Search

検索したいワードを入力してください

いい女の特徴・条件・定義|見た目/香水/髪型/コーディネイト

Small 65e6552e 93bc 4963 ab2b fbb893490cb6kiki
モテ女 / 2018年12月20日
いい女の特徴・条件・定義|見た目/香水/髪型/コーディネイト

いい女の特徴

「いい女」とは、漠然としたワードですがそれによって思い浮かべる女性像は人それぞれであり、また男女によっても異なります。時には、少し意地悪で小悪魔のような女性を想像する場合もありますし、反して聖母のような優しい女性を思い浮かべる場合もあります。男性は性的な魅力溢れる女性を想像することも多いでしょう。

本当の「いい女」とは、老若男女問わず多くの人に魅力的に映る女性のことを指します。誰もが惹かれる「いい女」は、外見だけでなく内から滲み出るもの、つまり内面も重要となってきますが、まずは「いい女」と思われる女性の、外見を中心とした特徴を項目別に挙げていきましょう。

いい女の見た目

わかりやすく外見で「いい女」と判断されるのは、やはり見た目が美しいことにあります。

・顔が整っていて美人である
・顔が小さい
・モデルのように背が高くて細く、スタイルが良い
・胸が大きい
・ツヤと潤いたっぷりの美しい髪
・笑顔が美しい

以上に挙げたもの全てを持っている女性がいるとしたら、それは見た目では「いい女」であることに間違いはないでしょう。すれ違うだけで、女性も男性も誰もがその容姿に振り向く美貌に溢れています。

いい女の香水

シャネルNo.5

例えば有名人で「いい女」を探してみると、アメリカのセックスシンボルの一人である、「マリリン・モンロー」がいます。彼女が愛用していた香水が、「シャネルの5番」です。寝る時にこのシャネルの5番を纏っていたという話が有名であり、今やこの香水をつけることが「いい女」の象徴となっています。

シャネルといえば世界の女性を虜にするハイブランドなだけあって、派手めなキツい香りを想像する場合がありますが、このシャネルNo.5はその概念を覆します。一言で表すと「石鹸の香り」ですが、ただの安っぽい石鹸の香りではなく、「濃厚で品のある石鹸の香り」です。マリリン・モンローのように寝る時にこの香りを纏うのも頷けます。

奥深く濃厚な女性らしい香りでありながら、嫌みのない品の高さを印象付けることができる「いい女」の香りです。

ティファニー オードパルファム

ティファニーのオードパルファムは、ティファニーが15年ぶりに今年発売した新作フレグランスです。大人の「いい女」のみが纏うことを許される、洗練された香りです。

アイリスの花を基調とした、爽やかで上品なその香りは瑞々しい緑を感じさせ、凛とした芯の強い女性を思わせます。セクシーさを強調し媚びるような香りではなく、少女のように無垢でイノセントな印象をも感じさせる「いい女」の香りです。

いい女の髪型

ワンレンロング

女性らしさの象徴であるロングは、「いい女」に多い髪型と言えます。無難に女らしさを出せる髪型かと思いがちですが、美しいワンレンロングを手に入れるには、丹念な日々のヘアケアなどそれなりの努力が必要です。また綺麗に伸ばしていくのにも、強い意思が必要となります。手入れが行き届いているロングヘアを持つ女性は、「いい女」と言えるでしょう。

ワンレンボブ

ワンレンボブは、クールな「いい女」の髪型であると同時に、聡明さも印象付けられます。賢く冷静沈着で意思の強い女性も「いい女」の条件のひとつです。キャリアウーマン型の「いい女」に多い髪型です。

ベリーショート

ベリーショートは、女性が挑戦するにはハードルが非常に高いヘアスタイルとなります。端正な顔立ちに頭の形が綺麗な人が似合う洗練された髪型と言えます。自分に自信があり、常日頃から誰にも媚びることのない芯の強い「いい女」を象徴しています。

この髪型の「いい女」に多いのは、サバサバしていることを嫌味に印象付けたりすることもなく、人に流されない強い信念を持っており、その魅力から男女共に憧れられる存在であることが特徴です。

黒髪

「いい女」の髪色は、黒髪が多いのも特徴的です。髪を染めたり余計な手を加えることはせず、ありのままの素材でいるということが「いい女」の内面を表しています。その素材をいかに美しく磨き上げるかに重点を置いています。

カラーやパーマは手っ取り早く印象を変え、お洒落に見せることができますが、それと引き換えに髪の健康を損ないます。薬剤で手を加えると、必ず髪は傷みます。「いい女」は、髪型を魅力的に見せる手法としてカラーやパーマは選ばず、日々のヘアケアで自分のありのままの髪の美しさを引き出す努力を重ねています。その努力の積み重ねが反映し、「いい女」へと導いていくと言えます。

おでこを出す

「いい女」は、前髪が長く髪をまとめるときもオールバックなどでおでこを出していることが多いです。前髪やサイドの髪で顔の形やパーツを隠したりする理由は、コンプレックスを持っているためであることがほとんどです。そのため、堂々とおでこを出したスタイルは自信の表れと言えます。

決しておでこや顔、頭の形が綺麗な人でなくとも、「いい女」は毅然としておでこを出しています。生まれ持ったありのままの自分をさらけ出すことに何の抵抗も持たないのは、自分自身を愛しているが故であり、欠点をも魅力へと変えていくのが「いい女」です。

いい女のコーディネイト

「いい女」は、黒を使うことに抵抗がありません。黒は品を印象付ける色です。しかし黒の魅力を引き出すことは誰にでもできる技ではありません。一般的にはどんなコーディネイトにも合わせやすい無難な色とされていますが、「いい女」の纏う黒は違います。

「いい女」は上質なものを好みます。例えばレザージャケットであれば、合皮などのフェイクではなく本革を選びます。長く愛用できるのは確実に後者だからです。黒であればどんな服でも良いというわけではなく、独自のこだわりを持ってコーディネイトをしています。

難易度の高い全身オールブラックであっても、「いい女」は上質な異素材を組み合わせて立体感を出したりと、決して地味にすることはなく黒の魅力を最大限に引き出すことができます。

パンツスタイル

スカートやワンピースを着れるのは、男性にはない、女性の特権とも言えます。しかし「いい女」は、そのような女性の特権に甘んじることがありません。「いい女」は、見た目を最重視していません。女性としての魅力を上げるためにスカートやワンピースに頼らなくとも、「いい女」には既に魅力が備わっています。

冠婚葬祭や就活の場でも、「いい女」はスカートよりもパンツスタイルを好む傾向にあります。またファッションアイテムもユニセックスのものを選ぶことがよくあります。

スニーカー

「いい女」は行動的で、アクティブです。長い時間多くの場所を動き回るにはスニーカーが欠かせません。ずっと同じ靴を履いていると靴の寿命が縮むことを知っているので、その日のコーディネイトや気分に合わせて、さまざまな色やブランドの数種類のスニーカーを常備しているのも「いい女」の特徴です。

ハイヒール

ここぞという場面のために、とっておきのハイヒールを一足は持っているのが「いい女」です。美しい形の上質な素材で作られた、極上のハイヒールを選んでいます。

女度を上げるためにハイヒールを履く女性は多いですが、慣れないために歩き方が美しくなかったり、足を痛めたりすることがよくあります。しかし「いい女」は、ハイヒールを履くことに慣れています。

靴そのものは自分を支える「基盤」であり、その重要さを知っているので「いい女」は靴にはお金を惜しみません。そして自分の足に合ったハイヒールを厳選し、姿勢の良い歩き方をするのが「いい女」の特徴です。

いい女の条件・定義

いくら外見だけを取り繕っても本物の「いい女」ではありません。内から表面へ滲み出るものが最大の魅力となりますので、内面が非常に重要となります。それらを踏まえて、「いい女」の条件・定義を項目ごとに紹介していきます。

人の悪口を言わない

「いい女」は、人の悪口を言いません。わざわざ誰かの悪口を言って嫌な感情に支配されることに時間を費やすのは無駄なことであると知っています。噂話も好みません。

しかし女性は集まると、誰かの悪口や噂話に花を咲かせる場面が多くなるのが現実です。そんな時でも、「いい女」はその悪口や噂話に参加することはありません。自然に話を変えたり、その場から離れたりと、空気を乱さずに大人の対応ができるのが「いい女」の特徴です。

愚痴を言わない

「いい女」は愚痴も言いません。誰かに愚痴をこぼすくらいであれば、不満に感じていることや納得のいかないことは、声を大にしてきちんと然るべき人にその意思を伝えます。家族や親しい友人など、大切な人と過ごす時間をネガティブな感情で埋めたくないためです。

基本的に「いい女」は不満を溜めること自体があまりありません。周りと適切なコミュニケーションを図り、器用に上手く立ち回ることができるのが「いい女」の特徴です。無理に我慢してストレスを溜めたりネガティブな感情を作ることがありません。また、愚痴や不満を言うことは何の解決にもならず、ただネガティブな感情に支配されて自信を奪われるだけだと知っています。

いつも機嫌が良い

いつも穏やかで笑っていられることは、簡単なようで非常に難しいことです。特に女性は、ホルモンバランスの関係などもあり、男性よりも情緒が不安定になりやすい性質があります。しかし「いい女」は、自分の機嫌の取り方や癒し方、心の回復の仕方を熟知しています。

周りに不快に思われる感情をすぐ表に出すのは大人として未熟であることを悟っており、体調管理と共に心の健康管理も「いい女」は手を抜いていません。不調を感じた時は、仕事も遊びも無理をしません。そのため、いつも一定の穏やかな感情を保っており、それが魅力のひとつとなっています。

SNSをしない

「いい女」は、個人でSNSを多用することがあまりありません。SNSを全くしていないか、便宜上アカウントを作っていても自ら投稿したりすることは少ないです。SNSで個人の仕事やプライベートが充実しているのをアピールすることに、何の意味もないことを知っています。

そもそも、「いい女」は聞かれてもいないのに自分の話をすることはほとんどありません。人とコミュニケーションを取る際は、相手に興味を持って話を引き出したりと聞き役に徹します。むやみやたらに自分をさらけ出すことはしません。人と接するときは、いつも目の前にいる相手のことを主体にしています。

いつも話を聞いてくれて相手に合わせて楽しく会話ができるのが「いい女」であり、しかも自分の話はほとんどしないので少しミステリアスでもあり、非常に興味をそそられる魅力に溢れています。高級クラブなどの夜の世界で活躍する売れっ子ホステスに多い「いい女」の特徴です。

正しい日本語を使う

昨今では若年層を中心に、実際に話す言葉も文章にするときでも、崩した日本語を使ったり言葉をむやみに略すことが多いですが、「いい女」は、いつも正しく美しい日本語を使っています。堅苦しいわけではなく、品のある丁寧な言葉を選んでいます。プライベートであっても、言葉を崩したり汚い言葉を使うことはありません。

また、書く字が綺麗であることが多いのも「いい女」の特徴です。書道を習っていたり達筆でなくとも、読み手のことを考えて丁寧に書くことを意識しているので、必然と美しい字に見えます。

自虐しない

常に謙虚であり、褒められても謙遜することは日本人特有の性格と言えます。会話の中でも自虐ネタを入れ込んだりして笑いや好感を得ようとするのも特徴的です。褒められても、「私なんて」「そんなことないです」などと否定することも多いですが、「いい女」はそうではありません。

まず、褒められた場合には素直に受け取り、きちんとお礼を言います。決して「私なんて」という言葉が出てくることはありません。それが例えお世辞であっても、そして自分に向けられた褒め言葉を認めたことに対し、もしも相手から影で何か言わたとしても、気にしません。常に自分を認めることができているので、「いい女」は決して自分を否定したりしません。

一人の時間・空間を大事にする

いつも誰かと一緒でないと行動できないような、人に依存してばかりの自立心のない大人に「いい女」はいません。「いい女」は、精神的にも自立しています。そして人付き合いはほどほどに、家族や親しい友人など、きちんと大切にする人を見極めています。大切な人を当たり前に大切にすることができます。

そして一人で過ごす時間を、とても大切にしています。一人の時間・空間を持つことによって、自己内省と自分を癒すことを行います。いつも人と群れてばかりいては、人に流されたり自分を見失うこともあるので、そうやって充実した一人の時間を大事にすることにより、安定した心の状態で人と関わることができることを、「いい女」は知っています。

没頭できることがある

「いい女」は、好奇心旺盛で自分が本当に良いと思ったものは、積極的に学んで吸収しようとします。それが人として成長する肥料となり、内面から滲み出る素晴らしい魅力になっていくことを、「いい女」は理解しています。

何かひとつでも、長い間続けている趣味を持っている「いい女」は多くいます。もしくは、没頭できる趣味の延長が仕事になったりすることもあります。あれこれと広く手を付けてはすぐに放り出すのではなく、本当に好きなもの、自分にとってプラスになると感じたものを深く追及し、極めようとする傾向があります。

人や何かのせいにしない

予期せぬ悪いことが起きたり、自分の思いどおりにいかなかったときに、「いい女」はそれを誰かのせいにしたりはしません。いつも人や周りの環境のせいにしている人は、いつまでたっても成長できないことを「いい女」は知っています。

心が弱い人は、自分の手に負えない良くないことが発生したときに、ついその責任の所在を自分以外に探そうとする傾向にあります。そうして、「自分は悪くない、自分のせいではない」と思うことによって一時は救われた気になりますが、何度も同じことを繰り返してしまいますので何の解決にもなりません。

「いい女」は原因をまず自分に対して追及し、それでも原因がわからない場合にはあまり考え込むことはやめて、「運が悪かった」とすぐに気持ちを切り替えて常に前へ進もうとする姿勢を持っています。

人と比べない

自分に自信がない人の特徴として、すぐ「人と比べる」ということが挙げられます。それは人を羨み、妬む感情を生み出す種となる愚かな思考であることを「いい女」は悟っています。自分に自信がない人は、すぐに他人を評価したり自分と比べて勝手に優劣の判断を下してしまう傾向にあります。

人は十人十色であり、その個性はひとつとして同じものがないのに、それを比べることは全くもって無意味であると同時に、余計なネガティブな感情を引き寄せる原因となることを「いい女」は理解しています。「いい女」は、”人は人、我は我”の毅然とした精神で我が道を突き進み、信念が強く自信に溢れた眩しい魅力を放っています。

いい女になるには・方法

「いい女」は男性のみならず、同性である女性にも強く憧れられる存在と言えます。そんな「いい女」になるには、どうすれば良いのでしょう。いくつかの方法を紹介していきます。

常に微笑む

いつも笑顔でいる人に、悪い印象を受けることはほとんどありません。よく笑う人の元には福も人も集まります。人と話すときはなるべく明るい話題を振り、相手の笑顔も誘いましょう。

いつどのような状況であっても、眉間にシワを寄せるような怖い顔になってしまわないように注意し、黙っているときも常に優しく微笑んでいられるような、穏やかな雰囲気を纏いましょう。ふとした時の表情は、意外にも多くの人から見られています。

湧き出るネガティブな感情よりも先に、逆境の時にこそ「まず微笑む」ことを強く意識していくことにより、感情のコントロールがうまくできるようになり、魅力的な「いい女」へと近付いていきます。

日記をつける

毎日、日記をつけましょう。ただその日の出来事をつらつらと書くだけではなく、「いい女」になるための日記の付け方がありますので、そのコツを紹介します。

①その日、嬉しかったこと・楽しかった出来事などを書く。
②その日、残念だったこと・悲しかった出来事などを書く。
③①と②の出来事に対し、それぞれどんな感情を抱いていたのかを、正直にありのまま書き出す。

重要になるのは、その日に感じた感情を余すことなく日記の上に書き出すことです。嬉しい感情・悲しい感情のみならず、怒りの感情も芽生えたのであれば、それも思いのまま書き出してください。

書き出す行為をしなければ、ポジティブなこともネガティブなことも、その大切な自分の感情はただ一瞬一瞬を過ぎ去っていくだけです。「感情を書くこと」にどんな意味があるのかですが、自分のことをよく知るためだと言えます。

自分はどんなことに嬉しいと思うのか、どんなことに悲しいと思うのか、また怒ってしまうのか、などがよくわかります。自分の心の細かい変化を知ることは、心の健康を管理していくうえでとても重要なことです。自分自身を誰よりもよく理解しているのが、「いい女」の特徴です。

一人旅をする

「いい女」は、精神的に自立している女性であり、一人旅を好む傾向にあります。一人で好きな時間を過ごし、自分を元気付け、癒すことのできる術を持っています。一人で旅をすることは、行動力を養うと共に自主性を育て、問題解決能力を高めることへも繋がります。「いい女」は賢く、聡明であることが条件のひとつでもあります。

女一人旅初心者におすすめの旅先を、海外と国内に分けて簡単に紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【海外】

韓国(ソウル・釜山)

韓国は日本から一番近い海外旅行先で、女性一人旅の定番となっています。首都のソウルは東京からだと約2時間、大阪からは約1時間半で行けます。ソウルは日本で言う東京、釜山は日本で言う大阪と言われており、どちらも都会と自然の両方が楽しめる有名観光地です。

エステにグルメ、買い物三昧を楽しみたい女性に大変おすすめです。ちなみに日本との時差はありませんので、まるで国内を旅行しているような気軽さも魅力です。

アジアの中では治安も良い方で、夜に出歩くことも特に危険ではありません。便利な地下鉄も通っているので行動しやすく、日本語が通じるお店も多くあるので韓国語や英語が話せなくとも一人旅が可能です。週末の1泊2日で行けることも魅力ですが、2泊3日くらいが充実した時間を過ごせるのでおすすめです。

台湾

台湾は言わずと知れた親日国です。日本人と分かれば温かくフレンドリーに迎え入れてくれる雰囲気があり、今女性一人旅で人気急上昇中の旅行先となっています。フライト時間は東京からは約4時間、大阪からは約3時間半で、日本との時差はわずか一時間です。

一年を通して温暖な気候で、小籠包やマンゴースイーツなどの日本人の味覚に合うグルメも豊富です。「千と千尋の神隠し」の舞台にもなったと噂されている九份はとても有名であり、歴史を感じる美しい観光名所ですので、台湾旅行の際にはぜひ一度は訪れたいおすすめの場所です。

【国内】

北海道(札幌・小樽)

札幌には観光名所がたくさんあり、レンタカー無しでも気軽に街歩き観光ができるのでおすすめです。都会の中に自然が融合した札幌特有の、のびのびとした雰囲気に癒されます。また、北の大地でとれた海の幸や野菜、乳製品など、何を食べても美味しい北海道の「食」は、日本一とも言える魅力度の高さでしょう。

札幌から30分ほど電車に乗って少し足をのばし、小樽観光をするのもおすすめです。札幌から小樽へ向かう電車の車窓から覗く、雄大な青く美しい日本海の水平線を眺めているだけで癒されます。小樽の風情ある街並みはレトロでノスタルジックな雰囲気で、小樽運河やガラス細工が有名です。小樽名物の若鶏の半身揚げやスープカレー、海鮮料理は絶品です。

京都

世界中から日本の旅行先として圧倒的人気を誇る、日本を代表する観光地である京都は、女性一人旅に定番人気の場所でありリピーターの多い観光地でもあります。京都の歴史の深さとその風景の美しさに、何度訪れても新しい発見があり、魅了されるのでしょう。

京都市内だけでも神社仏閣をはじめとした観光名所はたくさんあるので、ルートを決めて効率良く回れるレンタサイクルもおすすめです。普段頑張っている自分へのご褒美に、少し敷居の高いお宿に泊まったり、繊細で目にも美味しい京料理に舌鼓を打つのも良いでしょう。

習い事に通う

何かひとつでも、自分の内面向上のために努力していることがあるでしょうか。外見の美しさのために努力をするのももちろん必要ですが、人間的に成長し向上するには内面を磨くことも欠かせません。「いい女」は内側から強く輝いているために、人々を魅了します。

家で一人でできることをずっと続けるのは難しいこともあります。最初はやる気になっていても、途中でやめてしまったりと集中力が続かない場合が出てきます。そんな時は、何か習い事に通いましょう。

何かを学ぶためにその場所へ出向き、誰かに教えてもらい、誰かと一緒に学び、そしてその対価をお金で支払う、という流れができるとメリハリが出るのでやる気も起こり、家で一人で学ぶよりも集中力が持ちますし、簡単にやめてしまいにくくなります。

自分の好きなこと、関心のあることに対して日々学ぶことを習慣にしていると、「いい女」としての魅力は確実に上がっていきます。内面を磨くことは、外見を磨くことよりもはるかに日々の積み重ねが重要だと言えます。

姿勢を良くする

姿勢が良いことも、「いい女」としての欠かせない条件となっています。「いい女」は、座っているときも歩いているときも、背筋の伸びた美しい佇まいでいることがほとんどです。

姿勢が悪いとさまざまな弊害があります。肥満や身体の凝り・痛みの元になると同時に、眠りが浅くなったりそれによって疲労やストレスが溜まって精神的にも辛くなる可能性もあるので、姿勢が悪いと心と身体の健康に良くないことが多いです。

一日中座っていることが多いデスクワークの人などは、背中の筋肉が硬くなっていることがあり、背中の凝りは姿勢の悪さに繋がります。背筋は意識しないと普段の生活では鍛えることができないので、途中で適度に伸びをして背中を反らすことを意識し、長時間同じ体勢でいないように気を付けましょう。

ストレスや疲労は「いい女」には大敵です。健康であることも「いい女」の特徴です。姿勢を良くするだけで、心と身体を健康に保つことができ、外見も美しく整いますので、適度な運動やストレッチを習慣にしましょう。

いい女かどうか診断できるチェック項目

ここでは「いい女」であるかどうかの診断チェック項目を簡単に紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

まずは「いい女」度を測るチェック欄AとBの、それぞれ10個の項目に当てはまるものがいくつあるのかをチェックしてください。

「いい女」度チェック【A】

□朝型である
□健康や美容のために、毎日行う習慣が一つでもある
□1年以上続けている習い事がある
□新聞または本を読むのが習慣である
□日記をつけている
□整理整頓が得意
□人と話をするときは主に聞き役である
□よく人に道を聞かれる
□よく笑う
□思い立ったら即行動する

「いい女」度チェック【B】

□夜更かしが好き
□自炊はしない
□ネットサーフィンが日課
□スマホの画面が割れている
□SNS投稿を頻繁にしている
□ミーハーである
□女子会をよくする
□靴が汚れていても気にしない
□約束の時間によく遅れる
□つい歩きスマホをしてしまう

AとB、それぞれいくつ当てはまったでしょうか。結果ですが、Aが多い場合は「いい女」度が高く、Bが多い場合は「いい女」度が低いです。当てはまった項目が多ければ多いほど、それぞれの傾向が強いと言えます。

いい女に関する名言

キャメロン・ディアス

米国を代表するハリウッド女優です。日本でも大ヒットを記録した映画「マスク」でデビューしました。その愛らしいベビーフェイスが特徴的で、年齢を重ねてもなお魅力的なキャメロンは日本でも人気を博しました。

Blockquote firstBlockquote second

自分の人生には、
自分で責任を持つべきだから、
ただ自分を幸せにしてくれる
白馬にまたがった王子様を待っているなんてダメ。
自分の将来は、
自分で切り開いていかなきゃね。

彼女は自分の人生を他人に重ねることはしていません。誰かのせいにしたりせず、自分の幸せや悲しみ、その全ての責任は自分にあることを説いています。素晴らしい未来も、人から与えられるものではなく自分で掴み取っていくのだということです。

ジェーン・バーキン

ジェーン・バーキンは、イギリス出身の歌手・女優です。エルメスのバッグ「バーキン」は、エルメス社の社長が、彼女のために作ったバッグが最初の由来であることはとても有名な話です。恋多き「いい女」であり、永遠のファッションアイコンでもある彼女は、数々の名言を残しています。

Blockquote firstBlockquote second

そもそも、笑顔は、目の前の相手に「好意や関心を抱いていること」を伝えられる、効果的な無言のメッセージです。
あまり話す時間がないというタイミングでも、笑顔を意識して接していると、名前は忘れられていても、“なんとなくの好印象”を残せていることもあります。

「笑顔=明るい」という印象から、「私はおとなしいから、あまり恋愛対象には見られないかな。。」と思っている方は安心して欲しい。
おとなしくても、ニコニコしている女は十分恋愛対象になる。

母が言ったわ。
「微笑んでいなさい、そうすれば世界中があなたに微笑んでくれるわ。 涙を流すときは、1人で流しなさい」

笑顔は「いい女」にとっては欠かすことのできないものです。恋愛経験豊富なジェーン・バーキンの魅力の最大の秘訣は「笑顔」という至極シンプルなことだったということがわかります。

中谷美紀

中谷美紀さんは数々の映画や舞台、ドラマで活躍し続けている日本を代表する実力派女優です。本物の気品を纏うその艶やかな美しさは、内面から溢れ出ているのを感じさせます。年を重ねるごとに魅力が増しているのは内面が輝き続けているからでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

大切なのは、自分の心が動かされるかどうか。
自分の心が動いていないのに人様の心を動かすなんて無理です。

Blockquote firstBlockquote second

お仕事は、素直に好きな仕事をやっていきたいと思っています。
昔は、「カンに頼ってばかりじゃダメ。裏づけのあるものを選ぼう」と理屈っぽく考えた時期もありました。
でも結局、自分のカンのほうが冴えていて、それに従ったほうがいい仕事ができることに気づきました。

自分の気持ちに正直であることが、人の心を動かし、成功をつかむことができることを中谷美紀さんは悟っています。頭ばかりで考えるのではなく心の動くものに常に注意を払うことが「いい女」の魅力を作り上げる秘訣と言えます。

いい女の見分け方

「いい女」風の女性は、この世にたくさん存在しています。そんな「いい女」風に騙され振り回される人も多くいるのが現実です。そこで本物の「いい女」を見抜くためにも、そうでない人との見分け方を紹介していきます。

八方美人

誰にでも良い顔をする「八方美人」は、「いい女」と見誤る場合が多いので注意が必要です。「八方美人」は一見、とても「いい女」に見えるときがあります。「八方美人」は口先だけで行動を伴わない無責任な面があります。その言動にも中身がないことが多いですので、「八方美人」の発する言葉や他の人に対する態度などをよく見て、「いい女」ではないことを見極めましょう。

「八方美人」と「いい女」の違い

「八方美人」と「いい女」の違いは、「いい女」は人によって態度を変えたりしませんし、誰に対しても誠実な心で接することができます。

対して「八方美人」は、多くの人に良い顔をしますがそれには裏があることがほとんどです。媚びへつらったり、あからさまに機嫌を取ったり、全ては自分の得になるように動きます。そこに誠実さはありません。自分にとって利用価値のない人だと認識すると、態度を急変させることもあります。

また、「八方美人」も「いい女」も、あまり自分のことをひけらかさない部分が似ているように思えますが、「八方美人」は自分の本音は明かさず相手の様子を見て、必要に応じて嘘もつきます。そして相手に取り入ることができるように相手に合わせていく傾向にあります。

「いい女」は、そうではありません。相手に興味を持ち、相手を主体にコミュニケーションを図っているだけであり、必要な時には本音も隠さず明かし、くだらない嘘は決してつきません。

そして「八方美人」は噂話や人の悪口が大好きです。悪口を言っていた相手に対しても何食わぬ顔で良い顔をします。本当は不満を抱いているのに、誰からも「いい人」と思われたいがための行動です。そのため、信頼して本音を交えて相談できる相手がいないことが特徴です。ボロが出ると、誰からも信用されなくなります。

「いい女」は、たくさんの人からの信頼が厚いです。人の悪口や噂話は好みませんし、誰にでも素直な態度で接するので好感を得ることが多く、また聡明さの窺える美しい言葉遣いに信用度が高まります。

人を見た目や地位で判断しない

「いい女」は、人の内面をよく見ています。魅力的である人は、他人の内面に潜む魅力を見抜く能力にも長けています。決して見た目や地位だけで判断を下していません。ましてやそれによって態度を変えるなんてことはありません。

例えば、店員に対する態度などを見れば「いい女」かどうかがわかります。ぶっきらぼうな言動や態度をとっていたり、上から目線で敬語を使わず偉そうにしていたりしたら、それは「いい女」ではありません。知人に対して普段は優しく丁寧な人がそんな態度をとっていたら、要注意です。「いい女」は、誰に対してもきちんとした言葉遣いで接し、いつも感謝と気遣いを忘れません。

自分にも人にも肯定的である

会話の中で、相手が言ったことに対して否定で返したり説教をしたりする人は、「いい女」ではありません。まず、「いい女」は常に自分を全面的に認めて肯定しています。それは他人に対しても同じなので、肯定感の強い「いい女」との会話には共感が生まれます。人の話にいつも否定で返してしまう人は、自分に自信がなく自分を否定している・認めていないので、相手をも認めることができない状況になっています。

何か相談事をした場合、「いい女」はどんな状況や内容であってもまずは相手の言葉を全て受け止め、認めてくれます。結局は何をどうしていきたいのかを相手から上手に引き出し、アドバイスがあれば口にします。ただほとんどの場合、相手も聞いて欲しいだけのことが多いので、真剣に聞き、相手を肯定し続けます。

しかし人の悪口に肯定することはありません。かといって否定をしてまうと角が立つので、否定も肯定もせずにうまく受け流し、さりげなく話を変えたりなど器用に対応することができます。それらの理由から、「いい女」との会話は明るく前向きになるような楽しい雰囲気になるため、多くの人からの好感を得ます。

本物の「いい女」は内側から輝く

「いい女」について、数々の事柄について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。外見が美しいだけでは、本物の「いい女」ではないことを理解することができたのではないでしょうか。

「いい女」の魅力のカギは、内面にあります。内面が美してこそ、すべてが美しい「いい女」となります。多くの人を惹きつける魅力は内から滲み出るということを「いい女」は知っているので、自分を愛し、内面を磨くことをやめません。

内面の美しさは外見にも影響を及ぼします。主に目や表情、その人の周りに漂う空気感・雰囲気などに関係してきます。決して美人ではないのに、とても魅力的で人を惹きつけてやまない女性がいれば、それは間違いなく「いい女」です。

関連記事

Related