Search

検索したいワードを入力してください

デートの誘い方|中学生/高校生/大学生/LINE/メール/初デート

Author nopic iconsokonashi
カテゴリ:デート

初回公開日:2017年10月14日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2017年10月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

デートの誘い方|中学生/高校生/大学生/LINE/メール/初デート

初デートの上手な誘い方

好きな人と両想いになるためには、初デートの誘い方はとても重要です。どんな誘い方をするかで、今後の恋の行方が決まってしまいます。けれど、どうしても始めの一歩がうまく踏み出せず悩んでいる人は多いことでしょう。デートに誘っても断られるのではないか、うまい誘い方がわからないと悩んでいる人に上手なデートの誘い方のテクニックをお教えします。初デートは、誘い方で8割が決まってしまうと言われています。

誰もが一度はぶつかる初デートの壁ですが、あれこれ悩んでいるならここでデートの誘い方を学んで本番に臨めば希望は大きくなることでしょう。

中学生の初デートの誘い方

中学生の場合の初デートの誘い方は、「デート」という言葉はあえて使わず、「今度映画を観に行こうか」という感じで友達のように誘うほうが良いでしょう。一緒に遊ぼう的なノリで、テンポよく相手を誘えば、「楽しそう」と反応してくれるでしょう。

相手の好みを知っていれば、その方面の場所や施設に誘ってみるのも効果的です。絵画に興味がある人ならば美術館に誘ってみたり、スポーツ好きな人ならスポーツ観戦も良いでしょう。一緒に盛り上がれることが、今後の距離を縮めるためには最適です。同じ時間を共有することを第一に考えて、気軽なデートプランと誘い方をするのがおすすめです。

高校生の初デートの誘い方

高校生になれば、ちょっと大人の精神が芽生えてきます。好きな人とこうしてああしてと、夢や理想がどんどん芽生えていることでしょう。けれど、好きな人のデートの誘い方が分からなくてもじもじという感じではないでしょうか。

うまく、自然にデートの誘い方を成功させるには、気負わずLINEなどを使って気軽にデートに誘ってみるのが良いでしょう。誘い方としては、直接本人と面と向かってなどと生真面目に考えなくても大丈夫です。イベントやライブ、映画などが最適ではないでしょうか。

現代はLINEが当たり前の時代なので、気軽にやりとりできるLINEなら相手もすんなり受け入れやすいでしょう。口頭より親しみ感があって自然に進むことでしょう。もじもじしたり、噛んでしまう心配もないのでおすすめです。

大学生の初デートの誘い方

デートに誘っても断られたらどうしようと不安になるのは、幾つになっても皆同じです。誰だってデートの誘いは断られたくありません。始めから恐れず、堂々と、ストレートに誘ってみましょう。面と向かってでも、LINEでもいいので、好きな人には「デートしよう」とストレートな誘い方をするのが一番いい方法です。うじうじせず、ストレートに伝えられればスッキリするし、相手もまわりくどくなく安心するでしょう。

好きなものは好きなんだという思いで、テキパキ誘う方法で勝負しましょう。誘い方は、カフェやランチがおしゃれ感があり、相手にも応じてもらいやすいのでおすすめです。ランチに行った時は、相手の好みなどをしっかり聞いておき、次のデートのステップにしましょう。

社会人の初デートの誘い方

社会人なりの、初デートの誘い方はどうすればいいのか、デートの場所はどこがいいのかといった悩みは多いことでしょう。好きな相手へのアプローチは難しいもの。スマートにストレートに「今度一緒にご飯食べに行きましょう」と誘ってみましょう。また、季節関係したイベントなどを理由に誘うのもおすすめです。相手が興味や欲している内容が含まれていることなら、話に乗ってもらいやすくなります。

できれば昼間の時間帯で、長時間にならないプランですすめましょう。女性の場合、まだ特別な関係でもない男性と長時間一緒にいるということには抵抗を感じることが多いようです。今後恋愛に進めたいのであれば、初デートは短時間で印象深い内容の誘い方にしましょう。

初デートの場所に最適な場所とは?

初デートに多い場所としてディナーが挙げられます。多くの男性は女性をディナーに誘ってゆっくり時間をかけて会話を楽しんで二人の距離を縮めようとします。初デートの場合は、そんな定番を破ったランチタイムを狙いましょう。

昼間という新鮮なムードと、明るい時間帯ということで女性は安心感を覚えます。男性の下心を感じることなくデートを楽しもうという空気が感じられ効果的です。美味しいランチを食べながら、明るい話題で相手の気分をリラックスさせながら、楽しい時間を満喫することに専念しましょう。

女性からのデートの誘い方

女性から男性をデートに誘うことは、とても勇気がいりそうでなかなか実行に移せないという人は多いことでしょう。女性からのデートの誘いに男性がどう思うかと言う点も心配になってしまいます。男性としては、女性にデートに誘われることについて「あり」と思っている人は90%以上です。女性が不安に思うほど男性としては重要なポイントではないようです。今まで男性をデートに誘うことに躊躇いがあった女性にとっては、とても嬉しい情報です。

男性にOKしてもらえる上手なデートの誘い方をご紹介しますので、しっかり理解して、効果的に活用してみてください。

食事に誘う

思わず女性からのデートの誘いで、男性がノッテしまうのが食事の誘いです。「ランチしようよ」や「美味しいお店見つけたから行こうよ」などどいう言葉でデートに誘うと、男性は自然な感じで受け入れやすくなります。気負うこともなく、男性としても気軽な気持ちで出かけられるのでとても効果的な誘い方です。学校の帰りや仕事の帰りなどに、スムーズに実行できるのでおすすめです。

相談をもちかける

女性から、自然にデートに誘うのは難しいと思いがちです。誘い方に悩んでいるなら、ちょっとした相談事を持ちかける感じでデートに誘ってみるのもいい方法です。仕事の悩みや友人の悩みなど、口実はいくらでも考えられます。相談を持ちかけられれば、男性としてちょっと嬉しいことでもあるので効果的だと言えます。自分には弱音を吐いてくれるのだという思いも男性を満足させ、また男としては、女性からの相談を断ることはプライドが許しません。

女性が自分にだけ相談を持ちかけてくれたという気持ちが、好意に発展する可能性もありますのでこの方法はおすすめです。

映画に誘う

女性からのデートの誘い方として手っ取り早いのは、「映画のチケットが手に入ったから一緒に行こうか」という方法です。とても自然で気軽に応じてもらえる手段だと言えます。男性側も、「いいね」という感じでスムーズにいきやすいでしょう。

特に深い意味を考えず、友達感覚で受け入れやすい点からも、映画を口実にしたデートの誘い方は効果的です。男性としても変に構える必要がないので、「よかったらどうかな」という感じで誘ってみるのもいいでしょう。

ショッピングに誘う

デートの誘い方として自然に始まり、失敗に見えないのは買い物に付き合ってもらう誘い方です。男兄弟や男友達のプレゼントを一緒に見て欲しいとか、同じ趣味ならその買い物に同行してもらうなどの理由なら、とても自然です。

男性としても、自分を頼りにしてくれることが嬉しいことでしょう。その後でお礼にお食事に誘ってみるとなお効果的でしょう。

男性に断わられないデートの誘い方とは?

女性からデートに誘う場合、誘い方によっては男性に断られることもあります。勇気を出してせっかくデートに誘ったのに、虚しく断られてしまっては悲しいばかりです。男性に断わられないデートの誘い方とはどんな方法なのかご紹介します。

男性の都合を配慮する

女性からデートに誘う時は、女性らしい気配りが必要です。男性の都合や気持ちをよく考慮した誘い方を心掛けることが重要です。「暇でしょ」や「今日遊ぼうよ」などという言い方はどこか投げやりで適当なイメージがあるので避けましょう。男性の仕事の状況をさり気なく尋ねたり、体調を気遣う言葉を掛け、急な誘いにならないよう、いつ頃時間が空いているかを確認してデートに誘うようにしましょう。

誰でもいいという感じではいけない

時間が空いてる人が見つからないから付き合ってくれないか、という感じの誘い方は、男性を不愉快にさせるのでやめましょう。自分でなくても誰でもいいんだなと思ったら、どこか白けてしまいます。あなたがいいのだという重い感じを匂わせる必要はありませんが、暇つぶしや何かのついで、たまたまという誘い方をしないよう気を付けましょう。

男性のほうからデートに誘わせる方法とは?

女性からデートに誘うのではなく、男性からデートに誘ってもらうように仕向ける方法があります。たとえば、会話の中で楽しい雰囲気を作り、もっとこの人と話してみたいと思わせる方法や、好みや趣味が一緒だとアピールして、その話題で盛り上げると言う方法もあります。趣味が合うと、それを口実にして誘いやすくなります。趣味が違っていたとしても、相手の趣味に興味を持って、知りたいアピールをすれば相手は嬉しくなって誘ってくれる可能性があります。

男性のほうからデートに誘ってもらうには、男性が誘いやすい方向に持って行くというやり方がとても効果的です。

男性からのデートの誘い方

せっかくデートに誘うのだから、断わられたくない。でもどんな方法で女性をデーとに誘えばいいのか悩んでいると言う男性は多いはずです。デートの誘い方は簡単なようで難しいと思っていることでしょう。

そこで、女性からOKしてもらいやすいデートの誘い方をここでお教えしましょう。好きな女性がいるという男性はこの方法を参考に、アピールしてみてはいかがでしょうか。

誘い方はシンプル・迅速に

デートに誘うのは勇気がいることではありますが、男性として女性に誘いをかけるときは、堂々とした態度で、うじうじすることなくハッキリとストレートな言い方をしましょう。

誘い方は、「デートしよう」とストレートな言い方で、テキパキと日時も決めてしまいましょう。ただし、強引な誘い方はではなく女性にきちんとお伺いを立てた上でということを忘れないようにしましょう。

誘い方を間違えると、女性にとって恋愛対象外にされてしまうので注意が必要です。凝ったセリフや細工は逆効果なので、「一緒に〇〇に行こうよ」という誘い方で十分です。

突然誘ってみる

ちょっと強引で勝手な気もしますが、男性の真っ直ぐさが伝わる一つの方法でもあります。もうひと押しで思いが伝わりそうな状況ならば、この方法がおすすめです。女性は、男性の一本気なリードの仕方に惹かれます。

「今日会おうか」と突然のストレートな誘いに、女性は思わず「うん」と言ってしまうでしょう。それで、今日は無理と言われたなら、「じゃあ、明日にしょうよ」という順序で大丈夫です。

ポイントは、デートプランを立てていた感を出さないことです。思わず今誘ってしまったという印象が大事です。前もって考えていたとなると、遊び慣れてるなと思われがちですので注意しましょう。

水族館や遊園地に誘う

男性から女性をデートに誘うには、男性同士ではなかなか行きづらい場所に誘うのが効果的です。「男同士じゃ行きづらいから一緒に行ってほしいな」などと懇願する形の誘い方をすると、女性としても違和感なくOKしてくれることでしょう。

イベント事などがあるとなおさら効果的です。水族館や遊園地は女性も大好きな場所なので、気軽に応じてくれる可能性は大きいでしょう。

家族のプレゼント選びに付き合ってもらう

男性からのデートの誘い方としてとても自然なのは、男性の家族のプレゼントを一緒に選んで欲しいとお願いする方法です。男性の多くは、贈り物の買い物が得意ではないと言われています。女性はそれをよく知っているので、男性がお願いすれば快く承諾してくれるでしょう。

まして、家族や兄妹などへのプレゼントだと知ったら、家族思いの優しい男性だと思ってくれるでしょう。家族でなくても、友人や上司、同僚でも良いでしょう。その後でお礼を兼ねた食事や贈り物ができるチャンスも待っています。

女性が断りたくなるデートの誘い方とは?

男性が女性をデートに誘う時は、女性心理やマナーを考慮した誘い方が重要になります。自分の思いばかりを押し付けた強引な誘い方や、品のない誘い方は女性に嫌われてしまいます。
思わず女性がNOと言ってしまうようなデートの誘い方とはどんなものなのでしょうか。

ここにあげる悪い例を良く頭に入れて、女性への最適なデートの誘い方を身に着けましょう。

思いつきだけのような誘い方

ふと思いついて誘ったように、「ねえどっか出掛けようよ」とか「デートしたいな」などという誘い方は、軽い男性だと思われてしまってマイナスです。本気で誘っているのか、軽い気まぐれなのか、女性にとっては判断がつきません。

適当な男だなと思われて相手にされない場合もあります。照れくさかったり緊張から、ぎこちなくなって軽い言い方になってしまわないよう注意しましょう。女性には真摯に向き合うことが大切です。

女性の都合を考えない誘い方

強引な男性が女性に好まれると勘違いしている男性が多いようですが、女性全てがそんな男性を好んでいるわけではありません。女性をデートに誘うならば、女性の気持ちになって、都合や体調、気分の配慮が必要です。

「〇〇日に、●●に一緒に行きたいんだけど」などと、誠意ある態度で都合を聞き、それによってプランを伝えるなら大丈夫ですが、始めから自分本位な予定を押し付け、強引に約束を取り付けようという態度は、男らしくはありません。

男っぽくと意識し過ぎてそんな言い方になってしまう場合もあることでしょう。女性に対する時は、優しさと思いやりをにじませることが大切です。

複数でデート

どういうわけか、1:1ではなく、複数の人数でデートをしようとする男性がいますが、それはデートとは言いません。一人が不安だったり、友人に助けてもらいたい心理なのでしょうが、女性にしたら引いてしまいます。

女性のことが本当に好きで、恋愛をしたいと思っているのなら、男として一人で向き合うことが重要です。「●●と〇〇に行くんだけど、一緒にどうかな」などという誘い方をしたいのなら、友達のままで終わる覚悟が必要です。

誰かの代わり的な誘い方

女性をデートに誘う時に、「●●が来られないから、付き合ってほしいな」という誘い方はよくありません。誰かの代わりと言われて気分のいい人はいません。たとえ、その場所が好みのな場所であっても、女性は不快になることでしょう。

照れ隠しの口実でも、この表現を使うことはマイナスです。

好き人をデートに誘うにはどうすればいいの?

好きでたまらない人をどうデートに誘えばOKしてもらえるのか、考え出すと不安で一杯になって、どうしていいのか分からなくなってしまいます。好きな人のデートの誘い方は難しくてなかなか答えが出せないものだからです。

誘いたくてもなかなか誘えないでいる人がどれだけいることでしょう。好きな人をデートに誘って、OKしてもえたらどれだけ楽しい充実したデートができるのでしょう。思いをかなえるためには、デートの誘い方をマスターしましょう。

大きなお願いから小さなお願いに変える

好きな人のデートの誘い方は、単純なテクニックを使ってみます。まず、大きなお願い事を相手に頼んでみます。その後で、最初のお願い事より小さめのお願い事をしてみます。すると、相手は後のお願い事のほうが簡単な気がして選択してしまいます。

たとえば、遠出のドライブを持ちかけてみます。「今度、〇〇方面までドライブに付き合って」と言ってみると、〇〇方面はあまりに遠くて相手はちょっと戸惑ってしまいます。

次に、「じゃあ、近くの海の見えるレストランでランチに行こうよ」という身近でできるデートをお願いしてみましょう。すると、相手は「まあそのくらいならいいか」と気軽に応じてくれるでしょう。

このように、大きなお願いから小さなお願いに変えることで、たやすい気持ちにさせてしまう効果があります。

断わる選択肢を与えない

好きな人のデートの誘い方で、断わりにくくなる方法もあります。どちらもデートに行くようになる選択の仕方で相手を誘ってみます。相手は、選択をするだけでNOという答えはありません。

たとえば「今度ランチに行くのは、土曜日と日曜日のどっちがいいかな」という感じです。デートに行くという前提で、都合のいい方を相手が選択できるという方法ですが、強制的な印象はなく、相手としても自分で選択したという気持ちで納得できます。

気分転換を理由に誘う

好きな人のデートの誘い方では極自然な流れでできる方法で、相手の気持ちを気分転換させてあげるという口実があります。好きな人が、なにか悩みやストレスを抱えている時に、気分転換を提案してみましょう。

まず、愚痴や悩みを聞いてあげて、その後でカラオケであったり、食事であったり、ドライブなどに誘ってみましょう。「溜ってるみたいだから、気分転換でもしようか」といった感じで良いでしょう。

相手にとっても、ちょっとした救いに思えて応じる気分になることでしょう。また、提案してくれたことに感謝の気持ちも持ってくれて、好感度が上がることが期待できます。

自然なデートの誘い方

デートに誘いたいけれど、できるだけ自然な形で誘うにはどうしたらいいのかとむのは当然です。デートの誘い方は勇気と思い切りがあればいいのかというと、そういうわけでもありません。

効果的であり自然な誘い方は女性の心理をつかむことが大切です。そして女性に「会いたい」と思ってもらえる気配りのある誘い方にはコツがあるので、そのポイントをご紹介しましょう。

気合いを入れ過ぎない

プランを練り過ぎて、気合いの入ったデートの誘い方をしてしまうのはよくありません。成功させたい気持ちはわかりますが、そこに自然さは感じられません。気軽な感じを出すには、食事などに誘うことが最適な方法です。

女性も身構えることなく、食事くらいならという軽い気持ちで応じることができます。断られたら、また次の手段を考えればいいくらいの気持ちで誘ってみることが大事です。気負いは相手にも伝わってしまい、ぎこちない誘い方で終わってしまいます。

真面目に考え過ぎず、「今度の週末、食事でもどうかな」という感じで、重くならないソフトな誘い方を心掛けましょう。

昼間のデートに誘う

女性にとって、夜の時間帯の誘いは少し用心しがちで簡単にOKとはいかない場合があります。下心ありかと疑いを持たれることもありますので、自然な流れで誘いたいのなら、「ランチでもしませんか」という感じで昼間のデートに誘ったほうが無難です。

女性にとっても、昼間のほうが安心できて気が楽です。また、夜間に女性を出向かせ、帰宅させることを思うと、いきなり夜間帯のデートに誘うのは無神経だとも言えます。女性のほうも億劫感じることもあり得ます。

リラックスできて、明るい雰囲気の昼間の時間帯にお茶や食事に誘うほうが自然で効果的な誘い方でしょう。

美味しいお店に誘う

女性は美味しい物が大好きです。スイーツの美味しいお店やランチが美味しいお店などをリサーチして、「美味しいお店を見つけたから、一緒に行こうよ」と声を掛けてみる方法はとても自然です。

普段から美味しい食べ物の話や、相手の好き食べ物の話をしておくと、その流れで食事に誘うことが自然にできるでしょう。また、人から聞いたという設定でいいお店があると誘う方法も効果的です。

ポイントは、いつも会話のやり取りを行っておいて、誘う時のタイミングが掴みやすいようにしておくことです。

頼みごとのお礼としてデートに誘う

ささいなことで良いので、相手に何か頼みごとをしてみましょう。たとえば、同僚の誕生日プレゼントを何にしたらいいのか分からないから、一緒に選んでもらえないかと頼んでみて、そのお礼に食事に誘う方法や、仕事上でちょっと手伝って欲しい事柄を見つけてお願いしてみる。そのお礼に美味しいカフェに招待するなどは自然な誘い方です。

女性としても、男性から頼みごとをされて嬉しいと感じます。誰でも、人から頼られて嫌な気はしません。頼みごとをこなしてくれた相手には労いと感謝の言葉をさり気なく伝えたら、「そうだ、お礼に美味しいランチ御馳走させてよ」という流れに持っていけばOKです。

LINEでのデートの誘い方とは?

初デートの誘いは上手で良いタイミングが重要です。デートに誘うまでには、お互いの距離を縮めておく必要があるので、デートの誘いをかける前に相手と連絡を取り合う状況を作りましょう。

LINEで初デートに誘う前には準備が必要です。初デートに誘って断られることがないよう、まずはLINEを使って相手と上手にコミュニケーションをとっていくことをおすすめします。ここでは、LINEでのコミュニケーションの取り方や初デートの誘い方を、注意点を挙げながらご説明していきます。

相手とLINEのやり取りをする

デートに誘うまでの間に、まずは相手との距離を縮めておかなくてはなりません。その方法としてLINEも大いに活用できます。自分の存在をアプローチするには、相手の時間を邪魔しない程度に少しずつ連絡をとっていいくことが大事です。

丁寧で優しい言葉遣いで、相手とのコミュニケーションをとっていくうちに、お互いの距離は少しずつ縮まっていきます。ただ、連絡は多すぎたり長すぎたりしてはいけません。LINEスタンプを使ったり、挨拶程度の短文を1日に2回くらいが最適です。

挨拶なら、「お疲れ様」や「今日は寒かったけれど体調に気を付けてね」などといった労わりの言葉がいいでしょう。時には、ちょっとした相談のような語りかけも相手としては話に乗りやすいのでおすすめです。

LINEで気を付けるポイント

LINEは、テンポよく会話のやり取りができるため、つい調子に乗って切のない話をし過ぎてしまいがちです。文章の内容は短すぎず長すぎない量が大事です。長すぎてしまったり、いつまでも続けていると、相手から「疲れる人だなあ」と思われてしまいます。

文章の内容は、砕けすぎず硬すぎないことが大切です。適度に顔文字やスタンプなどを利用しながら、楽しい雰囲気を出すことも忘れないようにしましょう。相手から「話していると楽しいな」という印象を持ってもらうことが大事です。

時間帯は時間の余裕ができる夜で、いつも同じような時間に送るようにすると、相手は「今日も来るかな」という心の準備と期待感を持つことができるので効果的です。

初デートに誘う時期

初デートに誘うタイミングは、LINEなどでやり取りが進んでお互いのムードがスムーズに行くようになってくる5~6回目くらいの時が良いでしょう。期間としては連絡のやり取りが始まってから1週間くらいが最適です。

この頃までにLINEのやり取りの中でしっかり会話を充実させて、お互いの距離を縮めておくことが必要です。その下準備があってこそ、初デートの誘い方がスムーズにいくようになります。楽しい会話をしている中で、自然な感じで初デートに誘ってみましょう。

メールでのデートの誘い方とは?

とても簡単で手軽に送れるメールですが、好きな人への大事なデートに誘いをどんなメールにして送ればOKしてもらえるのでしょうか。単純でも伝わらず、難しくても重いので、とても難しいところです。

メールでのデートの誘い方について、ここでいくつかの案をご紹介しましょう。自分に向いているなと思った方法があれば参考にしてみてください。

日時を入れたデートの誘い

「今度食事に行かない?」という言葉だけでは、どこか中途半端で相手も「そうだね」というしかありません。「〇〇日に、一緒にランチしよう」となると、具体的で相手も考える理由が見つかります。

メールではあやふやな表現はせず、分かりやすくて応えやすい問いかけが大切です。そして、なぜランチなのかという点についても、一言理由を加えておくと相手も受け入れやすくなるでしょう。


「そこのランチのデザートが美味しいという評判だから食べてみたいよね」などと、一言あれば、誘い方としては明解で爽やかな印象です。

「1回だけ」が効果的

好きな相手に「会いたいな」という気持ちをストレートに表現しながら、「1回だけでいいから一緒に食事したいな」という限定付きの誘い方は、相手にとって自分が特別な感じがして気分がいいものです。

「1回だけなんて、そんなこと言わずに」という気持ちにもなってくれることもあります。まずはデートに応じてくれることが先決なので、1回だけというセリフは効果的です。

動物の写メを送る

相手の好きな動物を聞いて、その動物に関する写真を送りましょう。もし犬が好きなら、自分が愛犬と過ごしている写真、猫が好きというなら猫の写真を送って、その話題で盛り上がることができます。

そしてその流れで、「今度猫カフェに行こうか?」などとデートに誘うことができます。メールでのデートの誘い方に困っているなら、動物を話題に持ちだすと、和やかに話がはずみやすくなります。

自分も動物が好きでなければなりませんが、動物が好きだといいうことは優しい人だという良い印象も持ってもらえるので、メールでの誘い方には、愛犬や愛猫、愛鳥などの写真があればできるだけ活用することをおすすめします。

デートの誘い方でしてはいけないこととは?

男性・女性ともにデートの誘い方でしてはいけないことは、相手の気持ちや都合を無視した誘い方をすることです。たとえ相手の好意を何となく感じていても、自分本位な姿勢は上から目線な感じで嫌悪感を持たれてしまいます。

強引さは自分勝手に過ぎません。相手を思いやった誘い方を心掛けることが大切です。そして、自分から誘う以上デートのプランは自分がリードして適格な提案を知るべきです。「どこがいいかな」や「時間と場所はまかせる」などというやり方はNGです。

よほどの作戦でない限りは、当日の突然の誘い方は良くありません。相手に「予定もない暇な人間だと思ってるのか」と思わせてしまいます。余裕を持った日取りで誘うことが最適な方法です。

振られた後のデートの誘い方とは?

せっかく勇気を出してデートに誘ったのに断られてしまったら、諦めるべきか再度デートの誘いに挑戦するべきか悩んでしまいます。立場がなくなってしおれたままになってしまわず、今後のためにベストを尽くすにはどうすればいいのでしょうか。

「また機会があったら誘うから、都合の良い日を教えてね」と声を掛ける方法です。できるだけ明るく言うことで、相手に不快感を与えず自分も気まずさを感じなくてすみます。そして、次のチャンスを残せるという効果があります。

大切なのは、お互いの関係を気まずくさせないことです。自然なデートの誘い方をして断られたなら、自然な形でその場は引き、次の機会を待つことです。そして、何度か連絡を取り合いながら、程よい期間が経過した後再びチャレンジするのがおすすめです。

2回目のデートに誘う方法とは?

初めてのデートの誘い方に成功したら、次は2回目のデートもスムーズに誘いましょう。ではどんな感じで2回目のデートに誘えばいいのでしょうか。男性も女性も、2回目のデートに誘われた時、嬉しいと感じる人は80%以上です。それ以外の人は自分から誘ってみたいという気持ちでいるようです。

勇気が湧いてくると同時に、絶対に2回目のデートの誘い方に失敗はしないためにも、デートの誘い方をよく把握して成功させましょう。

初回のデートで判断する

初めてのデートで、お互い楽しめてノリがよかったら、その流れで「次はいつ会おうかな」とすんなり持って行くと違和感なく2回目のデートの約束ができます。2回目のデートは、初回からあまり期間を置かないほうがよいので、その日の雰囲気が良ければ二人で予定立てておくのが良いでしょう。

もし、初回のデートで誘い方が上手くいきそうにないと思えたなら、後日デートのお礼を兼ねたLINEをして、会話がスムーズに行き始めたら「次は〇〇日に会おうか」と振ってみましょう。

「楽しかったから」という言葉を使う

初回のデートが盛り上がっていたなら、「今日は楽しかったね」や、最後に「楽しかったからまた行きたい」という表現をすると、じゃあ次はという流れに持っていけます。相手にとっても、楽しかったからと言われると、嬉しくなって好感度も増すことでしょう。誰でも、「楽しかった」と言われれば、また計画しようという気持ちになります。

「また」や「一緒に」という言葉を使う

初回のデートの最後に、また会いたいなという感じのセリフを言ってみるのもいいでしょう。2回目のデートは、初回のデートの時に誘ってみるのも効果的です。その時の気分が乗っていれば、誘いやすくなります。また、後日であっても、あの日は楽しかったからまた一緒に行きたいといわれれば、じゃあまた一緒に、と考えるでしょう。

初回のデートの話題を持ち出す

2回目のデートに誘いたい時は、初回のデートの話題を空いてに振って、話題を興味深いものにしていきましょう。そして、話が盛り上がってきたところで、2回目をさりげなくアピールしてみます。

相手が初回のデートに満足していたようなら、「じゃあ今度は」という感じで次の提案をしてみましょう。初回のデートで相手の趣味を聞いていたなら、自分も興味を持った態度を示せば趣味に基づいた形でデートができるでしょう。

2回目のデートで注意することとは?

初回のデートの誘い方に成功して、2回目のデートに誘う場合に注意してほしい点があります。一つ目は、2回目のデートに気持ちが先走ってしまい、どこかガツガツしてしまわないようにすることです。

相手に気持ちを悟られ過ぎて、自分の立場が下になりがちです。また、相手としても引いてしまいます。ここでは、ちょっと冷静な態度でしつこくなく、相手から誘ってくるくらいの余裕を見せることも大切です。

できれば、控え目にさりげない誘い方でアピールしながら、軽い人だと思われないよう、〇〇が楽しかったからなどという理由をつけて誘ってみることをおすすめします。

2回目のデートの誘いで男性はどんな気持ちになる?

初回のデートに誘われて、さらに2回目のデートに誘われたら、男性としてはどんな気持なのでしょうか。男性の8割以上が女性から2回目のデートに誘われるととても嬉しいと思っているようです。

男性も楽しめたデートの場合ではありますが、女性から誘ってもらうということに好意の度合いを強く意識してしまうという点もあります。女性は一般的に受け身であり、デートも男性からの誘いに応じるパターンが多い中で、自分から積極的にデートに誘ってくれる女性は、男性にとって素直に映っています。

自分の気持ちをストレートに表現できる女性に、男性は好感を持ってしまうようです。

失敗を恐れず直球な誘い方でデートは成功する

デートの誘い方は、考え過ぎてはマイナスに向かってしまいます。100%な誘い方はありませんが、デートに誘う前に相手と自分の関係性をよく見つめてください。その関係性によって誘い方にも、受け入れ方にも違いはあります。

デートに誘うまでに相手とのコミュニケーションをしっかりとって、自分を印象付けておくことが大きなポイントになります。少しでも自分という人間に興味を持ってもらえば、初めてのデートにもOKしてくれるでしょう。そして、誘い方は自分の気持ちをシンプルに、直球で伝えることで自然な流れの誘い方になります。相手に変な構えを持たせないためには、自分が自然体であればうまくいきます。相手への配慮と自分の素直な気持ちがあれば、デートはきっと成功することでしょう。