Search

検索したいワードを入力してください

手作りバレッタの作り方|リボン/水引/パール/つまみ細工

Author nopic iconRain
趣味 / 2017年10月10日
手作りバレッタの作り方|リボン/水引/パール/つまみ細工

手作りバレッタの作り方

店頭に並ぶ様々なデザインの、様々な素材を使った可愛いバレッタは、意外と簡単に手作りできちゃいます。あなたのアイデア、センスを生かした、あなただけのバレッタを作ってみませんか。ここでは素材ごとに作り方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

リボンを使って

■準備するもの
・バレッタ(金具)
・リボン
・はさみ
・グルーガン
・糸
・レースやビーズなどデコレーション(お好み)

■リボンを使ったバレッタの基本の作り方
①30~40cmほどの一本のリボンの両端を中心に持ってきて、好きな形を作ります。
②解けてこないように、中心部分を糸できつく縛ります。グルーガンをさらに上から付けておくと、さらに安心です。
③リボンの裏側にグルーガンでバレッタ金具を取り付けます。
④同じ布を3~4cm取り、中心部分に巻き付けます。この時、裏のバレッタ金具もいっしょに巻いておくと、糸が隠れるだけでなく安定します。

しっかりグルーで留めて乾かしたら完成です。お好みでレースやビーズなどもグルーガンで付けてみてください。

サテンリボンを使って

サテンというのは、表面がツルツルした光沢のある生地で、これを素材にすると華やかで高級感溢れる印象になります。質感も柔らかいので、形が作りやすくリボン作りには便利な素材です。サテンリボンを使ったバレッタの作り方は、普通のリボンを使った作り方と同じですので、上を参考にしてください。

ビーズを使って

■準備するもの
・バレッタ(金具)
・お好みのビーズ
・グルーガン
・その他デコレーション(お好み)

■ビーズを使ったバレッタの基本の作り方
①バレッタの表面にお好みのビーズをバランスよく配置し、グルーガンで取り付けていきます。これだけで簡単完成できちゃいます。

パールを使って

パールはとても綺麗ですが、単独で使うとアクセントがなく少しインパクトに欠けます。可愛らしいバレッタを作るためには、リボンやレースなどと組み合わせた作り方がお勧めです。

■準備するもの
・バレッタ(金具)
・パール
・グルーガン
・はさみ
・糸
・レースやリボンなどデコレーション(お好み)

■パールを使ったバレッタの基本の作り方
①バレッタの金具にリボンやレースをお好みの形にして糸で取り付けます。上からグルーガンで留めておくとさらに安心です。
②その上にパールをバランスよく配置し、グルーガンで取り付けていきます。

ファーを使って

ファー単独で作るのもよし、リボンやレースと組み合わせても可愛いです。
■準備するもの
・バレッタ(金具)
・はさみ
・グルーガン
・糸
・レースやビーズなどデコレーション(お好み)
・ファー(百均で手ごろな大きさのものが手に入ります)

■ファーを使ったバレッタの基本の作り方
①バレッタの金具に、リボンやレースを糸で縛って取り付けます。
②その上からグルーガンでファーを接着し乾かします。

造花を使って

■準備するもの
・バレッタ(金具)
・お好みの造花
・はさみ
・グルーガン
・レースやビーズなどデコレーション(お好み)

■造花を使ったバレッタの基本の作り方
①造花の使いたい部分を切り離します。この時、茎、花芯は必ず取り除くようにしてください。茎や花芯がついたままだと、造花がバレッタにうまく付きません。

②バレッタの金具にお好みの造花をバランスよく配置し、グルーガン等で付けていきます。動画のようにまずフェルトを金具に付けて、その上から造花を付けるようにしてもよいでしょう。

③取り除いた花の芯の部分の代わりに、小さめのビーズやパールをグルーガンで付けると可愛く仕上がります。

くるみぼたんを使って

■準備するもの
・バレッタ(金具)
・布でくるむ小さなバッジや飲み物の蓋などの平べったくて丸いもの
・はさみ
・糸
・布切れ
・グルーガン
・レースやビーズなどデコレーション(お好み)

■くるみぼたんの基本の作り方
①中に入れる丸いキャップ状のものよりも一回り大きいサイズに布をカットします。この時付けたい絵柄が生地の真ん中にくるようにカットします。
②布の周囲に糸を通しておきます。
③布の中心に丸いキャップ状のものを置いて、糸を絞ります。これで完成です。

こうして作ったくるみぼたんを、バレッタの金具にグルーガン等でくっつければ、可愛いくるみぼたんのバレッタが完成です。

つまみ細工を使って

■準備するもの
・バレッタ(金具)
・布切れ(4cm×4cm)
・はさみ
・ボンド
・小さめのレースやビーズ
・竹串(ボンドを布に付けるときに使う)

■つまみ細工の基本の作り方
①準備した布切れの、隣り合う二つの辺に竹串でボンドを塗ります。
②その布を三角形になるように半分に折ります。
③もう一度半分に折ってさらに小さな三角形にします。
④小さな三角形が二つできるので、まず上の三角形の底辺の部分にボンドを塗り、三角形をさらに半分にして貼り合わせます。
⑤もうひとつの三角形も同じようにします。

⑥これで一枚の花びらの部分の完成です。これをあと5枚分作って全部で6つの花びらを作ります。
⑦花びらの上下を確認して、花びら同士をボンドでくっつけていきます。
⑧最後に形を整え、中心に小さなビーズをボンドで付けて完成です。

バレッタにするときには、こうして作ったつまみ細工をグルーガンでバレッタの金具に付けてください。

水引を使って

水引とは贈り物の包み紙を結ぶ紐のことで、色や本数に応じてそれぞれに意味があり、目的に合わない水引を使うと大変失礼になるといったものなのですが、アクセサリーとして使う場合は、まったくこだわる必要はありません。

水引でいろいろな結び方をしたものをバレッタ金具にグルーガンで取り付け、バレッタ作りに応用するのもよいでしょう。

上の動画は、こぶし結び(Monkey's fist)のわかりやすい作り方のご紹介です。水引を使って作ることもできます。そのほかにもタトゥチョーカーの作り方も水引を使ったバレッタ作りに応用してみてください。元さえできれば、後はバレッタ金具にグルーガンで取り付けるだけです。

押し花を使って

押し花を使ったバレッタを作るには、押し花自体が傷つきやすいため、UVレジンを使った作り方が最もお勧めです。UVレジンを使ったバレッタの作り方は、この後でもご紹介しますので、参考にしてください。

■準備するもの
・バレッタ(金具)
・押し花
・UVレジンを使ったクラフトに必要なもの
・グルーガン
・レースやビーズ、ラメなどデコレーション(お好み)

■押し花を使ったバレッタの基本の作り方
①好きな花で作った押し花にUVレジン液をまんべんなくつけて硬化させます。
②バレッタの金具の上に硬化させた押し花をバランスよく配置して付けていきます。レジン液を使っても付きますが、グルーガンで付けても構いません。
③最後に上からもう一度レジン液を全体にまんべんなく付けて硬化させます。

UVレジンでのバレッタの作り方

■準備するもの
・表面が大きめのバレッタ
・レースやビーズなどデコレーション(お好み)
・UVレジンを使ったクラフトに必要なもの

■UVレジンを使ったバレッタの基本の作り方
①レジンをバレッタの表面にまんべんなく塗っていきます。
②その上から好みのビーズ等のデコレーションをバランスよく置いていき、硬化させます。
③レジンに色を付けたいときは、レジン専用の染料や、ラメのパウダーなどを使います。いずれも百均で手に入るものばかりです。

シニヨンに似合うバレッタの作り方

シニョンとは、束ねた髪をサイドや後ろでまとめたヘアスタイルのことです。シニョン自体がひとつのアクセントになっているので、あまり小さなバレッタだと、目立ちません。シニョンには少し大きめで派手なバレッタのほうがよく似合います。

これまでご紹介した作り方を参考に、いろんなデコレーションを取り付けて、少し大きくて派手目なバレッタを作ってみてください。

バレッタをうまく使って女の子らしさを演出

アクセサリー作りはあなたのセンスと腕の見せ所です。リボンやビーズ、ラメなどの手作り応援グッズをうまく活用して、可愛いあなただけのバレッタ作りを目指してみてください。可愛いバレッタで女の子らしさが一段とアップするでしょう。

関連記事

Related