Search

検索したいワードを入力してください

要領がいい人の特徴や性格|要領がいい女・いい男は褒め言葉?

Author nopic iconみずにゃん
性格・タイプ / 2018年01月19日
要領がいい人の特徴や性格|要領がいい女・いい男は褒め言葉?

要領がいい人の特徴を知って、要領よく生きるコツ!

コツコツまじめに生きている割には、過去も現在も納得のいく仕事をしていない、そして日常が過ごせていない、また、この先もこのままなら、ちっとも上手くいく気がしないなんて人は、世の中にはたくさんいます。しかし、一握りの人は、あなたのほんの何分の1かの努力で、効率よく行動し、うらやましい結果を得ています。

つまり、あなたより「要領がいい」わけです。そもそも「要領がいい」ってどういうことなのでしょうか。自分と何が違うの?と、疑問をもっているあなたにむけて、今回は、要領がいい人の特徴や性格、要領がいい人の仕事や勉強の仕方をご紹介して行きます。

要領がいい人の特徴や性格

要領がいい人の特徴

要領がいい人の特徴としてあげるなら「手抜き」ではないでしょうか。ただし、何でもかんでも適当にやるということではありません。

要領の悪い人ほど、得手不得手にかかわらず、周囲の要求に対しては「完璧」をこだわります。そのため人一倍時間と労力がかかる上に、期限に間に合わないなかったり、時には周囲にも迷惑をかけてしまうこともあります。そうやって時間をかけた割には、良い結果を生み出すことはあまりありません。ところが要領がいい人は、その逆で、完璧にこだわることはしません。

手を抜くところは抜き、ココぞというところでは丁寧にやる。こんな風に要領がいい人は、要所要所のポイントを抑えることが得意なため、周りに迷惑をかけることなく、誰もが納得のいく結果を出すことができるのです。

話題が豊富

要領がいい人は、話題が豊富です。そのため様々な人々と交流し、自分の見方をつくっていきます。

理解度が高い

例えば何か上司から指示されたとします。すると瞬時にしてその指示の意味するところを理解することができるのが、要領がいい人の特徴です。そのため、例え指示内容が少なくても、不足している情報は自分で調べたり考えるなどして補うことができます。

要領がいい人の性格

要領がいい人は、人懐っこく甘え上手な性格です。それゆえに、上司や年上の人に可愛がられ、何か起こった時も自分の見方についてくれることが多く、意見が通りやすくなります。またいつも笑顔を絶やさない明るい性格で、気配りが出来てほめ上手です。こうして敵をつくらないよう日ごろから気を配っているおかげで、人間関係のトラブルも少なくて済むようです。

要領がいい女・いい男は誉め言葉?

「要領がいい女・いい男」なんて言葉を耳にすることがありますが、これは誉め言葉なのでしょうか?そもそも「要領がいい」とは、どんな意味でしょうか。実は、「要領がいい」の意味には、2通りのニュアンスがあります。

1つは「処理の仕方が上手い」や「手際が良い」という風な、良い意味としては使われます。もう1つは、「手を抜いたり、人に取り入ったりするのが上手い」といった皮肉めいた意味になります。

このように「要領がいいい女・いい男」が誉め言葉かと言えば、その言葉を発している相手、そして相手との関係性や状況によって、誉め言葉にもなれば皮肉の言葉にもなるのです。一般的に上司や年上の人からの言葉は誉め言葉。同期や同年代からの言葉は、皮肉が込められている場合が多いようです。

仕事で要領がいい人の仕事・勉強の仕方

自分の能力を知る

あなたは、どのくらい仕事や勉強が出来るのか自分で把握できていますか?把握していないなら、この機会に把握しておきましょう。人には、それぞれ出来ることと出来ないことがあるものです。それらを把握することで、例えばこの作業なら時間がこのくらいあればできそうだ、これは、〇〇が得意なAさんにお願いしようなど、あらかじめ役割やスケジュールを立てることが出来ます。

また時には、自分の能力を超える要求だと判断したら断ることも大切です。このように仕事や勉強を進めていけば余裕がもて、仕事に時間に追われることはないでしょう。

物事はシンプルに!

要領が悪い人ほど考えすぎて、自分で物事を複雑にしがちです。要領がいい人は、物事をシンプルにとらえ、考えます。仕事や勉強は、なるべく自分がやりやすいように細分化し、簡単に出来るよう工夫します。そのため仕事や勉強がスムーズにはかどるようになるのです。

目的を決める!

あなたが今取り組んでいる仕事や勉強は、何のためにやっていますか?目的は明確ですか?仕事や勉強は、目的を果たすためにするもので、あくまで目的達成の手段にすぎません。目的が明確でないと、特に要領が悪い人は、やってる途中で仕事や勉強という手段が目的になってしまうことがあります。その点、要領がいい人は、目的を明確にし取り組んでいます。

物事の優先順位をつける

要領が悪い人ほど、それ今じゃなくてもというような仕事や勉強に時間を費やして、一人勝手に忙しくしていることが多々あります。その点、要領がいい人は、物事の優先順位をつけ、重要度の高いものから進めていきます。

時間を決めて取り組む

要領が悪い人は、時間がないほど忙しい、そんな状態でいることで仕事をかんばっていると勘違いしています。それは要領が悪いだけです。要領がいい人は、ダラダラと仕事はしないものです。「この仕事は、〇時まで」という風に、時間を決めて行動しています。

仕事や勉強が楽しくなる一工夫

人は、楽しいとき夢中になっている時には、時間の感覚を忘れてしまうものです。その間、「辛い」とか「我慢」なんてこと考えもしないはず。

社会人になるとあなた自身が好きかどうかは関係なく、仕事として必要に迫られ資格の勉強をせざる負えないこともあるでしょう。そんな時、いやいやしていると時間は実際よりも長く感じるものです。

少しでも楽しいと思いながら仕事や勉強に取り組むのが効率の良いやり方です。例えば「〇までに○○できたら、これを買う」など、目的を明確にし、自分に何かご褒美を用意すると、ダラダラすることなく取り組むことが出来ます。

仕事や勉強の効率化を図る便利なアプリ

今やスマートフォンやiPadなどタブレットをビジネスシーンで使っていない人がいないくらいではないでしょうか?そして仕事で使える便利なアプリがたくさん登場しています。

ファイルの作成や閲覧といった基本的なものから、ToDoリストやカレンダー、プレゼン用のパワーポイントなどなど。こういった便利なものを取り入れることで、移動中でも仕事が出来、今まで以上に時間を有効に、かつ効率よく仕事に取り組むことが出来ます。

誘惑を捨てる勇気

要領が悪い人は、目的意外なことについつい時間を費やしていまうことがよくあります。例えば、資料になるようなものはないかとネットを閲覧していたら、いつの間にかFacebookやInstagramを更新したり閲覧したりなどの、ネットサーフィンに時間を浪費していたり、ちょっと息抜きと思って手を伸ばした漫画を読みふけってしまったりすることがあります。はたまた購読している数多くのメルマガに目を通したりなどです。

しかし、1日は誰もが24時間しかないのです。貴重な時間を余計なことに費やしていては、要領がいい人になる日は、遠いでしょう。仕事に関連しないものは、仕事中、勉強中は見ないと決める。あるいは必要な情報を手に入れたらすぐやめるなど、自分の意志で誘惑を捨てる勇気をもちましょう。

周囲を巻き込む

テコの原理で、最小限の労力で最高の結果を引き出すのが要領がいい人の仕事や勉強のやり方です。人間だれしも得手不得手がありますし、上には上をとも言いますから、例え自分ができることでもこの人のほうがより早く、より良い結果を出すであろうというのであれば、その人に任せたほうが効率よく良い結果を得ることができます。

そうして、人を巻き込むことで、時間のゆとりができ、その分、自分のやるべきことに集中することができるのです。このように周囲と協力しあうことにより、一人でするよりもはるかに良い結果を生み出すことができます。

ところで、頼めば誰でも手伝ってくれるわけではありません。日ごろから良好な人間関係を築いていく工夫が必要。そのためには、要領がいい人の気配り上手、甘え上手な性格を見習いましょう。

完璧は目指さない!!

仕事や勉強の要領がいい人というのは、そもそも仕事や勉強を難しくとらえていないのが特徴です。ところが、要領が悪い人は、完璧主義の傾向が強く、失敗を恐れて取り掛かる前からあれこれ考えすぎ、物事を複雑化していきます。そのため、決断が鈍り取り掛かりが遅くなります。当然、結果を出すのも遅くれます。

逆に要領がいい人は、あまり考えすぎると物事の進み具合が遅くなることを知っているため、比較的物事をシンプルに考え行動しています。なので仕事や勉強に取り掛かるのが早いです。また物事に対しても完璧にこだわらないのが特徴です。

100点よりも80点。常に80点くらいの結果をとるほうが、要領よく周りからも高い評価がえられます。

要領がいい人の長所

要領がいい人の長所として挙げるなら、物事の組み立てが上手いところ。そして甘え上手で気配りが出来る点です。また、ほめ上手なところではないでしょうか。立ち回りが上手く世渡り上手なところも長所といえるでしょう。

要領がいい人の短所

「失敗は成功の基」という言葉があるように、失敗することで、その失敗の原因を知り、その方法や欠点を改善することが出来ます。そして、その失敗経験の積み重ねから要領の良さを身に着けていった人は、人として大きく成長されることでしょう。

ですが子供のころから要領がいい人は、失敗をする機会があまりないわけですから、何事も無難にこなし、無難な結果、無難に人生を終える可能性が高くなります。ということで「失敗しない」ことが、要領がいい人の短所と言えるのではないでしょうか。

要領がいい人のコツを掴んで、身につけよう!

要領がいい人の特徴や要領がいい人の仕事の仕方、勉強の仕方をご紹介してきました。要領が悪い人ほど、「時間がない」「忙しい」が口癖です。その割に良い結果が出せず周りの評価も低い。逆に要領がいい人ほど、時間、そして精神的にも肉体的にも余裕があり、周囲の評価も高いです。

直ぐに要領がいい人になれるわけではありませんが、今回紹介した要領がいい人の仕事や勉強の仕方を参考に、今、あなたの出来るところからチャレンジしてみましょう。そして要領よく仕事や勉強が出来るコツ、何より要領よく生きるコツを身に着けていきましょう

関連記事

Related