Search

検索したいワードを入力してください

顔が小さい人の特徴と基準|何センチ/メガネ/サングラス/マスク

Author nopic iconair.ryo
カテゴリ:メイク・コスメ

初回公開日:2017年09月28日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2017年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

顔が小さい人の特徴と基準|何センチ/メガネ/サングラス/マスク

小顔になりたい

顔が小さい人の特徴

まずは顔が小さい人とされる人たちによく見られる、顔に装飾品をプラスした時の特徴を見ていきましょう。顔が小さい人というイメージが顔にのった装飾品から相対的に感じられるのです。

メガネやサングラスが大きい

顔が小さい人の特徴としてメガネやサングラスが大きく見えることがあります。これは特別大きなレンズの物をしているということではなく、一般的なサングラスやメガネのサイズが顔が小さい人には大きいという特徴があるからです。イメージしやすいのは子供が遊びで大人用のサングラスをかけている姿でしょう。サングラスが大きすぎて顔が小さい、かわいらしいという印象を抱きます。

こういった印象を好意的にとらえているのが、女子によくみられる少し縦幅の大きなメガネをかけることでしょう。メガエやサングラスを大きくすることで、相対的に顔を小さく見せているのです。

マスクが大きい

冬になるとよくマスクをつけた人を見かけるでしょう。しかしその中でも顔が小さい人は、マスクが大きく見えて目に留まることがあります。マスクはメガネとは違い顎から鼻にかけてを見えなくするものです。マスクをするとだれしも顔のラインが隠れて小さく見えるという特徴はあります。これも顔小さい人となれるのではないかと、女性に人気が出て、風邪をひいているわけでもなくファッションとして取り入れる人もいます。

しかし顔小さい人というのはそれに加えて、少しダボついている見た目が特徴的です。時には子供用のマスクをしている人もいるでしょう。そうすると明らかにマスクが小さいとわかり顔が小さい人とい見られます。

ハットが大きい

また頭の頭頂部に乗せるハットが大きく見えるというのも顔が小さい人とされる人の特徴です。顔が大きい人のハットは頭に乗っているように見えるため比較的わかりやすいです。しかし顔が小さい人は頭にはすっぽりと被れています。

ではどうしてハットが大きいという特徴につながるのでしょう。それはハットのつばが関係しています。ニットの場合は先端部のサイズです。顔が小さい人は特徴としてハットのつばが大きく見えることがあります。そうすると相対的に顔が小さい人という印象につながります。ニットであればわかりにくくはなりますが、同じように作用します。

ハットも顔のライン、特に頭の周りが隠れますので、顔小さいと人と見せることもできます。

顔が小さい人の基準と特徴

見てきた顔が小さい人の特徴はどれも相対的に見えるものです。顔が小さい人でなくとも取り入れられるという特徴でもありますが、実際に顔が小さい人というのはどのくらいの顔の大きさのことを言うのでしょう。数値をもとに見ていきます。

何センチから?

顔が小さい人と言われるであろう顔そのもののサイズを紹介します。日本人の平均の頭部の高さは一般的に男性が231.9mmで女性が218.0mmとされています。頭の横幅は、一般的に男性が160.8mmで女性が153.3mmとされています。男性にしろ女性にしろ、頭の縦と横の幅がどちらも平均よりも小さければ顔が小さいと判断できるでしょう。

身近なものはA5サイズのノートです。縦が210mmで横が140.8mm程度ですので、女性であればノートにすっぽりと顔が収まれば顔が小さい人といってもいいでしょう。

何頭身?

顔が小さい人の前髪や髪型の特徴

顔が小さい人だからこその髪形や前髪の特徴があると思っている人もいるでしょう。しかし実は顔が小さい人とされるのはそういった髪型の特徴があるからこそということもあります。つまり顔が小さい人だからできる髪形ではなく、髪形によって顔が小さい人という印象につながっているのです。

ショートカットが似合う

顔が小さい人はショートカットが似合う特徴があると思っているかもしれません。ショートカットにすると顎や頬のラインが隠せないからショートカットは顔が小さい人のものという印象を抱いている人が多いです。ひと工夫を加えなくてもショートカットが似合うという特徴を持つという点では顔が小さい人向けと言えるでしょう。

しかしショートカットにするときに顔のシルエットがひし形で縦が3横が2程度の比率にすると顔が小さくない人でも似合う髪形にすることはできます。

ついつい、ショートが似合わないと思っている人は気おくれもあっておとなしい髪型にする人がいます。しかしショートカットでは髪の量は少なく軽くしながらも、立体感を出すことで顔が小さく見えることもあります。面長の人はサイドが加わって面長の印象を打ち消すことができます。また頭頂部にボリュームを出せば丸顔の人はその印象を消しシルエットを整えられます。また顔が小さくないという人でも髪によって全体のシルエットを大きめに見せることで逆に顔が小さいという印象を与えられます。

うなじがきれい

うなじがきれいというのも顔が小さい人の特徴です。ショートやミディアムでも後ろから見た時に首筋やうなじが全く見えないと髪のボリュームで顔が大きいのではないかと思うことはあります。しかしそのため首筋やうなじがきれいに見えている人は顔が小さいという印象を抱かれやすいのです。

横顔では顔の大きさの印象が違うというのはこういった印象も左右していることがあります。

小さい顔がいい

ここまで顔が小さいとされる人の特徴を顔につける装飾や顔の数値的な大きさから見てきました。実際に測ってみると実は小顔だったという人もいたのではないでしょうか。

見てきたように顔が小さい人という印象は実はかなり相対的な見方から作られているものです。顔が小さいといわれている人は顔が小さく見えるように工夫した格好をしているのかもしれません。

顔を小さくするというのは骨格の関係もありそう簡単に行くことではないです。しかし、顔が小さいとされる人の特徴を知っておくと、顔を小さく見せる髪形や工夫を凝らすことができます。

ショートカットにしたいけれど小顔じゃないから似合わないだろうと避けていた人も、あなたの顔の特徴を知ればきっと似合う髪形が見つかるでしょう。わからなければ一度美容師さんに尋ねてみるのもいいでしょう。顔を小さい特徴を知って顔の悩みとおさらばしましょう。