Search

検索したいワードを入力してください

好きになるきっかけ12・男女別|男女に共通の恋愛心理

Author nopic iconさおる
カテゴリ:出会い

初回公開日:2017年08月14日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2017年08月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

好きになるきっかけ12・男女別|男女に共通の恋愛心理

人を好きになると起こる気持ち

人を好きになると、今まで自分の中になかった色々な感情が芽生えてきます。自分の中にこんな感情があったんだとびっくりすることもあるでしょう。好きになった人との人間関係や、周りの状況次第で抱く感情も異なりますが、ここでは人を好きになると誰もが抱く一般的な気持ちを見ていきましょう。

気持ち1「一緒にいたい気持ち」

人を好きになると、いつまでもその人と一緒にいたいという気持ちが芽生えてきます。これは、人を好きになることでその人を自分だけのものにしたいという独占欲が芽生えるからです。

好きな人とのデートの別れ際に、もっと一緒にいたいな、帰りたくないなと思うのはまさにこの一例でしょう。

気持ち2「不安な気持ち」

人を好きになると、その人を見て幸せな満たされた気持ちになる一方で、不安な気持ちも芽生えてくるのが一般的です。なぜなら、その好きな人を本当に自分のものにすることができるのだろうかと思うようになるからです。

こんな行動したら好きな人に嫌われるんじゃないかと考えて臆病になってしまったり、自分ではない別のあの人を好きなんじゃないかと不安な気持ちになるのはまさにこの例でしょう。

気持ち3「嫉妬する気持ち」

人を好きになると、その人が自分のものになっているか否かに関わらず、嫉妬の気持ちを抱いてしまうことがあります。それは、好きになることでその人に注目するようになり、自分の場合と比べて自然に羨ましさや敗北感を感じてしまうからでしょう。

例えば、好きな人が、自分とよりも楽しそうに別の人と話している時に嫉妬心を抱いてしまうことがあるでしょう。でもこの嫉妬心は、好きになったからこそ生じる気持ちです。

気持ち4「束縛したい気持ち」

人を好きになると、いつの間にか束縛したい気持ちが生まれていることもあります。これは、自分に自信がないからそもそも好きな人を恋愛のライバルから遠ざけていたいという気持ちや、過去の嫌な思い出から起こります。

好きな人のスマートフォンを監視するようになったり、異性が参加する飲み会へ好きな人が出席することに嫌な顔をするなどはこの例でしょう。

気持ち5「触れたい気持ち」

人を好きになると、その人に触ってみたい、という気持ちが出てきます。これは、そもそも人間ならば皆誰もが抱く本能でもあり、また自分のものだと思いたいという気持ちから生じる思いでもあります。

相手に自分の好きだという思いをわかってほしい、伝えたいという思いから、触れたいという気持ちが起こることもあるでしょう。

男女別の好きになるきっかけ

では、どのような時に人を好きになるのでしょうか。人を好きになるきっかけは、男女別で大まかな傾向があります。きっかけを知ることは、恋愛が始まるスタートになります。ここでは好きになるきっかけを男女別に見ていきましょう。

男性が女性を好きになるきっかけ

まず、男性が女性を好きになるきっかけとはどのような時なのでしょうか。男性は女性よりあまり「好き」という気持ちを前に出さない傾向もありますが、内心では「好きになった」と感じている場面が多くあります。

そのようなきっかけを見ていきましょう。

きっかけ1「笑顔が可愛い」

女性の可愛い笑顔というものはとても男性の心を引きつけます。顔の可愛さに関係なく、女性が可愛く見える表情は笑顔でしょう。女性が笑顔でいるだけで自分も幸せな気持ちになったり、相手の笑顔がもっと見たいという気持ちが出てきて、相手に興味や関心が湧いてきます。

「あの笑顔が好き」「あの笑顔を見たい」という気持ちは男性が女性を意識する大きなポイントとなります。