Search

検索したいワードを入力してください

男のひとり旅で国内・海外でおすすめの一人旅の場所

Small 9f12c973 7dd5 47ad 94d4 d5b67c423adamachayum
出会い / 2019年05月06日
男のひとり旅で国内・海外でおすすめの一人旅の場所

男一人旅でのおすすめスポット国内4選

男のひとり旅で国内・海外でおすすめの一人旅の場所

沖縄で海を満喫

沖縄といえば、日本国内では他に負けない綺麗な海が自慢でしょう。どこまでも広がり、暖かい時期が長いため、海のレジャーはより楽しめるでしょう。男の一人旅の場合、おすすめしたいのはダイビングです。

実はダイビングをするには、潜る深さによって免許がいることはご存知でしょうか。また、この免許を取得するためには相応の勉強や実技講習もあるため、最低でも2、3日はかかります。しかし、沖縄では免許取得も含めたツアーやプランが数多く存在します。ダイビングの免許をは一度取れば一生ものな上、子どもからお年寄りまで年齢を気にせず楽しむこともできます。一人旅の間に取得すればだれか人と来た時にも楽しめます。

札幌の空気でリフレッシュ

札幌での男性一人旅おすすめスポットは、中島公園や北海道大学植物園です。北海道の気持ちいい自然と空気が、初めて来たかたにもどこか懐かしさや安心感を与えます。どちらの公園も駅から近く、札幌の市内を観光する際にぜひ立ち寄りたい場所です。

園内を散策する、ベンチで読書をする、ぼーっと座っている、どれも充実した時間を過ごすことができるでしょう。普段は都会の空気の中で忙しく過ごしている男性ほど満喫できる時間です。

おしゃれな街の神戸を食べ尽くす旅

関西地方でおしゃれな町と言えば、必ず上位にくるであろう神戸は、街並みも美しく、朝から晩まで時間に合わせた楽しみ方があります。男一人旅で神戸の楽しみ方は2種類あります。

1.昼間は中華街で食べ歩き
神戸の中華街は、横浜に負けず劣らず全国屈指の中華料理店が勢ぞろいしています。神戸出身者でもある北川景子さんを始め、多くの著名人からも人気がある場所です。そんな中華街では、たくさんの品々が大変安価で売られています。豚まん90円、焼き餃子は100円、常時最低30分待ちの大人気小籠包は310円などです。1つのお店に居座って満腹になるのはもったいないです。ぜひ、中華街独特の雰囲気と共に美味しい飲茶を味わってください。

2.ディナークルーズ
男一人旅の神戸の夜は、ルミナス神戸やコンチェルトなどを始めとしたディナークルーズがおすすめです。ピアノの生演奏、海から見える神戸の夜景や七色に光る明石海峡大橋はまさに一人で味わうには最高の時間です。豪華なフルコースと共に楽しむプランもありますが、あえてゆっくりオープンデッキでお酒と夜景、海風を楽しむのはいかがでしょうか。

男一人旅目線で東京を味わおう

おすすめの一人旅は、ブルーノート東京で過ごすムーディーなジャズ演奏です。こちらは、本格的なフレンチとワインを頂きながらジャズを楽しむことができる男性1人でも過ごしやすいお店となっています。シックで青暗い照明の内装が、居心地のいい雰囲気になっています。

ブルーノート東京のある南青山には、多くの有名なレストランもあります。食事は別のところで召し上がってから、ワインやジャズを楽しむのもいいでしょう。また、その日演奏するジャズバンドにちなんだオリジナルカクテルが提供されることもあります。 SNSで情報も配信されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

男の一人旅に役立つ一冊!

教本のようなこちらの旅雑誌を持っていればどんな事が起こっても安心です!
少しでも不安がある人はぜひ購入して、旅のお供として一緒に持っていきましょう。

男一人旅で120%温泉を楽しむに

男のひとり旅で国内・海外でおすすめの一人旅の場所

男一人旅の最大のメリットは、誰の指図も受けず自分の思うまま自由に時間を楽しむことです。そのため、車で快適にのんびり行く、その土地を味わいながら電車や新幹線で行く、最小限の荷物を持ってバイクで駆け抜けるのも楽しいでしょう。

気ままに時間を味わう男の一人旅では温泉は人気のスポットです。理由としては、男1人でも楽しめる点や、旅の疲れを癒したり、訪れた土地を楽しめるなどが多くあります。

男一人旅の車で旅行する場合のポイント

男のひとり旅で国内・海外でおすすめの一人旅の場所

車で旅行するメリットは、旅行荷物を多く運べるため長い期間出かけられること、天候や季節を気にせず動けること、長距離の運転でも体力が持ち、仮眠や休憩場所にも困らないことが挙げられます。そのため、車で男の一人旅ではぜひ秘境や奥地など、普段誰かを誘って行くには少々申し訳ないような場所へ挑戦するのがおすすめです。

まずは群馬を開拓せよ!

群馬の道は思った以上に変化があり、季節の移り変わりともリンクしています。つまり、1度行ったくらいでは群馬を知るにはほど遠いということです。

また、群馬には有名な草津温泉があります。西の河原露天風呂など、男旅の醍醐味のような川っぺりの露天風呂や食べ歩きも楽しいでしょう。また、群馬には名店と呼ぶべきおすすめラーメン店も数多く存在します。一人旅といえど、食べたいものは事前に調べておくといいでしょう。

地獄で極楽?仏ヶ浦の恐山

恐山は、青森県にある秘境の中でも知名度の高い場所で、電車での男一人旅などにはおすすめスポットの1つです。下北半島の中央部にある外輪山は霊場で、その中心には宇曽利湖というカルデラ湖があります。これまで噴火したことはありませんが、今もなお火山ガスが発生しており、このあたり一帯は強い硫黄の香りがします。

火山岩だらけの中央にある、宇曽利湖の極楽浜はとてもきれいです。まさに対照的な風景がより美しく感じさせています。こちらで行われる菩提寺の大祭では、口寄せするイタコさんが集まり、死者の言葉を聞くために多くの人々が並びます。

さらに、仏ヶ浦には奇岩と呼ばれる緑色凝灰岩が並んでいます。それぞれの岩には、如来の首、五百羅漢など穏やかではない名前が付けられており、男一人でじっくり味わう旅にはうってつけの場所でしょう。

男一人旅のおすすめスポット国外4選

男のひとり旅で国内・海外でおすすめの一人旅の場所

マカオといえば散財

男が一人旅でマカオへ行ってやることは1つでしょう。マカオだからこそ許される、カジノです。マカオのカジノは世界でもトップクラスを誇り、中には一見さんお断りだけでなく、外見や所得によっても入れてもらえないお店も多くあります。そのため、事前の準備は必ず必要です。

ギャラクシーマカオはVIPと一般で部屋が分けられており、カジノ・リスボアも比較的大衆向けカジノです。ただし、カジノで遊ぶ場合はそれ相応の覚悟と準備は忘れないよう気を付けましょう。また、どうしても夜遊びに行くことになりますが、日本のように平和で安全地帯ではありません。男とはいえ安心して羽目を外しすぎず、楽しい思い出になる程度に満喫してください。

台湾といえば九份

台湾といえば、美味しいご飯と観光が格安で楽しめる近場で気軽な海外です。思い立ったら即行けるあたりも、男の一人旅向きの場所と言えるでしょう。

そんな台湾では、やはり夕暮れ前には九份に行きたいところです。だいたい夕暮れから日暮れまでは満喫できる九份は、有名な「千と千尋の神隠し」の舞台とも言われています。なお、読み方は「きゅうふん」ではなく「ジョ(ジュ)ウフェン」ですので、間違いのないよう注意してください。

台北は男一人旅だからこそ

少々勇気がいるスポットですが、男の一人旅だからこそ、欲求の赴くまま行けるスポットもあります。それが台北西側の龍山寺付近にある華西街観光夜市です。家族連れや、女性同士では行けない男の夜のディープな場所です。

この地域には、台湾でも最も古い建物があり、全体的に寂れているような雰囲気が哀愁ただよい男の一人旅にはちょうどいいスリルと緊張感、少しのドキドキとワクワクが入り混ざったような気持ちで楽しめるでしょう。

ただし、お店の年齢層は少々高めで、中には男性が待ち構えているお店もありますので、男と言えども十分お気をつけください。

香港で男の買い物

香港は、大きく分けて九龍半島と香港島の2つのエリアに分かれているのはご存知でしょうか。今回は香港島で、おすすめの買い物スポットについて紹介します。

香港で男の買い物といえば、抑えてほしいものはテーラーメイドです。一昔前の日本では、男性が香港へ行く理由は、スーツのオーダーメイドが定番でした。現在でも、多くのオーダーメイドスーツのお店があり、だいたい10日〜2週間ほどで日本に届きます。歴史があるだけあって、質もよく、オーダーメイドのスーツは着心地も抜群です。

一人旅に向いている性格って?

男のひとり旅で国内・海外でおすすめの一人旅の場所

一人旅をする方は、この数十年でおよそ2倍にも増加しています。一人焼肉や一人カラオケなど、自分の思うまま自由に遊びたいという方は、今後も増加していくことでしょう。

そんな一人を楽しむかたの深層心理には「新奇性欲求」が深く関わっているといわれています。この欲求は、簡単に言うとすぐ飽きるタイプの人です。毎日の平和な生活や、順調な仕事に退屈を感じ、変化がなければ辛くなります。こういった方に多いのは、例え周囲から高評価だったとしても、一度訪れた場所には興味がわかず、全く知らない未知の世界に興味を持つことが多いです。

例えば、幼いころの習い事についても長く続くことはありませんが、様々なものに興味を持ち実践したかと思います。常に多くの刺激を求めるタイプの人はこの欲求が強く一人旅を好む人に多いと言えます。

ストレスからの逃避

また、逃避欲求というストレスから逃げたいという気持ちが強い方も旅行は好きな傾向があります。物理的に離れることで気持ちが落ち着き、リラックスに繋がるためです。

こういった欲求が強い方は、まさに一人旅向きの性格と言えるでしょう。逆に、何をするにも不安を感じたり、寂しがり、面倒臭がって行動に起こせないタイプの方は一人旅は不向きといえます。

一人旅は心の休憩

男のひとり旅で国内・海外でおすすめの一人旅の場所

いかがでしたか。男の一人旅は、普段がんばっているあなたへのご褒美です。あくまでご褒美ですので、日常生活に支障が出たり、行った先で迷惑をかけたり、後悔するような思い出とならないよう、行く前の準備は十分しておきましょう。

一人旅の唯一のデメリットはどこまでも一人だということです。男だから大丈夫ではありません。一人旅である以上、自分を守れるのは自分だけですので、くれぐれも気をつけて楽しんでください。

関連記事

Related