Search

検索したいワードを入力してください

ラブレターの上手な書き方と例|男女別/小学生/高校生/返信

Small 9b64d50e 0387 4ec4 bf5d 140061eafad8ミヤ
カテゴリ:恋の悩み

初回公開日:2017年10月20日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年10月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ラブレターの上手な書き方と例|男女別/小学生/高校生/返信

ラブレター

現在、多くの人が誰かと連絡をやりとりする手段として使用しているものがLINEです。恋人に「好き」と伝えることもできますし、簡単に遠く離れた人とメッセージのやりとりができることから、年齢、男女問わず好まれて使用されています。

LINEでは、手軽に遠く離れた人に考えや気持ちを伝えることができるので、好きな人に告白する際に「ラブレター」を書こうと考える人は少ないでしょう。なかには「そんな古臭い方法は嫌だ」と感じていらっしゃる方もいるでしょう。

確かに古典的な方法ではありますが、「ラブレター」は自分の気持ちを文字にのせて伝えることができるため、相手にも「どれだけ想ってくれているのか」ということがよく伝わります。書き方により、伝えたいという一生懸命な気持ちが伝わるため、「ラブレター」は、気持ちを伝えるのにとても有効な手段です。

男女別ラブレターの書き方のコツ

「ラブレターは女性が書くものではないのか」と思われがちですが、そんなことはありません。想いを伝える手段なのですから、性別は関係ありません。そう言った固定観念があるからなのか、LINEが普及する前から男性から女性へラブレターを贈るケースはあまり見受けられませんでした。

固定観念にとらわれず、ラブレターを書いてみませんか。好きな人に想いを伝えたいということに性別など関係ありません。書き方に決まりはありませんが、ラブレターの書き方がわからないという方はこれから紹介する例文を参考にしてください。

まず用意するものとしては便箋と封筒です。女性に想いを伝えるため、あまりにも可愛らしいデザインは好まれません。デザインはシンプルなものが良いでしょう。女性へ送るラブレターの書き方・例文は以下です。

「こんな手紙を急に渡してごめん。どうしても伝えたいことがあるんだ。出会った頃は友達として見ていたけど、どんどん惹かれていって、今は〇〇のことが好きだってはっきり言える。もしよかったら付き合ってほしい。急にこんなこと言われて困惑してるだろうし、返事は急かさないよ。」

男性は長文を書くことが苦手な方が多く見受けられます。短文でも想いさえ伝わればかまわないので、凝った文章を考える必要はありません。大切なのは相手に「好き」と伝えることです。

そして、相手に返事を急かさないことも大切です。気遣いに長けた文章を入れることにより、好感度はアップします。また、相手によって、タメ口で書くか、丁寧語で書くか、書き方を変えましょう。

男性とは反対に、女性は相手へ気持ちを伝える際、伝えたいことがたくさんあるため、ラブレターではついつい長文になってしまいがちです。男性は、文章を書くことも読むことも不得手な方が多いので長文は避けましょう。読むだけで疲れてしまいます。男性へラブレターへ送る際は以下の書き方に気をつけてラブレターを書きましょう。

・相手の好きなところをずらずらあげない
・曖昧な表現をしない
・まとまりがなく結局何を伝えたいのかわからない長文は避ける
・気持ちを簡潔にまとめる

学年別ラブレターの書き方・例文

ラブレターは年齢関係なく、想い・気持ちを伝えるのに有効な手段です。年齢別のラブレターの書き方を教えます。

小学生向けのラブレターの書き方

まだ恋愛経験が豊富でない小学生。スマートフォンやiPhoneを所持している小学生は少数ですし、想いを伝える手段は限られてきます。そんな時こそ活躍するのがラブレターです。小学生らしいラブレターの書き方・例文は以下のとおりです。

「〇〇さんが好きです。 あなたは私のことをどう思っていますか」

「好きです。付き合ってください。このことは二人だけの秘密にしてください」

直接渡すのが恥ずかしいなら、下駄箱か、机のなかに、こっそりいれましょう。また、男性は長文が苦手なので、小学生の男の子が相手となるとなおのこと長文は避けるのがベストです。

恋愛において興味のある年頃なので、好奇心から周りに冷やかされたりするケースがあるので「二人だけの秘密だよ」という言葉を添えると良いでしょう。

中学生向けのラブレターの書き方

中学生になると、お付き合いしている男女が急激に増えます。お付き合いしている男女の大半が離れていても連絡を取ることができる手段を持っています。ですので、ラブレターは中学生になると一気に疎遠になる手段でしょう。しかしながら、想いを伝える有効な手段に変わりはありません。思い切ってあなたらしい書き方でラブレターを書いてみましょう。

「あなたのことが好きです。もしあなたもの私のことが好きなら付き合ってください。返事は直接でも手紙でもオッケーです。」

「返事すらもらえない」といったケースを回避するために、あまりかしこまらずに、気軽な雰囲気をかもしだす書き方にしましょう。ストレートに「好き」と伝えるのが一番良いでしょう。

高校生向けのラブレターの書き方

古典的で子供っぽい方法だと思われていますが、放課後好きな人を呼び出してラブレターを渡す。そんな光景は高校生でも見られます。高校生には少しステップアップしたラブレターの書き方を教えます。

まず出だしは挨拶から書きましょう。「初めまして」でも「こんにちは」でもなんでも良いです。挨拶は大事です。そして、挨拶が済んだら「突然の手紙、びっくりしたよね。ごめんね」「突然のお手紙失礼します」などと、突然の手紙についてのお詫びの文章を書きましょう。

そして、自己紹介を軽くはさみましょう。仲の良い相手なら必要ありませんが、冒頭に自分の名前を書くことにより、名前の書き忘れで返事がもらえないというケースを回避できます。あとは、自分の想いを伝えるだけです。

一連のラブレターの書き方としては、挨拶、お詫び、自己紹介、想いを伝える、という流れが読みやすくてベストです。気持ちを本気で伝えたい場合は、顔を合わせ、直接渡すと良いでしょう。あなたの表情や仕草から、相手にも本気度が伝わります。

状況別でのラブレターの書き方

ラブレターといってもいろんなシチュエーション、相手との関係性があるため、書き方が変わってきます。ですので、状況別のラブレターの書き方のコツを教えます。

片思い

片思いの場合、ラブレターを書くこと自体、勇気がいるでしょう。そんな精一杯のあなたの勇気と気持ちをラブレターの文章の書き方で伝えましょう。

片思いの場合、あまり話した事のない相手への手紙は、書き方がわからない方は多いのではないのではないでしょうか。接点がないけれど好きになってしまった場合は、まずは好意を伝えるラブレターを送りましょう。

「こんにちは。いきなりのお手紙ごめんなさい。私は◯◯と言います。(自己紹介)あなたを初めて見た時から、ずっと気になっていました。もしよかったら、お友達になってくれませんか? 私の連絡先を書いておきます。連絡待っています。」

お友達から始めて恋愛に発展することは、よくある話です。連絡先を書くことを忘れないようにしましょう。

年上