Search

検索したいワードを入力してください

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

Author nopic iconヘッピンゲン
結婚 / 2018年01月19日
結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

男が結婚したい女と思う女の特徴

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

男女ともに、恋愛と結婚は違うとよく言います。言い換えると遊びと本気とも言えます。実際に男性が結婚したいと思う女性はどういう特徴があるのでしょうか。

絶対的な味方になってくれる

男性は日々、会社でストレスフルな日常を送っています。時にはどうしようもなく会社の人と合わないこともあるでしょう。そんな時に、自分には自分だけの理解者がいると思うことで強くなれ、さらに仕事に邁進し、昇進したり、大きなプロジェクトを任される器になるのです。

血が繋がっている自分の親が、自分の味方であることはもちろんですが、結婚するパートナーは言うなれば他人です。それでも自分のことを絶対的に信頼し、尊敬し、味方でいてくれるという安心感を得ると、男性は結婚したいと思います。

相手を思いやる心がある

多くの女性は男性にたくさんのことを求めがちです。自分の身丈に合わない要求や「好きだから」という理由で、あーだこーだと相手を束縛する女性はいますがそういう女性は男性が結婚したいと思う女性の180度真逆です。

男性は自分の時間が欲しいものです。それは何も悪いことをしたいのではなく、日々仕事で戦っているので、その自分をリセットする時間が必要なのです。そういう時間を束縛しないで、「ゆっくりしてね」と言ってくれるような女性なら、結婚したいと思うでしょう。

雰囲気が柔らかい女性

男性が好きな女性って、だいたい決まっています。雰囲気がふわふわしていて、女の子らしい女性です。毎日会社に仕事に出かけて、上司や取引先に頭を下げ、行きたくもない接待に笑顔で参加している男性方は、お家に帰ってくる頃にはもうヘトヘトです。

そんな時に家に帰ってきて、「遅かったわね」とぶっきらぼうに言われるのではなく、「遅くまでお疲れ様」と優しい雰囲気で、笑顔で出迎えてくれる女性なら、男性の心は癒され、結婚したいと思います。

話をちゃんと聞いてくれる

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

仕事で過度のストレスやプレッシャーに耐えなければならない時、どうしても愚痴を言いたくなってしまうこともあります。そんな時に女性が、「うんうん」と親身になって最後まで話を聞いてくれると、男性は心を許すことができ、結婚したいと思うでしょう。

それは女性が話しを聞いて欲しい時と一緒で、何も自分の意見は求められていません。何も言わずに、ひたすら自分の話を聞いてくれる女性に男性はグッとくるのです。間違っても男性に対してお説教を始めたり、「そんなんだからダメなのよ」なんて言うことのない様にしましょう。

料理が美味しい

これは結婚したいと思われる女性の絶対条件です。男性は毎日コース料理が食べたいわけではありません。疲れてお家に帰ってきてホッとしたい時に、素朴でも安心する味の食事がしたいのです。

外食が多くなる現代だからこそ、自宅で栄養バランスの取れた、美味しい料理を食べたいと思うのが男心です。たとえ今は料理が苦手でも、これからクッキングスクールに通ったり、美味しいごはんを作れるようにする努力は、きっと相手の男性に伝わり、結婚したいと思ってくれます。

実年齢が若い女性

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

結婚したいと思う男性は、多かれ少なかれ子供を望むはずです。なぜなら子供を望まないならば、そもそも結婚しなくていいという男性も多いからです。

子供を授かるには今の医療がいかに発達したと言っても、女性には限界があります。もちろん45歳で自然妊娠したという人もいますが、それは奇跡的な確率です。ですので、40歳でとてつもなく素敵な女性がいたとしても、25歳でほどほどの女性の方と、男性は結婚したいと思うでしょう。

専業主婦願望ではない女性

結婚したら自分は仕事をしたくないから専業主婦になりたい、などという人はお話になりません。今のご時世男性が会社でも経営していない限り、男性だけに働かせるというのはナンセンスです。

子供がいないにも関わらず専業主婦になりたいなどという人は、結婚したいとは思われません。二人共働くことで、リストラのリスクも分配されるし、男性のプレッシャーも軽減されます。そういう相手なら男性も結婚したいと思います。

お金の価値観が合う女性

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

男性は女性を養うために結婚するのではありません。だから自分が汗水垂らして稼いできたお金を、水のように浪費する女性とは結婚したいとは思えません。堅実で、毎月決まった金額を貯金に回し、どうやったら家庭が円滑に進むかを考えてくれる女性と結婚したいと思うのです。

例えば普段の食費はこのくらいと決め、できるだけその範囲内でやりくりしたり、交際費も「今月は少し使いすぎだから、次のデートは公園でお散歩しない?」などと提案してくれる女性と結婚したいと思うでしょう。お給料が入ったら入ったぶんだけ使う様では、将来が見えず、結婚が遠のくでしょう。

ポジティブな女性

結婚したら毎日顔を合わせるのですから、ネガティブな女性と結婚したいという人はなかなかいないでしょう。女性がポジティブだと、男性が仕事で落ち込んでいても、次の日の朝になったらエネルギーチャージされていて、また今日も一日頑張ろうと思えるのです。そういう女性なら男性も結婚したいと思うのです。

甘え上手な女性

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

いつも仕事で大変な思いをしている男性は、家に帰って大好きな女性が自分に甘えてくれると、それだけでとても癒されます。まだ会社では昇進できずに悩んでいたり、肩身の狭い思いをしても、家に帰るとそこは自分の城の中です。

大好きな女性が自分に甘えてくれるだけで、男性特有の男のプライドが保たれるのです。甘えるのが苦手な女性も多いと思いますが、恥ずかしがらずに甘えてくれるほうが、男性は結婚したいと思うのです。

ベタベタしろと言うことではなく、帰ってきたら玄関に出迎えにいったり、ビールを飲んでいる時に手を触ったり、「あなたがいてくれて嬉しい」ということを伝えるのが大切です。

自分の家族を大切にしてくれる女性

結婚はただの男女のお付き合いと違って、お互いの家族との関係性も重要になってきます。100家族入れば、100通りの生活様式があって、100通りの家族観があるでしょう。

男性は自分の家族を大切にしてくれる女性と結婚したいと思います。例えば、彼女の家族はみんな大卒でちゃんとした会社に勤めているが、男性の親は離婚していて、学歴もなく、あまり人気のないレストランを経営しているとします。それでも学歴なんて関係ないと言ってくれる様な彼女なら、彼はきっとあなたのことを一生大切にしてくれるでしょう。

コミュニケーションがきちんと取れる女性

結婚したら毎日同じ時を過ごすことになります。お互いの好きなものや、趣味の話、最近ハマっているものの話なら、きっと楽しく話ができるはずです。

でも結婚となると、「いつも楽しい」だけでなく、意見の相違があった時や、納得できない時など、何か問題が起きた時に、無視するのではなく、しっかり話し合いができる関係でなければなりません。そんな時にヒステリックに叫ぶ様な女性ではなく、しっかり落ち着いて話し合える女性なら、男性も結婚したいと思えるでしょう。

結婚したいと思わない彼氏に結婚したいと思わせる方法

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

大好きな彼だけど、適齢期になったのになかなかプロポーズしてくれない、結婚願望がないと言われる、なんて事があります。そういう結婚したいと思わない彼には、どうやったら結婚したいと思ってもらえるのでしょうか。

家事が得意なことをさりげなくアピールする

女性の社会進出が進んだ今でも、多くの男性は家事を女性にやってほしいと思っています。それは一種の甘えです。

でも男性はお母さんがやってくれていたから、自分もやって欲しいと実は思っているのです。女性もフルタイムで働いているなら、少し難しいかもしれませんが、料理や掃除は特に男性はやりたがりません。彼の家に遊びに行った時、少ない材料で適当にごはんが作れたり、やってあげてる感を出さないで掃除をしてあげると、男性は結婚したいかもと思うでしょう。

結婚したい感を前面に出さない

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

男女の駆け引きの難しいところですが、男性は女性からグイグイ結婚したいオーラを出されれば出されるほど、結婚したい気持ちが薄れていくものです。しかしそれは、相手を大切に思っていないからではなく、自分にまだ自信が持てないからです。

男性は自分に自信が持てた時に、大切な相手に自分から結婚したいと話すものです。一度結婚についてお互いがどう思っているか話して、話し合いが終わった後は潮らしく待ってみてください。あなたが彼にとって絶対失いたくない女性なら、男性は絶対に結婚したいと言ってくれます。

小さな幸せで喜べる人になろう

男性の中にはまだまだ、結婚=自分が養うこと、と思っている男性も数多くいます。そのため、どんなに仕事を頑張っていても、お給料が増えないなどの経済的な不安のために、結婚したいのに言い出すことができないということも有り得ます。

でも、彼女がいつもよりちょっぴり高いワインや、ほんの少し奮発したケーキなどで喜んでくれたら、男性のプレッシャーも軽減され、この子なら結婚したいと思ってくれます。

子供について真面目に話す

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

男性の中には、結婚して子供もほしいけど、まだまだ先でいいかなと思っている人もいます。現代医療は素晴らしいので、妊娠に関して知識のない男性は、40代になってもまだまだ妊娠できると思いがちです。

しかし実際、35歳をすぎると、卵子の質は一気に低下し、30代後半の出産は、病院によっては高齢出産とみなされます。結婚したい女性は、これらの知識を男性に正しく理解させることが必要です。そして正しく理解し、本当に子供が欲しいなら、結婚したいと言ってくれるでしょう。

結婚のメリットを教える

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

独身を謳歌している男性は、「自分のお金が自由に使えなくなる」「好き勝手に時間を使えない」などと、結婚というものに対してデメリットばかり考えがちです。そういう男性には、結婚することによって持たされるメリットを伝えてあげましょう。

仕事を頑張っている彼なら、出世するには配偶者がいた方が有利であることや、守るものができると今まで以上の能力が仕事に活かせるなどです。お金について心配している彼なら、結婚した方が税金や保険もお得になるし、貯金もしやすくなると教えてあげてください。結婚してデメリットよりもメリットの方が多いとわかったら、結婚したいと思ってくれます。

真面目な交際か確認する

男性は、付き合うには良いけど、結婚するにはいまいち、という女性とも交際します。それは女性が友達に自慢したいほど美しかったり、スタイルが良かったりと外見が良い場合です。しかし女性はそれでは困るので、一度男性と真面目に話し合うことをオススメします。

将来についてどう考えているか、結婚したいと思っているのか、お酒が入っていない席で真面目に話し合いましょう。もし男性が結婚について全然考えていないという場合でも、あなたを失いたくないなら、譲歩して考えてくれます。

結婚したい理由

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

そもそも結婚したい理由とは何でしょうか。男女別にみていきましょう。

男性:精神的に支えて欲しい

男性は強いように見えますが、本来は女性より繊細でナイーブな生き物です。結婚したい男性は、精神的に女性に支えて欲しいと強く願っています。家に帰って来た時の安心感や、自分を理解してくれる人がこの世界に一人いると思えるということは、男性にとってこの上ない癒しであり、支えになるのです。

男性:家事をしてほしい

男性は所詮はマザコンです。お母さんのように、手料理を作っていてくれる、帰ったら家の中がきちんと整頓されている、スーツにアイロンもかけておいてくれる、などの願望をできるだけ満たして欲しいのです。一見自分勝手な願望かと思いますが、言い換えると無条件で甘えられる相手であって欲しいということです。自分が家で心穏やかに過ごせる相手と結婚したいと思うのです。

男性:親を安心させたい

男性の多くは親を安心させたいと、結婚したいという人がいます。それは「孫の顔を見せたい」とか「出世にひびく」ということもありますが、親は自分の息子が生涯のパートナーを見つけたのだと思うことで、本当に嬉しい気持ちになり、安心できます。そういう親心のために結婚したいと思う男性も少なくないのです。

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

女性:子供が欲しい

女性の多くは結婚したら子供が欲しいと思います。そのためのステップとして結婚を捉えてる人もいるのではないでしょうか。女性は男性よりも、妊娠のリミットがあるために、子供について真面目に考え、シビアになってしまうこともありますが、本当に子供が欲しいからこそ、結婚したいと思うのです。

女性:若くて綺麗なうちにウエディングドレスを着たい

結婚適齢期と言われる20代後半は、女性が一人の女性として成熟し、なおかつ美しく輝いている時です。20代前半ではまだ子供っぽかったり、30歳をすぎるともう若くないと言われるため、適齢期にこそウエディングドレスを着たいと思うものです。だからこそ結婚適齢期に一気に結婚したいという気持ちが高まるのです。

女性:仕事をやめたい

男女平等とは言いますが、実際女性が働き続けるには障害が多いのも事実です。仕事一色に努力を続けるとお局さんと言われ、仕事でミスをすれば、これだから女と仕事するのは嫌だと言われる、そういうやり場のない怒りや疲労を投げ出してしまいたいから結婚したい、という女性の気持ちもわからなくもないです。家庭に入ることで、母性本能が強い女性などは輝けるでしょう。

彼女と結婚したいと思う瞬間

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

では付き合っている男性が彼女と結婚したいと思う瞬間はどのような時でしょうか。

素の自分を出せた時に結婚したいと思った

男性は女性にかっこよく思われたいものです。ですが、24時間365日無敵にかっこよくいるなんてことは到底不可能です。いびきをかいたり、オナラをしてしまったり、仕事で大きなミスをして落ち込んでいたりと、格好良い自分ではないところを彼女の前で見せれるようになると、結婚したいと思うのです。

看病をしてくれた時に結婚したいと思った

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

風邪やインフルエンザなど、体調がどうしようも悪くて、自分で自分のことを世話できない時に、甲斐甲斐しく彼女が家に来てくれて、ごはんを作ってくれたり、薬を飲ませてくれると、この子と結婚したいと思うものです。弱っている時に支えてくれる優しい彼女なら、結婚してもやっていけるかもしれないと男性は思えるのです。

家にあるもので料理してくれた時に結婚したいと思った

胃袋を掴まれたとはまさにこのことです。男性はたくさん材料を買って来て、たくさん料理を作ってくれるよりも、今家にある材料でごはんを作れる相手こそ結婚したいと思うのです。「冷蔵庫にあるもので適当に作ってみたよ」と言われて、できたごはんが美味しいなんて最高です。料理上手こそが結婚したいと思ってもらえるのです。

価値観が合うなと思った時に結婚したいと思った

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

結婚する時に、お互いにいちいち一つずつルールを決めたりするのは面倒です。なので、基本的になんとなく価値観があうと結婚したいと彼氏は思うのです。それは経済的な感覚だったり、友達付き合いの感覚だったり、大まかな感覚が似ているということです。夫婦は向き合わないで同じ方向をみているのがいい、とよく聞きます。価値観が合うということはそういうことなのでしょう。

彼女との将来をイメージできた時結婚したいと思った

彼の人生設計の中に彼女がいつもいる場合、男性は結婚したいと思うものです。「自分の人生に彼女はなくてはならない存在だ」と再確認できると、彼も結婚に踏み切ってくれるでしょう。将来のことを真面目に考えた時に逆に彼女がいなくても良いと考えた時、彼は相手のことを思いきっぱり別れ話をします。

いつも女性らしい姿を見て結婚したいと思った

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

長く付き合ったカップルや、同棲しているカップルは、少しずつオシャレに気を使わなくなったり、ぶっきらぼうになったりしがちです。

そうではなく、彼女が自分と出かける時はいつも身なりに気を使い、綺麗にしてくれると、そういう努力も怠らないのだなと男性は思い、結婚したいなと思うのです。長く付き合ってるから外見は関係ないと思うのではなく、常に自分を美しく保ち、オシャレな彼女だと男性も一緒にいたいと思ってくれます。

ニコニコしているのを見て結婚したいと思った

女性はホルモンのバランスで、いつも優しくしたいのにできない時ももちろんあります。そうではなくて、基本的に精神が安定しており、前向きでニコニコしている女性とは男性も一緒にいたいと思うものです。逆にヒステリックに怒鳴りだしたり、自分の思い通りにならないと機嫌が悪い子とは結婚したいとは思えません。

結婚したいけどできない女の特徴

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

結婚したい気持ちは誰よりもあるのに、なぜだか男性に避けられてしまう、もしくは男性からすると、結婚するのはまっぴらだという女性もいます。ではどういう女性がそう思われてしまうのでしょうか。

とてもガサツ

男性は結婚相手の理想像を描く時に、女性的で穏やかな人と結婚したいと思います。ですので、ガサツな女性は男性から見ると結婚相手としては不合格なのです。

サバサバした女性とガサツな女性は似ているようで大きく違います。例えば、サバサバした女性は仕事を丁寧にしっかりしますが、ガサツな人は仕事を雑でミスが多いと思われています。そんな女性と結婚したいと思う男性は国宝レベルでいません。

ガサツな女性は仕草があまりにも男性的で、男性から見て女性として見れなくなるということもあります。一緒にいて恥ずかしいような女性と結婚したいとは思えません。

周りに気配りができない

気配りができない女性というのは、愛されない女性の代表格です。男性は自分と二人の時だけでなく、会社の同僚や、自分の友達にも気配りができるかどうかを見ています。気配りができない女性と結婚したいと思う人はまずいません。なぜなら連れて歩くのに、恥ずかしいからです。

いつも自分が話題の中心でいなければ機嫌が悪くなってしまう、逆に相手に気を使わせるような女性とは結婚したいと思えませんし、そのような女性といるのは心底疲れます。男性は気配りができる女性こそ、一緒にいたいと思うことができ、心から癒されるのです。世界的に見ても超一流の美しさを持ち合わせた女性なら別かもしれませんが、大抵はそうではないです。

プライドが高い

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

結婚したいのにできない女性は、そんなつもりはないのに理想が高いことが多いです。自分の正しい市場価値を知らず、「自分のスペックはこれくらいなのだから、相手はこれくらいないと結婚したいと言われても無理かな」と鼻高々な女性達です。

理想像があればあるほど、自分の価値を見失い、相手にばかり求めてしまうということも起こります。そういう卑しい計算は、男性にも伝わってしまうものです。「こんな上から目線な女はこっちから願い下げだ」と拒否されてしまいます。本当に結婚したいならば、年齢が上がるに連れて市場価値が下がることを忘れずに、冷静に自分のスペックを見直すことが必要です。

酒癖が悪い

酒癖が悪い女性は同僚としても嫌だし、結婚したいなんて思うことは絶対にありません。酒癖が悪いと、普段の飲み会からみっともない姿を周囲に見られていて、男性としては恥ずかしい気持ちになります。

また、自分がいる飲み会ならまだしも、自分がいないところでお酒を飲まれると、心配になってしまうから嫌だという人もいるでしょう。結婚したいと思っていたのに、酒癖がどうしても直らず、将来子供への悪影響を考えた時に、別れる選択をしたという男性も少なくありません。結婚したいなら、日頃からお酒の飲み過ぎには気をつけましょう。

自分のこだわりが強すぎる

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

結婚したいのにできない女性の特徴の一つに、「こだわりが強い」ということがあります。こだわりがあること自体は悪いことではありませんが、自分のこだわりを相手にも押し付けるのは嫌がられてしまいます。

男性は結婚したいと思う時に、価値観が似ている人を選びます。こだわりが多い人だと、そのこだわりの良さをわかってくれる男性と出会うまでに、かなりの時間を要します。

例えば野菜一つにしても、「有機野菜以外無理」というのではなく、「いつもは有機野菜しか食べないけど、彼が買ってきてくれたなら美味しく料理してあげようかな」などの臨機応変で柔軟に対応できる女性の方が、結婚したいと思ってもらえるでしょう。

相手の欠点が目につく

結婚したいのにできない女性は、相手の良いところよりも、欠点ばかりに目が行きがちです。例えば、お箸の持ち方だったり、歩き方だったり、話す時の目線だったりと小さなものばかりです。相手の男性は他人です。育った環境も価値観もあなたとは違うのが普通です。

それなのに、あれも嫌だこれも嫌だと、嫌なところばかり理由を上げていっても何の徳にもなりません。物事は多方面から見ることができるので、一瞬嫌だと思っても、実はその逆の意味で理解することもできるのです。

夫婦は鏡です。あなたが嫌なところばかり気にすれば、相手もあなたの嫌なところばかり気にするようになってしまうでしょう。

極端に恋愛下手

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

人の人生には色々なストーリーがあるので、大人になるまで男女交際というものをしてこなかった人もいるでしょう。ですが大人になったらいつか結婚したいと、漠然とした希望を持ち合わせていた人もいるかと思います。

今や携帯で、恋愛に関するhow toなんてググったら3秒で答えが出ます。しかし実際に若い頃から練習をしてこなかった人は、その知識だけを持ち合わせていても、実践することができないのです。

ですから、いざ好きな人ができた時に、積極的に行くことができません。せっかくの出会いで好きな人ができたのだから、経験がなくても傷つくことを恐れずに、積極的にアピールしたいものです。

結婚は楽をするためのものだと思っている

結婚したいと結婚したいと嘆く女性の中には、結婚=仕事をやめて楽ができると考えている人も少なくありません。

しかし、今の時代専業主婦になりたいから結婚したいと宣言して、受け入れてくれる男性がどれくらいいるでしょうか。どの仕事も絶対安定なんてありませんし、「経済的に養ってあげられないから、結婚したいけどできない」という男性の思いも汲み取って上げるべきではないでしょうか。

結婚したいと思うなら、「養ってもらおう」と思うのではなく、「一緒に支え合って行きていこう」と考えるべきです。フルタイムじゃなくても、パートをしながら家庭を支えるという選択肢なら、男性に結婚したいと思ってもらえるでしょう。

三十過ぎても実家暮らしで家事ができない

30歳を過ぎても一人暮らしもしたことがなく、ずっと実家暮らしの女性は結婚したいと思ってもらえません。それなりの大人の女性が家事ができないというのは見てて痛いです。芸能人がテレビで料理を披露してマズイというレベルの痛さです。

料理ができないというのは致命傷です。男性は胃袋を掴まれてこそ結婚したいと思うものです。いつもいつもデートのたびに外食では出費もかさみ経済的でないし、健康的でもありません。結婚したいなら、自立した生活を送るように心がけましょう。

40代で本気で結婚したい女性がするべきこと

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

40代を過ぎて独身の女性は、1回結婚したけど離婚してしまった人や、相手に求めるものが多過ぎて未婚のままズルズル40代になってしまったりと様々です。では、40代で本当に結婚したい人はどうすればいいのでしょうか。

結婚する気のない人は切る

あなたが本当に結婚したいというのであれば、結婚する気がない男性との連絡を今すぐ絶ちましょう。長く付き合っていて、なあなあになってしまい、居心地は良いけど結婚はしないという不誠実な男性は、年齢が上がれば上がるほど、結婚しようと思わなくなります。

そんな男性と一緒にいることが幸せだと思うなら、それでもいいかもしれませんが、どうしても「結婚したい」のであれば、その気がない人なんてサヨナラです。

ましてや子供が欲しいと思うなら、すぐにでも妊活に取り組めるような、協力的な男性でなくてはなりません。自分の望みは何なのか今一度自分に問いかけましょう。

現実と向き合う

アラフォー女性が結婚したいと思ったならば、様々な現実と向き合わなければなりません。男性に求める条件も、「自分より収入がある」「自分よりも背が高い」「オシャレである」などなど、20代女性が男性に求めるような条件を持っていては結婚は無理です。

そういう高スペックな男性は、20代の女性からラブコールを受けるので、わざわざアラフォー女性を選びません。本当に結婚したいなら、どうしても譲れない条件2つ程度を作り、その他は譲歩しましょう。

また、現実的に子供はどのくらいで欲しいのか、家や仕事はどうするのか、未来のビジョンを明確にすると婚活などに参加しても、良縁を得られる確率が上がるでしょう。

女性らしい可愛らしさを極める

40歳を越えると、人生の酸いも甘いも経験してきている人がほとんどでしょう。そこで、大人な女性の色っぽい可愛らしさを極めると、年下の男性からラブコールがかかるかもしれません。

よく彼女は魔性だという言葉を聞きますが、それは特別に何かをするのではなく、普段から全ての男性に対して優しく、愛らしく接するので、年下の男性は癒されます。

体調不良の同僚に栄養補給剤をあげたり、落ち込んでいる男性の近くに行って優しく話を聞いてあげたりすると、男性としては「自分に好意があるのかと思った」と勘違いすることもしばしばです。そのくらいの愛らしい女性だと40過ぎでも結婚したいと思われるのでしょう。

姉御肌の女性は年下を狙うべし

男性は基本的にみんなお母さん大好きで、理想の女性像はなぜか母親に似ているものです。マザコンというと聞こえは悪いですが、ほとんどの男性が多かれ少なかれマザコンです。


バリバリ仕事したい、姉御系のアラフォー女性は、そんなお母さん大好きな男性の憧れの的です。キャリアを積み上げて働いている女性は、若いと敬遠されがちですが、アラフォーにもなれば後輩男性も多いため、後輩社員からの信頼が恋愛に発展することもあるのです。

女性の方が仕事ができたり、稼いでいたりするとパワーバランスを心配するかもしれませんが、最初から明白なパワーバランスの場合は、男性もあまり気にしないようです。

大人の趣味を楽しむべし

大人になればなるほど、歳を重ねれば重ねるほど、男女共に恋愛の始め方が分からなくなります。結婚したいと思っても、どうやってスタートさせたらいいのだろう、どこにデートに行ったらいいのだろうと、恋愛ブランクがある人にとっては由々しき問題が発生します。


そこで、結婚したいアラフォー女性は大人の趣味を嗜みましょう。ゴルフやテニスなど、恋愛を目的としないスポーツを通して知り合うことで、お互いのバリアも低く、自然に知り合うことができるのです。

結婚後も二人で共有できる趣味があると、何となく結婚したいけどしていなかった男性と結婚できる確率が増えるでしょう。

婚活で成功する女性の特徴

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

婚活でカップルになるには、実は駆け引きよりも大事なことがあります。さてそれはどんなことでしょうか。

素直な心の持ち主

婚活で知り合った相手のことはもちろん、普段から会社の上司に対しても、家族や婚活カウンセラーからのアドバイスに対しても、素直に話を聞くことができるのはプラスポイントです。

第三者からみた自分は、自分が思っている自分よりもかけ離れていることがよくあります。女性お笑い芸人が、ブスなのに気づかずに、芸人になって初めて言われて気づき、婚活を始めた、などという話も聞いたことがあります。

素直な女性は価値観が多少違っても、一度自分の中に取り入れることができ、受け入れられるかどうかちゃんと考えるので、その素直さが魅力になり、結婚したいと思ってもらえるのです。

自分のことを客観的に見ることができる

自分のことは自分が一番分かっているとはいえ、客観的に見た時に自分の価値はどうなのかと正しく読み取れる女性は意外と多くはないものです。自分の長所や短所を正しく理解し、実力以上に自分を評価しない人は成功率が高いのです。

女性だから「自分が選ぶのだ」と考えるのではなく、「お互いにとってメリットがあるか 」ということを分析した方が、高望みしないで、現実的な結婚ができるでしょう。

相手の幸せを考えられる

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

これから長い人生の時間を共有するのだから、相手が幸せだと自分も幸せだと思えるような相手と巡り会いたいものです。自分のことばかりではなく、相手のことを思いやって行動できる女性は、いつの時代も無敵にモテます。

女性が結婚する心構えとして「幸せにしてもらいたい」と考えるより、「この人を幸せにしたい」と思える人の方が、結婚したいと思われるはずです。

女性は漠然と「幸せにしてもらいたい」と考えがちですが、実は女性は母性本能があるので、相手を愛することで幸せを感じる生き物なのです。ですから「この人のために何かしてあげたい」という相手がいたら、すぐ成功します。

相手の良いところを見つけられる

結婚したいと思われるには、ポジティブな考え方が大切です。第一印象は好みじゃなくても、話して行くうちに良いところや、共感できるところが出てくるはずです。

そうやって加点方式で相手を見て行くと、自分が考えていた条件と合わなくても、「あまり大事な条件じゃなかったかも」と譲歩することができます。せっかく一期一会で出会えた人なのだから、減点方式で残った点数をみて嘆くよりも、加点方式で、相手の素敵なところ探しをしましょう。

婚活には外見に自信がないタイプの男性がくることが多いので、生理的に受け付けない限り、内面的な相手の長所を探す努力をしましょう。

愛嬌がある

男性が女性に求めるものとして、「癒されたい」ということがあります。それは歩くと振り返られるほどの美を手にしろと言っているのではなく、目があったらニコッとしたり、話している時に嬉しそうにしたり、顔の表情に愛嬌があることを意味します。

どんなに綺麗でもムスっとした女性は少し近寄りがたいと思われがちです。それよりは、たとえ自分の外見に自信がなくても、ニコニコと笑顔でいてくれる女性の方が男性は癒されるのです。自分が疲れて帰ってきて、家のドアを開けたら愛犬が走ってくるような愛らしさを、男性は求めているのです。

婚活で失敗しがちな女性の特徴

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

服装が場の雰囲気に合わない

婚活パーティということは、男女共に「結婚したい」という気持ちを前提に参加するものです。それは全く知らない相手と知り合い、好意を抱けるかどうかということです。

つまり、第一印象の服装が極端にボーイッシュ過ぎたりすると、話しかけづらいと思われてしまいます。仮にも男女が知り合う場なのだから、高いものでなくても、年齢に合ったワンピースやスカートを履いていきましょう。「服装で決めるなんて」と高飛車になるのではなく、男性に愛される服装で出かけた方が成功率が上がります。

プロフィールをしっかり書かない

全く知らない男女が知り合うのですから、もちろん譲歩することは大切なことです。しかし、相手に結婚したいという気持ちを伝えるには、プロフィールカードこそしっかり書かねばなりません。それは、自分の描く結婚像を相手に伝えるということが大切で、「この人はちゃんと結婚したいのだな」と理解してもらえるからです。

婚活初心者だと、相手に求める年収の欄に記入をしない人もいます。しかしこれは逆効果で、「結婚したいとは言っているけど、現実的には考えていないのだな」と思われるからです。1000万と書いていいような若くて絶世の美女以外は、500万から600万など希望をしっかり書きましょう。

会話の時に声が小さい

婚活パーティでは、多くの場合が、回転寿司形式でどんどん次の相手と会話をしなくてはなりません。そんな時に声が小さく、ハキハキ話せない人は、相手の印象に残ることができません。たった数分間しかチャンスがないのに、相手に声が届かないと何の意味もありません。

婚活パーティで成功する人は、この数分間ニコニコしており、ハッキリと話すのだとか。印象に残ることが大事なので、普段から異性と話すのが苦手な人も、「結婚したい」という意識を強く持って、できるだけ笑顔で話しましょう。

友達としかパーティに行けない

百歩譲って1回目は婚活のスタートとして、友達と行って良いとしましょう。しかし2回目からは、本当に結婚したいならば、一人で戦って行くべきです。

なぜなら、例えばそのパーティで望み通りの男性と出会えなかった場合に、友達が一緒だと、あーでもないこーでもないと、自分たちのことは棚に上げ、男性のマイナスポイントばかり語り合うからです。

これが一人だと、パーティが終わった時に感じる寂しさや、選ばれなかった孤独さと向き合わねばならないので、自分の中で結婚したいという気持ちが大きくなり、今回の反省を明確にできるからです。

そもそも婚活の場所が間違っている

今のご時世、結婚したいと思ったら、ネット婚活、街コン、婚活パーティ、結婚相談所など、様々な場所で婚活ができます。しかし若いうちはお手頃にネット婚活もいいかもしれませんが、アラサーをすぎると、真面目に婚活しなくてはなりません。

結婚相談所はお金がかかる分、自分に合った結婚したい人と出会える確率が上がります。アラフォーがお手軽にネット婚活しても、結婚したい気持ちの大きさにズレが生じ、うまくいかないことが多いでしょう。

高飛車な態度で参加する

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

アラサーを過ぎて婚活をしている人は、基本心の底から結婚したい女性たちです。それなのにも関わらず、いざ婚活パーティに行くと、「私結婚全然焦ってません」オーラを振りまき、高飛車な発言をしてしまう女性もいます。

男性に媚びるのが嫌だとか、そんなことを言っていては、本当に結婚したい女性にお眼鏡にかなった男性を持っていかれかねません。婚活パーティでは、男女共に日頃の生活では出会いがなく、結婚したいのに出会えていない人が来る場所です。

ですから、そんな小さなプライドは捨て、積極的に自分の長所をアピールできるようにしましょう。

食わず嫌いになっている

何度も婚活パーティに参加するうちに、プロフィールや写真を見ただけで、「自分には合わないかも」と決めつけてしまいがちな女性がいます。どうしても生理的に無理な場合をのぞいて、せっかく自分に好意を持っていてくれるのですから、真剣に向き合って見ましょう。

プロフィールだけでは知りえなかった意外な点で、打ち解けることができるかもしれません。日常生活では出会わない業界の人や、自分の趣味とは違う人も、話してみたらすごく共感しあえるかもしれません。

男性不信になっている

街コンやネット婚活の場合によくあるケースですが、本当に結婚したいと思っている男性はほとんどいません。ただ女の子と知り合いたいとか、体目的だったりとか、そういうチャラチャラした男性と知り合ってしまうと、男性経験が少ない女性は男性不信になってしまいます。

何となく気があって付き合ってはみたものの、結婚したいと言われなかったり、当初の目的から外れてしまうことも多いです。男性経験が少なく、男性を見極める能力が自分は低いと思われる人は、お金がかかっても結婚相談所に登録した方が時間の無駄を防げるでしょう。

どの男性にしたらいいか絞れない

今まで恋愛経験が少なかった女性にありがちですが、婚活パーティや結婚斡旋所に行くことで、新しい出会いが格段に増えます。外見が少し良い女性なら、月に3−4人とデートすることもあるでしょう。そこでしてしまうのが、「私ってモテるじゃん」という痛すぎる勘違いです。

女性の脳は自分の今までのストーリーを都合よく変化させる能力があるので、今まで恋愛してこなかったことを忘れてしまいがちになります。それでは本末転倒になってしまうので、「私は結婚したいのだ」と強く気持ちを持って、一人ずつ誠実に対応していきましょう。

やけくそになっている

婚活パーティも回数を重ねて行くと、「どうせ私なんてだめだし」「私なんてモテないし」「誰からも必要とされないし」などと卑屈になってしまうこともあります。周りの友達の結婚報告や出産報告を聞くたびに、自分だけが取り残されてしまう気持ちになるでしょう。

そういう気持ちで婚活パーティに望んでも、相手の男性に結婚したい気持ちが伝わらず、自分が傷つくだけという悪循環に陥ってしまいます。自分で自分がやけくそになっているなと思ったら、少し婚活をセーブして、リフレッシュすることが大事です。そして、また頑張ろうと思えた時に始めましょう。

男性が結婚したいと思う女性の職業

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

現代では共働きを望む男性が多いのが現実ですが、では一体どの様な職業が男性に人気なのでしょうか。

幼稚園・保育園の先生

女性にも人気のある職業ですが、男性から見ると、子供を相手にする職業は体力も必要なので、心も広くないと務まらない仕事をしている人はきっと心が広いのだろうと妄想を広げてしまいます。幼稚園・保育園の先生だと、「自分を受け入れてくれる感じがするから甘えやすい」のも男性にとっては、結婚したいと思う大きな理由です。

公務員

公務員の仕事内容に人生をかけているから素敵であるというよりは、公務員を職業に選ぶ、受け身なコンサバティブな価値観に惹かれるそうです。市役所や区役所なら結婚後も仕事を続けやすいし、女性のワークライフバランスが良いのも男性にとっては魅力的です。

看護師

いつの時代も白衣の天使は男性の憧れの的です。看護師は夜勤もあるし、老若男女関係なく対応しなければならないので、お給料も比較的良いです。多くの看護師は気が強いですが、男性にとってはそれも頼りになるとプラスに見えます。気弱な男性や、尻に敷かれたい系男子にはモテモテです。

会社員

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

華がなくても、真面目に一生懸命会社員をしている女性は、男性から見て「同じ会社員として気持ちをわかってくれる」、「仕事が一緒だと価値観が合いそう」とポジティブに捉えられており、結婚するには一番現実的です。

特に家事は、一生懸命やっても誰にも褒めてもらえないので、裏方の仕事を一生懸命やっている人は、「家庭でもそうなのだろうな」と男性が想像しやすい様です。

ウェディングプランナー

結婚式は女性にとって人生の一大イベントです。そのお手伝いをしているのだなと思うと、仕事内容がイメージしやすく、「素敵だな」と思います。ウェディングプランナーをする人は、人の幸せを自分のことの様に喜んであげられる人なのだろうと男性は思い、結婚したいなと考える様です。

ポジティブになって人生のパートナーに出会おう!

結婚したいと思う女の特徴|結婚したいと思わせる方法

結婚観について色々書きましたが、結婚したいと本当に思うならば、自分にあった方法で婚活をはじめ、根気よくめげずに婚活をしていきましょう。特に婚活で失敗する女性の特徴は参考にして、そうならないように努力しましょう。

結婚したからといって、何かが劇的に変化し幸せになるわけではありません。一番は「結婚したい」という自分の欲望が満たされ、「結婚しなければ負け犬だ」というある種の世間からのプレッシャーから解放されることができます。

人生の先輩方が幾度となく語ってくれているように、「結婚はゴールではない、スタートだ」ということを頭に入れ、素敵な人生のパートナーを探しましょう。

関連記事

Related