Search

検索したいワードを入力してください

人の目が気になる心理・原因・克服方法の紹介

Author nopic icon夏野
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2017年08月10日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

人の目が気になる心理・原因・克服方法の紹介

人の目が気になる心理とは?

あなたは、人の目が気になるタイプでしょうか、それとも人の目が気にならないタイプでしょうか?人の目が気になるという人は、それにより困っていることはあるでしょうか?例えば、人の目が気になって仕事に集中できない、人の目が気になるので汗をかきやすいなど、何かと悩んでいることがあるのではないでしょうか。

こういった問題を解決するには、人の目が気にならなくなればいいわけなのですが、そう簡単にできることではありません。

人の目が気になる人は周りの評価を気にする

少し考えてみましょう。あなたはどうして人の目が気になるのでしょうか?ここでは、人の目が気になる心理について考えてみましょう。

人の目が気になる人は、次のような特徴を持っていることが多いです。人から陰口を言われているのではないか、人から不当な評価をされているのではないか、というように、人からの評価を過剰に気にする心理が働いているのです。つまり、他人からどう思われているかがとても怖いのです。

人の目が気になる原因

では、どうしてあなたは人から評価されることに過敏になるのでしょうか。

人の目が気になる原因には、次のようなものが挙げられます。誰からも好印象を持たれたい、人の悪意から逃れたい、誰もが自分の挙動を観察しているからいつもちゃんとしていなければならない、など。そんな思いを抱えているから人の目が気になってしまうのです。

あなたも、知らず知らずのうちに人の評価を過剰に気にしていませんか。それこそが人の目が気になる根本的な原因なのです。

人の目が気になるときの克服方法

人の目が気になる人は、人の評価を気にせずに生活していくことで、それを克服することができます。

自分にとって本当に大事な人のことだけ考える

まず最初に考えるべきことは、誰からも好かれるということは実現不可能だと認識することです。人間が生きている限り、誰とでもうまく付き合うことや、好きになってもらうことなど不可能なのです。

あなたは、誰からも好かれたいがために人の目が気になるのであれば、自分は本当は誰から好かれたいのか、自分が大切にしたい人間関係はどの範囲なのか、見直してみましょう。その人たちに好かれ大切にされることこそが、あなたの人生を豊かにします。誰からも好かれたいという考えを捨てることができれば、それだけでとても楽になります。

人よりもまず自分の満足度を優先する

人の目が気になる人は、人から批判させたくないがために、本音を押し殺してまで無理やり他人に同調しがちです。それではストレスが溜まって疲れてしまいます。

いったん他人に同調することをやめて、自分の思った通りに行動してみてください。あなたの好きなことをして、あなたの感じたことを言葉にしてみてください。その結果あなたから離れていく人がいたとしても、気にすることはありません。その人は、あなたの人生においてさほど重要な人物ではなかったということになります。先にも述べた通り、誰からも好かれる人など存在しません。

あなたの思うように行動していると、やがてその行動に共感した人、好感を持った人があなたの周りに集まってきます。そういった人たちと強固な信頼関係を築きましょう。そうすればあなたは自分に自信がつき、人の目が気になることも徐々になくなっていくでしょう。

考えているほど周囲の人はあなたを見ていない

人の目が気になる人は、周りの人すべて、すれ違う通行人さえも意識してしまいがちです。ですが、その必要はありません。あなたが思っているほど、周りの人はあなたを見ていません。

自分に置き換えて考えてみてください。あなたは周囲の人すべてをそれほどまでにつぶさに見ていますか?いいえ、見ていないはずです。通りすがりの人の髪の色が珍しくても、「変わったカラーリングだなー」と5秒くらいみて終わるはずです。人が人を気にする度合いというのは、所詮その程度なのです。ですので、あなたは周囲を気にすることなく、自信をもって自分のやりたいことを行って大丈夫です。

批判されても悲観しない

もしもあなたが誰かから批判されることがあったら、そこで委縮するのはやめましょう。あなたの周りには、多様な価値観の人がいるので、その中の数人があなたに批判的であっても全くおかしくはないのです。繰り返しますが、万人に好かれる人はいないのです。

批判されたときは、人に嫌われている、と悲観的にならずに、「なるほど、こういう見方をする人がいるのか」と1つ勉強した気持ちになりましょう。その批判が的外れであれば、相手にすることはありません。なにか心当たりのある批判であれば、その内容をしっかりと消化して、今後の自分の成長の糧としましょう。

そして、批判している人はごく一部の人であり、あなたの周りにはあなたに好感を持っている人がちゃんといて、その人たちがあなたを助けてくれるということを忘れないようにしましょう。

職場で人の目が気になるタイプの人の対処法

職場で人の目が気になる人は、自身の仕事の成果が周りからどう見られているかを気にする人が多いです。現代社会では成果主義も珍しくありません。職場で互いを見る目は、一般的な社会とは少々異なります。

まず、仕事の成果に対しては皆が貪欲なので、周りの社員の動向をよく見る傾向があります。これは、人の目が気になる人にとっては辛い環境です。そこで、この環境下でも人目を極力気にしないようにする方法を見ていきましょう。

職場に「正当」を求めすぎない

いくら頑張って成果を出しても報われない、頑張らない人や成果の出ていない人が褒められている、そんな光景を目にしたことはありませんか。あなたがその渦中にいたとしたら、周りの人の目が気になるはずです。「なぜ自分は成果が出ないのだろう」、「なぜ自分は評価されないのだろう」、「あの人は私の業績をどう見ているのだろう」、頭をよぎる考えはたくさんあるでしょう。

でも大丈夫です。周りの人も、顔では笑っていても同じことを考えています。職場という環境は、時に社員を正当に扱ってくれません。ですが、その被害者はあなただけでもありません。なので、あまり待遇の正当性にこだわらないほうが心身ともに楽なのです。

また、同じような待遇を受けている人と話をすることで、ストレスが緩和されることがあります。他人の考えを理解できる場でもあるので、人が周りをどう見ているかを知るチャンスにもなります。人が周りをどう見ているか知ることができれば、あなたの心も少しは休まるのではないでしょうか。

職場での自分の目標を設定する

職場で人の目が気になるということは、業績や評価など、何かしらの点であなたが他人からの評価を恐れている、ということになります。先に述べたように、職場が必ずあなたを正当に評価してくれるとは限りません。ですので、自分自身が正当に評価できるものを1つ持ってみてはいかがでしょうか。

例えば、「今月は営業成績を2ポイント上げる」、「残業を週あたり2時間減らす」、「11月までに資格をとる」など、自分自身で絶対的に評価でき、かつ職場で強みになる目標を設定します。そしてこれらを達成したときに、あなたはスキルアップもでき、「自分は成し遂げた」という強い自己肯定感も持つことができます。

これを積み重ねていくと、さすがに会社も正当に評価せざるを得なくなりますし、社会人としてのレベルアップが図れます。

人の目が気になる怖い思いを克服する方法

人の目が気になることであなたが恐怖を感じる場合、そのストレスは相当のものでしょう。「怖い」という感情を抱く人の中には、過去に人とのトラブルがあったり、何か生活していくうえで失敗した経験があり、他者の視線が恐怖に感じるようになった、というケースがあります。

しかし、過去に起きたことはもう終わったことです。もうこれ以上恐れることはありません。あなたは過去の経験をよく振り返り、二度同じことが起きないよう対策を立てればいいのです。対策を立てれば、同じようなことは起きにくいので、安心して街を歩いてください。

それでもまだ人の目が気になる場合、通りすがりの人の目をあえて見てみましょう。相手はあなたを見ていましたか?大抵の場合、相手はあなたを始めからは見ていないはずです。見られていないとわかれば、もう怖くないはずです。この行動を繰り返して、視線の恐怖を克服しましょう。

人の目が気になることでストレスを感じる人の対処法

人の目が気になる人は、日常生活において負荷の高いストレスを感じています。これを解消するには、先に述べたように、他人を気にしないで自分の好きなことを行うのが1番です。突発的に強いストレスを感じたときは、別のことを考えたり、頭の中を真っ白にするという方法もあります。

また、人目につかないところに一旦避難して、人は周りを気にしていない、と自分に再認識させることも有効です。そのほかにも、親しい人に人の目が気になることを打ち明けて、話を聞いてもらうこともストレス緩和方法の1つです。

荒療治になりますが、あえて人の中に立ち、人の視線に自分をさらして慣れさせる、という手もあります。この時意識したいのは、他人はそれほど自分を見ていない、自分は自分のやりたいことをやっていいんだ、ということです。

人の目が気になることに関する書籍の紹介

ありのままの自分で過ごすコツをコンパクトにまとめた1冊です。心理カウンセリングの技術をベースにしているので、安心して実践できます。

周囲に同調しすぎる傾向がある現代人が、「一人」で生きていくにはどうすればよいかを解説している書籍です。人は突き詰めていけば一人です。一人で生きていくことのコツと利点をこの本から学べます。

帯にある「認められなくても、あなたは素晴らしい」という言葉がすべてを物語っています。他者の批判におびえて生きる人や、承認欲求が強食で苦しんでいる人に、「あなたを認めるのは他人ではない、あなたの人生はあなただけのもの」と訴えかけている本です。承認欲求からの解放がテーマの本です。

他者と自分を切り分けて思う存分楽しむ

人は一人では生きられませんが、突き詰めれば「一人」だと言うことができます。そのたった一人のあなたがいま、人の目が気になって苦しんでいるとしたら、今すぐ上述の対策を始めてください。「あなたはあなた、私は私」と周囲と自分を切り分けましょう。人はそんなにあなたを見てはいません。あなたは好きなことを好きなだけやって、人生を楽しんでいいのです。

そして、共感する仲間と信頼関係を築き、あなたが生きていくための人間関係の基盤を作っていってください。