Search

検索したいワードを入力してください

たくさんの意味を持つ鈴蘭(すずらん)の花言葉

Author nopic iconゆあもも
花言葉 / 2017年11月04日
たくさんの意味を持つ鈴蘭(すずらん)の花言葉

鈴蘭ってどんな花?

鈴蘭の見た目ってどんな?

鈴蘭がどんな花なのかご存知でしょうか。鈴蘭とは、ユリ科のスズラン属に属しており、その名の通り、鈴のような白花を十数個下垂した姿が印象的な花です。鈴蘭の花は葉に隠れるように咲き、人々を魅了するほど品のある香りを持っていて香水の原料にもなっています。鈴蘭の葉の形は楕円形をしており。2枚の葉が互い違いにくっつくように生えています。

鈴蘭の花の生息地は?

鈴蘭の花が咲いた後には実がなります。その実は熟すると下部が裂け、種子が散布されることで次の季節の開花準備を行います。鈴蘭の開花時期は、一般的に4月~6月で主に北海道や本州、九州などの比較的寒い地方や標高の高い草地を中心に咲き誇ります。日本だけでなく海外でも観ることのできる鈴蘭は、主に朝鮮半島、中国、シベリア東部に生息しています。

大きさは、20~40センチほどまで育ちます。実は鈴蘭には毒がありますが、根や茎は強心剤や利尿剤としても使われています。

鈴蘭には毒性がある

上記でも少し触れましたが、鈴蘭に毒性があることをご存知でしょうか。品のある香りに白い清楚な花はとてもそのようには見えないでしょう。しかし鈴蘭は正真正銘毒性を持っており、強心配糖体と言われる「コンバラトキシン」「コンバラマリン」「コンバロシド」などを含む有毒植物なのです。

この有毒物質は、鈴蘭の花や根に多く含まれており誤って摂取した場合、嘔吐や頭痛、酷くなると眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺などの症状を起こす場合があります。また重症の場合、死に至る可能性も十分にあり得るのです。

鈴蘭に似た花がある?

北海道などで山菜として採取される、「ギョウジャニンニク」と鈴蘭は外見が似ています。そのため誤って摂取し中毒症状を起こすという例が過去にあり、有毒物質は水に溶け込むので鈴蘭を活けいた水を飲んでも、場合によっては中毒を引き起こすことがあるのです。実際に誤飲して死亡したケースがあるので気を付けなければなりません。

鈴蘭の花言葉

鈴蘭には花言葉がたくさんあることは、みなさんご存知でしょうか。そのなかでも特に有名な花言葉が「純粋」というものです。鈴蘭の花言葉、他にどんな花言葉があるのか紹介していきましょう。中には少し似た意味合いを持つ花言葉もありますので系統別にご紹介します。

しあわせ

鈴蘭には「幸福が訪れる」「幸福が帰る」「幸福が再来する」というような幸福にまつわる花言葉が付けられています。

ピュア

「純粋」「純愛」「純潔」などという、清楚な雰囲気を感じさせる花言葉があります。

ふたたび

「再開」「また会いましょう」などという、繰り返すことを喜ぶような花言葉があります。

女性らしさ

「繊細」「優雅」「意識しない美しさ」などという、可憐な女性を連想する花言葉があります。

告白

「ずっと前から好きでした」「さりげないお洒落」「仲直りしましょう」「あなたの美しさ以上にあなたを飾るものはありません」のような、とても愛にあふれた花言葉があります。

花言葉の由来

鈴蘭の花言葉の由来というのは先述したように花言葉の数が多いことに伴い、様々な説が挙げられています。それは国や地域によって様々な言い伝えがあり古くからの考え方が関係してると言っても良いでしょう。ここではそんな「鈴蘭の花言葉の由来」についていくつかの説をご紹介しましょう。

鈴蘭の花言葉:「再び幸せが訪れる」の由来

鈴蘭の花言葉のひとつ「再び幸せが訪れる」は、鈴蘭が非常に寒い北国の人々にとって春の訪れの喜びの象徴になっていることに由来すると言われています。また、ヨーロッパ諸国において鈴蘭は古くから聖母マリアの花と呼ばれており、穢れなき聖母マリア様にちなんで「純粋」「純潔」という花言葉がつけられたと言われています。

鈴蘭の花言葉:「癒し」「平静」「幸福」の由来

これも古いお話から来ているのですが、森の守護神であるセント・レオナードが森での修行中に大蛇に襲われ、その際に流れた血から鈴蘭が咲いたと言われています。この時酷い怪我を負ったレオナードの傷や心を鈴蘭が癒したという事から、鈴蘭には「癒し」「平静」「幸福」などを意味する花言葉がつけられたと言われています。

鈴蘭の別名「ミュゲ―」の由来

鈴蘭の香りは、香水やフレグランスの原料として使われていることもあります。鈴蘭は別名で「ミュゲー」とも呼ばれてまおり、鈴蘭の香りは「聖なる香り」という異名を持っています。このことから、鈴蘭の香りというのはとても神聖な印象を持つと言えるでしょう。

例えばヨーロッパ諸国を中心に広く親しまれているおまじないがあります。片思い中の相手へ鈴蘭の香りのする香水を振り掛けると思いが届くというような内容なのですが、鈴蘭の香りを利用したおまじないは古くから人々に愛されてきた香りだということが分かります。

鈴蘭の海外での話を紹介

海外:フランスなどヨーロッパでの鈴蘭

海外では一風変わった鈴蘭にまつわるお話があります。フランスの祭日は「メーデー」と呼ばれており、実は鈴蘭にとても深い関わりがあるのです。毎年5月1日のメーデーになると、フランスでは愛する人や大切な人に感謝の気持ちを込めて鈴蘭を贈るという風習があります。

また、メーデーの日に鈴蘭を贈られた人には幸運が訪れると言う言い伝えがあります。鈴蘭はフランス語に直すと「ミュゲ」と呼ばれており、5月1日のメーデーは別名「ミュゲの日」とも呼ばれています。

海外:ヨーロッパ諸国での鈴蘭って?

ヨーロッパ諸国では、鈴蘭には日本とは違ったこんな花言葉が付けられています。「以前からあなたが好きでした」「さりげないお洒落」「仲直り」「あなたを飾るものはあなたの美しさ以上にありません」といったものです。ヨーロッパらしいと思うような、とても愛にあふれた美しい花言葉が付けられていることが分かります。

このような花言葉を受けて、フランスやイギリスなどのヨーロッパ諸国において鈴蘭は「愛する人や大切な人に贈る花」とされています。そのことからか、いつしか鈴蘭はブライダルブーケにも使われる花として定着し、今では結婚式に使用される人気の花となっているのです。

鈴蘭の花言葉の裏の意味

先述したように鈴蘭の花言葉には美しいものがたくさんあります。しかし上記で少し触れていますが、海外では日本とは少し違った印象の花言葉が鈴蘭には存在しています。そのなかには少し怖い印象を与えるものだったりと、日本ではあまり聞いたことのないような内容の花言葉があるので紹介していきましょう。

少し怖い鈴蘭の花言葉

花言葉の裏側というのは、その花の持つ裏の顔ともいえます。「綺麗な花にはトゲがある」という言葉のように、良いところだけを見ていてはいけないという意味が隠されているようです。特に鈴蘭は見た目にも香りにも美しさがあるので裏の意味があってもおかしくはありません。

その花言葉とは、「あなたの死を望みます」というものです。この言葉を聞くと「あんなにも美しい鈴蘭にはとても似合わない」と思われた方もいるでしょう。なぜこのような怖い花言葉がついてしまったかというと「スノードロップ」という鈴蘭にとても良く似た花が関係しています。

鈴蘭は表の花言葉、スノードロップは鈴蘭の裏の花言葉、というように繋げられているのです。このように「あなたの死を望みます」という花言葉は、鈴蘭の裏の花言葉として現在も密かに語り継がれています。

白い鈴蘭の花言葉

鈴蘭には、様々な色があります。王道な色は皆さんご存知の白ですが、ほかにもピンク色、赤色、黄色、紫色などのいろがあります。見たことのない色もあって驚いた方もいらっしゃると思います。今回はたくさんの色の中から、白い鈴蘭の花言葉についてお話します。

白い鈴蘭は前述したように、ブライダルフラワーとしても親しまれています。そのため、「純愛」「以前から好きでした」「あなたを飾るものはあなたの美しさ以上にありません」など「愛する人」に宛てられた愛おしい内容の花言葉が付けられています。

鈴蘭を家庭栽培してみよう

上記で紹介したフランスのメーデーのように、あなたの大切な人に日ごろの感謝の気持ちを込めて、あなたが愛情たっぷりと育てた鈴蘭をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。今回はご家庭でも素敵な鈴蘭を栽培することができるように栽培のポイントをご紹介しましょう。

●鈴蘭の家庭栽培のポイント●
鈴蘭は日当たりでよく育ちますが高温多湿を苦手とする花です。地植えを行う場合は明るめの日陰に植えるようにしましょう。鉢植えの場合は、春と秋は日当たりに置き、夏は暑さを避けて風通しのよい明るい日陰に置くようにしましょう。秋ごろに自然と枯れるまでは、元気な葉を保つことが大切です。逆に鈴蘭は寒さには強いので特に防寒は必要ありません。

●鈴蘭の水をあげるポイント●
鈴蘭には春から秋にかけて土の表面が乾いたらたっぷり水を与えましょう。冬は土を湿らす程度に回数を控えて水を与えましょう。鈴蘭は強い乾燥をさせないよう一年中を通して水を与えることが大切です。特に夏場は暑さを避けるとともに乾燥に注意しましょう。

●地植えの場合の水やり●
地植えの場合は、適度な湿度のある土壌に植えてるのであれば特に水やりはいりません。肥料は少量与えると花付きもよくなりきれいな花を咲かせます。春に芽が出るのでその直前の3月~4月にゆっくりと効くタイプの肥料を与えましょう。地植えの場合は、腐葉土などの有機質がたっぷり入っていれば特に肥料を与えなくてもよく育ちます。

●鈴蘭の見ごろが終わったら●
秋に花が咲き終わったら花茎を付け根から切り落としましょう。鈴蘭は多年生植物なので、また来年の春に芽を出します。毎年きれいなお花を咲かせてくれるので楽しみにして待ちましょう。

鈴蘭の別名

前述したように、鈴蘭にはたくさんの花言葉と由来がありますが「呼び名」も複数あることをご存知でしょうか。これは鈴蘭に限らず植物にはいろいろな名前があるものが多く存在しています。それは国や地域によって違い、それを知ることで「花」そのものの歴史を読み解くような感覚にもなるでしょう。

鈴蘭のように、花言葉の数が多いものはだいたい呼び名も複数個あると考えましょう。鈴蘭の別名は、「君影草(きみかげそう)」や、「谷間の姫百合(たにまのひめゆり)」というような、あまり聞きなれない呼び名があります。

しかしながら他の呼び名を効いたとしても日本では鈴蘭という呼び方が定着しているため一番馴染みのある呼び方だと言えるでしょう。

鈴蘭の花言葉は見た目同様美しいものばかり!

今回は、鈴蘭の花言葉を中心とした鈴蘭についてご紹介しましたがいかがでしょうか。「鈴蘭」という花は知ってても、花言葉ははじめて知った方もいらっしゃるかと思います。また、鈴蘭の花言葉を1つは知っていたけれど、こんなにたくさんの花言葉があるなんて知らなかった方もいらっしゃるでしょう。

今回ご紹介した鈴蘭のように、美しい花言葉を持つ花はたくさんあります。あなたも是非、日ごろからお世話になっている家族や愛する方へ感謝や愛の気持ちを鈴蘭の花束とともに伝えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related