Search

検索したいワードを入力してください

量産型女子の特徴とは・量産型女子になるための髪型やファッションまとめ

Author nopic icon橘ケイ
カテゴリ:モテ女

初回公開日:2017年11月11日

更新日:2018年12月20日

記載されている内容は2017年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

量産型女子の特徴とは・量産型女子になるための髪型やファッションまとめ

年代別量産型女子の髪型

ヘアスタイルが同じ、服装が似ている、そんな女子たちをそれから生まれた言葉、量産型女子という言葉をしっていますか?その人の青春時代によって流行りはかわります。しかしその年に流行った物は誰しも一度はそのテイストを取り入れたり、コーディネートに取り入れたりします。

まずは髪型で量産型女子の特徴を調べてみましょう。これを参考にしてあなたも流行りに乗った量産型女子になってください。

黒髪

生まれたてのヘルシーさと、すれていない清純さを感じさせる黒髪は、誰もが持って生まれることが出来ます。

黒髪は今もなお、量産型女子に人気の髪色です。つややかな黒髪に憧れて、黒染めをする人も続出しています。そのなかでも特に人気なのがビゲンの8番です。とても漆黒に染まり、しかも長持ちするので女子高生から年配の人に幅広く使え、人気です。また値段も安価なので、ドラックストアや小売店では売り切れ続出です。

量産型女子はみんな、日本人ならば誰でも馴染みある黒髪にして、安心感を得ようとしています。職場や面接でもマナー違反にもならない安心感が人気の理由のひとつです。黒髪人気はまだまだ続いて行きそうです。

茶髪

人気のヘアーカラーといえば、茶髪です。とくに瞳の茶色と同じくらいの暗めの色味が、顔の印象を柔らかくしてくれるということで大変人気です。奇抜なヘアーカラーは量産型女子には大敵です。80年代から人気の出て来た茶髪は世代を選ばず人気です。

年代によってはやった茶髪の種類も色々あります。例えばベージュ系です。ほんのりと黄みがかった茶髪は、金髪にはできないけど明るめの色を楽しみたいという人に人気です。またアッシュ系も空前の大ブームを巻き起こし、量産型女子たちは、みんなこぞってアッシュがかった茶色にしました。近年のブームはピンク系です。

量産型女子は女性らしさを求めているので、女の子と言えば、で思い浮かぶピンクを髪色にも取り入れます。

巻き髪

髪を巻くといっても、さまざまな巻き方が流行りました。80年代にはワンレングスにした重めの髪に、細かめのウェーブをかけるのが流行りました。90年代にはコテを使って、しっかりとクルクルっと巻き髪をするのが流行り、それにともなって盛り髪なども流行りました。量産型女子は流行に敏感なので、すぐに取り入れます。

最近では、また80年代の髪型が流行って来ていて、それまで量産型女子のあいだでは、髪を梳いて軽くし、毛先を巻くのが流行っていましたが、重めにして緩く巻くのが流行ってきました。

量産型女子のほとんどは、「ゆるまき」を経験しているのではないでしょうか?ゆるまきは、一度巻いた髪束を指先で優しくほぐし、自然な巻き髪を楽しむ髪型です。近年大流行しており、どのファッション紙でも、量産型女子たちはゆるまきをしてスナップに映っています。

ショートヘア

いまだに根強い人気を、男性からも女性からも得ている髪型は、ショートヘアーです。近年はボブくらいの長さが人気で、量産型女子はみんな耳にかかるくらいのボブに近いショートヘアーをしています。しかしアレンジもたくさん開発されていて、量産型女子だけど、アレンジ次第で他の人と被りにくい、気軽に気分転換出来る髪型がはやりです。

量産型女子は有数の髪をまとめて「くるりんぱ」をしてボリュームアップしたり、コテで流れを作ってマニッシュなイメージにしたりと追求に余念がありません。あごくらいの長さにしておいて、ワンレングスにしてパーマをかけるのも流行っています。

量産型女子のファッション

量産型女子の気になるファッションは、流行に乗っています。そのときそのときで、流行っているものをみすごしません。没個性を思われてしまいそうですが、その実、悪め立ちせず清潔なものということです。量産型女子は他人と違うということを極端に嫌がるので、無難なファッションになりがちです。それを打開するために、よくある量産型女子のファッションをまとめてみました。

量産型女子のなかでも「ちょい抜け」することを目指して、目安にしてみてください。

ワンピース

量産型女子の大好物はワンピースです。最近はさまざまな形や素材のワンピースが出ていますが、量産型女子が選ぶのは何故か一緒です。かわいくて、流行りに乗っていて安価なブランドがはやっているので、みんなこぞってそこのブランドを買ってしまいます。

量産型女子が選ぶのには、花柄がおおく、膝丈で胸にリボンがついていたり丸襟になっています。しばしばテーラージャケットやレースのカーディガンとあわせられています。近年はスポーティーなものも流行っています。スウェット生地で膝丈、フードやパーカーがついていて、黒リュックやニット帽とあわせられます。

ワンピースはコーディネートにも困らず、楽チンに着られるのでとても人気が高いです。

ジーンズ

1970年代頃から若者の間で人気をはくしたジーンズは、いまも量産型女子に大人気です。特に最近は安価で良いものがたくさん手に入るので、量産型女子のマストアイテムと言えます。

ストレートと呼ばれる、シルエットが一直線になって、太ももから足首にかけて太さがあまり変わらないものや、テーパードと呼ばれる足首に向けて少しずつ細くなっているもの、太ももからぴったりと肌を締め付ける、タイトストレートと呼ばれるものなど、さまざまな種類が出ています。

近年では、太ももや膝周りにわざと加工を施したり、色落ちしたように加工を施したりする、ダメージジーンズが流行っています。

スニーカー

量産型女子が大好きなくつと言えばスニーカーです。ワンピースやフレアスカート、マキシワンピースのように女性的なアイテムをあわせるのも良いですし、ジーンズやガウチョなどスポーティーなアイテムにあわせるのも好まれます。その歩きやすさも相まって大人気です。

どんなドレスアップした雰囲気になってしまいがちなファッションでも、スニーカーを合わせる事によって、カジュアルダウンしてくれて日常的に見せてくれます。量産型女子は、甘すぎるファッションは男性受けが悪いとおもって、スニーカーを活用しスポーティーなイメージをもたせようとします。量産型女子のスニーカーは相棒のような存在です。

量産型女子になりたくない訳

量産型女子にはなりたくない、と思っている方もおおいと思います。量産型女子になってしまうと、会ったり話したりした人に印象を残すのが難しく、個性が目立ちません。人と同じってつまらない、自分だけの個性をたいせつにしたい、などと、さまざまな理由があると思います。しかし自分自身を量産型女子だと感じている人は少ないようで、気付いたら量産型女子になってしまっている可能性があります。

量産型女子にならないためには、流行を追いすぎないことや、自分の良いと思ったものをつらぬくことが必要です。流行りものはみんながマネをするので量産型女子になりやすいです。個性を演出するためにも、服のブランドを選んだり、一点ものを購入するようにしたりと工夫をしてみてください。

年代別でわかる量産型女子