Search

検索したいワードを入力してください

小心者の人|特徴/小心者を直す方法/メリットとデメリット/恋愛面

Author nopic iconAKI.U
性格・タイプ / 2018年01月19日
小心者の人|特徴/小心者を直す方法/メリットとデメリット/恋愛面

小心者の意味とは

小心者の人|特徴/小心者を直す方法/メリットとデメリット/恋愛面
Blockquote firstBlockquote second

しょうしん‐もの〔セウシン‐〕【小心者】 : 気の小さい、臆病な人。
(出典:デジタル大辞泉)

「小心者」とはどんな人のことをさすのでしょうか。「あのひとは小心者だ」と言われたとき、どんな人をイメージするでしょうか。

調べてみると、ほとんどの辞書に「気が小さい人、気が弱い人、臆病な人」といった解説が見られます。つまり文字どおり、「心」の「小」さい「者」ということです。もう少し具体的なイメージを挙げると、勇気がない、大胆さがない、怖がりなどといったものも出てきます。

気が小さく臆病なので、自分の意見を言えなかったり、あれこれと考えてはいても行動に移せなかったり、強気な人の意見に流されてしまったりといったパターンも、「小心者」によく見られるパターンです。

小心者の人の特徴

小心者の人|特徴/小心者を直す方法/メリットとデメリット/恋愛面

「小心者」には、大きく分けて以下のような特徴があります。

・杞憂や不安で心を悩ませている
・人の目をとても気にする
・マイナス思考である
・臆病で、傷つくことを恐れる

では、それぞれの特徴について見ていきましょう。

・杞憂や不安で心を悩ませている

「杞憂」という言葉には、あまり馴染みがないかもしれません。これは、心配しなくてもいいようなことを心配することを意味します。別の言い方だと、とりこし苦労という言葉もあります。「ああなったらどうしよう」、「こうなったらどうしよう」と、まだ起こらない、そうなると決まったわけでもない未来について、あれこれと悪い想像ばかりして心配することです。

もちろん、そんな状態はとても不安です。嫌な想像ばかりが頭をよぎって、学校に行くのが怖い、出社するのが億劫だという気持ちになります。時には、なかなか眠れないこともあるでしょう。

・人の目をとても気にする

小心者は、自分が人からどう見られているかをとても気にします。もちろん、どんな人でもまったく人目を気にしないということはありません。豪胆で強気に見える人でも、内心ではいくらか、人からどう思われているだろうかと気にしていることはあります。

小心者の場合は、この気にする度合いがとても強いのです。周囲の人にとってはどうということもないようなことを、非常に強く、そしい長い間気にしてしまいます。

また、小心者の場合は、人目を気にすると言っても、いつも悪いイメージばかりを思い浮かべます。「すごいと思われたい」とか、「可愛いと思われたい」といった、プラスのイメージではありません。そんなことよりも、人から悪く見られないことが第一です。嫌われていないか、馬鹿にされていないか、呆れられていないか、まずそれを心配します。

・マイナス思考である

ポジティブ・シンキングという言葉を聞いたことがあるでしょう。それは、どんなことでも良い側面に着目し、プラスに、前向きにとらえる考え方です。ほとんどの小心者はこの反対で、ネガティブ・シンキングです。

たとえば、すれ違った人が貴方をちらっと見て笑ったとしましょう。ポジティブ・シンキングの人は、それを好意的な笑いだととらえます。あるいは、特に気にかけません。しかしネガティブ・シンキングの人、特に小心者の場合は、「なにか変な格好してるだろうか」等と考え、しかもそれをいつまでも気にしてくよくよします。

なにか発言しようというときもそうです。小心者でなければ、「反対されてもいい」、「変なら変で笑われてもいい」、「言わなきゃ損だ」と口にしますが、小心者はそれができません。「反対されたらどうしよう」、「笑われたらどうしよう」、「そんな思いするかもしれないなら、言わなくてもいいや」と考えてしまいます。

・臆病で、傷つくことを恐れる

先に書いた3つの特徴のように、小心者は、まだ決まっていない未来について悪い想像ばかりします。しかし、小心者でなければ、それを振りきって決定すること、発言すること、行動することができるはずです。ですが小心者にはそれができません。なぜでしょうか。

それは、怖いからです。

では、なにが怖いのでしょうか。その答えは、失敗や望まない結果によって、自分が傷つく、損をすることだと言えます。人から馬鹿にされて傷つく、評判が落ちて傷つく、反対されて傷つく、うまくいかなくて傷つく、人を傷つけることで相手から嫌われて傷つく……。とにかく傷つくことを恐れて、「それくらいならやめておこう」と考えてしまうのが小心者です。

小心者を直す・改善・克服する方法

小心者の人|特徴/小心者を直す方法/メリットとデメリット/恋愛面

小心者と呼ばれる人は、なぜ小心なのでしょうか。どう感じて、どう考えるから、小心者として振る舞ってしまうのでしょうか。それは、小心者の特徴をよく振り返ると分かります。

なにより特徴的なのが、悪い未来ばかり想像することです。もちろん、「それをやめればいい」と言われてすぐにやめられるのならば、誰も小心者な自分に悩んだり、嫌気がさしたりすることはありません。ですから問題は、「どうすれば、悪い未来、悪い結果ばかり想像するのを、少しでも減らせるだろうか」になります。

そのためにはまず、つい思い浮かぶ悪い結果の後で構いませんから、良い結果、何事も起こらない結果も想像してみましょう。自然と思い浮かんでくる悪い想像を、少しの間だけでもいいので追い払い、良い想像、何も起こらずにほっとする未来も想像します。そうして実際の結果が出るのを待ってみると、案外、何事も起こらなかった、思っていたよりもいいことになったと、まさに「杞憂に終わる」ことが多いことに気づくのではないでしょうか。

上手くいかなくて、当たり前

そしてなにより、うまくいかないことを当たり前だと思うことも大切です。成功者と呼ばれる人は、失敗を恐れません。大きな成功の影には、90%の失敗があるとも言います。彼等にとっては、失敗は当たり前です。ただ、それで諦めないだけです。また、プロ野球では4割打てば大打者です。私たち普通の人間であれば、成功率はもっと低くて当たり前でしょう。

どんなにがんばっても、失敗することもあるのが当たり前、自分を嫌いだと思う人がいるのも当たり前。そう思えば、過剰に未来を恐れる小心な気持ちから、ほんの少しでも解き放たれないでしょうか。

小心者は、悪いことか?

ここまでずっと、小心者であることは良くないこと、だから克服したいこととしてお伝えしてきました。ですが、本当にそうなのでしょうか。小心者であることには、デメリットしかないのでしょうか。直さなければならないものなのでしょうか。

以下では、恋愛と仕事の面において、小心者であることのデメリット、そしてなにより、メリットをお伝えします。

小心者の恋愛でのメリット・デメリット

小心者の人|特徴/小心者を直す方法/メリットとデメリット/恋愛面

小心者の恋愛におけるデメリットは、まずなにより、告白できないことでしょう。好きですと告げるのにはたいへんな勇気がいるものです。フラれたときの悲しさやつらさ、痛みを想像すると、なかなか一歩が踏み出せません。

また、せっかくお付き合いしていても、相手に対して思うことが言えない、いつも相手の言いなりになってしまう、といったことも起こります。デートのプランを考えるのにも、相手がつまらなかったらどうしよう、失望させてしまったらどうしよう、といったことばかり考えてしまうでしょう。

ですがこれは、相手を思いやる気持ちの裏返しでもあります。自分がいいと思ったら、相手もいいのだと信じて疑わない、そんなことは、小心者にはまずありません。必ず、相手にとってどうだろうかと考えます。これは思いやりの気持ちです。

問題は、「うまくいかなかったら」を心配し、そちらにばかり気を取られてしまうことです。心配ならば、相手と相談しましょう。よく準備しましょう。気の利いたサプライズデートなどは無理でも、いつでも相手のことを気遣い、思いやることのできる小心者には、小心者だからこそのメリットがあるのです。

小心者の仕事でのメリット・デメリット

小心者の人|特徴/小心者を直す方法/メリットとデメリット/恋愛面

仕事においての小心者には、強気の商談、営業は怖くてできません。会議などで意見が対立すると、すぐに自分の意見を引っ込めてしまいます。また、売れるか売れないか、うまくいくかどうかというチャンスに賭けることもなかなかできません。新しい企画に取り組むと、うまくいかないことばかり考えてしまいがちです。

しかし、危機管理にはその視点も非常に重要です。ポジティブ・シンキングな人や、強気で楽観的な人だけでは、仕事は決してうまく進みません。

トラブルやミスを恐れずに進み、なにか起こってしまったらまたそのときに解決すればいい、という強気でポジティブな人も大切ですが、事前に防げるミスならば、防ぐに越したことはありません。そういうとき、「これは大丈夫なのか?」と気付くのは、ネガティブな視点の人、失敗を恐れる小心者です。

仕事においては、強気な人も小心な人も貢献できます。その役割が違うだけです。前に進もうと仲間を鼓舞、激励し、失敗を恐れずに引っ張っていく人と同じように、敵がいないか、落とし穴がないか、繊細に目を光らせている人も、いなくてはならない人材です。

小心も、個性です!

小心者は、これから取り組むことの成否や、おかしてしまった小さなミスについて、一日に何度も思い返して、しかも何日もつらい思いをしがちです。小心者な自分をなんとかしたい、という思いでいるかたも、そんなつらい思い、びくびくしてしまう嫌な気分をなくしたくて、そう考えるのではないでしょうか。

ですが、気が弱い、臆病、心配性、そして小心者であるということは、決して悪いことではありません。裏を返せば、それだけ敏感で、思いやりがあり、危機管理に長けているということです。ですから、小心者であること自体は、直さなければならないものでは決してありません。

必要なのは、小心であることで、過剰につらい思いや怖い思いをしなくてもよくなることです。そうすれば、小心であることは、人の気持ちに敏感で思慮深く、協調的だという長所になります。そのために、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事

Related