Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】結婚を決意した・決めたきっかけランキング

Author nopic iconきえちん
結婚 / 2018年01月19日
【男女別】結婚を決意した・決めたきっかけランキング

結婚に至った相手との出会いのきっかけランキング

結婚相手と出会うきっかけは何でしょうか?「運命の出会い」という言葉はありますが、もちろんすべての夫婦が、出会った時に相手を結婚相手として見ているわけではありません。結婚に至る出会いのきっかけは、案外身近な自分のテリトリーの範囲内にあることが多いようです。それでは、結婚に至った出会いのきっかけをランキングで見ていきましょう。

3位:同じ学校の同級生/先輩/後輩

「学生のころから付き合っていてそのまま結婚しました」という人もいれば、「実は幼馴染です」、「同窓会で再会して」という人もいます。同じ部活の先輩・後輩という間柄も多いでしょう。こういったきっかけで結婚したカップルの良いところは、共通の思い出話が出来るところです。これだと自然と共通の友達も多くなります。

出会いのきっかけを探している恋人募集中の方は、婚活パーティーよりも同窓会に参加した方が、ゴールインできる確率が上がります。

2位:友人の紹介

持つべきものは友達です。自分のことをよく知っていて気の合う友達であれば、紹介してくれる相手とも相性がいいことが多いです。自分の理想の人を探すよりも、冷静に自分のことを見て分析している友人のほうが、マッチする相手を見つけられる可能性は高いです。そういう相手とならより幸せになれるでしょう。

また、付き合っていくうちに恋人のことで悩んだら、その友達に相談がしやすくなります。

1位:同じ職場の同僚/上司/部下/先輩/後輩

出会いのきっかけをを探している恋人募集中の方、未来の旦那様・奥様は同じ会社にいるかもしれません。フルタイムで働いている方は特に、会社にいる時間は結構長く、人によっては家族よりも長い時間を共有している可能性があります。その中で、バリバリ仕事をこなしている姿に憧れたり、逆に困っている時に助けていくうちに恋愛関係に発展することもあります。

結婚を決意したきっかけランキング

3位 :子供が欲しい/子供が出来た

子供がきっかけになることが第3位にランクイン。「相手が好き」「結婚がしたい」という気持ちはもちろんですが、「何より子供が欲しい、たくさん欲しい」という気持ちが、早めの結婚に踏み切るきっかけになることが多いです。

また、子供ができたことも結婚のきっかけとなります。いわゆる「できちゃった結婚」です。昨今は「授かり婚」という言い方をすることもあります。現在の日本では、4人に1人がこの授かり婚をしていると言われています。

2位 :彼女に押し切られた

一般に男性よりも女性のほうが、結婚に対して憧れや夢があり、結婚願望が強い傾向があります。きっかけも、結婚適齢期の彼女に押し切られるという流れで踏み切ることが多いです。

結婚披露宴では、馴れ初めやプロポーズの言葉を体よく紹介されることがよくあります。しかし実態は、周りから固められてしまった、プロポーズさせられた、気が付いたら結婚までの道のりが出来上がっていた、という男性は多いです。中には、彼女の家族に結婚を急かされたり、早く結婚してほしいと願う男性の母親とお嫁さんが仲良く結託して結婚までもっていってしまった、という強者の女性もいます。

1位 :ずっと一緒にいたいと思ったから

付き合っているパートナーのことが好きで、ずっと一緒にいたいと思ったその気持ちが結婚を決意するきっかけになる、というのが堂々の第1位でした。

ずっと一緒にいたいと思う瞬間は、人によって様々です。夜空に打ちあがる花火を一緒に見ている時にずっと一緒にいたいと思ったり、なんでもない普通のごはんを家で一緒に食べている時に居心地の良さを感じたり、彼女がより魅力的に見えた瞬間があり、他の男に取られたくないと強く思ったり、笑いのツボが妙に一緒だったり。そんな瞬間に抱いた「ずっと一緒にいたい」という思いが、結婚を決意するきっかけとなります。

男性・女性別での結婚を決めたきっかけは?

男性の場合

男性は、仕事に対して自信が持てるようになることが結婚を決めるきっかけになります。仕事への自信が、妻といずれ生まれてくるであろう自分の子を養っていく覚悟に変わるのです。給料が上がった、昇進した、という物理的なきっかけが自信につながる場合もありますし、仕事が楽しくなってきた、この会社でやっていけそう、という感覚的な面もあります。

また、男性もリミットや年齢を全く気にしないわけではありません。ただし女性とは逆算の方法が違います。女性は出産のリミットや子育ての年齢を気にしますが、男性は子供が成人するまでの自分の年齢とそれまでの収入を考えます。産めるか、育てられるかを考える女性に対し、養えるか、育て上げられるかという点を重視します。男性にとって、そのリミットが迫ってきたと感じたときが結婚を決めるきっかけとなります。

女性の場合

女性の場合、男性にプロポーズされたことが結婚のきっかけになります。やはり、男性から言ってほしいものなので、付き合っている男性からのプロポーズを待っている女性が多いです。中には、プロポーズされるときまで、結婚についてほとんど考えたことがなかったという人もいます。そういう人は、プロポーズをきっかけに、返事をするまでに相手のことや2人の将来を想像し、決心をするのです。

また、出産や子育てについて考えつつ、その年齢が迫ってきたときにも決心します。ほかにも、年齢の節目を迎えるころや、自分で設定したタイムリミットを考えた時、まだ出会う前から漠然と「次に付き合う人と結婚したい」と決心をしていることもあります。

復縁で結婚したケースのきっかけは?

付き合っている期間が長いと、特に男性は結婚のきっかけがわからなくなります。長い春は、相手への理解は深まりますが、ドキドキとときめくことも少なくなれば、別れるほどの大喧嘩をする危機もない、言わば一緒にいて当たり前な「空気の様な存在」になってしまいます。同棲を開始していて、家事の負担を女性が半分以上担っている状況であれば尚更です。

これは、今さら面倒臭い結婚をしているのではなく、結婚のいいとこ取りをしている状態だと言えます。

しかし女性は、漠然とでも結婚に憧れがあります。子供を望む人ならば、リミットの逆算もし始めます。長く付き合ってる彼が結婚の素振りを一切見せなければ、次の人を探さなくてはなりません。だって、リミットが迫ってるのですから。そんなカップルは一度別れることになるでしょう。

しかし、別れたあとは相手の事が嫌いになるわけではありません。その後別の人と付き合ってもモヤモヤとした感情がこみ上げてきます。新しい恋人よりも元カノ・元カレの方がしっくりくるからです。そういうわけで2人は復縁するのです。今度はすぐに結婚することになるでしょう。復縁自体が結婚のきっかけになるのです。

結婚を考えるきっかけになったエピソード集

ここからは、実際に結婚を考えるきっかけになったエピソードを紹介していきます。世の中のカップルは、どんなきっかけで結婚に至るのてしょうか?

エピソード1 相手が喜ぶ顔を見たいと思った瞬間

Blockquote firstBlockquote second

「あ、結婚しよ」って思ったのは相手のかっこいい瞬間とかではなくて、自分が「相手が喜ぶ顔を見たくて、料理の美味しそうな部分を無意識に相手の皿に入れた」時でした。普通なのかもしれないけど、私は一人焼肉や一人寿司も行くくらい美味しいもの食べたい欲に忠実に生きているので、なんか安心した。

結婚に対して自信がなかったり、不安に思うことがあった場合、自分の中で「この人となら大丈夫」と思えた瞬間が結婚のきっかけとなるようです。

エピソード2 話の流れから

Blockquote firstBlockquote second

hatch_love_comさん
10年来の友人で、結婚はおろか付き合うことも考えたことありませんでした。
あるとき主人の方から、出会ったときから将来結婚するんだろうなと思っていたと言われ、じゃあ結婚する?というような感じで、交際期間はほぼ0で結婚しました。
結婚して10年、子どもも3人できましたが、仲よく幸せですよ。

それまで全然考えていなくても、相手からのプロポーズや話の流れがきっかけになることもあります。

エピソード3 彼氏の転勤が決まったとき

仕事の都合などで物理的に離れなければならなくなった時に、一緒にいる手段として結婚に踏み切ることもあります。

幸せな未来への第一歩を踏み出そう

今回は、結婚相手との出会いのきっかけから結婚に至るまでをご紹介しました。カップルの中には、2人の間で結婚に対しての温度差があったり、想定している時期にズレが生じていることもあります。彼女からの熱烈な結婚したいアピールがプレッシャーになっている男性や、なかなかプロポーズしてくれない彼にヤキモキしてしまう女性もいます。

また、なんとなくお互い結婚を考えてはいるが、きっかけがなくて踏み出せないカップルもいます。そんな時は、目の前の相手との数十年後の生活を想像してみて下さい。少しでも温かい未来を想像できるのであれば、それは結婚相手として選んで良いしるしなんです。

プロポーズは、する方にとってもされる方にとっても一大イベントです。結婚に向けての第一歩は、プロポーズすること、されることです。きっかけは自分でつくるもの。勇気を出して、幸せな家庭を作る第一歩を踏み出してください。

関連記事

Related