Search

検索したいワードを入力してください

信用できない人の9つの特徴|信用される人になる方法

Author nopic icontk0920
自己啓発 / 2018年07月18日
信用できない人の9つの特徴|信用される人になる方法

信用の意味

仕事でも、プライベートでも、「信用できない人」とはあまり関わりたくないと思うのが一般的です。「信用できない人」とはどのような人のことを表わすのでしょうか。

「信用」とは、確かなものを信じて受け入れる、信頼の持てる状態のことを意味します。信用することとは、相手の発言や考えに信頼をおいて、その意見や考えにそって行動することです。

では、「信用」と「信頼」にはどんな違いがあるのでしょうか。

信用と信頼の違い

「信用」に似た「信頼」という言葉ですが、「信頼」は漢字のとおり信じて頼りにすることという意味があります。

「信用」は相手を受け入れるの対し、「信頼」は頼りにするという意味の違いがあります。「信用」には信頼という意味も含まれているので、相手を信じ、結果的に頼りにするという意味では同じとなります。

どちらも相手を信じている点では一緒の意味合いを持つ言葉です。

信用できない人の特徴

周囲から嫌われる傾向にあるのが「信用できない人」ですが、「信用できない人」にはいくつかの特徴があります。

相手から信じてもらえない理由は「嘘をつく」「発言に責任感がない」「お金にルーズ」などの特徴があります。

プライベートや仕事で「信用できない人」と関わってしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。信用できない人の特徴を把握し、周囲を注意して観察してみましょう。

特徴1「嘘をつく」

「信用できない人」とは、相手に疑いの気持ちを抱かせてしまう人のことです。そのため、言っていることが嘘だとしたら、相手はあなたのことを信じなくなるでしょう。

「信用できない人」は、自分に都合がいいように嘘をつきます。たとえば、上司が「○○が好きなんだ」と言えば「自分も好きです」と答え、後日同じ質問をすると「○○は好きじゃない」と発言したりします。

状況によって都合のいい嘘をつくので注意しましょう。

特徴2「適当なことを言う」

「信用できない人」は、話の一貫性がありません。そのため、話のたびに思いついた言葉を適当に発言する傾向にあります。

たとえば、「イタリアレストランに行こうよ」と誘ったら、「あまり興味がない」と答えたとします。しかし、後日友人とイタリアンレストランに行った際に、その人に遭遇しとても美味しいと豪語していました。

このように自分は嫌いだといっても、その日の気分によって発言が異なる傾向があります。

特徴3「時間を守らない」

「信用できない人」は、相手の気持ちや状況を考えていません。そのため、待ち合わせの時間に遅れてきたり、会議の時間を守らなかったりと、時間にルーズな傾向にあります。

たとえば、「○時に駅のホーム集合ね」と約束したとしても、時間どおりに待ち合わせ場所には来ません。待ち合わせ場所に来ないので連絡してみると、「今からシャワーを浴びる」と返答してきました。

「信用できない人」は時間を守らないので注意しましょう。

特徴4「人によって態度を変える」

「信用できない人」は、人によって態度を変えることがあります。信用できない人は自分の立場が有利であるようにことを進めたがる傾向にあります。

たとえば、同じ部署のメンバーからコーヒーを持ってくるように頼まれたが30分経っても持ってきません。しかし、上司に頼まれた場合は3分以内にコーヒーを持っていきます。

このように、信用できない人は自分にとって上と感じる人には従う傾向にあります。

特徴5「言うことがどんどん変わる」

「信用できない人は、話や発言に一貫性がないため話の内容がどんどん変わります。言うことがどんどん変わるのは、話す相手に合わせて適当に話していることが原因です。

たとえば、「結婚に興味がない」と言ったのに上司から相手を紹介しようと誘われたら「早く結婚したいんでお願いします」と答えてみたりします。

信用できない人の本当の気持ちは本人にしかわかりません。あまり真剣に意見や発言を鵜呑みしないようにしましょう。

特徴6「環境や他人に否定的」

「信用できない人」は、周囲の人を対して否定的な発言をすることが多い傾向にあります。「信用できない人」は自分のことが1番なので、周囲に対してマイナスな発言をします。

たとえば、「あの人は○○が好きなんだって、本当に趣味が悪い」などと言います。周囲からしてみればそれほど気にならないポイントでも、「信用できない人」が嫌いなことはとことん否定的な発言をします。

「信用できない人」の発言は真剣に聞かないようにしましょう。

特徴7「信用できない人は口が軽い」

「信用できない人」は、自分のことしか考えていないため口が軽い傾向にあります。たとえ重要なことであっても、「信用できない人」は自分のことしか考えていない点に注意が必要です。

たとえば、「この間の話は黙っててと言ったよね」と問いただすと「皆が知っている話かとおもって言ったんだけど言ってなかったんだね」と答えます。

重要な話は「信用できない人」にしないように注意しましょう。

特徴8「信用できない人はお金にルーズ」

お金の貸し借りは「信用」や「信頼」ないと返却の目処がないため行うことができません。「信用できない人」にお金を貸した場合は戻ってこないとおもって貸しましょう。

「信用できない人」は、嘘をつく、時間にルーズという特徴があるため、お金に関してルーズな傾向にあります。特にお金の貸し借りは禁物です。

「信用できない人」には責任感がないため、いつまでにお金を返すといった考えをもっていません。

特徴9「自分の都合を優先する」

「信用できない人」は、自分のことしか考えていないため自分の都合を優先する傾向があります。「信用できない人」にとって自分以外の人はどうでもいい存在です。

周囲の人が自分の言動で気分を害したとして関係ありません。自分の都合が優先順位が高いため、何か約束をしていたとしてもすっぽかされる場合があります。

「信用できない人」は自分のことしか考えていないと割り切り、あまり誘わないことをおすすめします。

信用できない人ばかりの職場の場合

ビジネスにおいて「信用できない人」と仕事することは色々なリスクがあります。たとえば、重要な会議を急にキャンセルされたり、信頼のある取引会社に嘘をつかれたりと、一緒に仕事をするには困難な場合があります。

そんな悩みを抱えている方は「転職エージェント(マイナビエージェント)」に登録して、転職先を探すことをおすすめします。

「転職エージェント」では、はじめて転職する方でもしっかりサポートしてくれるの安心です。

人を信用できない原因

周囲から煙たがられてします「信用できない人」ですが、その人も1日にこのような性格になったのではありません。「信用できない人」になるにはいくつかの原因が隠されています。

「信用できない人」を生む理由は過去に人から裏切られた経験がある場合が多い傾向にあります。その過去がトラウマとなり、結果的に自分しか信じられなくなってしまったということが考えられます。

では、人を信用できない原因について見ていきましょう。

信用できない人の原因1「裏切られたことがる」

人を信用できなくなってしまった原因の1つは、「過去に人に裏切られた経験がある」ということです。

以前、自分が人に裏切られた経験がある人は自分のことしか信じられなくなってしまいます。過去と同じく自分を傷つけたくないため、自分の殻に閉じこもり、周囲のことを気にしなくなります。

裏切られて傷ついた心は修復されず、自分のことしか信じない人へと変わる原因となります。

信用できない人の原因2「幼少期の家族関係」

人を信じることができない原因は「要長期の家族関係」にもあります。たとえば、父親に暴力をふるわれたり、「○○したらダメ」と色々なことを教育の一環として言われてきたことがあると考えられます。

幼少期に周囲から強要されたりすると反発する気持ちが生まれ、誰かを信じる気持ちが閉ざされる傾向にあります。身近な家族が与える影響は、その人のその後に大きく関係します。

信用できない人の原因3「イジメにあった事がある」

人を信じることができない人は、過去にイジメにあった可能性が高い傾向にあります。

周囲に仲間がいるのにも関わらずイジメられるという現実は、周囲への信頼を一気に失う原因となります。そのため周囲の人は当てにならない、信じるのが自分だけという考えになってしまいます。

人を信じることを恐れているため、このような場合も人を信じることが難しい状況といえるでしょう。

信用される人になる方法

信用できない人は、「人を信じることができなくなった人」でもあるといえます。

では、どのようなにしたら人を信じることができ、人から信用される人になれるのでしょうか。

信用される人になるには、「信用できない人」のデメリットを1つずつクリアしていかなければなりません。決して難しいことではないので、少しずつ努力することが大切です。

方法1「約束を守る」

まず社会人としても必要なことの1つが「約束を守る」ということです。ビジネスでもプライベートでも約束を守れない人は、「信用」も「信頼」も失います。

約束守るということは、どんな小さな約束でも守らなければなりません。

たとえば、「明日お客さまが来るからコーヒー出してもらってもいい」という頼みでも、「場所と時間決まったら教えてください」と伝え、必ず時間の15分前には対応できるようにしておきましょう。

方法2「時間を守る」

人から信用されるとは、相手に安心感や信頼感をもってもらうことです。そのため、決められた時間を守ることは必ず守らなければなりません。

たとえば、会議の時間を守らなかった場合は、主催者や担当者はもちろんのこと、多くの人からの信用を失います。また一度失われた信用はなかなか修復することができません。

人から信じてほしい場合は、時間を守り人に不安を与えない言動をしましょう。

方法3「言い訳をしない」

自分が何かに失敗した場合やミスをした場合は、言い訳はしないように心がけことも重要です。言い訳をするという言動は、周囲の人の言動を信頼していないことを意味します。

まったく自分に非がない場合を除き、自分でおかしたミスは誠意を込めて謝罪するのがマナーです。誰かのせいにするのではなく、自分の非は素直に認めましょう。

方法4「きちんと謝罪できる」

「信用できない人」の多くが、謝罪することを嫌います。

自分がしたことが原因でおかしたミスは自分がきちんと謝ることで終結します。しかし、「自分は悪くない」といつでも言っているようであれば、周囲からの信用を得ることはできません。

誰にでもミスはあることです。素直に謝罪することで、周囲の人も問題視することはありません。

方法5「報告・連絡・相談ができる」

ビジネスにおいて信用のおける人は、必ず「報告・連絡・相談ができる」人です。「報告・連絡・相談」をしっかり行うことで、常に状況を周囲の人にシェアすることができます。

また、「報告・連絡・相談」をすることで未然にトラブルを防止することができ、周囲からの信用や信頼を得ることができます。

どんな小さなことでも周囲や上司へしっかり「報告・連絡・相談」を行いましょう。

方法6「余計なことを言わない」

「信用できない人」の多くが、どんなことに対しても一言多いという特徴が挙げられます。余計なことを言うことは、相手の気分を害すだけでなく周囲への印象も悪くします。

たとえば、「そのボーダーの服、似合っているね」という言葉の後に「でも少し体が大きく見えるね」と付け加えるなどの発言です。

「信用」や「信頼」は相手の気分を害すことで失います。基本的に余計なことは言わないように注意しましょう。

方法7「陰口を言わない」

つい嫌なことがあると陰口を言ってしまうこともあります。陰口を誰かに言うと、その言葉を利用してあなたのことを悪くいう人もいます。

親しい仲間内だけでしたら問題ありませんが、陰口はどこで誰に勝手にリークされるかわかりません。またどこで誰が聞いているかわかりません。

人から信用を得るためには、人のことはとやかく言わないことをおすすめします。

信用できる人を大切にしよう

「信用できる人」とは、裏切りのない、信頼のおける人です。「信用できる人」というのは、お互い信頼のある関係性を築いた上で構築されます。

数多くの人がいる中で「信用できる人」とはそんなに多く存在しません。もしあなたの周囲に「信用できる人」がいるのであれば、その人の関係を長く続けることをおすすめします。

信用できる人が傍にいることを感謝しよう

「信用できる人」がいると、たとえ自分が悩んでいたり、困っていたりしても、アドバイスをもらうことができます。

また周囲の人には言いづらいことでも、「信用できる人」であればどんなことでも相談できます。あなたの傍に「信用できる人」がいるのであれば、そのことに感謝しましょう。

関連記事

Related