Search

検索したいワードを入力してください

焦りやすい人の性格や特徴|焦りや不安の対策/解消方法

Author nopic iconcoacco
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2017年08月27日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2017年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

焦りやすい人の性格や特徴|焦りや不安の対策/解消方法

つい焦ってしまう!そんな人の特徴は?対策法はある?

焦ってしまったせいで人前での発表に失敗してしまったり、仕事でミスを犯したりしたことはないでしょうか?細かいミスや失敗は誰でもしてしまうことですが、特に焦りはミスに繋がりやすい感情です。

焦りやすい人には共通した性格や特徴があり、それを理解していれば焦った時の対策や、焦りによる不安の解消法も分かってきます。まずは焦りやすい人の性格や特徴について見ていきましょう。

焦りやすい人の性格や特徴は?

焦りやすい人は仕事や生活でも色々なミスをしがちです。そんな人はどんな性格をしていて、どんな特徴を持っているのか具体的な例を挙げていきます。

落ち着きがない

焦りやすい人に多い特徴として、落ち着きがないことが挙げられます。普通の人であれば淡々とこなせることも、落ち着きのない人はバタバタと慌てて行いがちです。落ち着きがないと人の話を聞き逃したりしてミスをしやすく、そのミスが焦りを生むという悪循環を起こしてしまいます。

せっかち

せっかちな人は色々な事柄に対し早く早くと行動を起こすため、細かい点を見落としやすい傾向があります。その結果ミスをしてしまうことがあるのですが、そのミスに対しても「早くどうにかしなければ」と思ってしまい、どんどん焦っていってしまうのです。

物事に対する事前準備が足りない

焦りやすい人は、物事に対しての事前準備が足りていない場合が多く見られます。予め準備をしておけば慌てることも少なくなるのですが、準備が足りないといざという時に必要な書類が手元になかったりするでしょう。また会議やプレゼンにおける進行の順序なども先に決めておかないと、発表の時に何から話して良いのか分からなくなってしまいます。準備が足りなかったがために必要なものがなかったり、分からなかったりすると焦りが生まれてしまうのです。

完璧を求めている

「どんな事でも完璧に行いたい」というタイプの人も、焦りやすい性格といえるでしょう。完璧でありたい人は準備などをしっかり行うことが多いですが、それでも見落としがないとは限らないでしょう。些細な見落としなどが原因で失敗をしてしまうと、自分が思い描いていた完璧な姿が一気に崩れてしまうため、焦りを生じてしまいます。

自分のすることに自信がない

自分のすることに自信が持てない性格であることも、焦りやすい人の共通点の一つとして挙げられるでしょう。自信がない人は行動に対して慎重なので、一見ミスが少なく焦りもないように思えます。ですが、自信がないが故に一度ミスを犯すと過剰に反応して、「このミスは全て自分のせいだ」と落ち込んでしまうのです。そしてミスに対する過剰な反応が焦りへと繋がっていきます。

視野が狭い

焦りやすい人の共通点として視野が狭いことも特徴となっています。視野が狭い人は一つのことに集中するのは得意ですが、それ以外のことに目を向けることになった時に、どうしたらいいのか分からなくなってしまうのです。いきなり分からないことに直面すると、自分のするべきことを見失ってしまい焦ってしまいます。

焦ってしまったときの対策は?

焦りやすい人の性格や特徴を挙げてきましたが、思い当たる点がある人もいたのではないでしょうか。ですが同時に焦りに対するメカニズムも見えてきているでしょう。ここから実際に焦ってしまったときに出来る具体的な対策を見ていきましょう。

深呼吸をする

まずは焦りを落ち着きに変えることからはじめてみましょう。そのための方法としては深呼吸があります。焦ると呼吸が小刻みになりがちなので、深く息を吸い、深く吐きだして、ゆっくりとした深呼吸を行ってみましょう。深呼吸を繰り返していく内に心や身体がリラックス出来て、焦りが少しずつ落ち着いてくるでしょう。

今すべきことから手を付ける

焦ってしまうような場面では冷静さを欠いてしまうため、「自分が今何をしたらよいのか」という目的を見失いがちです。ですので、まず自分がするべきことを探してみましょう。焦るとあれもこれもと行動に悩んでしまいがちですが、その中で絶対に自分がしなければならないことから手を付けていくと、少しずつ冷静さを取り戻していけます。

物事の優先度を考え直す

焦ってしまった時は自分の中で様々な情報が錯そうしてしまう状態に陥りがちです。そのため一旦落ち着いて、取り組んでいるものに優劣を付けていきましょう。徐々に優先すべきことは何か、後回しにしても構わないものは何かが見えてきます。物事の優先度が決まってきたら、それを順番に行っていくことで焦りが収まってくるでしょう。

そこそこを目指していく

全てにおいて完璧を目指そうとすると、ミスを犯した時に焦ってしまう可能性が高くなってしまいます。それを防ぐためには物事に対し完璧を求めない、そこそこを目指していくようにするのが効果的です。

とはいえ、どの程度が「そこそこ」なのかは人によって様々で加減が難しいところでしょう。ですので、「完璧マイナス1」という考え方からはじめてみることをおすすめします。完璧を10と考えて、そこから必要度合の低い一つを抜く方法です。一つ抜いてみた結果特に支障が出なければ、「自分は常に完璧でなくても構わない」という感覚が徐々に身についてくることでしょう。

焦りが不安になってしまう…。不安を解消する方法は?

焦りは不安と密接に繋がっている感情です。焦ってしまうと「どうしたらいいんだろう」と不安になってしまいます。二つのマイナスの感情はどんどん連鎖していき、より悪い結果に繋がることもありえます。これから紹介する不安を解消する方法を試してみて、不安を和らげていきましょう。

休む時間を取る

様々な原因によって心に余裕がなくなると、焦りを生み出しやすくなります。「最近焦りがちかも?」と思ったら、一度ゆっくり休む時間を作ってみましょう。心身共にリラックスすることで、心の中も整理できるでしょう。仕事でも集中し過ぎると疲れがミスや焦りに繋がることがありますので、定期的に休憩時間を設ける習慣をつけてみるとよいでしょう

事前の準備をしっかり行う

焦りがあると不安が起こるので、焦らないような対策を講じることも不安解消によいでしょう。そのためには物事を行う前の事前準備をしっかりと行うことが大切です。準備をしていると、何かをする時に焦らないで済むことが増えますので、不安になる度合も減るでしょう。

具体的には準備する物に対してチェックリストを作る、準備する行動に対してTODOリストを作るのがおすすめです。これから何をするかはっきりと分かっているのであれば、優先度に合わせて行動の順序を決めておくことも良い方法となるでしょう。

すぐ先のことばかり考えない

「こうなったらどうしよう」「こうなったら失敗するかも」と、まだ起きてもいないことに対する想像に焦って、不安になってしまうケースもあるでしょう。そのような場合の不安を解消するためには、すぐ先のことについて考えすぎないのがコツとなります。

予測できないことに対しては、少し楽に考えられるようにしてみましょう。とはいえ考え方をすぐ切り替えるのは難しいことですので、簡単なトレーニング法を紹介します。

まず、ある事柄に対する「こうなったらどうしよう」という不安を予め紙に書きだしましょう。その下には不安に思っていた事柄がどうなったか結果を書いてみます。予測していたことが実際に起こったかどうか、両者を見比べてみましょう。

すると予想していたことが実際にはそこまで起こっていないということが分かってきます。これを繰り返していく内に、予測で起こる不安は徐々に解消されていくでしょう。

気分転換をする

忙しくしていると気持ちが焦りがちになり、不安が募ります。そんな時は気分転換の時間を作ってみましょう。職場などでも出来る簡単な方法としては外の空気を吸う、軽くストレッチをして体をほぐすなどがあります。また夜寝る前に不安が強くなった時は、ラベンダーのアロマなどもおすすめです。不安な気持ちを抱えてしまった時は、何かしら行動を起こすことで一度気持ちをリセットしてみましょう

焦りはコントロール可能!落ち着いて対処しよう

焦りに対しての対策や、不安の解消方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

焦りは自分の予期せぬ様々な場面で起きてしまうものですが、対処の方法が分かっていればコントロールしていくことも可能です。焦っている時は一度呼吸を整え、落ち着いて対処していきましょう。