Search

検索したいワードを入力してください

コートはいつから着るのがベスト?|季節別/素材別/地域別

Author nopic icon古町いすみ
ファッション知識 / 2019年01月09日
コートはいつから着るのがベスト?|季節別/素材別/地域別

季節別コートを着るのはいつから?

寒さからからだを保護してくれるコートは、ファッションコーディネートのアクセントとしても活躍してくれる、お役立ちアイテムです。「おしゃれは先取り」とは言うものの、スプリングコートやウィンターコートは、いつから着用するのが正しいのでしょうか。

スプリングコート

スプリングコートは、いつから着用するのが良いのでしょうか。スプリングコートの表生地には、綿、麻、ナイロン、ポリエステルなどの生地を用いて、仕立てられています。一枚仕立て、もしくは、薄手の裏地が付いています。

長い期間、着用することができるスプリングコートをお探しの方は、インナーダウンがセットになっているスプリングコートを選びましょう。真冬にも着用することができ、春・秋・冬の3シーズン、コーディネートの最前線で活躍します。

カラーは、ベージュ、ネイビー、ブラックなどの定番色の中から選べば、いつから着用してもおかしくありませんが、基本的には、スプリングコートは、3月上旬から4月中旬頃に着用するのがおすすめです。

ウィンターコート

ウィンターコートは、いつから着用するのが良いのでしょうか。ウィンターコートは、ウール、カシミヤ、アンゴラ、ムートン、ダウンなどのあたたかみのある素材を用いて、仕立てられています。合成繊維の中綿コートや、キルティングコートも、ウィンターコートに分別されます。

ウィンターコートは、スプリングコートと比較すると季節感のあるアイテムです。より厚手の生地を用いており、防寒性が高い仕立てとなっているのが、ウィンターコートの特徴です。周りの人が、いつから着用をしてるのかを確認すると良いでしょう。基本的には、ウィンターコートは、11月下旬から2月頃に着用するのがおすすめです。

素材別コートを着るのはいつから?

ウィンターシーズンのおでかけでは、常に、コートを着用してる状態となります。ファッションの視点から見ると、いつからコートを着用すれば良いのでしょうか。コートの素材別に、着用する時期を検討してみましょう。

ニットコート

ニットコートは、いつから着用するのが良いのでしょうか。ニットコートは、主に、秋や春に着用する機会が多いコートです。ニットコートには、ファッション性を重視したおしゃれなデザインが多く、コートの中ではビジュアル重視のアイテムといえるでしょう。一般的なニットコートは、ニット素材ならではの防寒性がありますが、風を通すことが難点です。

よりあたたかいニットコートを求めるのであれば、圧縮ニットを用いたものや、本格的なカウチンジャケットを選べば、真冬の寒さにも対応することができるでしょう。9月中旬から11月中旬、3月上旬から3月下旬頃が、ニットコートを着用するのにおすすめの季節です。

ウールコート

ウールコートは、いつから着用するのが良いのでしょうか。ウールコートは、冬の定番アイテムです。丁寧に仕立てられたウール100%のコートは、ずっしりした重みを感じますが、その肉厚な生地の厚みで、からだを寒さや風からしっかりと守ってくれます。

防寒性より軽やかさを重視するのであれば、ライトウールやウール・アクリル混紡を用いたウールコートがおすすめです。12月中旬から2月下旬頃までが、ウールコートを着用するのにおすすめの季節です。

ダウンコート

ダウンコートは、いつから着用するのが良いのでしょうか。ダウンコートは、寒い冬を軽やかに過ごせるアイテムです。

天然素材のダウンコートの内容物は、ダウンとフェザーの羽根をミックスしたものです。ダウンの比率が高いほど、あたたかいコートだといえるでしょう。12月中旬から2月下旬頃が、ダウンコートを着用するのにおすすめの季節です。

ファーコート

ファーコートは、いつから着用するのが良いのでしょうか。ファーコートは、冬をゴージャスに彩どるアイテムです。

ファーコートには、天然素材を用いたものと、フェイクファーもしくはエコファーと呼ばれる合成繊維を用いたものがあります。12月中旬から2月下旬頃が、ファーコートを着用するのにおすすめの季節です。

ムートンコート

ムートンコートは、いつから着用するのが良いのでしょうか。ムートンコートは、ブラウン系カラーを選べばカジュアルに、ブラック系カラーを選べばクールに着こなせます。

ムートンコートには、天然素材の羊革を用いたものと、合成繊維を用いたものがあります。12月中旬から2月下旬頃が、ムートンコートを着用するのにおすすめのアイテムです。

地域別コートを着るのはいつから?

自分の住んでいる地域では、いつからコートを着用すれば良いのでしょうか。日本は、縦横に広がる地形をしている島国です。地域によって、気候や冬の長さが異なります。自分の住んでいる地域以外でも、いつからコートを着用するのが一般的なのかを調べておくと、旅行の際に役立ちます。

北海道

北海道の冬は、長く厳しいことで知られています。旅行に出かける際には、いつからコートが必要なのかを、必ず確認をしておきましょう。

北海道では、4月中旬から5月上旬頃まで、スプリングコートを着用しましょう。10月上旬から薄手のコートを用意し、11月中旬から4月上旬頃まで、厚手のコートを着用するのが良いでしょう。特に、都市部以外では、アウトドア用のハイスペックなダウンコートがおすすめです。

東京

東京では、いつからいつまでコートを着用するのが良いのでしょうか。東京都内は、満員電車で厚手のコートを着用していると、真冬でも汗をかいてしまうことがあります。脱ぎ着がしやすい、薄手のダウンコートやキルティングコートがおすすめです。

東京では、3月上旬から4月上旬頃まで、スプリングコートを着用しましょう。12月中旬から2月下旬頃まで、薄手のダウンコートやキルティングコートを着用するのが良いでしょう。

名古屋

名古屋では、いつからどんなコートを着用するのが良いのでしょうか。名古屋は、夏には暑く、冬には寒い、気候変化の大きい地域として知られています。

名古屋では、3月中旬から4月中旬頃まで、スプリングコートを着用しましょう。12月中旬から3月上旬頃まで、ダウンコートやキルティングコートを着用するのがおすすめです。

京都

京都は内陸地で、冬の寒さが厳しいことが知られています。例年、積雪が見られる地域です。京都では、いつからコートを着用するのが良いのでしょうか。

京都では、3月中旬から4月中旬頃まで、スプリングコートを着用しましょう。12月中旬から3月上旬頃まで、ダウンコートやウールコートを着用するのがおすすです。

大阪

大阪では、いつからコートを着用するのが良いのでしょうか。大阪都市部はでも、鉄道網が整備されているため、薄手のダウンコートやキルティングコートが便利でしょう。レジャー施設では、屋外に出る時間が長いため、あたたかなムートンコートもおすすめです。

大阪では、3月上旬から4月中旬頃までスプリングコートを着用しましょう。12月中旬から2月下旬頃に、ダウンコートやキルティングコートを着用するのがおすすめです。

福岡

日本列島の中で、南に位置する九州には南国のイメージを持つ方が多いのですが、実は、冬の日照時間が短く、雪が降ることもめずらしくない地域です。福岡では、いつからいつまで、コートを着用すると良いのでしょうか。

福岡では、3月上旬から4月上旬頃までスプリングコートを着用しましょう。12月中旬から2月下旬頃に、ダウンコートやウールコートを着用するのがおすすめです。

コートを着こなしのスパイスにしよう

アウターとして着用するコートですが、単なる防寒具としてだけでなく、おしゃれの一部として取り入れたいものです。コートをいつから着用するのかを確認し、アクセントとして取り入れることで、何気ないシンプルな洋服もアップデートすることができます。