Search

検索したいワードを入力してください

夢占いは本当に当たる?当たる理由や確率

Author nopic iconサルスベリ
カテゴリ:夢占い

初回公開日:2017年10月16日

更新日:2020年06月17日

記載されている内容は2017年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

夢占いは本当に当たる?当たる理由や確率

夢占いはあたる?

あなたは夢を見たことがありますか?その夢はどんな夢だったか覚えていますか。どうして私たちは夢を見るのでしょうか。そこには潜在意識に隠された大切なメッセージが含まれているということはお気づきでしょうか。

ここでは、私たちが眠ったときに見る夢についてお話をしていきます。まず最初に、夢占いは当たる、において、夢占いとは、について、二つ目は、夢占いは当たるのか、三つ目に、潜在意識とはどういうものか、四つ目、潜在意識と夢との関係について、お話をしていきます。それでは、まず一つ目の、夢占いについて紹介していきます。

夢占いとは?

夢占いと言われてあなたは真っ先に何を『思い』描きますか。昨日見た夢のこと、もしくはもっと具体的に夢で見た内容をお話される方もいらっしゃるでしょう。そもそも、夢占いとはどういうものをいうのでしょうか。

実は夢の内容には、自分の見えない世界や無意識領域からの何らかのメッセージが込められていると言われています。印象的な夢を見たり、怖い夢を見たりすると何か現実に影響があるのだろうかと夢について思いなおしたり、スマホで調べたりしてしまいます。

つまり夢占いとは、夢に出てきたものや状況は、今の心理状況や近い未来に起こる出来事がなんであるかを判断する占いの一つです。

当たる確率

夢を見てあたったと確信してしまう人とそうでない人がいます。そこには目に見えないものを信じる人と信じない人に分類されるようです。感覚の一つに「第六感」というものがあります。第六感というのは何かをしていてある時何かがピンとくるということはないでしょうか?例えば仕事中にこっちの書類を見たほうがいいよというようなことです。

ピンと来たほうを見ると早く探していたほうにたどり着くという感じです。夢占いも同じです。ありすぎるたくさんの情報を私たちは寝ている間に整理します。未来起きることをその中で精査し、夢が知らせてくれます。

予知夢なんて信じないわという人もいらっしゃるでしょうが、現に虫の知らせを聞くという言葉があるように夢占いが功を成したという話もよく聞きます。

つまり夢占いが当たるかそうでないかについては賛否両論ありますが、夢のメッセージを何かの暗示、もしくは知らせととらえている人、とらえようとしている人は当たっていると感じることがあるようです。

夢占いが良く当たるサイトを紹介

夢占いが良く当たるサイトについてご紹介します。夢を見たけれども実際にどんなメッセージが含まれているのかわからない事や何度も同じ夢を見るけれどもそれが何らかのメッセージを伝えようとしているのかわからないと言うことがあるでしょう。

折角のメッセージを無いものにするのではなくて、そのメッセージをキャッチして、現実の世界で適切に生かすことで、未来を豊かなもの帰ることができます。それでは当たる夢占いサイトをご紹介します。

無料の当たる夢占いの紹介

無料、当たる夢占いでは、あなたが見た夢の内容をもとに自分でキーワードを探して検索していきます。見た夢が自分にとって夢見が良かったか悪かったかについてもその夢が送るメッセージは異なってきます。追いかけられる夢や歯が抜ける夢など、日本人が良く見る夢についても網羅されていますので、ぜひ活用してください。

本当に当たる夢占いの紹介

本当に当たる夢占いでは、五十音ごとにキーワードを検索することができます。例えば昨日見た夢に恋人が出てきて喧嘩をしていたとします。場所はよく行くカフェで。その場合のキーワードは、『恋人』『喧嘩』『カフェ』です。

まず気になるキーワードが検索をかけていきます。大好きな恋人夢の中でけんかするのは、たとえ夢であったとしてもいい心地がしないでしょう。なぜそのような夢を見てしまったのでしょうか。まずは、キーワード検索から、『喧嘩』について見ていきます。実は恋人や異性とのけんかには恋愛運を上昇するといったメッセージが含まれています。

夢を見たときの占い

夢の夢占いでは、夢のメッセージが当たるだけでなく、なぜ夢が当たるのか、夢のメカニズムについても詳しく説明されていますので、必見の余地があります。

夢の診断書

こちらは夢の診断書です。夢占いがもたらすメッセージがどのようなものかを写真をまじえて解説するものです。例えば、雨の夢を見たとします。雨といってもさまざまなシュルの雨があります。小雨、ざあざあぶりの雨、しとしと降る雨、あなたが夢の中で見た雨の状況は人によってとらえ方がまちまちです。

雨という一つのカテゴリーの中に、様々な状況の雨があります。それによってもメッセージは異なってきます。当たる夢占いをもっとさらに進化させたものと言えるでしょう。ぜひ参考にしたいものです。

夢占いはなぜ当たる?

続いてお話するのは夢占いがなぜ当たるかについてです。不思議だと思いませんか。夢で見たメッセージが未来に必ず起こるということについて私たちは何の疑問も持たないで日々を過ごしているということに疑問を持ちませんか。具体的に言うと好きな人と夢の中で仲良く過ごしていたら、次の日、喧嘩しちゃったという話はよく聞きます。

また、夢の中である企業の面接に行き不採用になってしまい翌朝の寝覚めが悪かったというとき、現実は採用通知が来ていたということはよくあります。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。そこには何か私たちが得ようとできない何かが託されているのかもしれません。ここからは、夢占いがなぜ当たるのかについてお話をしていきます。

夢占いが当たる理由

そもそもなぜ夢占いは当たるのでしょうか。ここではその理由についてお話していきます。私たちは日々の生活の中で願望を抱きます。たとえば、あそこの高校に合格したい、あの会社で働きたい、意中の彼と付き合いたいなどです。強く思えば思うほどそれが現実となって現れてきます。

しかし、現実となって私たちの面前に形となって現れるのは願望を抱いてからもっと後のことです。それは人それぞれの時間との兼ね合いになりますが、もしかしたら、半年後かもしれませんし、一週間後かもしれません、はたまた、2年後かもしれません。目的地が何時かによってその結果は右往左往してきます。

夢占いが当たる理由として、昨今注目を浴びているのが『潜在意識』です。意識には二つの種類があります。例えば、ある人がある目的に向かって何らかの努力をします。その努力が大きければ大きいほど、願望につながる距離が狭まります。

これを顕在意識と言います。つまり目標を達成するためにもっと頑張らなくてはいけないという意識を持つということです。逆に『潜在意識』とはどういうものでしょうか、現実の世界において意識していないことが夢となって現れてくるということです。つまり、夢が当たる理由として考えられるのは、この『潜在意識』が深く関与しているのです。

夢占いと潜在意識との関係

続いてお話するのは、夢占いと潜在意識との関係です。夢占いと潜在意識がどのような関係性を持っているかについてお話をしていきます。実は夢占いが当たる節においてこの潜在意識が深く関与しています。

どのように関与しているかという前に、潜在意識について先の章で簡単にお話をしましたが、つまり、現実の世界において意識していないことが夢となって、または偶然的機会が巡って、私たちに夢から目覚めたとき、あるいはその偶然的機会を得た後にまるで予期していたかのように起こりうるものであることをお伝えしました。

それでは、もう少し詳しく、かつ、さらに深く、潜在意識についてお話をしていきます。

潜在意識とは何か

潜在意識について研究を進めた人がいます。どこかの教科書あるいは心理学の本などで一度は目にした人がいるかもしれませんが、カール・グスタフ・ユングが顕在意識と潜在意識についてある有名な説を説いています。彼のいう顕在意識とは、また、潜在意識とはどういうものかについてお話します。ユングのいう、顕在意識とは普段私たちが意識しているものです。

例を挙げて言うならば、志望している大学に入るために何らかの努力をしているという行動をさします。また、潜在意識について、無意識の部分です。志望している大学に入るために無意識のうちに何らかの情報を集めているというところの部分です。

もちろん無意識ですので、自分が何をしているのかということはわかりません。が、結果的にみると、こうしようと思ってしたことがいつしか無意識のうちにしてしまっているということはないでしょうか。

例えば、志望している大学に入るために勉強をしようと思ってしているうちは顕在意識が働いていますが、いつしかそれが当たり前のようになり、無意識のうちにテキストを開いているといった具合です。何をどのように勉強すればいいかは、それまで培ってきた勉強方法だったりそれ以外の経験であったりなどが、無意識のうちに誘導しているからにほかなりません。

その誘導は実は私たちが起きている間に得た大量の情報網から私たちが眠っている間に精査され夢となって現れてきます。つまり、夢という媒介を持って私たちに未来を予期するメッセージを知らせてくれているのが潜在意識の産物である夢の正体なのです。

夢占いで予兆は当たる?

それでは、夢占いで予兆は当たるのかについてお話をしていきます。夢は潜在意識の産物であるということは先の章でお話をさせていただきました。その夢占いをどのように活用すれば、私たちの夢占いは現実のものとなって当たるのでしょうか。夢がもたらすメッセージには実は重要なキーワードがたくさん含まれています。もちろんそうでない場合もあります。

ですが、例えば、会社の面接に向けてご自身がさまざまな努力をしているとします。それは、自分磨きであっても、面接の練習であったり、内容はさまざまですが、その過程の中で私たちは夢を見ます。その夢の内容が目覚めの良い内容であるときはしかり、悪い夢であった場合はその夢の内容が気になって仕方がなくなります。

そして、あれやこれやとスマホやパソコンの夢占いで内容を調べます。そこで突きつけられるメッセージの解釈にときには目をそむけたくなるでしょうが、夢は今のままでは未来はこうなりますよというメッセージを送っているのですから、そうならないために日ごろから注意をすれば、おのずとその未来は回避できることを表しています。

見た夢が予知夢であるかどうかの判断をどのようにすればよいのでしょうか。

予知夢

夢占いが当たるかどうかについて考えたとき、みなさんは『予知夢』という言葉をご存知でしょうか。あるいは、聞いたことがあるでしょうか。人の夢は予知夢と正夢そして、逆夢と、予知夢や正夢、逆夢にも当てはまらない夢の4種類があります。

夢占いが当たるかどうかということを考えたとき、この予知夢と正夢そして、逆夢が大きく関係しています。それでは、まず、予知夢とは何なのかということについてお話をします。

予知夢とは字のとおり、未来を予測するメッセージを含んだ夢を見ることを言います。予知夢には3つの特徴があります。

・夢を見ている映像は色彩豊かであることが多い
・夢でメッセージを受け取ってからその通りになるまで時間がかかるということ
・目が覚めたときに普通でない興奮や感動、またはパニックや情緒不安定で泣いている場合もある
ということです。

次に正夢についてお伝えします。

正夢

次に夢占いが当たるかどうかについて考えたとき、『正夢』という種類があります。正夢がどういうものかというと、夢で見たシーンがまるでコピーのように現実の世界においてその通りに怒るということです。

・何度も同じ夢を見るということ
・どういう内容であったかということを目が覚めても隅々まで覚えているということ
・夢の現実感があまりにも強く、現実の世界に戻ったとしてもあたかもそれが現実の世界でも起こっているという進行形のような感覚が残るということ
・夢を見ている時間から実際に夢で見ていたことが起こるまでの時間の距離が短いということ
などです。

逆夢

夢占いが当たるかどうかについて考えたとき、『逆夢』というものにも着目しなければなりません。『逆夢』がどういうものかについてお話します。逆夢とは夢で怒ったことと真逆なことが起こるということです。

例えば、先の章でもお話をしましたが、ある会社に入りたくて自分を磨いたり、面接の準備をしたりしている人が、企業の試験を受けてその採用通知を今か今かと待っているときに、よく見る夢の一つとして、不採用の通知が来たという夢があります。

これは、逆夢の象徴的な例の一つでもありますが、企業の試験のみならず、学校の合否決定においても、不合格や不採用という状況の夢は反対に合格している内定しているということを案じているメッセージドリームなのです。

夢占い活用方法

それでは、夢の正体が分かったところで、夢占いを実際にどのように活用すれば現実の世界でほしいものを手に入れることができるのかについてお話をしていきます。夢占いが当たるには、日ごろからどのような夢を見たかについて夢日記をつけることがおすすめです。印象に残った場面でもいいですし、キーワードでもいいです。

それを習慣化することで夢占いが実際に当たることが立証されています。夢には私たちが現実の世界でうまく世渡りができるようにと、さまざまなメッセージが含まれています。そのメッセージに気付かづにいるのは非常にナンセンスです。その夢を活用させて、現実の世界で思うとおりの人生を彩っていくと、きっと今よりももっと素敵な明日を過ごすことができるでしょう。