Search

検索したいワードを入力してください

引きこもり主婦の特徴や理由|30代/40代/50代

Author nopic iconuairi
性格 / 2018年01月19日
091a696c f14e 41f1 aee2 1d56085dc37d

引きこもり主婦の特徴

「引きこもり」という言葉。一度は耳にしたことがあると思います。よくイメージされるのは、思春期の精神的に不安定な時期に学校生活で何かしらトラブルがあり、学校に行けなくなり、家にこもるようになってしまった…そして成人してからもきっかけがつかめずにそのまま家にこもっている、というようなパターンだと思いますが、現在では主婦の引きこもりが増えているようです。

定義として引きこもりは、「6ヶ月以上自宅に引きこもって社会参加しない状態が続いている」ことを指し、「40歳以上の引きこもりは100万人以上」とも言われています。

現在増えている引きこもり主婦の特徴を具体的にご紹介していきます。

子供がいる場合の引きこもり主婦

まずは子供がいる場合の引きこもり主婦の特徴を見てみます。子供がいると、家事にプラスして子供に関わる様々な用事が増えるので、朝から晩までひっきりなしに忙しく、1日があっという間に終わってしまい、自覚はないけれども引きこもり主婦になっていたりします。

子供が乳幼児の場合

子供がまだ乳幼児の場合は、1日中抱っこやおんぶなどをしたり、夜泣きに付き合ったりすることも多く、睡眠時間もまともにとれず肉体的に疲れ切っている方も多いです。

そして一人目の子供の場合は、すべてが初めてのことで戸惑うことも多く、自分の時間もまともにとれない為にストレスが溜まりがちです。そこで旦那さんのお休みの日は子供を見ててもらったり、周りの身内にお願いするなどしてリフレッシュできればいいですが、なかなかうまくはいかないものです。

子供と一緒に外出すれば、荷物は多いし、子供がぐずったり泣いてしまった場合、周りの目が気になり外出自体が面倒になり、引きこもり育児になってしまうのです。物事を自分だけで解決しようとする、責任感の強い真面目な人こそが引きこもり主婦になりやすいといえます。

子供が就学している場合

子供がある程度大きくなると、子供自身に人間関係が出来始め、必然的に母親同士の付き合いも広いものになっていきます。母親の付き合いというのは、友達ではないけれど仕事上の付き合いとも違う…気を遣い、疲れる方も多いです。そんな母親同士の付き合いに疲れてしまい、引きこもり主婦になる経緯もあるのです。そして、進路や子供の反抗期など、精神的な悩みも増え、疲弊してしまうケースもあります。

子供がいない場合の引きこもり主婦

子供がいない引きこもり主婦の場合は、旦那さんが仕事をしている間は多くの時間があります。自由に時間が使え、きちんと家事さえしていれば旦那さんにバレる事もないので、ダラダラしてしまうようになってしまいます。元々めんどくさがりやの人は引きこもり主婦になりやすいのです。

最近は買い物もネットスーパーを活用することも出来、家から出なくてもすむようになっています。そうした便利な生活が引きこもり主婦に拍車をかけています。また、旦那さんが職業柄、生活リズムが不規則だった場合には、余計に孤独感を感じるようになってしまいます。自分だけの為に食事を用意するのも面倒になったりして、ダラけた習慣がついてしまうのです。

年代別の引きこもり主婦の原因とは?

誰しもが最初から好んで引きこもり主婦になった訳ではありません。引きこもり主婦となってしまった理由があるのです。ここでは、年代別に引きこもり主婦の原因を探っていきます。

30代の引きこもり主婦の場合

30代女性は、結婚、妊娠、出産を経て人生がガラッと変わる時期です。結婚を機に仕事を辞めた場合は、一度社会から離れてしまったことで、社会復帰を恐れてしまい、家にこもってしまうこともあります。

また、子供が大きくなってくると新たな地域コミュニティが出来、ママ友も出来ますが、うまくその輪になじめずに引きこもり主婦になってしまうようです。そしてママ友との付き合いにはランチや買い物など、出費が重なります。家庭の経済的な理由で引きこもらざるをえない場合もあります。

40代の引きこもり主婦の場合

40代女性は、子供が成長して、進学の悩みが増えてくる頃です。両親も歳をとるので、子供の手が離れたと同時に両親の介護をしなくてはならない、という主婦も多いです。また、子供の世話がなくなったことで、寂しくなったり、自分は必要ない人間なんじゃないか?と考えてしまい、引きこもりがちになってしまう場合もあります。

更に、40代半ば頃からは更年期の症状が現れ始め、精神的に不安定になりやすく、引きこもり主婦になってしまう背景もあるようです。

50代の引きこもり主婦の場合

50代の女性は、まだ専業主婦文化が根強く残り、一度も社会に出て働いたことがない女性も少なくありません。女性は家を守り夫や子供につくすもの、という考えがあるので、外で働くという考えは頭にありません。

ですが子供が自立し、旦那さんも退職が近づいてくると、抜け殻のようにやる気がなくなったり、今後の生活に不安が生じて引きこもり主婦となってしまうのです。

引きこもり主婦からの脱出方法とは?

引きこもり主婦となった原因は人それぞれですが、その状態を自分でどう思うかがポイントです。引きこもり状態でも楽しめているならいいのですが、気分がふさぎがちになってしまってはいけません。

外に出たい、引きこもり生活から脱出したい!そう考えている方におすすめの方法をご紹介します。

まずは一歩踏み出してみる

もし引きこもり主婦を脱出したいと考えているのなら、何か変化を起こす行動を起こさなければいけません。1番手っ取り早いのは、外に働きに出て、社会との繋がりをもつことです。

しかし、長い間仕事にブランクがあり、外にすら出ていない状況でいきなり仕事というのは難しいものです。そういう場合は、まずは小さなことからステップを踏んでいく事をおすすめします。いつもとは違う美容院に行ってみたり、新しい洋服や化粧品を買ってみたり。見た目が綺麗になるだけでモチベーションも上がるはずです。

パートを探してみる

外に出るステップを踏み、自分に自信が出てきたら、パートなどに出てみるのも良いでしょう。引きこもりになりがちな人は真面目で完璧主義な人が多いです。家事と仕事の両立が出来なくなると自分を責め、また引きこもりになるという悪循環に陥ってしまいますから、パートは短時間で週に2、3回程のものにしてみたり、自分に無理のないペースで行えるようにしましょう。

資格をとってみるのもアリ

家にこもっている間に、何か資格をとってみるのもよいでしょう。生活にハリが出ますし、ブランクがあっても次の仕事に通りやすくなります。やりたいことが見つかるかもしれません。

また、現在はインターネットで気軽にネットビジネスをしたり、在宅ワークで家にいながら仕事をする道もあります。そこで社会と繋がりをもち、自分でお金を稼ぐことで自信がつき、外に出る一歩となるかもしれません。

引きこもり主婦のブログ人気ランキング

実際に引きこもり主婦となっている人が書くブログを読めば、リアルな事情を知ることができます。ここでは、引きこもり主婦のブログのブログ村人気ランキングを第3位までご紹介します。

第1位 隣の芝生

引きこもり主婦の日常が小説のように書かれています。母親なら誰もが一度は他人に対して抱いたことのある感情をつづっているので、共感できるところもあるでしょう。

第2位 ココロのおうち。

子供がいない引きこもり主婦の心のうちが書かれたブログです。子供がいないことで生じる悩みや自身の体調不良のことを抱えながらも、人生を前向きに生きる為に頑張っている様子が伝わります。

第3位 今日のやる気も休んでる

可愛い四コマ漫画と共に日常生活が描かれています。あるあると共感できるような内容ばかりです。ほんわかした絵のタッチに心が和みます。

引きこもりは自身を見つめ直すチャンス

「引きこもり」というと世間一般的には悪いイメージがつきまといますが、自宅で多くの時間を費やすことは、自分自身を見つめ直す、いい機会でもあります。まずは、今の自分自身を受け入れることです。そして楽しみや、やりたいことを見つけ、少しずつ前を向けるようにしましょう。

真面目で完璧主義な人も、困ったことがあった時には旦那さんや友人に相談したり、助けを求めたりして一人で抱え込まないようにしましょう。

恋愛したいけど、出会いがないあなたへ

人の性格は「十人十色」、色んな人がいるから面白いのです!
恋愛も同じようにそれぞれ楽しんでいますか??

恋愛したいけど、出会いがないあなたへ
とっておきの出会い方をお教えしちゃいます!

関連記事

Related