Search

検索したいワードを入力してください

波長が合うカップルの特徴・波長が合う恋愛をする方法

Author nopic icon華咲梅
カップル / 2018年01月19日
波長が合うカップルの特徴・波長が合う恋愛をする方法

波長が合うカップルの特徴

普段、普通に生活をしているだけで沢山のカップルを目にしています。いつもならすれ違っても隣で会話をしているカップルがいても、全くと言っていいほど気にならないのに、たまに「なんかこの二人いい感じ」と感じるカップルや夫婦を目にする事がありませんか。

よく「波長が合う」と言う言い方をしますが、全くの他人が見てもわかるくらい二人の息がピッタリ合っているような二人です。そんなカップルにはどんな特徴があるのでしょう。

服装が似ている

「夫婦は顔が似てくる」と言いますが、夫婦ほど連れ添った関係じゃないにしろ、波長が合うカップルは服装がそっくりだったりします。しかも、意識的に合わせているのではなく、むしろ人から指摘されるまで、そのことに気付いてすらいないくらいそれが自然だったりします。

考えていることが似ている

同時に話し出したり、電話をかけようと思ってたら相手からかかってきたり、波長が合うカップルと言うのは「これをしたい・しよう」と思うタイミングが同じだったりするので、「同時に」何かをする事が多いです。

会話のテンポが似ている

「次は何を話そう」と考えることなく話が弾んで会話が途切れない。かと思えば、話すことがなくて沈黙が続いても、気まずくなることもないから変な気を使うこともなく疲れない。波長が合うカップルと言うのは、お互いに無理をすることなく自然体でいて楽しいから長続きします。

スピリチュアル的に見た「波長が合う」とは

「波長が合う相手」とは、スピリチュアルな世界で見るところの「ソウルメイト」や「ツインソウル」と言った「頭で考える条件」で選んだ相手ではなく「心が選んだ」「魂でのつながり」を感じる相手の事です。

ソウルメイトとは

会ったばかりなのに「初めて会った気がしない」「一緒にいるとなんか落ち着く」等と感じる人に出会った事はありませんか。その人は、「ソウルメイト」と呼ばれる「生まれ変わる度に前世で何度も会っている人」や「前世で親しい間柄だった人」である可能性があります。

ソウルメイトとは「魂の友」とも言われており、前世で会った事があるため、初めて会ったのに「何か懐かしい感じがする」「波長が合う」とお互いに感じる等して、男女関係なく出会う事があります。

ツインソウルとは

ソウルメイトは「過去に関りを持った人」なのに対し、ツインソウルとは「魂の双子」「魂の伴侶」などと言われるように、元々は一つの魂だったものがこの世に生まれる際に二つに分かれたものだと言われており、出会った瞬間お互いに強烈に惹きつけられるものがあります。

同じ時代・同じ世代に生まれ偶然出会うと言うのは極めて稀な事ですが、元は一つの魂ですので惹きつけられる力の強さがソウルメイトよりも強く、出会った瞬間に「雷が走ったような衝撃」を受けたり「時間が止まった」かのような体験をする人が多いです。

初対面で波長が合う理由

「波長が合う」理由を言葉で説明するのは困難です。なぜなら、理屈ではなく心が感じているものだからです。ですが「類は友を呼ぶ」と言うように波長の合う相手と言うのは、自分と趣味や行動パターンが似ていたりもするので、自分が好きでやっている事や行きたかった場所に行った時に相手も同じような気持ちで来ていて、自然と出会うと言う事も多いです。

また、「波長が合う相手」と言うのは、話していて楽しかったり一緒にいるのが楽だったりするものです。自分が「楽しいな」「ラクだな」と感じている時は、相手もそのように感じている事が多いので、「波長が合わないな」と感じる相手といる時よりも自然と距離も縮まりやすいです。

波長が合う恋愛をする方法

恋人の見つけ方

「波長が合う人と恋愛をしたい」そう思ったら、とにかく人と会う機会を増やす事です。「波長が合う・合わない」は感覚的なものです。「ピンとくる人がいない」と思っているなら、とにかくたくさんの人に出会う事で感覚を磨きましょう。

「波長が合う相手」とは、性格や趣味嗜好が全く違っている事も多いです。会話の内容から「自分とは合わない」と決めつけるのではなく「話していて楽しいか」「一緒にいて落ち着けるか」という感覚を大切にすると「波長が合う相手」を見つけやすいです。

気を付けなければいけない事

「たくさんの人に出会うのがいい」とは言え、出会いの場から外見・学歴・年収等、余計な条件を付けた目で相手の事を品定めしていては「波長が合う」感覚を感じる事はできません。条件付きで相手を見るのではなく、第一印象で「なんか気になる」という感覚を大切にしましょう。

また、「波長が合う相手と出会った時の自分がどんな状態か」で出会える相手も変わってきます。「類は友を呼ぶ」です。自分が精神的に幼く自立してないまま出会う相手は、同じように未熟な人だったりします。より素敵な相手に出会いたいなら、普段の自分の行動を磨き、同じように洗練された人を引き寄せたいです。

波長が合う相手を見逃さないために

いざ「波長が合う」人と出会った時に自分がその事に気付いてなければ、せっかくの出会いを次につなげる事ができません。「この人」と言う人に出会った時に、その感覚を見逃さないためには、普段から自分の感覚を磨いておきましょう。

自分が「好きな事」「嫌いな事」「心地良い」と思うもの、逆に「何か違和感がある」という感覚です。普段の生活をただ何となく過ごすのではなく、一つ一つの物事を意識しながら過ごすことで、自分が「心からくつろげる好きなもの」を見極める目が養われてきます。

波長が合う人と結婚する事の重要性

結婚して生涯を共に過ごす相手ほど「波長が合う」事が重要だとも言われます。なぜなのでしょうか。

「楽しさ」を共有できる

長い人生を共にする相手、自分が「楽しいな」と思う感覚を一緒に楽しんでくれる相手と一緒にいられたなら、楽しさが2倍にも3倍にも膨らみます。波長が合う相手と一緒にいると何気ない会話も楽しく感じられるので、毎日の生活が楽しくなります。

また、波長が合う相手と一緒にいると「この人のために頑張ろう」「この人がいるから頑張れる」という気持ちに自然となれるため、人生を前向きに進んで行く事ができます。

最適な気配りができる

「良かれと思って」「相手に喜んでもらおうと思って」やった事が相手に届かなかった時は、気配りをした方もがっかりしますが、その事で相手が落ち込んだりケンカになったりなんてしたら、気配りを受けた方だって嫌な気分になります。

波長が合っていないと喜ぶツボやタイミングがずれて、そんな事も起こりやすいですが、波長が合う相手なら大丈夫です。「あうんの呼吸」ともいわれる様に、「あれをしてほしいな」「こうしてほしいな」と思っている事が相手に伝わりやすく、何も言わなくても最適なタイミングで気配りができます。

愛が覚めた後も人生を一緒に楽しめる

好きで結婚したはずの二人ですが、周りの夫婦を見わたしてみてもわかるように、結婚して何年経っても「愛が冷めずラブラブ」でいる夫婦はあまりいません。「燃え上がる様な愛」でも恋愛感情は3年たてば無くなるとも言われています。

愛が冷めた後も長く続く結婚生活、「好き」だけで結婚した相手なら、恋愛感情があるうちは許せているから上手くいっていた事が、恋愛感情がなくなった後は相手のアラばかりが目立ってきて、かみ合わない会話や生活習慣などが苦痛になってきます。

その点「波長が合う」相手となら、恋愛感情がなくなった後でも心が繋がっている感じがしますので、同じペースで人生を歩きながら人生を一緒に楽しむことができます。

一目惚れから始まる恋愛は長続きする?

一目惚れした相手との結婚は意外にも「離婚率が低い」と言うのをご存知でしょうか。「一目惚れ」と言うと、顔やスタイルなど視覚で捕らえたもので、恋に落ちるというイメージですが、無意識のうちに外見以上に「自分と波長が合うか合わないか」を見極めていたと言う「一目惚れ」もあります。

そのため、第一印象で好きになった相手との恋愛は長続きしやすく、結婚後も良い関係を築いていける事が多いです。「全然タイプじゃないのになんか気になる」と言う人に出会ったなら、自分の直感を信じてまずは話しかけてみてはいかがでしょう。想像以上に楽しい時間が過ごせるでしょう。

関連記事

Related