Search

検索したいワードを入力してください

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

Author nopic iconsokonashi
カテゴリ:片思い

初回公開日:2017年10月05日

更新日:2020年03月14日

記載されている内容は2017年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートに両思いになれるかがかかっている

男性なら誰でも、思いを寄せている人と両思いになって付き合いたいと願っているはずです。けれど好きな女性にどんな方法で自分をアプローチしたらいいのかわからない、という男性は多いのではないでしょうか。

付き合うためには、女性との距離を縮めていかなければなりません。まずはデートに誘うことから始めてみましょう。せっかく巡り合えた大好きな女性との縁を確かなものにするためには、二人で会う機会が必要です。

ただ、付き合う前の初めてのデートは、これから二人がうまくいくかどうかがかかっている大事な機会です。適当な考え方や臨み方では取り返しのつかない結果に終わってしまいます。そうならないためには、しっかりとしたプランを立てることが大切です。

付き合う前の連絡の取り方や頻度は?

付き合う前のデートに誘う前に、相手の女性との距離を少しずつ縮めることから始めましょう。いきなりデートに誘うことは相手を戸惑わせてしまうので、まずはLINEやメールなどで連絡を取り合っていきながら、デートの誘いへと進めていくようにしましょう。

ポイントは、朝や日中は軽めに挨拶程度の内容で、夜の時間帯に内容の深い話題を持ちかけることです。夜なら相手に時間の余裕があるので、メールの内容をきちんと把握して返信をしてくれるという期待が持てます。

LINEやメールの頻度としては、相手の都合を考えながら週に1~3回が妥当でしょう。あまり恋愛経験のない女性に対してなら週に1,2回くらい、経験豊富な女性なら1日に1~2回を週1~3回くらいがいいでしょう。但し、あくまで相手の生活の邪魔になってはいけません。

付き合う前の連絡内容はどんなものがいいの?

付き合う前の連絡内容は、慎重さが大切です。焦り過ぎると相手に不快感や不信感を与え、恋愛対象外にされてしまうことにもなりかねません。デートの約束をするまでは、少しずつという気持ちがとても重要になってきます。

メールの内容は、自分の好感度を上げるものにしなくてはなりません。相手の好きなものや趣味などを聞いて、それをいつも話題にすると楽しいやり取りになります。その中で、相手のことをもっと聞かせて欲しい気持ちを匂わせていきましょう。

文章はだらだらと長くなく、読みやすい配置で効果的な言葉を各所に入れます。女性は褒められることが大好きなので、時には相手を褒めることも忘れないことです。相手の話を肯定しながら、相手中心の視点で話題を進めることが大事です。

付き合う前の電話も効果的

付き合う前の連絡のやり取りが、ある程度スムーズになってきたら電話をしてみることも効果的です。相手の都合を考える姿勢を見せるためにも、事前にLINEで「今度電話してもいいかな?」と言っておくと良いでしょう。

話す内容は、些細な悩み相談がスムーズに会話が進むのに調度良いでしょう。会話があまり途切れることなく話のやり取りができるものです。また、相手に自分のちょっとした弱さを見せることも親しみを感じさせるのに良いきっかけとなります。

あまりだらだら話さず、自分の印象を1~2ポイント伝えたらそこでお終いにしましょう。最後に「時間を取らせてごめんね、話せて嬉しかった」などと感謝の挨拶の後電話を静かに切りましょう。

付き合う前の初めてのデートの誘い方とは?

付き合う前の連絡のやり取りや、電話での会話がいい感じで進むようになった状態が5~6回くらい続いたら、いよいよデートに誘ってみましょう。ここで肝心なことは、自分は時間をかけてきたと思っていても、相手の女性にとってはどうなのかをよく観察することです。

女性が、会話やメールの様子から警戒心や緊張感が無いようでしたらデートに誘っても大丈夫でしょう。前置きの話題を少し振っておいてから、さり気なく「今度の週末、土・日のどちらか空いてない?」とストレートに聞いてみます。

「デートしてくれる?」という問いかけはせず、土・日どちらかを選ぶ方式を与えることがポイントです。なぜなら相手は「断る」のではなく、「どちらかを選ぶ」ことに専念するからです。

付き合う前のデートはどんな服装がいいの?

付き合う前のデートはどんな服装にしたらいいのか悩んでしまいます。相手にどう思われるかという点もてとても心配です。ダサいと思われず、キメ過ぎと思われない最適な服装とはどんなものがいいのでしょう。

基本は、相手の女性の雰囲気や好みを考えたイメージの服装にするということです。雰囲気が合っていなければ、女性から「一緒に歩くのは嫌だな」と思われてしまいます。カジュアル好みな女性なら男性もラフでカジュアルな服装にしましょう。

きちんと感のあるファッションの女性なら、男性も同じジャンルのファッションがいいでしょう。大手チェーン店で揃えた洋服は避けましょう。自分を安っぽく見せてはいけません。だからといって、ブランド物を着る必要もありません。

付き合う前のデートの頻度はどれくらいがいいの?

付き合う前のデートはどのくらいの頻度がいいのかと、頭を悩ませる男性は多いことでしょう。ここは相手の女性のタイプによっても違ってくるのですが、いったいどれくらいのデートの頻度が妥当なのでしょう。

社会人の場合と学生の場合をそれぞれ考えてみましょう。

学生の場合

学生の場合の付き合う前のデート頻度は、時間の自由がきくことから週に1~3回くらいでも良いでしょう。もちろん相手の都合や性格的なことを考慮することを忘れてはいけません。性格的に外出が億劫な女性や消極的な女性、恋愛経験の少ない女性の場合はあまり頻繁に誘いをかけるとプレッシャーになってしまうこともあるので要注意です。

デートは短い時間で複数回というパターンがおすすめです。回数を重ねる毎に親しみや信頼感が育っていくからです。そして、だんだん二人の間に自然さが出てきたならそろそろお付き合いに発展させてみても良いでしょう。

社会人の場合

付き合う前のデートの頻度について、社会人であれば毎日仕事に追われ疲労感を抱え、職場の付き合いなども関わってきます。また、個人の時間も考慮すると、社会人の場合の付き合う前のデート頻度は、週に1回又は2週間に1回位が良いと思われます。

回数的には少な目となってしまいますが、煩わしくない程度に会うことが大事で、ストレスになっては逆効果となってしまいます。1回1回のデートを有意義で質の良いものにしてその先へと繋げていきましょう。