Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】好きな人への恋愛の告白の言葉|メール/長文

Author nopic iconmoka
片思い / 2017年09月01日
【男女別】好きな人への恋愛の告白の言葉|メール/長文

好きな人への告白の言葉は?

好きな人がいるけど、告白する勇気がない、振られるのが怖いと思って告白に踏み込めない方は大勢いるでしょう。好きなだけで告白もできずに終わってしまった経験はありませんか。

相手もあなたの告白を待っていることもあります。お互いに遠慮していると本当になにもせず終わってしまいます。そこはあなたから、勇気を持って好きな人に告白しましょう。

ただ、「どうやって告白しよう」「告白の言葉が思いつかない」などたくさん告白に踏み込めない理由があります。そんな困っている人へ、告白の言葉、方法や年代別の告白の言葉などをご紹介いたします。

男性から好きな人への告白の言葉

ロマンティックにクリスマス

クリスマスといえば、どこに行ってもカップルだらけになるイベントです。好きな人がいるのに、告白できていない。それだといつまで経ってもクリスマスは寂しいままです。クリスマスこそ、好きな人を誘ってみてはいかがですか。

ディナーに誘った帰り、送り届けて別れ際での告白や花などのプレゼントを用意して告白など、女性はサプライズなどが大好きなのでクリスマスでの告白はとても嬉しいです。彼女の性格や普段会話してどんな物が好きなのかで考えてプレゼントを購入しましょう。

しかし、ここで注意点です。まだ恋人にはなっていないので、あまり高価な物は控えましょう。女性がひいてしまう場合もあります。

また、告白のときの言葉は、純粋に「好きです、付き合ってください」などストレートに言われた方が女性も心に響く人が多いです。どんなところが好き、彼女を大事にしていく姿勢や言葉であなたのイメージが変わります。自分が彼女に何を伝えたいのかで言葉を考えてみましょう。

気になるあの子ホワイトデー

バレンタインって男性もドキドキするでしょう。実は女性もホワイトデーはドキドキしているものなのです。バレンタインは女性からの告白するイベント、ホワイトデーはお返しと思ってはいませんか。そのホワイトデーこそ気になる女性に告白するチャンスです。

バレンタインをもらった場合、お返しをするときに告白をしましょう。しっかりとチョコのお返しも忘れずにあなたの言葉で伝えましょう。「バレンタインありがとう。僕も好きです。付き合ってください」など、バレンタイン勇気を出してくれた彼女に対してお礼を言いましょう。そのあとに自分の言葉を伝えると効果的です。

バレンタインをもらっていない場合でも積極的にイベントの力を借りましょう。「受け取ってください。好きです」などバレンタインだけが告白イベントではありません。ホワイトデーも告白チャンスです。

元カノとよりを戻したい

もう一度、元カノのことを振り向かせたい、あの時みたいに自分だけ見てほしいと思う男性も多いのではないでしょうか。別れたあとに彼女の大切さなどを痛感するものです。そんな彼女にまた隣にいてほしいでしょう。そんなとき、どんな言葉がいいのかご紹介します。

彼女が復縁したいと思う言葉はどんな言葉だと思いますか。女性はストレートな言葉に弱いです。「後悔している」「忘れられなかった」「もう一度隣にいてほしい」など簡潔に思いを伝えましょう。

しかし別れたあとにすぐ復縁に迫るのはよくありません。時間を空けましょう。相手があなたとの嫌なことを忘れて、いい思い出になったときが復縁の告白をするときです。相手の気持ちも考えて焦らずに告白してみましょう。

女性からの告白の言葉

女性は男性に比べて、告白の言葉のレパートリーはたくさん持っています。女性は好きな人の好みにすぐに合わせることができ、女性は様々な色に変化することができます。いくつもの感情を一気に感じ、不安になったり、嬉しくなったりします。好きな人のことで悩んでいるのであれば、告白してみてください。

例えば「何回言っても足りないけど、好きです」「好きです、でもあなたが好きになってくれたらもっと嬉しいです」など女性の告白の言葉は聞く方も言う方もドキドキします。

また、社会人になったりすると言葉が違ってきます。「まだまだ違う私も知ってほしいな」などの言葉は男性はまだ知らない部分がたくさんあると思って惹きつけられます。女性はたくさんの武器を持っているので、たくさん使いましょう。

メールでの告白の言葉

難しく考えずストレートに「好き」

メールでの告白をするとき送信をするまでに、たくさんの時間を使いますよね。どんな言葉が嬉しいか、心に響くかを考えると「告白」と簡単に聞こえますが、相手に気持ちを伝えることは、とても難しいことです。

メールで告白するときは、もし自分がされた側の気持ちになってみてください。長文でズラーっと文字が並べられたメールを想像してみてください。好きなところなど、たくさん書いてくれているのは嬉しいですが、何を伝えたいのかは伝わりにくいです。メールでの告白はストレートに伝えましょう。

例えば「好きです」「ずっと前から好きだった」など好きをストレートに伝えると、相手にとても響きます。また付き合ってくださいと伝えるより、好きと伝えた方が気持ちが入っていて嬉しいでしょう。

好きなところを1つ伝える

先ほどは、ストレートに告白の言葉を伝えてみると皆さまにお伝えしましたが、好きになったところを一つだけ伝えてみるのもいいでしょう。好きですと言われても嬉しいですが、「こんなところが好きになりました!」と言われるのも好感度アップです。

優しいところ、気遣ってくれるところ、一緒にいて楽しい、面白い好きになる理由はたくさんあります。そんな中でも、一番好きなところを伝えてみましょう。一度にたくさん伝えても、相手は混乱してしまいます。

あなたの言葉で伝えて、好きな人を振り向かせましょう。

年代別の告白の言葉

小学生

小学生で付き合うなんてと思う方も多いでしょう。でも現代の小学生は高学年にもなると彼氏・彼女という存在がいることもあるのです。どんな年齢でも人を好きになるということは素敵なことです。小学生の告白の言葉はどういうものなんでしょうか。

「好きになりました。付き合ってください」「大好きです」など小学生も直球な言葉が多いようです。直接恥ずかしい場合は手紙を書いてもいいでしょう。小学生でも好きと言われればとても嬉しいのでチャレンジしてみてください。

中学生

中学生にもなると彼氏・彼女がほしいと本格的に思い始めるころでしょう。女の子は好きな子の好みに合わせてファッションや仕草など研究したり、男の子は好きな子目の前にすると挙動不審になったりしますよね。いつまでも外で見ているだけではなく、思いを伝えてみましょう。

告白するときの言葉として「俺と付き合って」「○○君の○○なところが好きです」など直球でいうのもあり、相手の好きなところを伝えてもいいでしょう。現在は中学生でもスマホを持っているので、LINEでの告白もあるでしょう。また無料通話もできるため、直接告白するのは…と思っているときは電話で思いの言葉を言ってもいいでしょう。

中学生くらいまでなると、告白の言葉を伝える方法はたくさん増えます。自分がこうやって告白されたら嬉しいな、キュンとくるものを選んで、好きな人に告白するのが良いでしょう。

高校生

高校生は青春真っ只中ですよね。周りの友達ののろけ話なんか聞いちゃうと、いいなぁって思ったりしますよね。彼氏彼女がいると、他人とは違い毎日が充実してるようにみえます。もし気になっている好きな人がいるならば、思い切って告白をしましょう。

高校生の場合も中学生同様、告白するツールはたくさんあります。また告白の言葉のレパートリーも増えるでしょう。同じ部活動、バイト先、幼馴染、友達の紹介でなど色んなところで知り合うきっかけがあります。高校生になるとどんな言葉がいいのでしょうか。ご紹介します。

・男子の場合
部活帰りや、バイトが終わって帰宅するとき駅まで一緒に帰ろうなど誘って二人になったときに告白してみましょう。女子は自分から誘うより、相手から誘われるほうが嬉しい傾向があります。

別れ際に「好きです」「もっといろんな話をしたいです」など相手のことをもっと知りたいという気持ちはどんな女性でも嬉しいものです。

・女子の場合
女子の場合は男子に比べ自分から積極的に告白することができます。LINEや電話、直接告白など友達の力を借りて告白するという女子の団結力は心強いです。

不安なときは頼りましょう。告白の言葉は「○○君の○○している姿がとても好きです」「大好き、付き合ってください」や告白がしやすくなるイベントがたくさんあるので活用しましょう。花火大会やクリスマス、バレンタインなどプレゼントも含めて告白してみるのもいいでしょう。

長文でのメールの告白

ここまで、告白の言葉をお伝えしてきました。ここで、メールやLINEでの長文の告白について考えてみます。先ほどもストレートで直球の言葉が一番伝わる、長文よりも断然こちらの方が気持ちが入っているように感じます。

長文ですと何を伝えたいのかが全然わかりません。いきなりメール、LINEを開くと真っ黒で長ーい文字を見たら、読みたくなくなってしまうものです。せっかく気持ちを込めて時間をかけて送ったのに読むのがめんどくさいなんていう事態になったら悲しいでしょう。

なので、メールやLINEで文字にして告白する場合は、長文での思いの伝え方は控えましょう。たくさんの好きなところを伝えたい気持ちは誰にでもありますが、飽きられてしまったら伝わるものも伝わりません。

メールで告白する際は、シンプルが一番です。文字にして告白を考えている方は気を付けて送ってみると効果的でしょう。

好きな人と結ばれるためには簡潔に!

いかがでしたか。告白の言葉はたくさんあるようですが、「好き」という言葉は変わらないのです。伝える方法はいくつもあったとしても最終的には好きと伝えて結ばれます。

言うのが恥ずかしい、緊張する、それは誰でも同じなのです。どんなことでも大切なことを言うのは緊張します。いつまでも緊張していると思いもそのままになってしまします。

そうならないためにも勇気をもって告白しましょう。ストレート・簡潔にを基本的に守っていれば、相手に思いは伝わります。充実したライフを送るためにも自信を持ってください。もしも不安なときは一人で悩まず、友達などに協力してもらいましょう。

幸せをつかむためにも勇気を出して頑張りましょう。