Search

検索したいワードを入力してください

アパタイトの石の意味・特徴や使い方・アクセサリー形態としての効果

Author nopic iconHanako
パワーストーン / 2018年01月19日
アパタイトの石の意味・特徴や使い方・アクセサリー形態としての効果

アパタイトってどんな石?

アパタイトとは、主にブルーやブルーグリーンの色をしている、透明度の高い石です。8月の誕生石とされていて、「絆を強める」といった効果がある他、「歯や骨の健康」にも効果があると言われています。他の石の触媒となって作用を引き出す石としても人気があり、また、身近なところでは、「歯磨き粉」の成分に使われていたりします。

私たちの生活にも馴染みの深いアパタイトですが、今回は、この石に関しての、名前の由来・特徴・効果・アクセサリーとしての使い方等を紹介します。

宝石としてのアパタイト

名前・英語名・和名

アパタイトは和名で「燐灰石(りんかいせき)」と呼ばれており、英語名では「apatite(アパタイト)」と呼ばれています。英語名の「apatite」は、"ごまかし・策略・惑わす・トリック"を意味するギリシャ語の「apate」から由来しています。

なぜこんなにも綺麗な石が、「ごまかし」等という意味で呼ばれたのでしょうか。アパタイトは、多くの形状で採掘される石であり、そして産出場所も様々で、他の鉱物と間違われることが多々ありました。例えば、アクアマリン・クリソタイル・アメジスト・フローライト・トルマリン等の鉱物と間違われやすかったので、「ごまかし」=「apate」と呼ばれるようになったのです。

色・硬度・種類

アパタイトには多くの色が存在しており、主に緑色や褐色、更には無色や紫色・白色・灰色のものまであります。しかし、宝石として多くの人が目にするのは、深いブルーやブルーグリーンです。

深いブルーやブルーグリーンだけでなく、スペインで採石される、黄緑色のものは「アスパラガス・ストーン(Asparagas stone)」と呼ばれており、非常に希少なものとして、高値で取引されています。また他には、深い青緑色のアパタイトで、「モロキサイト(Moroxite)」と呼ばれているものがあります。こちらも希少価値が高く、美しい色合いでとても人気があります。

アパタイトの硬度はさほどなく、宝石としては柔らかい石になります。ですので、鋭利な刃物等で傷を付けることができますし、衝撃にも弱いので扱いには注意が必要です。

意味・宝石言葉

アパタイトには「絆を強める・繋げる」といった意味があります。友達同士の絆や、家族の絆、そして恋人同士の絆や、チーム・組織の絆・・そのような人間同士の絆を強める石と呼ばれています。

更に、「繋げる」という意味には、「精神と肉体を繋げる」ということも含まれており、不安定な精神を落ち着かせ、肉体との調和をとるとも伝えられています。また、アパタイトには、「心身に溜まった不要なものを綺麗に洗い流す」効果があるとも言われており、新しい力や、健康なパワーをチャージできると信じられています。

アパタイトの宝石言葉は、「優しい誘惑」とされており、「優しい魅力で振り向かせる」という意味があります。そして、8月の誕生石で、双子座の守護石とされています。

値段相場

基本的にアパタイトは安価な石とされており、多く出回っています。しかし、透明度の高い宝石質のアパタイトは稀少です。もちろん値段はルースの大きさにもよりますが、明度が良いもので、3カラットを4万前後で取引されています。

宝石質に磨かれたアパタイトは、ガラスに見えるほど透明度が高いので、偽物には注意が必要です。偽物は、ガラスを上手に加工して、アパタイトとして流通させていることがあるので、特に安価で売られている物は、購入時には慎重になりましょう。

アパタイトの意外な特徴や使い方とは?

アパタイトは産出頻度が高い石で、安価に取引されています。しかし、宝石質といわれる原石が採掘されることは、ほとんどありません。透明度の高いアパタイトは宝石として使われますが、では、安価なアパタイトは一体、何に使われているのでしょうか?

身近な物では「歯磨き粉」に多く使われています。なぜなら、アパタイトグループの中のハイドロキシアパタイトは、人間の歯や骨を作る、主要な成分になっているからです。そのため、歯に良いとされるガムにも使われていますし、また、カルシウム補給ができるお菓子にも配合されています。

「物の構造の強化」「吸着力を強める」ために使用されることが多く、例えば、「ファンデーション」、「人工骨・人工歯根」、「医療機器」、「産業用の化学製品の原料」にも使われています。

このことから、アパタイトを用いたヒーリングでは、骨・歯・関節に関わる症状に効果があるとされています。

どのアクセサリーとして使うのが効果的?

私達の身近な物にも多く使われているアパタイト。けれど、やはりパワーストーンとしてのアパタイトに魅力を感じる人が、多いのではないでしょうか?

天然石のアクセサリーは、所持している人が石に対して意識を向けない限り、所有者に対して効果を働きかけることは、ほとんどありません。パワーストーンの効果を期待するのなら、石とあなたの間にエネルギーラインが繋がっていないといけないのです。

それでは、石の力を効果的に引き出すためには、どういった付け方をしたらいいのでしょうか?

ペンダント

ペンダントやネックレスだと、パワーストーンが心臓の近くにくるため、ハートに直接的に、エネルギーの影響があります。

・精神を安定させたり、精神に活力を与えたりするでしょう。

・胸の上なら、ハートにパワーを与えてくれ、願い事を叶えるのには最適の場所といえます。

・首元なら、自己表現力・コミュニティーケーション能力を高めることができるでしょう。

石には対応チャクラというものがあります。そして、アパタイトの対応チャクラは喉と胸になります。そのため、アパタイトを身に着けるのであれば、ペンダントやネックレスにするのが一番といえるでしょう。

ネックレス

ブレスレット

手首や手の平には、気の入り口があるとされています。そのため、ブレスレットを付けるのは、パワーを受け取ることや、そして逆にマイナスエネルギーを開放することに、適しています。

・左手は「感覚面・感情面・精神面」に効果的です。自己の成長、チューニングに効果があります。

・右手は「現実的な処理能力」を高めることに効果的です。仕事等に関わることに適しています。

イメージとしては、左手はインプットで、右手はアウトプットといえるでしょう。なぜなら、左手の神経は右脳、そして、右手の神経は左脳に通じています。仏様の左掌も天に向けており、右掌は正面に向けられています。これは、左手で天のエネルギーをインプットし、右手でアウトプットしていると言われているからです。

リング

リングとしてパワーストーンを身に着けるのであれば、体に直接的に石の力を伝えることができ、そして、直接的に石の力を吸収することができます。もちろん、どの指に付けるかによっても、効果は違ってきます。

・親指はカリスマ性を高める位置とされています。自己の成長を願ったり、大きな目標に向っている時などに、効果的です。

・人差し指は、現実的な能力に作用します。判断力・決断力を研ぎ澄ませてくれ、仕事の能力を上げたり、リーダーシップを取りたい時に、効果的です。

・中指は、インスピレーションを高めてくれます。見えない力・霊的能力を高めたい時に、効果的です。あなたが進むべき道を迷っている時は、道しるべになってくれるでしょう。

・薬指は、手に入れたものを生かすことの、助けをしてくれます。結婚指輪もそのいい例で、手に入れた結婚生活を、幸せなものになるよう、サポートをしてくれます。

・小指は、願い事をする時に付けるといいでしょう。なぜなら、願い事を叶えるパワーを呼び込んでくれるからです。夢や恋愛の願望を叶えてくれます。

イヤリング・ピアス

イヤリングやピアスは、頭に近い位置にあるので、感覚面に強く影響を与えてくれます。インスピレーションを高めたい時、そして、感覚面や集中力を高めたい時にお勧めです。頭をすっきりさせたり、直感力を上げたり、冷静な判断をくだせるようになったりします。

更には、学業や仕事面での自己の成長を願っている時にもお勧めです。勉強がはかどったり、試験本番も落ち着いて受験できたり、重要なプレゼンを成功へと導いてくれたり、とても良い効果が表れるでしょう。

アパタイトの効果

先ほども書いた通り、アパタイトには「絆を強める・繋げる」といった効果がありますが、他にも様々な効果があります。ここからは、アパタイトを所持する・身に着けることの効果を、より詳しくご紹介します。

負を浄化する石

アパタイトには、負を浄化する効果があるとされ、心や体の不要なものを綺麗に洗い流してくれます。ヒーリングパワーも兼ね備えていますので、意識をリフレッシュさせてくれたり、ストレスを癒してくれるでしょう。

アパタイトは、エネルギーも与えてくれます。そして、新しい世界を感じる感性を育て、あなたの霊性を高めてくれることでしょう。心身を活性化し、元気を取り戻したいときに、身に着けることをお勧めします。

未来への指針を与えてくれる石

アパタイトは、思い悩み、進むべき道が分からない人への助けになってくれます。問題の根本を明確にしてくれ、未来への指針を示してくれる。そんな石と言われています。アパタイトは、霊力や直感力を高めてくれるので、未来を見通せる千里眼を開くことができるとも言われおり、未来を明確に見ることができると伝えられています。

成長期の子供を見守る石

アパタイトは、骨・歯・関節に関わる問題に適している石です。骨に関わること、例えば、動作・運動能力向上を願う事にも適しています。また、小さい子供の健やかな成長を願う石ともされています。そのため、小さい子供に持たせることでも効果を発揮します。

就寝時に子供の枕の下に置いておくのもいいでしょう。順調に成長していくことを願う、良きお守りになってくれます。

気分を前向きにする石

アパタイトは心理的にもいい影響を与えてくれます。とくに、ブルー系のアパタイトが効果があると伝えられています。落ち込んでいる心を前向きにさせてくれたり、感情面のエネルギーを蓄え、そして外の世界へ心を開くことを助けてくれるのです。

喉のチャクラにも対応しているので、他者とのコミュニケーションを手助けしてくれることもあるでしょう。落ち込みがちな人や、ネガティブな人、他者との会話を拒む引きこもりがちな人にも適している石です。

アパタイトと相性が良い石

アパタイトは、もちろん主体として使っても効果を発揮しますが、同時に、他の石の触媒となって力を発揮することができます。つまり、他の石の作用を促進できる石としても人気があるのです。

アパタイトとアベンチュリンの組み合わせ

アパタイトとアベンチュリンの組み合わせは、マイナスのエネルギーをプラスにしてくれると言われています。そのため、社交性を発揮する組み合わせとも言われており、他者との関わりが苦手なひとや、引きこもりがちの人にお勧めな組み合わせです。

また、沈んだ気持ちを持ち上げてくれる相性で、悩みごとで疲れ果てた人を癒したり、パワーを与えたりします。心も体も平和でいられるようサポートしてくれる組み合わせです。

アパタイトとカイヤナイトの組み合わせ

アパタイトとカイヤナイトの組み合わせは、表現力をもたらしてくれます。そのため、コミュニケーション能力を向上させること、更には、発する言葉に社交性と説得力を授けてくれるでしょう。周囲との調和を乱さずに、自分をしっかりと表現出来る能力を身につける助けになります。

アパタイトの本物と偽物の見分け方

アパタイトは名前の由来にもなっているほど、他の石と見分けるのが困難です。では、その見分け方はどうしたら良いのでしょうか?

アパタイトは多色変化をしない石です。多色変化というのは、トルマリン類によく見られる特徴で、覗き込んでみると、ブルーの中にぼんやりと緑色が見えます。これを多色変化と呼んでいるのですが、アパタイトは透明度が高い石なので、この方法で他の石と見分けることができるでしょう。

荒業にはなりますが、アパタイトに間違われやすいトルマリンとの見分け方としては以下の方法があります。

容器に濃い酸を入れます。その中にアパタイトとトルマリンを入れ、3時間ほど放置します。アパタイトは酸に漬けると溶けて小さくなります。そのため、トルマリンと見分けることが可能になります。

アパタイトはもちろん小さくなったままで、元に戻すことはできないので、最後の手段といえるでしょう。

アパタイトは繋がりや体を強くしてくれる!

アパタイトとは、仲間や友人との絆を強くしてくれるという効果があることや、更には、体や心の中を綺麗に洗い流してくれ、そして前向きにさせてくれるという特徴があることが、お分かりいただけましたか?

他の石と組み合わせることで、触媒になり力を引き出すという魅力を持った石でもあるので、ご自身でアクセサリーを作るときに、とても使える石だといえるでしょう。アパタイトは綺麗なだけではなく、意味や効果が様々あるので、自分の状況に合わせて活用することで、人生をより良い方向へ導いていく助けになるのではないでしょうか。

関連記事

Related

Line@