Search

検索したいワードを入力してください

アラゴナイトの意味|相性の良いほかの石・カルサイトとの違い

Small 7f6bffd9 520f 499e b3ef ed0146aa0c1d千妃呂
パワーストーン / 2018年01月19日
アラゴナイトの意味|相性の良いほかの石・カルサイトとの違い

明るいオーラの石、アラゴナイト

アラゴナイトの放つオーラは、明るく人懐こいため、多くの人々に愛され続けています。柔らかい乳白色の黄色がポピュラーで、稀に白や青色なども売られています。色も柔らかく強烈なインパクトを持っていないため、ラピスラズリやターコイズなどのように爆発的な人気はないですが、日本での歴史は、江戸時代から始まります。

ソフトな色合いで、強い主張をしないため、様々な石と組み合わせることができます。淡い色同士で合わせるとキュートな印象に、白やブルー系と合わせると清楚な印象に、どんな色にも溶け込める石です。

彫刻のしやすい石ですから、薔薇の形状にしたものなら愛らしく、女性につけてほしいパワーストーンのひとつです。ストレス社会に欠かせないヒーリング効果たっぷりのアラゴナイトについてお伝えします。

江戸時代からある日本のパワーストーン

アラゴナイトは、英名を『Aragonite』和名を『霰石(あられいし)』と言います。産地は、スペイン、イギリス、モロッコ、メキシコ、ナミビア、オーストラリア、日本と広範囲に渡ります。アラゴナイトの語源は、最初の発見がスペインのアラゴン地方であることに由来しています。

和名の『霰石』は古く、江戸時代に遡ります。当時の本草学者の見た原石が、あられの形に似ていたことに由来しています。心身をリラックスさせる効果から『なごみ石』という別名も持っているほど、日本でも多くの人に知られ、愛されている石です。

アラゴナイトと人々との歴史は古く、紀元前4000年頃のメソポタミアで円柱状のアラゴナイトに、絵などを掘ったものを現代の印鑑のように使っていたことがわかています。

アラゴナイトは柔らかい?

『石のように硬い』という表現がありますが、アラゴナイトの硬度は3.5~4、これはナイフなどで簡単に傷がついてしまう硬さです。ダイアモンドの硬度が10、水晶の硬度が7ですから、パワーストーンの中でも柔らかい石と言えます。傷がつきやすいほど柔らかいということは、石そのものに彫刻が施しやすく加工しやすいと言えます。

アラゴナイトの色は、純粋な結晶の場合、無色です。しかし、鉄やマンガンが混ざることにより発色します。アラゴナイトで最もポピュラーなものは黄色。その他に白色、水色、薄紫色などカラーバリエーションが豊富で、含有物の違いにより異なる発色になることが特徴の石です。

アラゴナイトは愛と友情の守護石

アラゴナイトは『母性』『存在感』『好感度を高める』という石言葉を持っています。優しく包み込むような母性の効果によって、心のバランスを整えて心身を癒します。多忙な毎日に受けるたくさんのストレスが緩和されます。大地とのつながりを強め、グラウンディングを強化して、前向きな行動へと導きます。

持つ人の中にある潜在能力を引き出して、自分自身の魅力を再確認させてくれます。『人望の石』『人脈の石』とも言われ、持つ人の存在感を上げ、縁を引き寄せる力を持っています。社交性が高まるため『愛と友情の守護石』と呼ばれるほどのパワーを持ち合わせています。

青色のアラゴナイトには、安眠やリラックス効果があると言われています。寝る時に枕元に置くとより効果的です。

アラゴナイトはたくさん身につけたい

アラゴナイトの丸玉4㎜、6㎜、8㎜、10㎜、12㎜の市場価格は、ひと粒40円程度ものもから280円程度のものと、価格帯は色々ですが、ひと粒単位での購入よりも5玉、10玉での購入の方がお得なようです。

安価なうえに、石が柔らかく彫刻がしやすいため、薔薇状に施したものでも8㎜、10㎜、12㎜のサイズでひと粒280円から380円程度で購入できます。女性らしく華やかに見える薔薇カットの粒も人気を博しています。

アラゴナイトは、原石でも700円くらいの価格から手に入ります。原石そのままの形状に、装飾金具やワイヤーなどつけて、ピアス・イヤリングやペンダントヘッドとしても売られています。アラゴナイトそのものは安価ですから、ひと粒が高額なラリマーなどと組合わせたブレスレットも多く販売されています。

アラゴナイトと相性のよいパワーストーン

アラゴナイトの色は柔らかいので、どの石と組み合わせてもどぎつくなりません。アラゴナイトを身に付けるなら、ブレスレットが良いと言われますから、求める効果に合わせて組み合わせる石を選びましょう。

愛情運には乳白色のムーンストーン、人気運アップには赤褐色のカーネリアン、仕事運にはルチルクォーツ、商売運にはマザーオブパール、人間関係運にはピンク、シーブルー、ブルーのカルセドニーをチョイスしましょう。石の相性も色の相性も抜群です。

みずがめ座のパワーストーン、淡い水色のセレスタイトと相性が良く、この組み合わせは金運アップに効果的です。

アラゴナイト+ムーンストーン=恋愛運アップ

『恋人たちの石』『愛を伝える石』として知られているムーンストーンは、古くから『願い事の石』と言われて讃えられてきました。光を当てると、奥の層が反射するため、月のような奥深い柔らかい光を放ちます。

月は女性の象徴で、ムーンストーンには、月の女神が宿ると信じられています。明るい存在感を発揮して人を惹きつけるアラゴナイトに、永遠の愛の象徴であるムーンストーンの組み合わせは、素敵な恋をしたいと願う女性たちにとっての守護石になること間違いないのです。

アラゴナイト+カーネリアン=人気運アップ

ナポレオンが生涯大切にしていたという勇気の石と言われるカーネリアンは、勇気、実行力、積極性、バイタリティの効果があります。カーネリアンには、あらゆるものをポジティブに変える力があります。

人望の石であるアラゴナイトとカーネリアンの組み合わせは、怒りや激しい感情を抑え、心身のバランスを整えて、冷静な判断へと導いてくれます。

恋愛面では、アラゴナイトが社交性とコミュニケーション能力を高めて、カーネリアンが持つ人の官能的な魅力を引き出してくれます。ふたつの石のパワーの相乗効果によって異性からの人気運がさらにアップします。

アラゴナイト+ルチルクォーツ=仕事運アップ

黄金の針状のルチルがゴージャスに輝くルチルクォーツは、強運、革新、信念の石です。ルチルクォーツは、風水の教えによると、あらゆる幸運をもたらしてくれる『万能の石』と言われています。ポジティブな生き方を後押ししてくれて、仕事運が上がり、あらゆる『財』をもたらします。

アラゴナイトの持つ、癒しと人望のパワーとルチルクォーツの持つ財力を組み合わせると、最強の仕事運を手にできます。持つ人の中に眠る、知識力、品格、人脈などの潜在能力を最大限に引き出して、明るい未来を切り開いてくれます。

アラゴナイト+マザーオブパール=商売運アップ

マザーオブパールは、その名の通り母の優しさや包容力のパワーストーンです。真珠を生成する母貝のことを指していて、白蝶貝や高瀬貝、黒蝶貝、アコヤ貝など多種にわたります。母貝は、命の象徴、母のような慈しみと優しさ、逞しさを持っていて、安らぎの波動を放ちます。

マザーオブパールの持つ、思い足りを高めて対人関係を円滑にする効果と、集客運とコミュニケーション能力を高めるアラゴナイトを組み合わせましょう。ふたつの持つ対人運アップの相乗効果によって、しっかりとした人間関係を築き、相手の厚い信頼を手にします。お客様からの信頼度向上に絶大なパワーを発揮してくれますから、商売人に大変お勧めです。

アラゴナイト+カルセドニー=対人運アップ

カルセドニーは多彩なカラーの石で、赤褐色は『カーネリアン』として、緑色は『クリプレーズ』として区別されています。その他のピンク、シーブルー、ブルーが『カルセドニー』になります。色によって持っているパワーが異なるもの特徴の石です。

人間関係運を上げるカルセドニーは、持つ人の人間性を向上させて良縁を呼び込む効果があります。人を和ませる波動を持つシーブルーカルセドニー、縁をつなげる効果を持つ青味がかった乳白色のブルーカルセドニー、思いやりを育て真の信頼関係を築くピンクカルセドニーと欲しいパワーに合わせて色を選びましょう。

コミュニケーション能力を高めて、明るいエネルギーを放ち、人を惹きつけるアラゴナイトと組み合われることで、対人運がグンとアップします。

アラゴナイト+セレスタイト=みずがめ座運気アップ

セレスタイトは、革新的なアイデアと行動力をアップさせてくれる石です。みずがめ座のパワーストーンで、みずがめ座の持っている頭脳の明晰さをさらに高めます。金運アップに、アラゴナイトとの組み合わせが重要な役割を果たします。

大地と繋がるアラゴナイトを組み合わせると、現実的でないみずがめ座に現実感覚をもたらしてくれます。みずがめ座の苦手とする所有の感覚を養い、成功に必要なものやお金を引き寄せる効果を発揮します。また、巡ってくる財をしっかりと貯蓄するためのサポートもしてくれる、大変相性の良い石です。

みずがめ座の持っている友愛主義をセレスタイトとアラゴナイトでサポートすれば、最高の人間関係を築いていけます。

アナゴライトとカルサイトってどこが違う?

アラゴナイトとカルサイトは、同質異像で、ほぼ同じ成分で形成されています。どちらも化学組成はCaCO3(炭酸カルシウム)で、異なるのは、結晶構造になります。アラゴナイトの結晶構造は、斜方晶系という違う長さの3本の結晶体が直交しています。鍾乳洞などで針状、粒状、サンゴ状と様々なものが発掘されています。

一方のカルサイトは、3方向に完全な形で割れる三方晶という結晶の性質を持っています。アラゴナイトに様々な色彩があるように、カルサイトにも様々な色彩があります。市場では、カルサイトをアラゴナイトと称して販売していたり、逆にアラゴナイトをカルサイトとして販売しているケースも見受けられます。

親戚のような関係のふたつの石を、加工状態で見分けることは不可能と言えます。

同質異像って何?

アラゴナイトとカルサイトのような関係を『同質異像』と言います。これは、全く同じ化学組成を持っているにもかかわらず、結晶の成長環境や成長過程などの影響によって、結晶配列が異なる状態の場合を指します。物質の構成が同じでも結晶配置構造が違えば、全く別のものになるということになります。

単純にアラゴナイトとカルサイトを並べてどちらがどちらかを見分けることは、原石を見ない限り専門家であっても至難の業と言えます。

アナゴライトは癒し効果抜群

アラゴナイトは、心身を癒し、性別を問わず人々を惹きつけるパワーストーンです。ストレスの多い現代社会を生きる人々にとって、アラゴナイトの癒しのエネルギーはまるでオアシスのような効果を発揮しています。そして癒された心身の奥底に眠る潜在能力を目覚めさせてくれる石です。

自己能力を高めて、困難に立ち向かう精神力を養います。人気や集客力アップに効果があるため、営業職や商売人に持ってほしいパワーストーンです。

恋愛運を求めるなら、素晴らしい出会いを引き寄せる効果、健康運を願うなら、ストレスを緩和してリラックス効果を得られます。対人運がほしいなら、明るく社交的に自分らしさを引き出す効果、仕事運を上げたいなら、潜在能力を引き出して人脈を広げる効果があります。

アナゴライトはクラスターかセージで浄化

アラゴナイトに適した浄化方法は、水晶クラスターまたはセージによる燻しです。どちらの浄化方法も化学変化も変質・変色も心配いらないため、万能な浄化方法と言えます。クラスターが無い場合、浄化用の水晶さざれチップでも構いません。

いったん、水晶クラスターまたはさざれチップを流水で清めてから使用しましょう。清めた水晶に置き、最低でも1時間そっと休ませてあげましょう。アラゴナイトは、水に弱いという性質のため、流水による浄化は適していません。変質や変色、変形の恐れがあります。

セージの葉は、インディアンが儀式などに使っていたスマッジングと呼ばれる神聖なものです。乾燥したホワイトセージを燻した煙に、アラゴナイトを気が済むまで何度でも潜らせます。浄化力は抜群で、同時に部屋も浄化できるため便利です。

アラゴナイトはストレス社会の救世主

アラゴナイトの魅力は伝わりましたか?古くから人々に癒しを与え、明るいエネルギーを放出し続けているアラゴナイトは、常に人の心に寄り添ってくれています。アラゴナイトの持つ力を信じてあなたから石に寄り添えば、石は必ず応えてくれます。石のパワーを信じる人にとって、アラゴナイトは究極のストレス緩和剤になるのです。

パワーストーンと仲良くなったら、あとはなりたい自分を目指して、あなた自身が努力を続けましょう。アラゴナイトがサポートしてくれます。

パワーストーンの力は科学的に証明されているわけではありませんが、アラゴナイトが長い歴史の中で世界中で愛されているのは、ストレス社会の構図が昔も今も変わらないからかもしれません。

Line@