Search

検索したいワードを入力してください

青い薔薇の花言葉|不可能を意味する青い薔薇(バラ)

Author nopic iconゆあもも
花言葉 / 2018年01月19日
青い薔薇の花言葉|不可能を意味する青い薔薇(バラ)

青い薔薇の花言葉は「不可能」・由来

自然界にはいくつもの青い花が存在しています。誰しもが道端や花屋さんなどで見かけたことがあるのではないでしょうか。しかし、青い薔薇と言ったらどうでしょう。中々見かけることはないと思います。それもそのはず、本来であれば自然界に青い薔薇というのは存在していないからです。

そもそも、数ある色味の中でも薔薇には『青』という色素がありません。そのため、青い薔薇の花言葉は『不可能』や『存在しないもの』というマイナスイメージを抱くような言葉がつけられていました。

しかし、そんなイメージはあることをきっかけに覆されることとなるのです。そんなきっかけとなった出来事、そして青い薔薇の花言葉が変わった由来をご紹介しましょう。

『不可能』から『夢かなう』へ

先述したように、本来青い薔薇は自然界に存在することがなかったため、『不可能』という花言葉がつけられていました。しかしそれは昔の話です。なんと2002年、バイオテクノロジーの力を駆使し日本の研究者たちの手によって世界初の青い薔薇を誕生させることに成功したのです。

このニュースは世界を飛び回りました。あれだけ不可能と言われていた、薔薇の色素に『青』が加えられたからです。そして2009年には青い薔薇を一般販売するまでになり、まさに花言葉にある不可能を見事に覆した研究者たちの証として『夢かなう』という花言葉がつけられることとなりました。

このように存在しないうちにつけられていた花言葉が後に変更になるという異例をもった奇跡の青い薔薇ともいえるでしょう。

本数で変わる?青い薔薇の花言葉

青い薔薇の花言葉は複数あり、『夢かなう』をはじめ、『奇跡』『神の祝福』『一目ぼれ』『神秘的』などどれも不可能を可能にしたからこそ付いた花言葉だと言えるでしょう。そんな青い薔薇は近年ではウェディングブーケに使われることも多く、一般的にも浸透していることが分かります。

また、特に夏であればマリンブルーを連想することができ、爽やかな印象を与えることが出来ます。プレゼントとしても大変喜ばれる薔薇なのです。そんな青い薔薇は本数で意味は変わってくるのでしょうか。

ここでは青い薔薇の本数の意味について紹介していきます。

1本

青い薔薇1本というのは『あなたしかいない』『一目ぼれ』を意味しています。とてもロマンチックな印象を受けるので、女性からしてもプレゼントされると嬉しいものではないでしょうか。

複数

青い薔薇が複数になった場合、その意味はどのように変わっていくのかご存知でしょうか。薔薇というのは深い愛情を示す意味がこもった花です。花束に1~2本入れるだけで華やかさも随分と変わってきます。

青い薔薇が二本になると『この世界は2人だけ』という意味をもち、三本だと『愛しています、告白』となり、四本となれば『死ぬまで愛の気持ちは変わらない』というように本数が多くなればなるほど意味合いも深くなっていきます。

ちなみに、108本が『結婚してください』というプロポーズにあたり、999本になると『何度生まれ変わってもあなたを愛する』という心の底からの深い思いを表す意味を持つのです。このように、薔薇は総じてロマンチックな愛を語る資格が与えられた花だと言えるでしょう。

青い薔薇のプレゼントシーンとは?

青い薔薇をプレゼントとして送る場合、どういったシチュエーションが良いのでしょうか。ただ、花を選ぶよりも、花言葉から選ぶとよりロマンチックで素敵です。ここでは送る相手とシーン別におすすめの薔薇や、合わせたい草花など紹介していきたいと思います。是非参考にご覧ください。

恋人におすすめの薔薇

恋人同士に送りたい場合のおすすめの薔薇を紹介します。まずは恋人たちの夜にふさわしいクリスマスに最適な色は紅赤です。花言葉は『死ぬほど恋い焦がれています』で心から相手を思う深い愛情を表しています。紅赤をクリスマスに送る場合には姫リンゴやまつぼっくりと合わせると良いでしょう。

また、バレンタインデーに女性から男性へ青い薔薇を送るのも良いでしょう。青い薔薇の花言葉『尊敬』に習い、相手を心から慕っているという気持ちを伝えるのです。女性から男性に送る場合はシンプルに1本だけ送るのがおすすめです。

バレンタインだけに限らず、普段仕事や趣味、勉強を頑張っている彼にそれとなくプレゼントするのも良いです。青い薔薇は男性にも渡しやすいカラーなので、日ごろの思いを込めて渡してみましょう。

青い薔薇を友人に送りたい

青い薔薇を友人や仲間に送る際のシチュエーションを紹介します。青い薔薇というのは『夢かなう』という花言葉を持っており、一生懸命夢に向かっている人にこそおくりたい花です。そんな青い薔薇を渡す最も最適なシーンは、職場の同僚が惜しまれながらも自分の夢のため、会社を退社するときなどに贈るのがピッタリです。

まさに、夢を追う相手に『きっと夢はかなうよ、頑張れ』という思いを伝えるべきシーンではないでしょうか。このように青い薔薇は恋人だけでなく仲間や友人、様々な場所で選ばれる花ということが分かります。

青い薔薇の花言葉は怖い?

青い薔薇について理解を深めよう

青い薔薇というのは先述したように元々自然界には存在しない薔薇でした。そもそも、薔薇には青い色素がないため、青い薔薇を作ることは不可能だったのです。しかし、その考えは切り捨てられることとなり、青い色素を持った薔薇はこの世に誕生したのです。

『不可能』『ありえない』『存在しないもの』『神様から与えられなかったもの』という花言葉を与えられていた青い薔薇は暗くマイナスなイメージが沸きやすく、怖い、というよりも誰しもが悲しい気持ちになってしまうような花言葉でした。

しかし、人々の期待をいい意味で裏切り、2002年に12年の研究を経て青い薔薇は誕生しました。何をしても作ることができなかった青い薔薇が、青いパンジーの遺伝子を組み合わせることにより成功したのです。

それが、今では『自然界に存在する青い薔薇』となったのです。しかし記事で引用している画像のような真っ青な青でははなく、現在もやや紫よりの色味を持っているため、更に研究が重ねられていると言われています。

青い薔薇の花言葉は怖くなかった!

青い薔薇の開発秘話を紹介しましたがいかがでしょうか。このように始まりを辿ると、なぜ青い薔薇は存在しなかったのか、なぜ今は花言葉が変わったのか理解が深まったと思います。『存在しないもの』『不可能』というような否定的な花言葉は非常に暗い気持ちになってしまいます。

もちろん青い薔薇が存在していなかったので、そういった花言葉が与えられていたのですが、花言葉の薔薇をもらったとしたら気持ちが沈んでしまうことでしょう。数々の研究を重ねて、長い年月をかけて生まれた青い薔薇だからこそ、花言葉は『夢かなう』『奇跡』『神の祝福』が与えられたのです。

結婚式のブーケに使われるのも、非常に前向きな意味があることが分かります。青い薔薇の花ことばは怖いのではなく、今は何よりも前向きでポジティブな花言葉を持っていると言えるでしょう。

青い薔薇と共に添えたいメッセージ

絶対に不可能だと思われていた青い薔薇がこの世に誕生したことで、『奇跡』『喝采』『紙からの祝福』『夢かなう』というような花言葉が青い薔薇には与えられています。夢に挑戦する人に青い薔薇を送る際はぜひメッセージをつけてエールを送りましょう。

そんなメッセージにぴったりな文例をいくつか紹介したいと思います。

青い薔薇を贈る際のメッセージ文例

せっかく青い薔薇を贈るのだから、花言葉も合わせて相手に思いを伝えたいものです。そんなメッセージカードに是非書いておきたいおすすめの文例を紹介していきたいと思います。別れの季節や、新しい季節に是非参考にしてみましょう。

・『青い薔薇は『奇跡』という花言葉を持っています。信じて諦めないでいればきっと夢はかなうよ』先述したように『不可能』を『可能』にした青い薔薇は無限の可能性を指示しています。メッセージに是非取り入れてみましょう。

・『あなたの夢が実現しますように。神の祝福と言われる青い薔薇を贈ります。頑張ってください』絶対に無理と言われていた青い薔薇だからこそ、神の祝福を得て生まれたという意味でこの花言葉が与えられています。そんな思いが詰まった青い薔薇だからこそ頑張る人にふさわしいのではないでしょうか。

・『青い薔薇のようにあなたの夢もきっと叶うはずです。この薔薇に思いを込めました。ずっと応援しています』自分の夢のため、会社や故郷を離れる仲間や友人に送りたい言葉です。青い薔薇に込められた花言葉は相手にも伝わるでしょう。

・『不可能を可能にした青い薔薇を、旅立つあなたにおくります。どうぞお元気で』別れのシーンに送りたいメッセージです。不可能と言われることにも立ち向かう人にピッタリな言葉ではないでしょうか。

このように、花言葉は相手に思いを伝える一つの方法として活躍するのです。見た目にも美しい薔薇ですが、それ以上に込められた思いに視点を当ててみると、隠された思いが明るみになっていくものなのです。

青い薔薇は相手に送る『エール』だった!

いかがでしょうか。今回は奇跡の花である『青い薔薇』に焦点をあてて、花言葉や、プレゼントとして送る際のメッセージやシチュエーションなど紹介してきました。もともとこの世に存在していなかった青い薔薇だからこそ、『奇跡』『神の祝福』『夢かなう』といった夢や希望、そしてこれから進む道を明るく照らすような花言葉が与えられています。

もしもあなたの周りで努力の末、道に迷ってしまった人がいたら青い薔薇をプレゼントしてあげるのも良いでしょう。きっと大丈夫だよ、応援しているよ、という花言葉は、必死に頑張っている人にとって心の支えになっていくはずです。

時には花言葉に頼ってみよう

口下手で中々思いを伝えられない時、花言葉はあなたの言葉を代弁してくれると言っても過言ではありません。いつもは気恥ずかしくて言えない言葉でも、花言葉として、メッセージとして伝えることが出来るでしょう。

青い薔薇は友人、恋人、仲間、身内、様々な相手に渡すことのできる意味を持った花です。あなたも、身近で大切な人が夢に向かって頑張っているならば、応援エールを添えて青い薔薇を贈ってみてはいかがでしょうか。