Search

検索したいワードを入力してください

好きじゃない人と付き合うときのメリットと理由・別れる方法

Author nopic iconkumalift
恋の悩み / 2018年01月19日
好きじゃない人と付き合うときのメリットと理由・別れる方法

好きじゃない人と付き合った場合の別れる方法とは?

好きじゃない人と付き合うという事は、多くの人の人生の中で1度2度はあるでしょう。地球上に生きている男女全員がドラマや映画のように、惹かれ合い結ばれるラブロマンスをおくることはありえないので、当然の現実です。

好きな人と付き合う場合でも、好きじゃない人と付き合う場合でも、困ってくることが、別れたくなった時の別れ方です。できれば傷つけたくはないというのが振る側の心理として大きいでしょう。

しかし、付き合っていた時間によりますが、好きじゃない人と付き合う場合は、もともと好きではないので、別れの理由として「冷めた」という理由は通用しません。「性格の部分で合わなかった」「好きになれなかった」という内容になります。人格否定的な面が含まれるので、振られる側はとてもショックをうけるかもしれません。

どのようにして別れにもっていくのが良いのか、いくつか方法をまとめてみました。悩んでしまった方は是非参考にしてみてください。

ハッキリと別れを告げる

これが出来れば悩むことはないでしょうが、一番ストレートですっきりする方法は、ハッキリと相手に、付き合っていく気持ちが持てないという事実を伝える事です。辛い言葉にはなってしまいますが、「好きじゃない人と付き合うのは自分には無理だった」と伝えればよいのです。嘘偽りなく相手に気持ちを伝えたほうが、相手もモヤモヤした時間を過ごさないので、さっぱりと関係が終了します。

連絡する回数を減らす

思い切ってバシっと振ってしまう事ができなければ、コンタクトの回数を減らし別れを予感させることが必要です。相手と少しづつ距離を取るために、出来るだけ連絡を返さないようにしましょう。「仕事が忙しくて連絡できなかった」「疲れてて寝ちゃった」等、些細なことを理由にして相手との距離を取っていきます。

相手は最初のうちは、忙しいのかと思うくらいですが、何度かかわされていくと「やっぱり自分のことはあまり好きになれなかったのかな」と感じていきます。相手を落ち込ませる行動ですが、別れを予感させることで相手への失恋ダメージを、軽減する方法でもあります。

会う頻度を減らす

連絡よりももっと距離を空けていくために、会う頻度を減らすようにします。仕事で忙しい、体調が悪い等を理由にして、時間がとれないと伝え、相手との距離をとっておきます。会う機会がない事で、相手の熱も冷めやすくなり、相手から、自分に気がないのなら別れようと申し出てくれるのを待ちます。ずるい方法でもありますが、振られること自体を嫌う相手の場合は、振らせてあげるきっかけを作ることも後で恨まれないために必要です。

友人に間に入ってもらう

付き合った相手が万が一、好きという気持ちがエスカレートしたストーカー気質のタイプ、振ったことで憎しみを抱くタイプだった場合は大変です。付き合う時は良い人でも、別れた後しつこくつきまとったり、あなたの悪口を言って困らせる人もいます。

このような傾向を感じた場合は、別れる時の話し合いに、友人に入ってもらい円満な別れの方向へもっていきましょう。別れた後に、相手を悪く言いふらすタイプは心の整理が出来ていない事が原因でもあります。別れた後m嫌な思いをしないために、きちんと相手に納得してもらえるように努めましょう。

好きじゃない人と付き合う場合のメリットとは?

「何故、好きになれない可能性が高い相手と付き合うんだろう」と、好きじゃない人と付き合う事に疑問を感じる人も多いでしょう。しかし、意外と多くの方が好きじゃない人と付き合う経験をしています。それは、好きじゃない人と付き合う事はメリットとなる良い事も多いからです。ここでは好きじゃない人と付き合う事でのメリットをまとめていきます。

追う恋より追われる恋が好き

好きじゃない人と付き合うメリットとして大きいのは、追われる恋という点です。自分が追いかけるほうではないので、相手の気持ちが見えなくて不安になることが少ないので、気楽な交際になります。

恋愛は、相手との関係で築いていくものなので、嬉しい事もあれば疲れてしまう事もあります。「ほどほどの相手と付き合うほうが良い」「想われているほうが幸せ」と女性は言われたりするかもしれませんが、それは好きじゃない人と付き合う意味も含んでいます。

尽くされたい

好きじゃない人と付き合うメリットとして、相手に尽くしてもらう可能性が高い事があげられます。例えば、交際している相手がクールなタイプで、自分のほうが気持ちが勝っていた場合は、その相手からは尽くされることが少ないでしょう。何もしなくてもあなたが寄ってきてくれるので、特別に尽くす必要がないのです。

逆に、好きじゃない人と付き合う場合、相手の気持ちのほうが強いので、あなたに好かれようと相手はあれこれ尽くしてくれます。尽くされるほうが好きという女性はには、それほど行為を抱いていない相手のほうがバランスを取りやすいのです。

好きすぎなくて丁度いい

とても好きな人と付き合えた時はこの上なく幸せです。しかし、好きすぎるあまり疲れてしまった経験はありませんか。あまりにも好きな相手というのはそれだけパワーを消費するので、自分の中に無理も生じています。

好きじゃない人と付き合う場合は、それほど思いがない反面精神的な疲労感も追わず、丁度良い精神状態でいられます。

言いたいことが言える

好きじゃない人と付き合うメリットとして大きいのが、言いたいことが言える事です。勿論、相手のタイプによっては遠慮という意味で言いにくい人もいるかもしれませんが、大好きでどうしても嫌われたくない相手より、思っていることを言いやすい筈です。既に相手に好かれている状態と知っているので、強気な態度に出ることもできます。

友達に近い関係は心地よい

恋愛での交際関係でも、友達の延長戦のような関係を求める人にとって、好きじゃない人と付き合うメリットはあるでしょう。異性として好きという気持ちよりも、趣味があった、気が合ったという事を重視すれば、楽しい交際になります。

喧嘩が少ない

好きじゃない人と付き合うと、喧嘩が少ない傾向があります。好きすぎる相手の場合は、自分の中で空回りして喧嘩を発展させてしまうことも、好きじゃない人であれば冷静に対応できます。また、相手のほうが自分を想っている事で気を使ってくれる場合もあります。互いの関係が、丁度良く線引きされているので衝突が少ないのです。

人を見る目が養われる

恋愛は、人生のうちでとても大きな要素です。色々なタイプの人と関わる事で、人を見る目が養われていきます。浅い付き合いでは、その人の深い部分を知ることはないので、大事なことを見過ごしがちです。

好きじゃない人と付き合う場合気をつけたいこととは?

好きじゃない人と付き合う場合、メリットはいくつかありますが、気を付けるべきことも色々と存在します。

他に好きな人ができる可能性が高い

好きじゃない人と付き合う場合、交際中に自分の好みど真ん中、ドキドキするような相手に出会ってしまう可能性が高いということです。どんな人と付き合っていても、他に好きな人ができる可能性はゼロではありませんが、好きじゃない人が恋人の場合は、異性として惚れているわけではないので余計によそ見をする可能性が高まります。

すぐに別れを決断しない

好きじゃない人と付き合う場合、結局恋愛的な好きになれない状態が続いてしまうという可能性があります。恋愛的なドキドキする意味以外でも、尊敬したり暖かい気持ちになれるという方向で相手を見てみましょう。恋をして交際した相手も、数年経てば当時のドキドキ感は薄れます。最初からドキドキしないからといって、相手の長所に目を向けず「好きになれないから」といってパッと別れてしまうのは勿体ないので、少し観察してみてください。

相手を嫌いになってしまう

相手のほうが気持ちの比重が高すぎて、好意が重荷に感じてしまう場合嫌いになってしまう可能性があります。こういう時は温度差というものが大事なので、素直に気持ちは伝えていきましょう。

また、付き合うということはスキンシップも当然あります。触れられたりするのが苦痛で嫌いになってしまったりすることもあります。合わせていると、余計に相手を嫌いになってしまう事にもつながります。

自分が嫌な人間になっていく

好きじゃない人と付き合う事で、相手に対して気を許しすぎ自分がわがままになる事があります。「どうせこの人は自分のことを嫌いにならない」と思っていると、どんどん我儘が言えるのです。後で、自分はとても嫌な発言をしていると反省することがあるでしょう。

好きじゃない人と付き合う理由とは?

好きじゃない人と付き合う理由とは何でしょうか。その時、好きな人も恋人がいないので「とりあえず付き合ってみようかな」という内容が多いでしょう。

なんとなく恋人はいるほうが良い

周りの友人は恋人がいて、恋愛話になる時、自分に彼氏がいないのはちょっと辛かったりします。クリスマス・バレンタイン・ホワイトデーという恋人とのイベントがある時期等は特につらいでしょう。なんとなく恋人がいるほうがいい、と思ったとき、好きじゃない人と付き合う事もすんなり受け入れてしまう事があります。

好きになるかもしれない?

その時は何も思っていなくても、そのうち好きになるかもしれない、という軽い感覚で好きじゃない人と付き合う事もあります。実際に、友人の紹介で知り合ったケースはこのパターンが多いのではないでしょうか。

恋愛への比重を低めにしたい時

仕事が忙しい等、何か夢中になっている事がある時は、好きじゃない人と付き合うほうが、上手くいくことがあります。好きすぎる相手の場合は、そちらに気持ちがいってしまい自分がやりたい事がおろそかになってしまい、仕事とプライベートどちらもうまくこなせません。程よいドキドキ感程度の相手であれば、精神を乱されることなく毎日が送れる可能性が高いです。

依存しないから?

恋人に依存してしまうと、相手への要求ばかり増え、思い通りにいかないとヒステリックな状態になっていきます。「重たい」と言われて、振られた経験がある人は思い当たる節があるでしょう。

恋人が、それほど好きじゃない人であった場合、心の中に常に意識している相手ではないので、好き過ぎて周りが見えないという状況にはなりません。相手に依存しすぎることが少ないでしょう。相手に依存して良いことはないと理解している人は、あえて好きじゃない人と付き合う事を選ぶこともあります。

好きじゃない人と付き合う時はよく考えよう!

好きじゃない人と付き合う事は、自分が気持ちの面でゆとりがもてる等、沢山のメリットがあります。自分が夢中になっていない相手は、何事も冷静に対応できるので、自分のことに集中したい場合は良い恋愛の一つです。

しかし、だからといって、すべて自分本位に考え、相手の気持ちを傷つけるのはよくありません。付き合う時は、よく考えてOKを出しましょう。自分の気持ちが「好き」というところまで達していない事もきちんと伝えておきましょう。

好きになれないと感じ、別れてしまうのは簡単ですが、実はものすごく相性の良い相手だったという場合もあります。付き合った時は好きじゃなかったとしても、その後大切にな人になる可能性も高いので、決断は急がずじっくりと吟味してください。

関連記事

Related