に注目したいと思います。

上から目線というのは聞き手に判断されることなので注意しないと知らないうちに上から目線の言葉遣いになってしまっているかもしれません。

相手を評価する

上から目線の人は他人を評価します。評価することは悪いことではありませんし、それを認めることで相手を尊敬できます。しかし、上から目線の人は、その評価に対して相手を認めることをしないです。

その結果、相手が結果に満足しているにも関わらず、自分ならばこうした、ああしたと否定的な感情から入るのです。内容に対して半端に知識を持っていると、さらに拍車がかかります。

これは負けず嫌いな人に多く、自分でもできるという嫉妬心からきています。嫉妬心を持っている人は、攻撃的、否定的な言葉を選択しやすくなります。相手への敬意を忘れずに言葉を選んで話すようにしましょう。

おせっかい

本人は親切なつもりでも相手がおせっかいと感じてしまうことはありますので、おせっかいと親切の境目は非常に微妙なところです。

相手がおせっかいと感じているときに長々とアドバイスを話していると上から目線で話していると思われてしまいます。いくら親切なつもりでも相手が求めていないことを押し付けている状態になっているのです。

さらに、そのアドバイスの際に相手がどれだけの知識量を持っているのか試すような質問を投げかけたりします。これは相手にとっては失礼な行為です。相手は知らないことを質問されると上から目線で話されたと感じてしまいます。

いくら親切なことと思っても、相手が望んでいることであるかは重要です。相手の立場になって、言葉の遣い方を選びましょう。

丁寧すぎる

上から目線とは立場が上でもないのにそのような態度や発言をすることです。しかし、実際に立場が上であっても注意は必要です。

普段から丁寧な言葉遣いに注意することは大事なことです。もちろん、会社などで関わりが少ない他部署の人に対しては、役職に関係なく敬語を使うことはあります。しかし、自分の後輩や部下に対して、敬語を使ったとしたらどうでしょうか?

敬語を使い続けると、冷たい対応をされているような勘違いをされてしまうこともあります。また、下手に出て試されているような感覚を覚えてしまうことがあるのです。丁寧な言葉遣いも大事ですが、環境、状況も考えて使うようにしましょう。

上から目線を直す方法

上から目線になっていることに、本人が気づいていないことは意外と多いものです。周囲から注意してもらえれば気づくこともできますが、「上から目線になってますよ」と指摘してくれる人はあまりいません。上から目線にならないように、自分の言動を日頃から気をつけることが、一番重要です。

また、相手に、上から目線と思われないような配慮も必要です。早口でまくしたてるような話し方は、相手に不快感を与えます。相手に不快感を与えると上から目線に限らず、全体的にマイナスの印象を与えることになります。そのマイナスの印象の中に上から目線が含まれてしまうこともあるのです。忙しい状況であっても、笑顔でゆっくり話すようにしましょう。

上から目線の人に対する対処方法

自分が上から目線になりたくないのであれば、日頃から言葉遣いや行動に注意すれば事足ります。しかし、相手が上から目線だとこちらで対処法を身に付けていなければなりません。

上から目線とは性格のようなものです。本人が直す気がないのであれば、そのような言葉遣い、行動をする性格の人なのだと認めましょう。その人の性格を他人がどうのこうの言うものではありません。距離が取れるのであれば、距離を取ってしまうことも対処法の一つです。

上から目線の人に限らず、気の合わない人はたくさんいます。たまたま、お互いの性格で気が合わなかっただけのことです。

上から目線にならないようにしよう

いかがでしたでしょうか。

今回は上から目線の人についてご紹介してきました。自分に当てはまるところがあった方もいるかと思います。

気づかないうちに上から目線になってしまうことは少なくありません。日頃の言動や人に対する態度を振り返って、上から目線にならないように心がけましょう。