Search

検索したいワードを入力してください

理解力がない人の特徴10コと改善方法|上司/子供/イライラ/部下

Author nopic iconginger
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2017年11月03日

更新日:2020年02月28日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

理解力がない人の特徴10コと改善方法|上司/子供/イライラ/部下

理解力がないことを理解してますか?

自分自身の身の回りに理解力がない人はいませんか。日常生活の中で理解力のない人と接することでイライラさせられることもあるのではないでしょうか。そして多くの場合に理解力がないということを自覚してないため全く改善されずに周囲は余計にストレスを溜めてしまう悪循環。

何度言ってもわからない、やり方を教えてもいつまでたっても上手くできないなど理解力がない人に物を教えるのは非常に骨の折れる作業です。

なぜ理解力がないのか、どのように対応すれば良いのか、効果的な対処法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

子供に理解力がない理由

子供の場合は理解力がないこともある程度は頷けます。というのも理解力がない原因の一つに知識や経験が不足していることがあるからです。

大人は学校で学んだり、生きていく中で自然と学んできた知識の蓄積や経験があります。子供の場合はどうしてもこの知識や経験の積み重ねに限りがあります。

たとえば「日本の首都は東京である」ということを子供が理解するには何が必要でしょうか。まず日本というものが国ということを知っている必要があります。世界は日本やそのほかの国によって成り立っている。そして首都とは何か、役割や意味を知る必要があります。

大人であれば瞬時にわかることでも子供にとってはAという事柄とBという事柄を結びつけるのは容易ではありません。

そもそもの知識や経験が不足していることと、物事を結びつけて考える力が不足していることが子供が理解力に欠ける主な要因です。

理解力がない上司への対応

もしも理解力がない上司の下で働くことになったら、どう振る舞えば良いのでしょうか。自分自身のキャリアにも関わることなのでそつなく対応したいところです。

従来よりも効率的な仕事の進め方や、新しい技術に対して否定的な人がいます。年配の人によく見られますが、以前のやり方に固執しすぎるあまり、簡単で簡潔に済ませる方法に興味を示しません。こういった人に理解をさせるのは非常に大変です。

一方で、上司に提出する書類にやたらと横文字を使用していたりしていないでしょうか。その場合はわかりやすい平易な言葉に書き換えると良いです。

理解力がない上司をうまく使うコツは「なんとなくわかった気にさせる」ことです。わかりやすい表現や言葉の置き換えをすることで理解した気にさせてしまいましょう。

理解力がない人の特徴10コ

理解力がない人もさまざまです。一つの特徴が強烈に出ている人もいればいくつかの特徴を持ち合わせている人もいます。

いずれにしろ周囲の人をイライラさせたり、疲れさせたりしているのでもしこの中の特徴で自分自身に思い当たるものがあったら注意が必要です。

話を聞かない

理解力がない人の特徴に人の話を聞かない、聞いてないというのがあります。話の途中で自分なりの結論を出してしまって最後まで話を聞かないパターンもあります。

このような場合は後から何度も聞き直してくるのでその都度同じことを何度も教える羽目になり大変です。またこちらの伝え方が悪い、と責任を転嫁してくることもあります。

共感力が低い

他人に対する共感力が低い人は総じて理解力がない場合が多いです。自分と異なる価値観や世界に対し否定的な考えを抱きがちです。

特に根拠があるわけではなく、単に個人的な好き嫌いで決めているだけだったりします。

すぐ感情的になる

冷静な判断力がなく、すぐにカッとなったりムキになる人は理解力がない人です。客観的な分析ができずに主観でわかったつもりになり完結してしまいます。

先入観で判断する

最初に感じた印象に引きずられる人は要注意です。先入観で判断する人は、言い換えれば思考することを放棄しているとも言えます。自分の主観を押し付けてくるため、違う価値観の人とはまったく話が合いません。

好奇心がない

理解力がない原因の一つに知識不足があります。好奇心のある人は自分が知らないことに対して知ろうとする意欲があります。対して好奇心に乏しい人は自分の知っていることが全てだと勘違いをしています。

経験不足

たとえば女性に対して理解の乏しい人がいます。女性経験がないのでオススメのデートスポットやどうエスコートすれば良いかがわかりません。「なんでそんなことしなければいけないのか」「めんどくさい」と感じてしまいがちです。

心が狭い

心が狭い人は偏見を持っていたり、他人を見下す気持ちを持っています。時には自分勝手な理由で他人を批判するなど、人に寄り添う気持ちがないのが特徴です。

柔軟性がない

頭が硬い人は理解力がないことが多いです。突発的なことにうまく対応できなかったり、新しいものや環境に馴染めないのは柔軟性がないからです。

権威に弱い

権威に弱い人は自分で判断する訓練をしていません。たとえば偉い学者の言うことだったら間違いない、と信じてしまいます。その情報が正しいのかどうかの裏付けを自分で行わないのは危険です。

自分を頭が良いと思っている

そこそこ頭が良い人は自分は理解力がある、なんでも知っていると考えがちです。やや傲慢で人を見下しがちなのも特徴です。勉強はそれなりにできるけれども、いわゆる地頭はよくありません。

理解力がない人にイライラしてしまう時の対処法

理解力がない人に接すると、ついイライラしてしまいがちです。しかしそんな時は一回深呼吸。冷静になって以下のことを再確認してみましょう。

・相手が「理解力がない人の特徴」いずれに当てはまるか検討する
・自分の伝え方に問題がないか検証する

相手に問題がある場合もあれば、自分に問題があることもあります。イライラすると余計にコミュニケーションをとるのが難しくなりますので、相手目線に立って考えてみましょう。

理解力がないことの改善方法

理解力がない人は総じて素直でなかったり、プライドが高く自分の誤りを認めたがらなかったりします。

わからないのは当たり前だし、恥ずかしいことではないということをまずは知ることが重要です。

理解力がない部下への対応

理解力がない部下にはどのように対応すれば良いのでしょうか。理解力がない原因が単なる注意不足によるものであれば確認する癖をつけさせます。知識や経験からくるものであれば少々気長に待つことも必要です。やる気がないのであれば、理解力が上がればどれほどのメリットがあるかを理解させるのが近道です。

上にあげた特徴ごとに、部下がどのタイプかを見極めて対処しましょう。

理解力がないことに関するおすすめの本

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

理解力がない人は脳をうまく使えていません。上記の本には意志の力で人生を良くする実践的な方法が書かれてあります。

理解力がないのは生まれつきでも、病でもありません。意志の力とノウハウを知れば克服することができます。

理解力がない原因とはなにか

無関心

対象について無関心だとその分理解力も薄れます。まずは興味を持つところから始めてみてはどうでしょうか。

価値観の違い

自分の価値観にないものに対して理解が働かないのはよくあることです。当然ですが世の中には自分と異なる価値観の持ち主がたくさんいます。

たとえ自分と異なる考え方に対しても受容するだけの度量がある人は理解力があると言えます。

理解力がないと感じる会話

頭ごなしに否定したり、「ああ」とか「うん」などの生返事が続く場合は理解力がない会話だと感じます。

理解力がないと頭が悪いの違い

理解力がないのは対象に対しての興味や知識、経験がないことに起因します。対して頭が悪いのはたとえば同じミスを何度も繰り返すなど学習する力自体が乏しいことを指します。

両者に特徴的な違いとしては頭が悪いのは悪気がない場合が多く、理解力がないのは偏見や見下しなどの悪意が含まれていることがある点です。

理解力がない人にどこまで付き合うべきか決めておくことが大事

いかかでしたでしょうか。理解力がない人を相手にするのは非常に疲れます。原因によっては今後の改善が見込めないこともあります。

根気よく理解してくれるのを待つか、ある程度のところで見切りをつけるのかの判断を誤らないようにしたいところです。