Search

検索したいワードを入力してください

ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

Small d057613a 0f9e 4868 9788 98b68db6b66cIsabelle
出会い / 2018年01月19日
ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

ネットで恋人に出会うには?

ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

現在シングルで、彼氏が欲しいと思っている人にとっては「出会いがない」と言うことが大きな問題の1つになるのではないでしょうか。そういう人の中には、インターネットで恋人に出会いを求めることに興味を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

「出会い系サイト」と言うと一昔前はいかがわしい感じや犯罪の危険性など、マイナスイメージを持つ人が多かったですし、現在でも良くないイメージを持つ人は多数います。「ネットで出会った」と言うのも周りに言いにくい人も少なくありません。しかし一方で、SNSやインターネット、スマートフォンの普及に従って、インターネットで恋人と出会いを探すのも以前よりは当たり前になって来ました。

インターネットで見知らぬ人に会うのは特に女性の場合不安や躊躇がありますし、実際に気を付けなければならないことはたくさんあります。しかし普段の行動範囲や友人関係では出会いに限度があるため、うまく出会いアプリやサイトを使えばインターネットで自分に合った恋人に出会いを果たせる大きなチャンスとなるのです。

この記事ではインターネットで彼氏・結婚相手に出会いはありなのか、また恋活・婚活サイトやアプリを使う時、出会いサイトで知り合った相手に実際会う時の注意点やオススメの出会いアプリ・サイトを紹介します。

ネットの出会いで彼氏はできる?

ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

ネットの出会いで彼氏は実際に出来るのでしょうか?インターネットで知り合ってカップルになる場合、大きく分けて2パターンに分けられます。

1つはSNSでのやり取りやブログへのコメント、ネットゲームを通じてなど、共通の趣味をきっかけに最初はネットで交流が始まるパターン。もう1つは、お互い恋人を探していることが前提でネットのマッチングサイトや恋愛アプリを使用して出会うパターンです。

マッチングサイトや恋愛アプリはお互いの目的がハッキリしているため、カップルに発展する可能性がとても高いです。一方、趣味を通じてネット上で知り合う場合は実際に会っても友達関係で終わる可能性もありますが、カップルで共通の趣味があると言うのは一つの強みですので、2人の関係性がうまく行けばお互いにとって最高の出会いとなる可能性があります。

ネットでの出会いは怖い?危険?

ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

ネット上だと相手の素性が分かりにくい

ネットでの出会いは、普通に生活していたら出会えない人が出会えると言う大きなメリットがありますが、その一方で「ネットの出会いは危険」「怖い」と思っている人もいますし、ネットの出会いの危険性は確かに否定できません。

それは、出会いアプリやサイトなどネット上の情報だけではどうしても本人の素性が分からないためです。年齢確認や本人確認として身分証明書を求める出会いサイトは多くありますが、不要なところを塗りつぶして提出できる出会いサイトもありますし、完全に信用して良いものとも言い切れません。塗りつぶしを一切認めない厳しめの審査をしているところだと真剣に恋人との出会いを探している人の確率が高くなりそうです。

相手への信用度が低い

インターネットでの出会いに限らず、初対面の人はどんな人かまだ分からないので、相手を信用することはできません。

普段の生活で出会う場合、仕事先で相手と出会いがあったなら「会社に所属している」と言う信用があり、合コンや友人の紹介で相手との出会いがあったならその友人に対しての信用があり、仲介者を通してその相手を信用することが出来ます。インターネットの出会い系サイトやアプリではなく、いわゆる結婚相談所を通した場合も、その結婚相談所を信用することになります。

しかし、ネットでの出会いの場合はどうでしょうか。目に見える仲介者はいないので、出会いサイトやマッチングアプリなどそのものを信用することになります。出会いサイトの中にはどんな会社が経営しているのか明白なところから、そうではない、どこの誰が運営しているのか分からないサイトまで、様々なものが存在します。そのため、信用のできる出会いサイト・アプリを選ぶことがとても大切だと言えます。

出会いサイト上でのプロフィールを詐称している可能性

いくら信用のできる出会いサイトやマッチングアプリを選んでも、登録している人全員を信用できるかと言うとそうではありません。ネットでのプロフィールはいくらでも好きに書くことが出来て、身分を偽っている可能性もあるからです。サイト側が身分証明書をチェックしているとは言っても職業や年収、住所まで確認することは不可能です。

特に女性の場合は下心しかない男性に引っかかってしまったり、性犯罪に巻き込まれてしまわないように注意が必須になります。また、悪質なセールスの可能性もあります。ネット上のやり取りで良い人のように思えても、良い人を演じていて実は良からぬことを企んでいる可能性は否定できません。一体どんな人が来るのか分からないという不安や恐怖、リスクはつきもの。ネットでの出会いは心配しすぎるぐらいで丁度良いでしょう。

しかし、心配のしすぎで恋愛サイトやマッチングアプリの使用をあきらめるのはもったいない事です。警戒することは忘れずに、インターネットでの出会いを上手く利用したいものです。

出会いサイト上のメッセージだけで判断するのは危険

インターネットでの出会いにおいて、まだ会っていない相手を判断するには相手のプロフィールと、メッセージのやり取りから読み取るしかありません。メッセージだと思っている事と違うことも平気で言えてしまうので、メッセージの文章だけで相手の事を正確に理解するのは非常に難しいです。

「年収3000万円」「有名雑誌のモデル」など、あからさまに嘘の可能性が高いプロフィールや、メッセージで甘い言葉を送ってくるような人には特に要注意です。プロフィールと矛盾していることを言っていたり、何か不審に思う点があれば、相手と連絡をとることを止めることをおススメします。「何か嫌だな」と言う自分の勘は信じましょう。

ネットの出会いではじめて会う・初対面ときの注意点

相手に個人情報を与えすぎないこと

インターネットでのやり取りのみで、まだ会ったことのない人には自分のプライバシーを簡単に教えないように気を付けましょう。特に住所・電話番号の取り扱いには気を付けなければいけません。相手が粘着質であった場合、ストーカーになる可能性もあるからです。住所を言わなくても、どの辺りに住んでいる、近くにどんなスーパーがある、などと言った情報でもその気になれば特定出来てしまう可能性もあります。

電話番号をすぐに聞いてくる相手には警戒し、ラインのIDやスカイプなど、電話番号を交換しなくてもやり取りのできるメッセンジャーアプリを使用しましょう。「そのアプリは使っていない」「使えない」などと言って電話番号を聞き出して来ようとする相手もいるかも知れませんが、恋愛サイトやアプリを使えるだけの能力があればラインやスカイプが使えないと言うことは考えにくいです。

また、出会いサイトにもよりますが、プロフィールはニックネームやイニシャルを表示するサイトが大半です。本名を教えるのはある程度仲良くなってからにした方が賢明です。

初めて会うタイミングは自分のペースで

メッセージのやり取りがまだあまりないのに、会うことを急かしてくる相手には警戒するべきですし、誘いに乗る必要もありません。

確かに会ってみないと分からない事も多いので、メッセージのやり取りはそこそこにして多くの人と会ってみたいと言う人もいるのですが、相手の事を信用できるかどうかは焦らずじっくりと見極めるべきです。

お互い本名が分かっている場合は、フェイスブックなどで相手のページを見てみるのも良いですし、その人の業績によってはインターネットで名前を検索してみると見つけることが出来る可能性もあります。

自分のみは自分で守るしかありません。相手が会おうと言ってきてもまだ早いと感じたら「もう少しお互いの事を知ってから」などと言って先延ばしにするのも大切なことです。

実際会う前に電話する

出会いサイト・アプリ上でのプロフィールや写真は、誰も自分の事を悪く書く人はいません。少し盛って書いている場合もありますし、メッセージをやり取りしてネットで抱いていた印象と、実際会ってみたら違ってがっかりしたなどと言うこともあります。

会う前にメッセージのやり取りだけでなく、一度電話してみると相手の雰囲気がより掴みやすくなります。電話してみて「何か違うな」と相手との相性がわかることもありますし、相手の言動がおかしければ危険を事前に除外することも可能になります。

電話をする際は電話番号を教えるのではなく、ラインやスカイプを使用することをおススメします。

人の多い場所で会う

待ち合わせ場所は出来るだけ人が多い場所にしましょう。出来れば行くスポットやお店も決めておき、人のいない場所や二人っきりになる場所、カラオケなど密室は絶対に避けましょう。下手をすれば催眠ガスなどで眠らされ、危険な目にあう可能性もゼロではありません。

相手の車に乗ることは絶対にNGです。山中など思わぬところへ連れていかれる可能性もあります。万が一何かあった時すぐ逃げられるように、出来るだけ交通機関から近いところで会うようにしましょう。

待ち合わせを昼間にする

ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

始めて会う時の数回は、休日の昼間にお茶だけ、食事だけにしておくのが無難です。人通りの多いカフェやレストラン、ショッピングセンターなどで軽く2~3時間だけ会い、少しずつ様子を見ましょう。いきなりディナーなどだと気が重いですが、昼間にお茶だけなら相手の事を気に入らなければ自分のタイミングで帰りやすいです。

どうしても平日の夜に会いたい、休日は無理だと言う人は警戒した方が良いかもしれません。夜に会うのは体目当ての可能性もありますし、休日に会えないのは結婚していることを隠している可能性もあります。

ネットで知り合った人と会うことを誰かに言っておく

相手と初めて会う時は少しでも危険性を減らすために、インターネットで知り合った人と会うことを自分の身の回りの人に言っておくのも有効な手段です。

人によってはインターネットで人に会うことを誰にも言いたくないかも知れませんが、もしもその相手と長続きして付き合うことになった場合は周りに「どうやって出会ったのか」と質問されることになります。家族や本当に仲の良い友人など、1人くらいはネットで知り合った人と会うと言っておける人を作っておきましょう。

そして、自分の周りの人にどんな人と何日何時にどこで会うのか、具体的に伝えておきましょう。また、会う相手にも自分の周りに伝えていることを言っておくのも効果的です。それを拒否するようであれば怪しいと疑ったほうが賢明でしょう。

複数人で会う・自分の友達を連れて行く

ネットで知り合った相手と会うのが心配だと思ったら、2人きりではなく複数人で会うことを提案してみましょう。自分の友達を1~2人連れて行き、相手にも友達を連れてきてもらっても良いでしょう。こうすると2人きりになることもありませんし、その人がどんな友達と付き合っているのか、それも相手を判断する材料の1つになりえます。後から、相手にどんな印象を持ったか友達の意見を聞いて冷静に判断することも可能となります。

友達を一緒に連れて行きたくなければ、ネットで出会った相手と会っている間近くのカフェなどで友達に待っていてもらうと言う手段もあります。もし逃げたくなった場合、すぐに友人に助けを求めることができます。

貴重品の持ち歩きは最小限にする

ネットで話しただけで初めて会う相手がどんな危険なことを考えているかは分かりませんし、安全だと言う保証もありません。相手が何か売りつけようとしていたり、財布を取られる可能性もゼロではありません。

被害を防ぐには、持ち歩く現金を最低限にしておくこと。相手とお茶や食事をするお金だけにしておきましょう。盛り上がってもう一軒行きたい場合などは別の日にしましょう。もう一度会う口実も出来ます。失くしたら困る身分証明書や、クレジットカードなども極力持ち歩かない方が良いでしょう。万が一何か被害にあってしまっても、被害を最小限にとどめることが出来ます。

体の関係ははっきりと断る

ネットで知り合って初対面、あるいは1~2回しか会っていないのに体の関係を持ち込もうとする男性もいます。この場合、きっぱりとした態度で断る勇気を持つ必要があります。

特に前の彼と別れたばかりなどで寂しい場合、流されてしまう女性も少なくありません。ですが一度流されてしまうと癖になる女性もいますし、都合よく扱われてしまいます。人間ですから、心の穴を埋めたい気持ちや寂しい気持ちが出てきてしまうのは仕方のない事です。しかし、すぐに体の関係を迫ってくるような人に許すことはありません。そのような人は勇気を持って断り、新たな出会いに進みましょう。

ネットの出会いからデートに発展したときに覚えておくべきこと

ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

相手のが外見が写真通りとは限らない

出会いサイトやアプリに登録する際、どんな写真を使いますか?出来るだけ写真写りの良いものをえらぶのではないでしょうか。きっと相手もそのはずです。「奇跡の一枚」なんていう写真を選んでいる人もいますから、会って「あれっ?」などと言うことも・・・。

このように幻滅することを防ぐには、会う前に一度ラインやスカイプなどでビデオ通話をしておくと良いのではないでしょうか。ビデオ通話をすれば、少なくとも相手の外見やどんな声をしているかは分かりますし、会ってみて顔が違ったなどと言うこともありません。

デートでは会話を楽しむ

ネットで出会った相手とデートをする時は、出来るだけ会話をしてお互いがどんな人なのか理解していきましょう。相手のプロフィールを覚えておき、そこから会話を発展させるのも良いですし、あらかじめ質問事項リストを作っておいて会話のネタにするのも良い方法です。

質問に限らず、会話リストは沈黙を心配する場合とても有効な手段です。趣味、好きな音楽、旅行、好きなテレビ番組、スポーツなど、会話のネタリストを作って覚えておくと会話がはずみます。相手と会話のフィーリングが合うか、キャッチボールが成り立つか、判断していきましょう。

ネットの出会いで結婚できる?

ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

ネットで出会った人と結婚する例も年々増えています。ネットを使った恋活・婚活アプリやサイトは多く存在しますが、その中でも結婚を考えている人が集まっているサイトを選ぶことが大切になって来ます。

ところで、ネットで出会って結婚する場合「一体周りにはどういえば良いのか」と不安に思う人も少なくないのではないでしょうか。ネットで結婚した人は、「一部ごく親しい友人にはネットで出会ったと本当の事を話すが、そうではない人には別の理由を話している」と言う人が多いです。

ネットでの出会いは悪い事ではありませんし堂々としていてもいいのですが、相手が特に年配者の場合はネットでの出会いに対してどんなイメージを抱くかは分からないので「友人の紹介」「共通の趣味を通じて」などと言い換えるのも不要な心配をさせないための一つの方法です。

ネットの出会いで安全なアプリ5選

Pairs ペアーズ

2012年にリリースされたネットのマッチングアプリで、Facebookのアカウントを使って登録することができます。Facebookのアカウントを使うと言っても、Facebook上でそのアプリを使っていることが周りに分かることはありません。また、Facebookのアカウントで友達になっている人は表示されない仕組みになっているので心配しなくても大丈夫です。これは、Facebookのアカウントを使用するネット恋愛アプリ・サイト全般に同じことが言えます。

ペアーズの良いところは、とにかく登録している人が300万人ととにかく多い事。人が多いと確かに出会いを探すのも大変ではありますが、趣味や好きなことをテーマとしたコミュニティがあり、趣味をテーマに自分にマッチする人がいる可能性が高くなります。

ペアーズに登録すると、異性の写真を見ることが出来て「いいね!」を押すことが出来ます。男女がお互いに「いいね!」を押すとお互いメッセージのやり取りが出来るようになります。

平均年齢は25~30歳と、年代が少し高めなので他のサイトと比較して少し落ち着いています。また、女性は無料で登録でき、男性は月額2980円と言うシステムになっており、男性はお金を払っているので、女性にとっては真剣な交際を考えている男性と出会いを果たせる可能性が高くなります。

Omiai

システムはほとんどペアーズと同じですが、大きな違いは男女どちらも有料(女性10代、20代は無料)という事です。女性30代は有料会員にならなければいけないのであまりいい気持ちはしないかも知れませんが、男性側からしてみれば、こちらもお金を払っていると言うことは真剣であると取ってもらうことが出来ます。

女性無料の場合は女性にとっては嬉しいですが、無料だとそれだけ真剣ではない女性もいます。そうすると、真剣でない女性を狙っている、遊び目的の男性も存在する確率が高くなります。「Omiai」では、有料会員である30歳以上の女性の方が信用できるので30代を狙っていると言う人もいます。これは30代女性にとってはお互い真剣な相手を探せるチャンスが高いと言えるのではないでしょうか。

いきなりお金を払うのはちょっと・・・と思う人は、無料会員の時点でも検索して相手を探すこと・「いいね」を相手に押すこと・「いいね」を押してくれた相手に「ありがとう」を返すことまでは出来ます。どんな人がいるのか、自分に合いそうか、まずは試して様子を見てみるのもありでしょう。

ゼクシィ縁結び

有名雑誌ゼクシィの、リクルートマーケティングパートナーズが運営する出会いサイトです。運営しているのがゼクシィと言うことで安心感があり、出会いサイトとして人気があります。

女性も男性も会員登録料がかかりますが、有料の方が男女お互い真剣に相手を探している人が見つかりやすいですし、ゼクシィだと有料会員への嬉しいサービスもあります。それは、デートの調整をしてくれる「お見合いコンシェルジュ」。

これは個人の連絡先をお互いに教えることなく、コンシェルジュがデートの日時や場所を調整してくれます。他のネット出会いサイトでは見られないサービスで、初めて会う時に第三者を通しているので、トラブルを避けやすくなります。インターネットでの出会いで一番不安なポイントをクリア出来るので、初めて出会いサイトを使う人にもおすすめ出来る安心なサービスです。

タップル誕生

他のサイトと違い、「趣味でつながる」ことを大々的に売りにしている出会いアプリです。ブログサイト「アメーバ」を運営している「サイバーエージェント」が提供する出会いサイトなので、信頼感があります。

他に紹介したサイトと仕組みが少しことなり、まずは自分の趣味を豊富なカテゴリーの中から選びます。スポーツや料理、旅行などと言った趣味もありますが、夏であれば「花火に行きたい」「ビアガーデンに行きたい」と言ったものや、「カフェでまったり」「お酒を飲みながら」など希望するデートプランの選択肢もあります。また、趣味だけではなく「グルメな人が好き」「ぽっちゃり好き男子」など、相手に求めるタイプの選択肢や自分の性格、ライフスタイルなど、多くの選択肢があります。

登録出来たら、異性の顔写真が出てくるので気に入ったら右に、いまいちなら左にスワイプし、お互い気に入ったもの同士がメッセージをやり取りできます。

年齢層は10~20代が中心で、趣味の合う彼氏を希望する方や、とりあえず気軽にネットでの出会いを試して見たい人にはオススメのアプリです。

ユーブライド

東証一部上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)が運営する出会いサイトで、信用度が高いです。男女ともに有料なので、真剣に交際相手を探している人の確率が高いです。

どのサイトでも身分証明は求められますが、このサイトが他と違うのは求められる身分証明の質がまったく違うという事。他サイトなら運転免許証やパスポートなどでOKですが、ここでは住所証明・勤務先証明・年収証明・学歴証明・独身証明が求められます。任意提出となっていますが、相手がどの書類を提出しているかは分かります。非常にハードルが高い分、まじめな人がほとんど。

結婚相談所に行くまでではないけど、相手との出会いをネットで真剣に探して見たいと思っている人にはオススメの婚活サイトです。

危険に注意しさえすればネットの出会いで世界は広がる

ネットの出会いで結婚や彼氏はできる?危険性はない?

マッチングサイトやアプリを使ったネットの出会いの注意点やオススメサイトなどを紹介しましたが、いかがでしたか。

確かにネットでの出会いには危険もあります。特に女性の場合、警戒しすぎるぐらいで丁度良いと言えます。しかし、気を付けるべきポイントを押さえてネットでの出会いを上手く活用すれば、普段出会うことのない相手と出会える世界が広がります。

ネットの出会いを通じて、素敵なご縁がありますように。

関連記事

Related