Search

検索したいワードを入力してください

感受性豊かの意味と特徴12こ・いいこと・しんどいこと

Author nopic iconbiggestsun
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2017年08月15日

更新日:2020年02月28日

記載されている内容は2017年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

感受性豊かの意味と特徴12こ・いいこと・しんどいこと

感受性豊かの意味

感受性とは外部からの影響を受けやすい性質という意味です。自由発想でクリエイティブな能力面に感性が働きます。感受性豊かであれば、色々な個性を発揮することができます。ですが逆に影響を受けやすいため、繊細です。

精神面でも見方によってはちょっと辛くなることもありますが、それを上手に生かせることも多くあります。

感受性豊かな人の特徴12こ

感受性豊かな人には「性格が優しい」「個性を持っている」「ナイーブで傷つきやすい」「感動しやすい」「芸術家が多い」「孤独になりやすい」などの特徴を持っています。感受性豊かな人は、広くアンテナを持ち、繊細な人もいればそれをパワーに変える人まで様々です。

それでは、感受性豊かな人の特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴1:性格が優しい

感受性豊かな人は、性格が優しい人が多いです。影響を受けやすいために優しい人も多く見受けられますが、それは人の気持ちや心の痛みを一番に知っているからです。

人がどういったら傷つくのか、自分がどう接したら人は傷つくのかを一番に理解をしているのが感受性豊かな人です。

特徴2:個性を持っている

感受性豊かな人は、個性を持っている人が多いです。言い換えれば素晴らしい芸術的才能の持ち主です。芸術やクリエイティブ、ビジネス面等において感受性豊かな人は自分の個性を上手に発揮します。

ですので感受性豊かな人は、何か表現できる分野を探すと、自分の個性を活かせることが出来ます。

特徴3:ナイーブで傷つきやすい

感受性豊かな人は、ナイーブで傷つきやすい面を持っている傾向があります。人の気持ちを察知をしやすいので、人から受ける感情も人が傷ついているものまで、受け取りやすいです。

例えば、怒っている人が感受性の強い人を怒るとき、感受性が強い人はまず受け止めてしまいます。同時にその人の心の痛みまで受け取ってしまいます。

特徴4:感動しやすい

感受性豊かな人は、感動しやすいです。音楽でも絵画でも芸術でもビジネスでも感動をしやすい人が多いです。同時に傷つきやすい面もありますが、感受性豊かな人はパワフルな人も多いですので、一緒にいるといい影響を受けられる利点もあります。

特徴5:クリエイティブを生かしている

感受性豊かな人は実際に人やものや音楽、どんなものでも影響を受けやすい傾向にあります。その受けた内容から、音楽や絵画、ビジネス、文字、メイク、髪型など何でもオリジナルを作り出したり、本にしたり、音楽を作り出したりと、クリエイティブに飛んでいます。

特徴6:芸術家が多い

感受性豊かな人は芸術家になる人も多いです。もともと感受性豊かな人は生まれつき天性の才能や性質を持っています。

ですから、子どものときから受ける影響は人一倍大きいです。感受性豊かな人はまるで手品のような面白さを持っています。

特徴7:孤独になりやすい

感受性豊かな人でも個性を生かせる人は芸術家が多いのですが、自分の才能や個性をうまく生かせない人は長年悩みます。絵画や音楽でも自分の作品を納得いくまで追求し、それを表に出せた時、初めて才能が生かされていきます。

なので、感受性豊かな人は敏感すぎる点があり、孤独にもなりやすい人が多いです。

特徴8:独自の世界観を持っている

感受性豊かな人は、自分の感性を生かして作品を作ったり、これは凄いと言う感動の瞬間を持つ場合も多いです。それは才能や感覚の問題とも言えますが、自分だけが持てる空間に感動しているときがあります。独自の世界観は個性の生かされたオリジナル空間です。

特徴9:哲学的な人も多い

感受性豊かな人は哲学的な人が多い傾向があります。哲学というと、頭でばかり考えるといった、ガチガチ感を感じてしまいますが、感性は自分だけで受け取るわけではないことを知っています。

感受性は、人やものなどの対象物があって、初めて受け取ることができます。

特徴10:人と比べられやすい

感受性豊かな人は、人と自分を比べられやすいです。自分の個性を上手に活かすことが出来ればいいのですが、敏感であり繊細である分、傷もつきやすい一面を持っています。

自分が繊細でも弱く感じても、個性の一つであることには変わりありません。

特徴11:パワフル

感受性豊かな人はパワフルな人も多い傾向にあります。時に傷つき、繊細で人からの影響も受けやすいのですが、その弱さや繊細さをうまく受け取り、自分を素直に好きになれた時、初めてパワフルな人になります。

特徴12:スピリチュアルな人も多い

感受性豊かな人はスピリチュアル系の人も多い傾向にあります。スピリチュアルは、霊感や直感の鋭い人が興味を持ちやすいのですが、感性が鋭いと、いろんな分野の声もキャッチしやすいです。

スピリチュアルな人は、人の話を聞いてくれる人も多いですし、気配りを忘れない人が多いです。

感受性豊かな人は「個性的」であったり「共感しやすい」という特徴を持っています。自分の性格や長所と短所を知ることは、社会生活や面接などをする際に必ず必要になってくるものです。

こちらのグットポイントで、自分の強みを見つけてみてはいかがでしょうか。

感受性豊かな人の長所と短所10こ

感受性豊かな人の長所には「察知が早い」「人の影響を受けやすい」「無邪気に喜ぶ」「個性を生かせる」などがあり、逆に短所には「すぐに泣いてしまう」「ストレスを受けやすい」などが挙げられます。

それでは、感受性豊かな人の長所となる部分と短所となる部分を詳しく見ていきましょう

短所1:すぐに泣いてしまう

感受性豊かな人は、心が優しく繊細で傷つきやすいため、すぐに泣いてしまうことが多い傾向にあります。それはただ、弱くて傷つきやすいからだけではありません。感性が鋭いこともあり、相手の心に共鳴しやすいことに関係しています。

短所2:ストレスを受けやすい

感受性豊かな人は、ストレスを受けやすい人が多いといえます。人からの影響も受けやすいため、時には感情をぶつけられることもあります。気の強い方は、そのまま相手に立ち向かっていける感受性豊かな人も中にはいます。

感受性豊かな人はいい面では、相手に対しはっきりと物事言いますが、その分、内面の部分では傷ついてしまうことも多いです。

短所3:目立ってしまう

感性が鋭いことや繊細で傷つきやすい反面、感性のアンテナを広く持っている人が多いです。
人によっては、パワーや個性がオーラに出ています。それはいい面と言えるのですが、あまり強すぎると、まわりにも影響を与えてしまいます。そのパワーやオーラを上手に生かしたり、隠せたり出来る人は、感性を上手く使いこなしてる人です。

長所1:キャッチするアンテナを持っている

感受性豊かな人は、数ある情報をキャッチしやすく、アンテナを四方八方に巡らせています。
これは天性とも言えます。自分の興味を持った音楽やアートをすぐに取り入れ、幅広く吸収していきます。

長所2:察知が早い

直感で気づきやすく、人がどう思いどう感じたかを察知するのが、非常に速いです。
また、情報、芸術、映像など、あらゆることに関しても察知が早く、受け取ることにもかなり敏感なため、人よりも早く知ることができるという長所を持っています。

長所3:人の影響を受けやすい

人の影響を受けやすいところもあります。相手が悲しみや怒りなど抱えていると、感情移入しやすく、相手が悲しいと自分も悲しくなりますし、相手が怒りをぶつけてくると自分も怒りを感じてしまいます。

長所4:無邪気に喜ぶ

感受性豊かな人は、悲しみや痛みを人一倍感じやすいのですが、同時に喜怒哀楽もとても豊かです。そのため、楽しい時には無邪気に笑い、悲しい時には涙をながしたりと、感受性豊かさを表しています。

長所5:個性を生かせる

感受性豊かな人は、自分の個性を活かして表現することができます。特に芸術面やアート、文章や情報など、個性を活かせる機会があれば、十分発揮できるという良い面を持っています。

しかし、なかなか個性を活かせない時などには、すごく悩んでしまうという一面も持っています。

長所6:人の気持ちが分かる

感受性豊かな人は、人の気持ちを理解するのが早く、即座に読み取って話をしたり、迅速に動けるという長所を持っています。その反面、良いところも多いのですが、気持ちを汲み取りやすいので、同情し感情移入しやすい傾向にもあります。

長所7:傷つきやすい

感受性豊かな人は、傷つきやすいです。良い面もたくさん持っているのですが、外部から受ける影響も大きいため、傷つきやすく悩みや不安といった影響も受けやすい傾向にあります。

感受性豊かな人には才能や財産がある

感受性が豊かだと、色々ないい面もしんどい面も両方感じます。個性を生かして、自分の感性を外に出すことができたら、それは才能とも呼べますし、財産にもなります。

感受性豊かなことを自覚し、人からの影響を受けやすい性格ではありますが、上手に受け止め、自分自身を傷つけることはせず、いい面を生かすことを忘れないようにしましょう。

上手に自分自身を受けとめよう