Search

検索したいワードを入力してください

対応力のある人の特徴・対応力がない原因・鍛える方法

Small 79a4331b 7afc 4d15 93ae 414c85b6569cnaru
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2017年08月02日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2017年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

対応力のある人の特徴・対応力がない原因・鍛える方法

対応力のある人の特徴

自分に置かれている状況をすぐさま把握し、臨機応変に対応できる人がいます。トラブルやアクシデントをすぐに解決したり、クレーム問題にも素早く対応できたりする人の特徴を書いていきます。

気持ちに余裕のもてる人

対応力のない人にありがちなのが、トラブルなどが起こったときにパニックになってしまい、周りが見えなくなってしまうということです。例えば、何かしらのクレームがあったとき、相手に怒鳴られてしまうと、それだけで頭の中が真っ白になり、その後の対応ができなくなってしまいます。上手い対応どころか、余計に相手を怒らせてしまうということにもなりかねません。

どんな困った状況になっても冷静に物事を判断し、行動する気持ちの余裕を持つことが、対応力の高い人の特徴の一つです。小心者の人よりも、少し大雑把な性格の人のほうが、高い対応力を身に付けやすいということが言えます。

様々なリスクを事前に想定できる人

起こりそうなトラブルやアクシデントを事前に想定して、解決策を考えておきます。そうすれば、トラブルが起きたときに慌てることなく適切な対応することができます。例えば、クレームなども比較的同じようなクレームがくる商品などのことは、事前に解決策を頭に入れておきます。そうすれば、いざ、クレームがきたときに慌てることなく、迅速に対応することができます。対応力が身に付いている人の特徴の一つ目としては、色々なリスク、トラブルなどを事前に考え、想定することが出来る対応力の高い人です。

人の気持ちがわかる人

人と人との問題が起きたとき、それをうまく処理するためには相手の気持ちをうまくくみ取る必要があると言えます。例えば、なにか仕事でのクレーム処理を行うとします。そのとき、クレームが来ているのですから、相手は嫌な思いをしていることには違いありません。その中でも、冷静に会話のできる相手と、怒り心頭の状態で冷静に会話のできない相手とでは、対応の仕方を変えたほうがうまくいくはずです。

相手の様子を見て冷静に判断することができれば、相手の望むことがわかり、適切なトラブル処理ができるはずです。対応力の高い人には、人の気持ちを読み取ることができるという特徴があると言えます。

コミュニケーション力の高い人

コミュニケーションをとる、ということは人と上手に意思疎通を図るということです。なにか問題が起こったとき、相手の話を聞いたり、気持ちを読み取ったりするためには、高いコミュニケーション力が必要になります。言葉による意思疎通を図ることで、相手の気持ちや要求していることを把握し、相手を不快な気持ちにすることなく対応することができます。対応力の高い人は、人とのコミュニケーションを大切にして、上手く相手との意思疎通ができる人だと言えます。

対応力のない人の原因

小さなミスが多い

対応力のない人の特徴として、任されたことをするスピードは早いのですが小さなミスが多く、結果的には修正するのに時間がかかってしまうことになります。落ち着いて行動すれば無くせるミスも慌ててしまい、ミスをしてしまうことが多いです。日常生活や仕事などでも、なぜかせかせかと急いでしまう人は、対応力があまりないと言えます。原因としては、急いでしまったり、あわててしまったり、パニックになりやすいことが原因だと考えられます。

思ってもいないことに対応できない

対応力のない人の特徴として、マニュアルに書いてあること以外のトラブルに対応することができません。なにか想定外のトラブルが起きたとき、戸惑ってしまいうまく対応できないことが多いです。自分の知らないことでのトラブルや、自分一人ではどうにもならないと感じたときにパニックになってしまい、対応ができなくなります。物事を臨機応変にとらえることができないのです。自分一人で解決しようとする人に多いです。

対応力を鍛える方法

人と接しているときに、良い対応なのか悪い対応なのかを決めるのはその瞬間です。その場面で、自分の持っている知識を使い、考えて行動しなければなりません。物事の流れを決めて行動しても、必ずその流れになるとは限りません。仕事だけでなく恋愛においても同じことが言えます。対応力を鍛えるということは、人間力を鍛えると言っても良いでしょう。

自分にない知識を取り入れる

自分の知らないことを学ぶ、ということは自分自身のスキルアップにつながります。学んだことを自分のものにしておくと、いざトラブルが起こったときに学んだことを生かすことができます。また、人とのコミュニケーションの中で自分の知らないことがどんどん覚えて、吸収することができます。

そうすることで、瞬間の対応力を身に付けることができます。瞬間の対応力とは、相手の少しの情報から適切な対応を瞬時に行うということです。瞬時に行動するためには、それなりの知識がないと間違った対応をしてしまう恐れがあります。なので、知識を身に付けるということは、とても重要なことです。

たくさんの人と関わる

たくさんの人と関わりを持つことで、初対面の相手に対する接し方を身に付けることができます。初対面の人との関わり方を身に付けることで、対応力を身に付けることができると言えます。

初対面の人に会うとき、あらかじめ質問などを考えていくとします。事前に考えた質問が初対面の人の印象からずれていたり、興味のなさそうな質問だったりした場合、質問をしても打ち解けることができないと思います。なので、対応力を身に付けるためにも荒療治のようにも感じますが、その瞬間にその場の対応を考えることで、対応力が自然と身に付いていきます。

初対面の人に会う前にシミュレーションを立てたりせず、相手の印象や空気をみて、求められることを読み取ることが大切です。自分が対応する場面で、今までどれだけ多くのことを考えながら対応してきたかという経験が、その時のよりよい対応に繋がっています。

仕事で対応力を発揮する方法

自分で仕事の効率を強化する

仕事で対応力を発揮するためにはまず、どの仕事にも丁寧に向き合うことが重要です。対応力のある人は、仕事に対して妥協点が少なく、どの仕事にも真剣に打ち込むことができます。なおかつ、仕事の効率をあげることができます。対応力のある人は、スピードを大切にしつつも、丁寧な仕事をすることができます。

いくらスピードが早くてもミスがあれば早く仕事する意味がありません。まずは、仕事でミスすることを減らしましょう。スピードを早くするためには、とにかく数をこなし経験を積むことが重要です。何度も経験することで、どのような方法で仕事をすれば効率が良いのかがわかるようになってきます。どんどん経験を積むことによって、ミスも減っていくと思います。そうすれば、仕事をするスピードが早くてミスのない仕事をすることができます。仕事をしていく中で自分も成長するということが大切です。

対応力を身に付けるということ

対応力を身に付けるということは、簡単なことではありません。勝手に身に付く人もいますが、意識してもなかなか身に付けることができない人もいます。ですが、意識して行動していればいつのまにか身に付いているものです。対応力は仕事ではもちろん私生活でも必要となってくるものです。

臨機応変に物事を判断することは、たくさんの経験が必要です。経験を積むことによって自分自身の成長にもつながりますし、何事にも冷静に判断することができます。慌てたり、焦ったりすると適切な対応ができなくなる可能性が高まります。仕事などで柔軟な対応が必要な人は、意識して対応力を身に付けるようにしましょう。毎日くりかえし行動することで、身に付きます。あきらめたりせず、前向きに行動することを心がけましょう。仕事はもちろん、私生活の色々な場面で役に立つので、ぜひ意識してみると良いでしょう。